負け続けの悪戦苦闘のトレード日記
私の株取引日記 ( Hit & Run ) - 株投資の誤解・間違いから成功へ
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
米株が大きく反発でトピックスもギャップアップ
2005年 10月 31日 (月) 11:45 | 編集
 米株が大きく上昇したので、トピックスも反発とは思っていたが、午前中は思ったより上値が重い。最近の株価は大きく窓(ギャップ)をあけて上昇した時は必ず利益確定で下落する。決算シーズンで業績が良いのが解っているので、トピックスが落ち着いた後、大体10時前後か午後から上昇を始めるので、参入はそれからが安心だし、その日の内では割安で買える。
 以前は開始後30分過ぎで高値を抜いてきたら参入という事を学んでルールにしてきたが、だましなどが多くてよく失敗することも多かった。日本株はもっと遅い時間帯の方が危険が少ない。
 今日は少ない余力から日立建機を買い建てようと思ったが、中々上昇の兆しを見せないので、はっきり上昇していた東邦チタニウムに参入。10時30分過ぎからのプルバック(反落)で安く買いたいところだったが、もっと安くと思っているうちに買いそびれ、結局7550円で100株を買い建て。
 株価は7820円を付けた後じり安となり14時を過ぎると買値を下抜き7510円迄下落。デイトレードにあるまじき行為だが、今日の指数の力強さと決算上方修正のあった同業の住友チタンを見て、まだ引き続き上がると踏んで持ち越し。終値7750円。また、日足を見ると1ヶ月前の高値を抜けもみ合いを脱出したので、しばらくは上昇基調が続くと見るが、明日ギャップアップしたら売り抜けるつもり。
 
スポンサーサイト
株ってどうやって上がったり下がったりするの?
2005年 10月 29日 (土) 20:52 | 編集
 何が株価を動かすか考えたことがありますか?私が株取引を始めた頃はそんなことは考えたことはありませんでした。よく考えると、人間の欲望が株価を動かすのですね。そんな欲望が人に儲けされてくれて、損もさせるのです。ですから、我々はそんな人間の欲望と戦うことになるのです。
 例えば、ある会社が発明をしたとします。すると、翌日には株価が突発的に急上昇します。(実際には、既にその情報は一部には伝わっていて、2,3日前から少しずつ上がっているのですが、)ニュースを最初に聞いた人が、この株は上がるから儲けられると大量に買い始め、次に見たり聞いたりした人が更に買うので、もっと株価は上がります。一種のお祭り状態です。みんなが参加するから私も参加するという感じですね。それを数日続けた後、最初に参加した人(機関投資家など)は、自分の持っている大量の株を処分したいから、みんなが参加している内に盛んに売りを出してきます。そうしている内に株価はじりじりと下げ、ある時点で急落しだして、気が付いたら上がる前の株価に戻ったりするのです。
 株初心者は下がってきた株を、安くなったから買おうという欲で参加しますが、そんな頃には誰も見向きもしませんから、株価は長い調整に入り、結局損をすることになるのです。なんぴん買いというのがありますよね、これは絶対に避けなければならない取引手法です。
トピックスが下落で、売り建ての方が良かったかも
2005年 10月 28日 (金) 10:46 | 編集
 トピックスはギャップダウンして始まるが、反発して上昇し始めたので、登録銘柄の中で大きく上昇していた山陽特殊鋼に参入したが、その時がトピックスの反発のピークで、指数は急落。それに合わせて山陽も反落したが、737円で何とか値を保ち10時15分過ぎから反発しだして買値に戻る。 修正点:参入には株価が高すぎた。既に前日終値比3万円も上がっていたのだ。
 しかし、株価は順調に上昇し13時10分前頃に761円を覗くとその直後に反落し出した。だが、トピックス指数が上がりだしたので、これも持ち直すと思いそのまま待っていたら、トレーリングストップの748円での脱出となってしまった。 

 山陽特殊鋼:+4,000円

 このトレードの修正点:この銘柄は勢いがあったので、結局大引け前には反発して762円迄上昇したが、最初にトップを付けた時点で益出しをするべきである。何故なら、先の事はどうなるか分からない、たまたま今日は首尾良く戻っただけ。
ロスカットの英断
2005年 10月 27日 (木) 11:32 | 編集
 セキュアード・キャピタルは上値が重いので、昨日終値より高い31.4万円で損切り。その後急落したので、大正解。デイトレードならロスカットを昨日の内にできたのに、スウィングで行くと決めていたことが損失を大きくした。そもそも市場の選択を間違えていたように思う。
 この後すぐ、最近の上昇業種の建設の内、銘柄リストの一番上位にあった大成建設を514円で2000株買い建て。5分ローソク足5本目の512円での参入が可能だったが、開始後30分という事が頭によぎり、上昇を確認して参入した分遅くなった。勢いのある時は開始後30分にこだわらない方が良い。これが運良く上昇し、10時過ぎに上値が重くなった為、5分足4本目の524円で脱出。

 セキュアード・キャピタル:-51,000円
         大成建設:+20,000円
          
 大成はそれなりに良かったが、清水建設は11時時点で既に43円も上昇。これは銘柄選択に誤り。今回少ない資金で多く買える株を選んだが、それは失敗であった。というのは、株価が高いものの方が同じパーセント上昇する場合、金額にすると大きく上昇する可能性が高いので、高い株価の銘柄の方を選んだ方がより儲けることができる。

セキュアード・キャピタルとセプテーニに関して今後有望?と書いたが、取り消します。何故、上昇ピッチが鈍いかと検証したところ、明らかな業績上方修正などの肯定的な情報がないので、過去に急上昇してその後長い調整をした株は、まだまだ戻り圧力が強いということに気が付きました。チャートパターンとしては、過去から順調に上昇してきた株が思い通りの上昇を描きます。
≫ "ロスカットの英断" の続きを読む...
デイトレードへの復帰
2005年 10月 26日 (水) 21:07 | 編集
 私の保有の株はマザース銘柄ですが、ここ数日の動きを見ていてどうも動きが悪い。もちろん、調整十分なので今後の上昇を期待できると思う。しかし、こうまで思ったような動きをしない株は、どうも毎日でも稼ぎたい人間には似合わない。最近は東証、大阪等の市場の値動きが非常に良いので、東証の銘柄に乗り換えようと思う。セキュアードはじっくり中期で臨む株のようである。
 基本的にデイトレードをするというのは、その日その日の動きの良い銘柄を取引して利ざやを稼ぐということなので、動きが悪い株は適さない。もちろん、その銘柄選択が一番難しいのであるが、私の場合、ランキングで値上がり率上位や、売買代金急増銘柄の中から狙ったり、後は自分の登録銘柄の中で、その日のニュースから活況業種を知り取引をする。出来高上位銘柄はあまり利用しない。東証の場合、そこに出てくるのは大型銘柄が多く、かつては値動きが乏しいものが多かったから。
 
トピックス続伸
2005年 10月 26日 (水) 13:28 | 編集
 今日のトピックスは続伸しているが、セキュアード・キャピタルは昨日の高値を覗いた後、じり安で昨日の始まり値近くまで下落。どうして?と登録銘柄を覗いてみると、東証銘柄は殆どが上昇しているが、昨日まで上昇していたアセットマネジメント関連の会社が、ダビンチのみを除いてみんな下げていた。上昇が急だったのと上値が重かったので、利益確定売りを出したようだ。
 セキュアードを昨日の高値近辺で買ったので、今日そこに近づいて上値が重かった時に戻すべきだった。結局、含み損が大きく、戻るのに時間がかかる。このように、スウィングトレードの見切りというのだろうか、それを見切るのが難しい。こういう事を繰り返して、習得していくのだろうか? またこの株は、昨日の安値を下抜けなかったということで明日からの上昇の軌道をたどるのではないだろうか?一つ心配な事が。東証が4日前のリバーサルを示現後1日おいて3日連続の上昇で、関心が東証の方に移らなければ良いが。そうなると、新興市場銘柄は中々上がらない。
 明日今日の安値を下抜いてきたら損切り用意。
 
ようやく利益出し
2005年 10月 26日 (水) 09:17 | 編集
 昨日の株価指数の急上昇を受け、セキュアード・キャピタルも上昇。最初の30分間で32万を付けたが、その途中の31.5万で戻した。買い建て日の急落を恐れて早めの益出しをして、利益機会を損失。スウィングで持つつもりでいて、戻してしまった自分の気持ちの小ささにがっかり。しかし、その後の安値での再買い建てを待っていて、11時前から急上昇し始めた。一方、トピックスは下落を見せていたので、セキュアード・キャピタルも下げるだろうと待っていたが、まったく下げずに上昇継続。慌てて33.1万で買い建て。その後下落し、32万で大引け。高値掴みの参入であった。(参入、脱出の難しさを実感。後々このタイミングの仕方を考察してみたい。)
 しかし、今回はスウィングで臨むつもり。他のアセットマネジメント関連の株は40万から60万近くの値段を付けているので、そのくらいの価格を期待できる。

 セキュアード・キャピタル:+18,000円
株取引でしてはいけないこと
2005年 10月 24日 (月) 13:57 | 編集
 4日前に買ったセキュアード・キャピタルがようやく戻してきて、買値を超えてきた。今日高値で終われば、明日から楽しみです。
 また、セプテーニが良い兆候を見せている。長い調整を終えて、上昇の兆し。実は、私はこの株の業績が良いという記事を見て、買い建てたのですが、その後じり安基調。ある日業績下方修正でギャップダウン。それでも、上がるかも、上がるかもという”かも”を信じて、持ち続けたことによって、結局損切りして大損した経緯があります。でも、もう底打ちだと思います。これを経験して、(1)専門家の言うことを真に受けてはいけない、更に悪いことに、(2)期待を持って持ち続けてはいけない、ということが解ります。
 今日のトピックスは、金曜日の上昇分の利益確定売りで下げてます。最近の日本株は上昇が長続きしません。ラジオで言ってました。米株は一方向に動けば、ずっと動きが続くが、日本株は米株が上がれば買い、下げれば売り、外国人が買ってくれば買い、売ってくれば売るという状態で、私は以前からそう思ってましたが、日本の機関投資家は日和見的で、全く主体性がない。そんな中で金のない我々は流れに任せて泳ぐしかありません。だがら、デイトレードが自分を守ることにもなるのです。
どうしてデイトレードの方が良いか。
2005年 10月 21日 (金) 15:34 | 編集
 今日は日経平均、トピックスが大きく下押ししたので、一時はどうなるかと思ったけど、10時半過ぎから今日の高値を抜けると、急反発上昇して昨日の終値を上抜けて終えたので、一安心。銘柄によっては、下押ししたところから、金額にして数万円も上がったものが多かった。
 しかし、自分は先日来からスウィングで買い建てた株が何故か全く動かず、上昇している銘柄を横目で見ながら、指をくわえて見ている始末。だから、前に言ったように、特に下落局面ではデイトレードが良いと思います。例え、昨日赤字を出しても、今日のような日に買えば簡単に利益を上げられ、赤字も補填できます。良く覚えておこう!!
 今日の指数は、下値では10月の最安値をつけたが、終値では一昨日から2日連続の上昇です。来週の月曜が肝心、更に上値を伺うようなら、希望がもてますね。
株式投資のポジションの取り方
2005年 10月 21日 (金) 10:57 | 編集
 今日日経平均が13,000円を一時的に割りました。その後10時過ぎに反発し始め、今日の高値を抜いてきました。米株が大きく下落した為、売り気配で下押ししたのですが、日本株は米株に振り回されます。
 そこで、気がつきました。ポシションの取り方ですが、指数が上昇トレンドの時はスウィングトレードで、指数が反落し始めたら、ポジションを変更してデイトレードで向かうのがベストだと思います。なぜなら、翌日の上昇を期待して持ち越しても、米国株が大きく下げると、必ずギャップダウンしますから。もちろん、空売りをしている人は、この反対のポジションを取ることですね。過去を考えると私の敗因は、デイトレードとスウィングの使い分けができなかった事です。
株式投資の誤解
2005年 10月 20日 (木) 13:42 | 編集
 よく聞く株に関する情報に、PER、PBRが低い銘柄を狙うと良いとかいいますが、(もちろん、業績が良いことは前提です)確かに同業他社の銘柄に比べて出遅れているから考慮する価値はありますが、今までの経験であまり関係ないようです。株価の上下は話題性、つまり、業績上方修正、株式分割などなどで動きます。いくらPERが低いからといっても、人気が出なければ上がらないから、普段そういうPERの低い銘柄に留意していて、いざ上がりだしたら買うというふうにしないと、ただ盲目的に信じても駄目です。上がるときはPER,PBRが高くても上がります。
デイトレード
2005年 10月 20日 (木) 00:43 | 編集
 昨日のセキュアード・キャピタルにはがっかり。8月以来の本格的な反発だと勇んで臨んだけど、指数の下落に合わせて、参入後に下落し昨日の終値を下抜いて終わった。敗因は開始前の気配値が大きな買い気配だたので、慌てて参入したこと。
 今日の市場は売り趨勢だったから、空売りの日だったのに。開始15分過ぎに参入、その後下落し、昨日の終値を下抜けてきたので半分の2株処分。その後反発したので、用事で画面を離れて戻ると、再び下抜けて今日の安値近辺をうろうろして終わった。

損失3.4万円。
デイトレード
2005年 10月 19日 (水) 22:22 | 編集
初めて書きます。ホームページを作成していたのですが、書いた日記を新しい順に表示させる方法が解らなかったので、ブログを使った方が楽だと思い、早々に登録しました。
copyright (C) 私の株取引日記 ( Hit & Run ) - 株投資の誤解・間違いから成功へ all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。