FC2ブログ
負け続けの悪戦苦闘のトレード日記
私の株取引日記 ( Hit & Run ) - 株投資の誤解・間違いから成功へ
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
全く思惑違いのアドバンテスト
2005年 11月 30日 (水) 11:12 | 編集
 一昨日持ち越したアドバンテストは下げを示したので、早々脱出。先日の4万円の利益を4千円の損失に代えてしまった。全く労力と時間の無駄。自分に腹が立つ。
 急上昇すると翌日すぐ売ってくる最近の取引手法では高値を付けた時点ですぐ脱出する方が利益を出せるようだ。自分はどうしても長く持つ傾向が強く、利益機会を損失する。今までを見ると、全部益出しすれば、結構儲かっている筈なのだが、判断が機敏でない為、結果的に損失か少ない利益となっている。
 昨日終わり頃に買い建てた東邦チタンが15000円を付けた後、益出しで下落していても、また上がると持ちすぎて、利益を減らす結果に。

 ソフトバンクは窓あけ上昇、9900円を付けた後、戻り待ちの売りで下落。やはり、一旦下落すると再度元の株価に戻すのに時間がかかるので、損切り、利益確定売りとも機敏に行う必要がある。無資力者は、トレードができなくなるので、塩漬けで含み損を抱えている余裕は無い。 
 
午後の取引....朝高後の利益確定売りにじり安。

 東邦チタンは朝高後、指数同様下落した後、横ばいを続けた。14時前に一旦反発を見せたが長く続かず、14時41分に益出し。

 アドバンテスト:-4000円
 東邦チタン:+103000円
スポンサーサイト
今日の復習
2005年 11月 29日 (火) 21:28 | 編集
 今日はどんな銘柄が上昇したかを見てみたら、一番強かったのが設備投資関連銘柄、つまり、機械関連株と、その他いくつかの銘柄が非常に強かった。寄り前の機械受注統計の先行きがプラスということでの反応であったので、数日はこれでトレードができると思う。
売りを浴びせられたハイテク
2005年 11月 29日 (火) 11:26 | 編集
 昨日わざわざ益出しをせずに持ち越したアドバンテストは、ナスダックの下落の影響もあり、思った通り大きく下落して始まった。一昨日にも同様なケースがあり、昨日大きく窓あけ上昇をしているので、明日も同様の上昇を期待する。それでなければ待った意味がない。(これが私が完全なデイトレーダーというわけでもない理由)今、ハイテクが旬の業種だと思うのでスウィングで対応したい。
 
 ソフトバンクが9時30分過ぎに前日高値を抜けたので、10030円で100株買い参入。今日は連騰から利益出しの売りが多く、10時30分過ぎに急上昇して10260円をつけた後、ここまで来れば順調に上がるだろうと電話の用事で目をちょっと離した間に、株価が突如急落。突然の変調に対応できなかった。これではデイトレーダー失格だ。

 午後の取引....ソフトバンクで全く不用心なミス

 ソフトバンクは午後の寄り付き後更に急落。やはり、個人売買が多いせいなのか、下落のスピードが速い。徹底的に売られて9600円で大引け。また含み損を抱えてしまった。
 
 11月14日以来保留していたオークマHDがようやく買値を超えてきた。もっと待つつもりだったが、東邦チタニウムが反発を始めたのを見て、1044円で売り戻し、その足で、14時12分に東邦チタンを13660円で100株買い建て。大引けは13900円。
 昨日述べた14時からのデイトレードにぴったりの時間帯とはこのこと。

 オークマホールディング:+9000円 
株の動きは時間帯で変わる
2005年 11月 28日 (月) 21:08 | 編集
 毎日分足チャートを見る人は、もちろん気が付いていると思うが、株価にはそれまでの流れが変わる時間帯がある。
  9:30~9:45
 10:00~10:15
 10:30~11:45
 12:45前後
 13:00~13:15
 14:00~14:30

 これらの時間帯に結構それまでの潮目が逆になることが多い。もちろん、その株の勢いで変わるので、きっちり行かない事も多いが、大体あっている。しかし、これらの時間帯をあまりに頼りにして、下げている株を引っ張りすぎ、更に下落して損を大きくすることも多々あったので、適当に脱出を図らなければならない。だから、損切りポイントの厳守が助けとなる。
 
 更に、13時から14時頃までは昼休みみたいな感じで、株価は利益出しで良く下落するので、買いの参入は見合わせたい。
 活発な時間帯は、午前と14時すぎからの時間帯が一番多い。特に、大引けにかけて、翌日の為に買いが入り上昇する時が多いので、デイトレーダーには良い時間帯である。
  
予想通りハイテクが高値を付けた
2005年 11月 28日 (月) 11:12 | 編集
 昨日予想した通り、ハイテクが高値を付けて始まったが、その後利益確定で下落すると思い、持ち越していたTDKを一旦上昇後に下げてきた9800円(始まり値)で脱出。しかし、その後のハイテクの強さを反映して10010円迄上昇。これはもくろみ違いだった。
 
 一方、アドバンテストは非常に強いチャートを示していたので、9時35分に11220円で100株買い参入。10時30分過ぎ迄11350円の壁に跳ね返されて横ばいだったが、その後一挙に11640円迄急騰。思惑通りだったが、目標はもうちょっと上なので保留した。
 さて、かなりの上昇をしたので、午後の展開がどう出るか。

 TDK:-6000円

 期待したアドバンテストは指数チャートの上昇に反して、午前に昨日の終値から1100円も上げたこともあり、利益確定からじり安基調で11300円迄下落した。14時半過ぎから反発を始め11490円で大引け。
 明日の窓あけ上昇を期待するが、また売りを浴びせてくるか?
今週はどの業種が上がるか?
2005年 11月 27日 (日) 17:46 | 編集
 翌日の上昇、または下落銘柄をよく予想するが、あまり当たった事がない。だから、自分にとって上昇銘柄予想は時間の無駄である。しかし、チャート上での転換点にある銘柄を探すのは大変重要である。
 金曜に多くの銘柄が反発したので、月曜には利益確定売りで下げる可能性が高く、ハイテクが自立反発するかもしれない。しかし、金曜の反発をリバーサルとして考えて良いのではと自分なりに思える銘柄がある。それらは不動産と銀行の一部。

 不動産では、特に長谷工(1808)。25日線が下値支持線となり、業績上方修正で反発。
 銀行では、関東つくば銀行(8338)が1660円近辺を主要下値支持線として反発を見せ、下押しも浅いので、今後に注目したい。あと、千葉銀行(8331)と横浜銀行(8332)がそれぞれ950円と850円辺りの最多出来高価格帯で反発。みずほ信託も今もみ合っている価格帯を上抜けれたら、期待が持てる。京都銀行(8369)もネックラインを突破。
 あと、伊勢丹、金曜に急上昇したオークマホールディングがどうかなと思う。

 以上、自分の予想が当たっているか楽しみに注目したい。
今週の損益
2005年 11月 26日 (土) 11:32 | 編集
今週の損益:

   利益:+33000円
   損失:-89500円
差引損益:-56500円

累計純損益:

 累計損益:+282000円
 今週損失: -56500円
 当月損益:+225500円

 手数料他: -72314円
当月純損益:+153186円

先週の反省....
 昨日のトレードでは明らかに間違った事をしてしまった。気持ちがはやり、安いところで買ってやろうという欲の為に、開始後30分以降のそれまでの高値を抜けてくる迄待つという鉄則を守ることができなかったことだ。
 どうしても、早い内に、つまり、安く買える内にの気持ちが押さえきれずに、周りが見えず不注意な失敗をしてしまう。過去に何度も同じ間違いを犯して解っているはずなのにそれができない。自分がトレードに向いていないのではと思う。  
 
はやる気持ちが仇になった
2005年 11月 25日 (金) 11:18 | 編集
 寄り前の外国証券が売り越し観測と言うので、早々に脱出して何とか利益を確保した。
 全体が下押しする中で、TDKは下値が堅い感じを抱いたので、懲りもせずに、9860円で200株買い指し値。よく見たら、参入には時間が早かったので、一旦は取り消そうとしたが間に合わず約定。
 気持ちの上で、また戻していくのではという希望がはやる気持ちになり、間違った参入をし、また持ちすぎて大失敗。
 今日はハイテク、電気を売って、銀行、不動産等これまでひどく売られた銘柄に買いが入ってきている。どうもこの変わり身に自分はついて行けないところがある。
 
 TDK:+31000円
 TDK:-16000円

 午後の取引...朝の下げから押し目買いが強かった。
 
 また残念な結果。余力がない為、午前で使い切ってしまい、午後の上昇場面で上昇株を買うことができず。まだまだ相場の流れを掴むのが上手くない。一方、多くの人が安心して儲けたのでは?
 少ない資金でみずほインベスターズ証券を385円で1000株買い建て。しかし、株価は目標どころかなかなか動かないので脱出、その後大引け5分間に目標まで到達。嗚呼、空気が読めないトレーダー!

 みずほインベスターズ:+2000円
 
最近の強い業種と弱い業種
2005年 11月 24日 (木) 11:05 | 編集
 朝方から米国ナスダック市場の続騰を反映して、ハイテクが非常に強い。あと、化学関連が強いようだ。
 一方、弱いのは銀行、不動産等の内需系。これまで相場を引っ張ってきた銘柄を売って、ハイテクに資金を入れているようである。断然空売り候補だ。
 
 そんな中、TDKに9860円で100株を追加買い参入。ちょっと高値参入であったが、株価は9800円と9910円の間を乱高下。10時30分過ぎに急反発して新高値を付けたが、他のハイテク株より上がり方が弱い。

 最近のトレードの傾向は、多少なりとも利益が出ると必ず利食いが出るので、陽線を続けて出して上げるというのは難しいようである。日経平均分足チャートを見ると、朝方の急上昇後、じりじり下げている。

 午後の取引....効率の悪い1日だった

 基本的に9900円と9800円の上下幅100円近辺の横ばい状態が一日中続いた。始めて取引したが、ここ3日間のチャートを見ると、デイトレードでそれなりの利益を上げるには不向きな銘柄のような気がする。スウィングで儲ける株なのかも。

 先日大きい損を被った千葉銀は絶好の空売り銘柄であった。選択を間違えたかもしれない。
続けて損失が出た場合
2005年 11月 23日 (水) 10:16 | 編集
 最近ではかなり大きい損を被った昨日は、気持ちがむしゃくしゃして仕方がなかった。トレードの失敗より、その事態を招いた自分の決断力のなさに腹が立ったのだ。

 なんで同じ間違いをするんだろ~!本来、デイトレードで参入していながら、いくら持ち越しをすると決めていたからといって、株価が下落してきてもそのまま持つことがどんなに危険かを良く認識していない。結局、またも持ちすぎて損が非常に大きくなってしまった。

 今日が休みで良かったと思う。続けて失敗したときは自分のやり方がどこか間違っている訳だから、それがどこかを検証して、次の取引では同じ失敗をしないようにする必要があるし、この日記に書く効用がそこにある。書くことによって、冷静に認識・分析ができるのだ。

 同じ失敗がこの日記に出てこないように気をつけ、それが実現した時は自分が成長したと言うことになる。目指せマスタートレーダー!!
利食いで下落
2005年 11月 22日 (火) 11:47 | 編集
 今日は銀行、ハイテクに利益確定売りが出て、高値をつけた後幅広い銘柄が下落した。
 TDKが寄り付き直後9750円迄上昇したので、利食おうかと思ったが、まだ5分ローソク足一本目ということもあり、そのまま待っている内に、最初の30分で9540円迄下落。よっぽど脱出しようかと思ったが、下げ止まりを見せ、10時過ぎから反発しだした。

 以前は、最初の上昇で利喰って、安くなったところを買うということを繰り返しやって、結構儲けたことがあった。しかし用心しないと、なんぴん買いみたいに安く買ったは良いが、反発せずにそのまま含み損が多くなったりする。すぐに気が付いて損切りができれば良いが、その発想から遅くなる嫌いがある。
 私の場合、その成功体験から我慢しすぎて、大きな損になったケースが多々あった。まあ、これも自分の損切りポイントを明確にしていなかったせいだったので、気持ち次第でいくらでも防ぐことはできるのだが。これが勝ったり負けたりして結果的に自分の成績がマイナスになった理由で、今はずいぶん反省している。

 午後の取引.... 最悪のトレードをしてしまった。

 千葉銀の決算発表待ちの買い建て、持ち越しを行ったのだが、午後1番で1020円から1000円迄急落。慌てて1002円で戻し、損が拡大。先に話した例がこれです。

 おまけに、東邦チタニアムとTOTOが双方とも良い感じで上昇していた。当初、東邦をと思っていたが、かなり上がっていて下げるそぶりを見せたので、更に上げてきたTOTOに参入。ところが、その後がいけない。東邦が反発し出し自分の思っていたときより、4万円も上がったが、TOTOは下げだし、損切りの事態に。

 千葉銀行:-54000円
 TOTO:-15000円 

 非常に痛い。
2000万株以上の外国証券、今日も買い越し
2005年 11月 21日 (月) 11:21 | 編集
 通常11月は欧米投資家の12月決算売りが起こり、下押しするのだが、一説によるとオイルマネーが日本経済の将来を買う動きで、ここ数日日経平均が大きく上昇している。
 このような時は、日本の代表株を買ってくるのでその流れに乗るのが大切。トヨタ自が一番の良い例。それ故、私は新興でなく東証銘柄をトレードしている。ただ、株価が高いので資金のない者にはつらいところだが。
 
 昨日買い建てた千葉銀は、昨日の終値近辺から1020円迄急落した為慌てたのだが、今日の決算発表を期待してそのまま保留。11時現在は戻して1034円。

 最近のハイテクの復活に合わせて、ここ7日間の高値を抜いてきたTDKを100株9470円で買い建て。スウィングで持つつもり。

 三菱商事が昨日の高値を抜いてきたので、10円安い2405円で300株の指し値買い建てをした。だが、案に相違して、買いが続かず始まり値を切ってきたので同値で損切り。思うに、上昇を期待するのだから、高値を付けても、引き続き上値を追わず下がってくるのはデイトレード銘柄には不適当かも。 このトレードに関しては勝ったような気分。以前は期待が強すぎて持つことが多く失敗することが多かった。今日は前もって決めた損切りポイントで実行できた自分を誉めてやりたい。

 三菱商事:-4500円

 午後の相場は、殆ど全銘柄と言っていいほど売られ急落。今日は指数で見ると、4日続伸で始まったので、利益確定売りが出やすい頃であった。デイトレでも日足の確認は絶対に必要!!

 千葉銀は、13時半過ぎから急落し、1012円迄下げたが、14時35分過ぎに反発して1026円で大引け。日足を見ると25日平均線が支持線になった感じである。....大失敗!決算は22日でした。ああ~ !!
 TDKは、同様に9450円を覗く下落を見せたが、やはり勢いが強いようで、9600円で大引け。明日に期待したい。  
今週の損益
2005年 11月 20日 (日) 10:13 | 編集
 今週の損益:
    利益:+128,500円
    損失: -20,000円
   純損益:+108,500円

 先週損益:+173,500円
 
 累計損益:+282,000円

*手数料などは金額には含まない。
 結構手数料が高いので、安い証券会社を探すのも重要な事。

  手数料等: -62、107円
 差引純損益:+219,893円
3日連続の上昇で始まり、益出しで上値が重い
2005年 11月 18日 (金) 10:45 | 編集
 日本発条は、大勢に反して、ギャップダウンで始まり心配だったが、幸い買値近辺で動きが止まり、1018円で脱出。

 寄り付き後、順調に上がっていた千葉銀を1000株1056円で買い参入。

 ヤマダ電機も徐々に上げていた12500円で100株。10時前に高値を付けた後、12500円まで下落。自分の勘を信じて我慢。しかし、デイトレーダーとしては、高値の12740円からの下げを見せた時に脱出すべきかもしれない。(目標は12800円)

 私は、デイトレーダーらしくなく、参入した後はスイング的感覚で臨んでしまう。それでニッパツのように儲けをみすみす逃してしまうことになる。比較的大きく儲けることができるが、損の確率も高くなる。

 コンスタントに儲けようと思えば、デイトレーダーらしく、松井でなく、イチロウで臨むべし

 昨日の急上昇を頭に描いて、それにこだわってしまうが、昨日のように大きく上げた翌日は、ギャップアップして横ばいか、益出しで下げるのが多く、次の日はまた大きく上昇する可能性が高い。

 午後の取引では、千葉銀が昨日の終値まで下落。普通なら損切り対象。まだまだ踏ん切りが悪い。底値を付けてから反発。

 ヤマダ電機はトップアンドショルダーと思い、限界を感じて13時51分12650円で脱出。しかし、14時20分過ぎから反発し自分の目標だった12800円を軽く達成して、新高値。非常に悔しい。これがあるから、最初の上昇からのプルバックでは益出しをしたくないのだ。

  日本発条: +2000円
 ヤマダ電機:+15000円
午前中はお休み
2005年 11月 17日 (木) 15:00 | 編集
 午前中は外出の為、取引できず。帰宅して指数を見たら、一本調子の上げ相場。まったく、運が悪い。
 
 午後に参加しようと色々物色するが、みんな大きく上昇していて、つけいる隙がない。そんな中で、日本発条が、13時過ぎたら益出しで下押しをするだろうと思っていて待っていたが、下がらず上昇を始める。
その結果、ストップ高1029円を期待して、1016円で1000株の買い建て。1026円迄上がった後、上値が重くなり次第安。

 銘柄選択を間違えた。不動産が非常に強い。押し目を拾う隙がない。
 今日のようなときは午後の参入は控えた方が良いようだ。
またやってはいけない失敗
2005年 11月 16日 (水) 13:10 | 編集
 寄り前の外国証券が2000万株以上の売り気配なので、大きくギャップダウンで始まるが、トピックスは15分過ぎに踏ん張り横ばいを続ける。
 
 そんな中で、三井トラストを空売り候補と参入の機会をうかがっていたが、中々下がらないので、10時過ぎになったら流れが変わるかもということで、それまで待とうという気持ちになっていった。
 その矢先に、この株が急落し始めたので、慌てて1377円で参入。しかし、それまでに始まり値から2万円以上下げていたので、底値を付けたらしく、10時過ぎの指数の反発と呼応して、戻し始めた。結局1406円で損切りとなり、判断が流されて、近視眼的になった報い。
 その後、三井トラストは、1410円を超えると、急上昇し、底値から6万円以上上げた。非常に悔しい。自分の感覚を信じず、全く間違ったトレードをしてしまった結果に情けない。

 同様に10時過ぎから反発を見せた三菱自動車工業に251円で3000株を買い建て。13時過ぎに260円を付けて横ばいを続けたが、その時、260円で1000株追加。目標を270円に設定していたので、35分過ぎから下落し始めても、指数が上げていたので我慢。しかし、我慢しすぎて手遅れになって、252円で脱出。益出し点を無視した結果に情けない。
 14時50分過ぎから当初の益出し点の257円まで反発している。悔しいの一言。いつもぎりぎり我慢して、とうとう我慢できずに損切りするときは損が最大になる。これは益出しの仕方を考えなければ!!

 今日はまず勝てる相場の日だったのに、ひとり負けている。本当に情けない。反省しきり.....

 三井トラスト:-9000円
 三菱自動車:-5000円
思いがけない下落
2005年 11月 15日 (火) 10:55 | 編集
 昨日買い建てたオークマHD,空売りした関東つくば銀行。寄り前の外国証券により相場が売りを浴びせられ、両方とも大きく下落して始まる。

 関東つくばは1815円で寄り付き、その後大きく反発したが、また下落すると悠長に構えていたら、案に相違して1850円を上抜けてきたので、慌てて買い戻し。しかし、10時過ぎに下落し、始まり値まで下げる。非常に悔しい。

 オークマは何故売られるのか解らない。つくばと反対にまた戻してくると待っていたら、更に下落。思うに、昨日の参入後株価は乱高下した。以前も東邦チタンでも同様な事があり、翌日から下落していった。東邦チタンとオークマの違いは決算発表前と後、これがどう出るか。

 いったいどうなっているのか?どうも寄り前の売り優勢にみんなが処分に走ったようだ。証券会社などは大きく売りを浴びせて、慌てて売られる銘柄を安く買うということを常套的に行うので、よく相場を見たい。

 そんな中で、ミサワホールディングが理想のチャートパターンを見せ、それまでの高値を抜けてきたので4530円で300株買い建て。10時10分過ぎに少し下げるそぶりを見せたので、4700円で脱出。しかし、その後4800円を付けた。またまた、悔しい。

 昼過ぎに決算上方修正を発表した日産ディーゼルが上げていたので、12時44分に707円で1000株買い建て。13時25分過ぎに、700円迄急落したので、702円で脱出。同様に中外製薬も買い建て、2815円で200株、しかし2810円で損切り。

 良いニュースでも、指数が弱すぎて、上昇力が弱い。また既に上げすぎていたとも言える。

 関東つくば銀行:+10500円(空売り)
 ミサワHD:+51000円 
 日産ディーセル:-5000円
 中外製薬:-1000円
≫ "思いがけない下落" の続きを読む...
金曜の上昇から上値が重い今日
2005年 11月 14日 (月) 15:02 | 編集
 金曜に売り戻した三井トラストがGDPの影響で大きくギャップアップ。先日の私の買値まで戻していた。こうなると、もう1日我慢できていたらということになる。GDPなど、こういう経済指標の影響がかなり株価の動きに左右するので、今後それを良く考慮したい。
  
 東邦チタニアムはギャップアップ、東急は売り先行。
 この違いは、東急不は金曜に大きく上昇した為、利益確定の売り気配、直ちに969円で脱出。同様に不動産株は大きく下げている。東邦は9860円を付けた後、利益確定で下落してきたが、15分過ぎから反発し出した。25分当たりで動きが止まり、こういう時、通常は下落するので9730円で即脱出。読みに反して、その後順調に上昇し、9990円を付けた。予測するのは非常に難しい。

 GDPの影響で銀行株が大きく上昇。関東つくば銀行が100円以上(1000株で10万円)上昇して、高値を付けた後、1900円を下抜いてきたので、1894円で500株を空売り参入。しかし、その後反発し現在横ばいを続けている。う~んこの参入は失敗かも、他の銘柄か不動産にすべきだった。午後になって下落し始めたが、押し目買いが強い。

 今日決算を発表するオークマHDを業績上ぶれ期待でマークしていたが、10時30分過ぎからそれまでの横ばいから抜け出だしてきた。しかし、参入が上手くいかず、1000株1035円の高値で買い建て。その後株価は乱高下。

 今日は難しい銘柄をトレードしてしまった。14時過ぎに指数が上がってきたので、つくば銀行は1884円で脱出。今後は空売り機会が増えるが、オークマは、東邦チタニアムと同様、明日のギャップアップを期待。寄り付き前に、つくば銀行を500株1875円で空売り。

 東邦チタン:+25000円
 東急不動産:+20000円
 関東つくば銀行:+5000円 
昨日見たマジック
2005年 11月 13日 (日) 11:24 | 編集
 昨日テレビでHIROさんというマジシャンがすごいマジックをやっていた。
 何も入ってないペットボトルにガソリンを生み出し、エンストの車がそれで動き、ビール缶をソーダ缶に変えて、中身もビールからソーダに変わっている。究極は、店のガラスドアをすり抜けて店内に入ったり、車のハンドル側の外側のドアから手をつっこんで、中の鍵を取り出して、ドアに何の跡も残らない。
 とっても不思議で、驚愕の世界を見せてもらいました。思わず、株取引で使えるマジックはないものかと思ったりした。

 さて、何故自分の株取引をブログに書いているのかを書いてみたい。
 このブログ上で自分の失敗を書くことによって、それを認識し、繰り返さないようにしているのと、世の中、株取引がブームだとか、いろいろな情報が増えて、一億総トレーダーみたいに世相が仰いでいるような感じがする。おまけに、政治が郵便局の貯金をもっと民間に、はたまた株に流れるようにみたいな事を言っているが、素人がいきなり知識、経験もなしに簡単に儲けられるほど甘くはない。
 では、何処でそんな知識を身につけるか?...

 そんなところはありはしない。私は、以前日本で米国のデイトレーダーのセミナーを受講したことがある。その時は全く素人だったので、高い授業料を払ったのだ。3日間の初心者コース25万円、上級コース25万円。その時学んだことは、30分ギャッププレイ、レジスタンス、サポート、トレンドラインなどなど。(殆どは通常の知識で本屋で入手できるだが。)しかし、それのどれも自分の取引を行う上で、目に見えて資しているものはない。あえて言えば、30分ギャッププレイかな。でも、その時は現物しかできなかったので、過去には日本株では当てはまらないケースが多くあった。今は相場が上げ相場なので成功する確率が高いけど。

 結局、今の自分は過去の経験がものを言っている。だから、自分の経験が少しでも役に立てばと思って書いているのだが。
 これから株をやろうと思う人は、まずどれでも良い、好きな銘柄を選んで、自分が株を買ったり、売ったりすることを仮想で行ったり、株がどのようなイベントの時に、どのように動くかを勉強したりすることが重要である。だから、3ヶ月、6ヶ月と自分に練習期間を課して、慣れることが重要だと思う。それから実戦でも遅くはない。
私の弱点、致命的な欠点
2005年 11月 12日 (土) 11:27 | 編集
 私の致命的な欠点は、デイトレードで参入して、その参入が間違っていても、それに気づかずに、株価が下がってきても、まだまだ上がると持ち越して、スウィングトレードに変更してしまう事。 同時に、すぐに成果が出ないと、他の銘柄にも参入し、同様なことを行い、本来集中すべきなのに、注意が散漫になり、そのままにしてしまう事。 翌日は翌日で、また上がるという淡い期待を抱いて、スウィングだから良いんだとそのままにしてしまう致命的なもの。

 三井トラストは、典型的な例。買い建てた翌日にギャップダウンして始まった時点で損切りすべきだったが、更に悪いことに、一昨日の相場全体が下げた時に、損切りしなかったのだ。そして、含み損の大きさに気が付いて心配になり、昨日損切りして、損失が最大になってしまった。

 株取引で生き残っていくには、損は避けられないが、損失を最小にする慎重さが必要

 昨日の記事の訪問者に”塩漬けを切れないヤツは退場!”とあった。もっともだし、自分が退場していないのが不思議なくらい。でも、このブログの場を借りて、自分に歯止めを掛けたい。

 このブログを始めてからだが、これまでの戦績を発表。
 10月 利益:+18,334 損失:-34,336 損益:-16,032
 11月 利益:+263,093 損失:-131,751 損益:+131,342
 累計純損益 +115,309    
東急不動産の赤字決算について
2005年 11月 12日 (土) 10:12 | 編集
 昨日書いた買い建て銘柄の内の東急不動産について、トラックバックされて、この会社の財務問題について書かれていた。

 反論していたのか、注意するべきとの警告で書かれたと思いますが、確かに最終赤字ではあるが、中身を見ると営業利益、経常利益とも予想よりも改善している。本業が改善しているわけで、また特別損失はその年だけしか発生しないので、将来に影響はしない。その為に株価もそれに反応して大きく上昇したのです。反対なら、昨日は大きく下げているはず。

 決算書を見る時に必要なのは、最終赤字であるかどうかではなく、その内容が大事です。本業からの利益が予想よりも良いとか、年度末決算数字の上方修正が出たとかで、将来に期待を持ち、株価が上がるのです。三菱自動車と同じです。赤字体質に変わりないが、この株も最近は急上昇してますよね。

 GDPで内需が順調、米国株も昨日は上昇なので、月曜に期待したい
  
大きな損切り、大きなギャップアップ
2005年 11月 11日 (金) 11:34 | 編集
 東邦チタニアムは、前日比440円高い、8990円で寄り付き。最初の15分間で9280円迄上昇後、下落してきて横ばいを始めたので、9160円でとりあえず脱出。
 三井トラストは、寄り付き後下げを見せたので、1419円で即損切り。その後、1435円迄上昇したが、戻り売り圧力が強く、1415円近辺で横ばい状態。
 振り返ると、デイトレードで儲け、スウィングで大きく損して、全ての儲けをはき出し、損得ゼロになる。非常に効率が悪すぎる。原因は、間違ったスウィングトレードに参入してしまうこと。

 東邦チタニアム:+3000円
 三井トラスト:-70,000円

 10時10分前の急上昇で、東急不動産に1000株を953円で買い建て。13時40分頃に更に965円で1000株。
 東邦チタニアムに9200円で参入を試みるが、午後始まりから急上昇して、押し目買いを待っていたが、大きく下がらないので、13時15分頃に9480円で100株。

 13時30分過ぎからだれていたが、14時30分を過ぎると反発しだした。この二つは決算上方修正を発表。明日も期待したい。東邦チタンは9550円の値幅制限いっぱいで大引け。
スウィングトレードの注意点
2005年 11月 10日 (木) 16:34 | 編集
 先日買い建てた株が大きく下げて含み損が出ている。そもそも前の日に高値を付けて、翌日下落してきたので、安いところで買おうという卑しい根性で参入して、落ちてくるナイフを掴んだ感じだ。落ち着いてチャートを見れば、ダウントレンドラインを上抜けていない。

 三井トラストは言うに及ばず、これも失敗だが、東邦チタニアムは5万8千円の含み損だ。今日の大引け後に決算発表するというので、買い建ててもそれ程下げないと思ってホールドしたのだが、大きく下げている。以前にもこういう事を見たことがある。決算発表の数日前から下げだして、当日にギャップアップするのだ。

 これは次のような思惑なのだろうか。発表前に利益確定をしておいて、前日に買い建てれば、発表翌日に大きな儲けを期待できる。もちろん、増額修正が期待できる銘柄でなければならないのだが。この株は既に決算発表があり、上方修正であった。

 これが本当なら、これから戦略を変えなければならない。

 これらのトレードの失敗の原因を更に考えていたところ、行った参入を支持する理由が見あたらなかった。ただ、勢いのみで、下げた後、反発を見せたところで買おうとしただけである。これは全く危険なこと。明日、意に反したら、即損切りしたい。
売り主体にすると決めたのに
2005年 11月 10日 (木) 10:40 | 編集
 一昨日、空売り主体にすると宣言したばかりなのに、どうも癖なのか、買いトレードを行ってしまった。指数が上昇して横ばいを続けていた時に、急上昇した古河電工に650円で買い建て参入。その後、指数が上値の重さに耐えかねて下落を見せ始めたので、古河も下げ始めた。641円で損切り。

 その後、殆どの銘柄が下落し、絶好の空売り日よりだが、先日来の株のホールドであまり余力がないのでトレードができなくなってしまった。今日はこれで開店休業。

 私のトレードスタイルは、日経平均、トピックスの指数の動きに合わせて参入する。しかし、中にはその動きと異なる動きをする銘柄があって、業績上方修正を発表した古河はそんな株で、てっきり上がってくれると思っていたが、今日は売り方が非常に強かった。

 やはり、安全なトレードは、指数の動きに合わせてのトレードが一番良いようだ。

 大東紡織:昨日買い建て:252円 今朝戻し:244円 -8000円
 古河電工:-9000円
  
≫ "売り主体にすると決めたのに" の続きを読む...
今日は久々の大勝利
2005年 11月 09日 (水) 10:59 | 編集
 昨日売り建てた関東つくば銀行は、昨日午後から出かける用事があった為、1700円で戻し指し値を入れておいたが、案に相違して1737円で大引け。(今日を心配していたが、米株の下落の影響で、トピックスも下落で始まった為、持ち株全て下げて始まった。) 大きな下落で寄り付きからは他の持ち株が上げる様子を見せたので、1693円で脱出。

 その後、更に下落したので、空売りをしようとしたが、まだ9時30分前だったので、慌てて自分を押さえたところ、20分を過ぎた後に、株価が反発し出した。5日下落後の自立反発を期待しての買いだと思う。これが、それ迄の高値を越えてきたので、1700円で500株の買い建て。余力がなかった為、これだけの数だが、後でもっとあったらなあと悔いの残る結果となる。
 結局、10時過ぎから期待したとおりの上昇をみせた。1830円迄上昇した後、プルバックを示したので、30分過ぎに1810円で脱出。
 2日ホールドした取引より今日1時間程の取引の方が大きい利益。

 関東つくば銀行:+31000円(空売り)
 関東つくば銀行:+55000円(買い建て)
今日からポジションを売り主体のトレードに変更しようと思う
2005年 11月 08日 (火) 10:23 | 編集
 昨日買い建てた銘柄全部が窓あけ下落(ギャップダウン)で始まる。東京テアトルは間違った参入だったので、寄り付き後戻ってきたところで533円で損切り。その後、505円迄急落。損切り大正解。
 三井トラストと特に東邦チタニウムは決算がこれからなのでまだ反発する要素があると持ち越したが、今日は指数が下げていて結構売られている。デイトレードに変更と先日言ったばかりなのに、もう破ってスウィングを行った自分に対する報いか。考えてみると、両方とも昨日の参入がパターン的に間違っていた。だから、参入後買値近辺で株価が行ったり来たりする時はすぐ脱出するべきである。間違いない。

 最近、天井を付けて売られている銘柄が多く見受けられる。そろそろ売りモードなのかと思う。空売りはあまりやったことがないので、上手くいくことが少ない、つまり、参入時期が良くわからない。とにかく、ダウントレンド銘柄を選ぶことから始める。

 まず手始めに、関東つくば銀行を9時24分に1755円で500株売り建て。よく考えたら、30分以前の参入だったので、反発をくらい1772円迄戻したが、その後は買値近辺での横ばいが続いている。昨日まで3日間連続して下げたので、多少の反発は当然だと思うが、地銀は現在すっかり人気がなくなっているので上手くいくことを願う。
 東京テアトル:-7,000円
今日も上値が重く、参入を遅らせたが
2005年 11月 07日 (月) 11:18 | 編集
 金曜に買い建てた東京テアトルは510円を付けた後利益確定で下落し,買値の500円を切りそうな感じだったので,501円で返済。しかし,株価は498円を付けた後反発して,25分までに518円まで上げた。とても悔しい。また,みずほ信託も思ったより力強く,予想以上に上昇し,またまた金曜に脱出したことの悔しい思いを抱いている。

 株のトレードは脱出時期も難しいが、参入時期を見極めるのも難しい。前日に大きく上げた株は,翌日大抵利益確定で下げるので、それを見定めてからの参入が安全なので、それを実行してみた。

 10時35分に,チャートパターンが良くないけれども,上げ基調をみせた三井トラストを1489円で1000株買い建てた。1480円で買いたかったが、参入が遅くなってしまった。しかし、株価は下落し1478円まで下げて午前の取引を終える。
 10時37分には,下げ止まったように見えた東邦チタニアムを100株9130円で買い建て。

 本当は午後の14前後からの上昇を期待して、その頃の参入をと思っていたが、中々下がらないのでこれらの時間帯の参入となった。果たして,結果は如何に。

 私の有望株だった東京テアトル、みずほ信託双方とも本日は急上昇を遂げた。なのに、両方とも昨日今朝で戻してしまい、全く見極めが悪い。反対に,三井は反落した後、上値が重く,中々上がらない。昨日が急上昇だったことを考えるべきだった。昨日買った人間が今日は戻り売りを待っているのだ。
 東邦も一時は9210円迄持ち直したが、また下落し、9000円近辺に近づいている。横ばいの指数の動きを無視したトレードの報いか?

 東京テアトルの急上昇を見て、慌てて540円で1000株を買い建てたが、その後、934円迄反落。(高値掴みをして、)なんか間が悪い。その後、14時35分過ぎから反発を始め、買値を超えてきたが、40分過ぎに517円まで急落。あちゃ~。他の株を見ていたら損切りタイミングを失った。日足ボリンジャーバンドを見たら、バンドを大きくはみ出てその修正が起きた感じである。
 
 教訓:指数と同様に下げたり、横ばいを続ける株は上昇を期待するのが難しい。だから、相場の傾向が全体的に強いという条件の下、指数とかけ離れた動きをする株で勝負をするのが勝てる秘訣なのかも。
 参入した株はあまり手広く行うと注意がそれて思わぬ損失を被ることがあるので、参入している間は集中すること。

 東京テアトル:+1000円
現物株と信用株、そしてデイトレード
2005年 11月 06日 (日) 20:11 | 編集
 株は全ての株が現物株として取引できますが、中には信用でも取引できる株があります。その株式数の流通量で決まるようです。東証一部などの大きな市場では時価総額が大きい株が多く、大体現物、信用両方ともできます。その違いは下記に示す通りです。

 現物取引では自己資金の範囲内でしか購入できなく、買いだけで、空売り(売りからはいる取引)はできない。また、持っている株の値段がいくら下がっても売るときに損失が出るだけで、何年持っても費用はかからないので、上がるまで待つことが可能です。

 一方、信用取引では証券会社が資金を融資してくれて、自己資金の3.3倍ほどの金額まで株を信用で売買できます。また、現物とは異なり、空売りができるが、資金を借りるので、利息(空売りの場合、貸株料)等がかかます。借りることができる期間は、制度信用で6ヶ月、一般信用で3年で、その期日までに返済しなければならないが、一般信用は空売りはできない。

 信用で売り買いをするときに注意したいのは、長期になると利息などの経費が馬鹿にならないということである。先日、ようやく売り戻したよみうりランドだが、2000株を3ヶ月ほど借りて12,254円の金利がかかり、その他に、事務手数料、名義書換料を合わせて500円もかかった。

 更に、信用取引で気をつけることは、その株が自分と思う方向と逆に動いた場合、自分の信用余力という、株を売買できる金額の余力が下がってしまい、20%をきると、追い証と呼ばれる資金を追加しなければならない。また、余力が30%以下で損切りをした場合、30%以上に戻ればそのまま取引ができるが、戻らない場合、マイナス分を埋め合わせて、それが30%以上になるように戻さなければならないので、新たな資金が必要となる。そして、その余力がない間は殆ど取引ができなくなるので、下手をすると、相場が上昇しているのに、自分は指をくわえて見ているだけという事になりかねない。

 そこで、デイトレードの利点が見えてくる。その日の内に売買を完結するのがデイトレードだから、例え損をしても、信用余力がなくなるということはないし、その株が上手くいかなくても、別の上昇または下落している株に乗ることができるので、相場の流れを掴んで儲けることが可能である。
米株上昇、トピックス窓あけ上昇
2005年 11月 04日 (金) 14:18 | 編集
 今日は予想通り、指数が窓をあけ上昇して始まった。日経平均が14,000円を付けたので、思ったとおり利益確定売りで頭が重い。そんな中で、銀行と含み資産株が強いと思い、三井トラストと東京テアトルをそれぞれ1000株づつ買い建て。

 三井トラストは10時前の急上昇で最初の買い場を逃して高値の1461円で、東京テアトルは今日の高値と昨日の高値を超えてきたので500円で参入。しかし、上値の重さを物語るように、中々上がらず下落し横ばいが続く。午後になり、多くの株が上昇を示しだし、三井トラストは12時25分過ぎに1495円を付けた後、下がりだしたので1492円で脱出。

 東京テアトルは502円迄上げたが、何故か上値が重い。日足を見ると、ここ数日上昇はするが、益出しで高値を付けた後下げていて、大きくは上がらない状態が続いている。ボリンジャーバンドの外側のバンド内で動いているので少しずつ上がるのではないか。

 更に、銀行の流れに乗る意味で、13時20分にみずほ信託を2000株335円で買い建て。13時50分現在、340円を上抜こうとしている。結局14時過ぎから下がり、持ち越しを考えたが、週末を挟む事もあり、買値にまで下落したので損切り。(やはり、強い株なので、損切り後に334円を覗いた後、戻り始めた。非常に悔しい。)

 三井トラスト銀行:+31,000円
 みずほ信託:0円
≫ "米株上昇、トピックス窓あけ上昇" の続きを読む...
デイトレードに復帰した理由
2005年 11月 03日 (木) 17:53 | 編集
 元々デイトレードをやっていたが、今年の初め頃から4月頃までスウィングトレードで80万ほど儲けた。更に5月に買い建ててスウィングでホールドしていた株が50万ほどの含み利益を持っていた。しかし、たまたま入院していた間に、相場が利益出しで急落した為、追い証を出さなければならないような状態になって、損切りして100万ほどの損失を出してしまった。その後は市場の状態に合わせて、成績は買ったり負けたりだが、それでもプラスに推移した。
 しかし、7月にスウィングで大きく買い建てた株が思うように上がらず、むしろじり安をたどった為、余力がなくなってきた。8月9月には東証などが上がっているときに全くトレードができず、更に悪いことに追い証の必要性のある状態に近くなった。これでは市場が上昇しているときに儲けなければ儲けるときはないと、思いきって損切りをして100万以上の損を出したのである。
 失敗の原因は自分の損切りの決断力のなさ、つまり、欲望によるものである。前もっての損切り点を設定してないことが大きな原因だし、株が下落してきても、スウィングだから保留して翌日以降の上昇を期待する。しかし、翌日は下落で始まり、気が気でないが、スウィングだからまだ切るのは早い、また上がるからとそのまま保留する。しばらくそんな悠長な事をしているうちに、今頃損切りすると損失が大きくなるから、切ることができないという感情状態に陥って、ますます切れなくなる。すると、後はずっと持ち続け、もう上がるまで持つしかない状態になるのだ。
 以上が主な失敗の原因だが、自分がスウィングトレードの仕方を十分解っていなかったし、以前それで儲かったことが、むしろマイナスに働いたように思う。もうこれ以上は損失は出せないので、初心に戻り、デイトレードでやりなおうそうという気持ちなったわけです。
 昨日ような相場では、スウィングではホールドして明日を期待します。でも、明日の事など分からないとはっきり肝に銘じてデイトレードをすれば、明日がどのような相場でも対応できます。もちろん、私のトレードスタイルは基本はデイトレードですが、相場状況に合わせて1日くらいのスウィングトレードを行って儲けを最大限にするつもりです。
copyright (C) 私の株取引日記 ( Hit & Run ) - 株投資の誤解・間違いから成功へ all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。