負け続けの悪戦苦闘のトレード日記
私の株取引日記 ( Hit & Run ) - 株投資の誤解・間違いから成功へ
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
相場は少し高で始まるも下落
2006年 02月 28日 (火) 10:03 | 編集
 昨日持ち越したメルシャンが期待に反して下落して始まり、377円で損切り。
  
 メルシャン:-10000円

 上昇銘柄を探していたが、みんな弱く高値を付けても下げてくるのを見て、売りをやろうと値下がり上位銘柄の上位近辺に位置していたアルバックを4870円で200株9時34分に売り建て、しかし、既に下げ過ぎなのか、4820円で下げ止まりもみ合い。9時50分、結局4840円で脱出。

 アルバック:+6000円
スポンサーサイト
指数は窓あけ上昇するも...
2006年 02月 27日 (月) 10:55 | 編集
 指数は窓あけ上昇するも、高値を付けた頃から益出しで下落し、寄り付き値を下回って推移する。

 DAコンソーシアムは幸い反発上昇して始まり、21.7万円近辺でにらみ合いを見せたので9時2分にこの価格で脱出。その後下落。

 DAコンソーシアム:+12000円

 9時50分過ぎに指数が反落を見せ大半の株は下落。今日は不動産が金曜の反動で売られている。10時25分に反発の動きを見せたので、下げ止まったと思い、10時31分ダヴィンチに83.2万円で1株買い参入。84万まで戻したが、その後下落。やはり、良くあることだが、一回目の反発は見過ごした方が良いのか!?

 チャート形状が悪いのか2~3日前の分足チャートと比べると、明らかに下落トレンドが急で長い。これは売りが強い事を現しているようだ? いつもは上昇パターンで前日高値、そして当日の高値を上抜いてくる株を買い建てるのをルールにしているが、今日の場合、殆ど下げていたので、十分下げたものを狙ってみたが、なかなか難しい。目標は86万円。

 午後の取引...前場終値より上昇して始まる

 ダヴィンチは反発して、85万を超えてきた後、弱含みの指数と同様反落。84万を下落時の脱出ポイントと考えていたが、14時すぎれば反発すると頑張っていると、さすがに83.3万円迄下がると我慢できず83.7万に戻してきたときに脱出。

 ダヴィンチ:+5000円

 14時30分過ぎにそれまでもみ合っていたメルシャンが高値を付けてきたので、39分に1000株を387円で買い建て。 更なる上昇を期待したが、それまでの上昇が大きすぎてか買いが続かない。でも下値を探る動きがないので、明日に持ち越し。できれば窓あけ上昇を!!
今週の損益
2006年 02月 24日 (金) 16:00 | 編集
 今週の損益
      利益:+95700円
     損失:-665000円
   手数料他:-13600円
  差引損益:-582900円

 累計損益
     利益:+834103円
    損失:-1011500円
  手数料他:-120652円
  差引損益:-298049円 (1月:+168670円、2月:-466719円)

 リカバリーが少ない、この2日間儲ける機会があったのに、銘柄選択のミスでそれを喪失している。特定の銘柄に固執するのでなくもっと客観的に。  
反発から4日目で急激な上昇から利益だしで下落
2006年 02月 24日 (金) 09:41 | 編集
 DAコンソーシアムも昨日の終値で寄り付き、その直後下落した。10分過ぎに反発し21.3万円まで戻したが、その後が続かず9時26分に21万円で全部戻した。

 DAコンソーシアム:+67000円

 DAコンソーシアムが10時過ぎに最初に付けた高値を抜けてきたので21.3万円で6株買い建て。しかし、直後反落し21万円に反落。
 
 他の株の様子を見てみるとトレーダーズ証券が上昇中の他、不動産関連が堅調さを見せているので、DAにこだわりすぎた。やはり、昨日の高値を抜いていなかったので、売り物が厚いのか!? 振り返って見ると、この株は自分の銘柄リストの買いランキングの下位にきているので、本来なら選択肢に入らない。選択する時は上位銘柄を選択するのがこつ。

 午後の取引...指数はじり高だったが...

 午後に高値の21.7万円を付けたが、他の銘柄は上がるのにこの株には買いが続かない。14時25分過ぎに下落を始め、週末なので半分の3株を損切り。全くの選択ミス。残りは昨日の終値を下抜いてこないので持ち越し。

 DAコンソーシアム:-3000円
寄り付きから大きく揚げる
2006年 02月 23日 (木) 13:30 | 編集
 多くの株が寄り付きから窓あけ上昇、その後利益確定売りから下落。それでも150円以上の上昇。

 どれをやろうかと候補を探していたが、DAコンソーシアムが9時30分頃に20万を抵抗線に下げ止まったようで、9時48分4株を20.1万で追加買い建て。参入後19.8万円まで下落したが、持ち直して反発。

 13時50分過ぎからプルバックをし14時過ぎから反発を見せて、カップウィズハンドルを見せつつあり、21万を超えたらブレークアウトで買いだが、もう弾切れ残念。しかし、大引けは20.9万円。思ったようには上昇しなかった。
今日も上昇、トレンドは完全に変わった!
2006年 02月 22日 (水) 09:52 | 編集
 今日も相場は上昇していて、IDUを2株買い注文をしたが、上値余地が少ないためキャンセルして、ダヴィンチアドバイザーズなどの不動産関連株を注文しようとしたところ余力がないと気が付いた。慌ててIDUの取り消しをしたが間に合わず42.4万で約定してしまった。(9時30分)
 とても悔しい、ダヴィンチなどは上値余地が4~5万円あるのにみすみす安い株を取引してしまったこと。更に43.3万円の値幅いっぱいで売り戻しを設定していたが、43.2万円を付けた後45分過ぎにプルバックしてストップロスにかかってしまい、42.4万で脱出。(9時49分)

 アイディーユー:+-0

 こんなイージーな日にあほな取引。もう余力がないので開店休業状態。

 楽天が下落して始まり、昨日の終値に戻した後も反落して戻りが鈍いので10時11分に9.83万円で損切り。
 
 楽天:+600円

 戻った余力からDAコンソーシアムを1株17.9万円で買い建て。(10時19分)

 午後の取引...寄り付き後下落も持ち直し上昇

 IDUは午後になって反発し、43.3万円をつけたし、DAコンソーシアムもストップ高で大引け、持ち越し。
外国人買いが戻った!?
2006年 02月 21日 (火) 09:17 | 編集
 非常に悔しい。一昨日まで損切りせずに、昨日も最後の最後まで待っていたのが、終わり頃に余力が20%を切ってきて確定されるので、あきらめて損切りしたら、今日は大きく反発。SUMCOは5400円を付けている。昨日の損切り(5070円)から300株で9.9万円の上昇、反対に9.9万円の余分な損失。
 いつもこうだ、我慢に我慢し、仕方なく損切りした後反発して、損が最大になってしまう最悪のパターン。何とかしなくては。

 まだホールドしている銘柄があり、それらが含み損を抱えているので余力が69万ほど。そんな中で買える銘柄はと値上がり率上位銘柄の中で寄り付きからそれ程上昇していず、また下落も大きくないパシフィックマネジメントを、それまでの高値を上抜け、大きな売り物があった27万円をこなしてきた9時54分に27万円で2株買い建て。9時57分に値幅制限いっぱいの28.4万円で戻し売り。

 パシフィックマネジメント:+28000円

 昨日の訂正、余力が30%をきって損切りをするとその損分を入金しなければならないと書いたが、確かにそれはそうだが、その時に損切りして30%を回復するほどに損切りをすれば、損金分の入金はしなくても良いわけで、大きな勘違いを犯していた。
 自分が20%以下時点になった時、大部分の持ち高を整理したのとやり方は変わらない訳だから、30%を下回ったとき、同様に損切りしておけば、損失を少なくできた。馬鹿じゃないのか、まったく。
 まだまだ、株取引の仕組みが解ってないところがあるし、間違った理解の仕方をして損失を被っている。トライアル アンド エラーでやるしかないのか?

 午後の取引...午後は例によって下落を見せたが、13時30過ぎ頃から反発の動き。

 15.6万円の枠内で買える銘柄を探していたら楽天が高値近辺に付けていて後30分の場立ちなので、1株を99700円で買い建て。40分過ぎにブレークアウトして9.8万円を上抜いた。更に50分過ぎには9.9万円を超える。でも、手数料が2100円の為、まだ利益が出ていない。何故、JASDACは高いんだろう。
とうとう損切り
2006年 02月 20日 (月) 15:04 | 編集
 信用余力が20%を切ってしまい余力をプラスに戻すのに損切り。もっとも下落率が大きい、SUMCO,山善を埋め戻し。

 SUMCO:-435000円
 山善:-227000円

 こうして損切りすると、あ~あもっと早く損切れば良かったといつも思うが、後悔先に立たず。ここまで我慢していたのは30%を切ったところで損切ると入金をしなければならないので切れなかった、その為損失がこれまで大きくなった。(しかし、30%以下になるまでになぜ処分をしなかったのか??...)

 なにが株価が買値より5%を下回ったら損切りだ...このルールが守られてない。今切るとこの損失が大きく確定するという恐れに実行ができなかった。自分に憤懣やるかたない。

 去年の9月か10月頃の残高に戻ってしまった。でもまた頑張って稼ごう!!!
今日は反発すると期待したが...
2006年 02月 17日 (金) 10:49 | 編集
 昨日の米国株の上昇とGDPで大きく上昇すると期待したが、全く反応しない。朝方の寄り前の外国人売りが一週間以上続いていると、こう迄影響を与えるものなのかと情けなく思う。日本の機関投資家は外人投資家の動向に左右される、にも程があるとか弱い個人投資家は思う。
 
 横這い状態が続いているので、現在はデイトレードで少しの動きで利益を出すというのが上手いやり方だろう。しかし、そろそろ来週辺りから上昇に戻るのではないか、それを期待したい。

 午後の相場...日経平均が一時300円以上の下落。

 意外なほど売られたが、13時35分過ぎに先物に買いが入り反発。これで二番底を試したと思うので、来週から上昇に転じるのでは? 次のフレーズを信じたい。

 It is always darkest before its dawn.

 結局反発は続かず、330円超の下落で大引け。う~ん。
ここ数日の下落で...
2006年 02月 15日 (水) 11:16 | 編集
 ここ数日の下落局面で、愚かにも洪水の中を流れに逆らって買い建てたお陰で、含み損が大きくなった。
 昨日は外出していて追い証にならなければ良いがとは思いつつ、そろそろ反発するのではないかと思っていたところ、戻って株価を確認して一安心。追い証の危機は脱出。
 失敗の原因はもちろん売り局面で買いをしたこと、損切りもせずに持っていたことと数多く揚げられるが、買い建てた銘柄が上手く上昇せず、別の銘柄を物色し、余力いっぱい買い建てた事が効いている。余力の半分くらいに買い建てを押さえていれば、余分な心配をせずに済んだと思う。
 
 また、昨日の新聞でこの下げ局面で澤上ファンドが買いをたくさん入れたとの記事があり、スウィングまたは投資というのはあんなふうにやるのだと改めて感心した。自分が買いを入れるとき、まだ下落が終わってないケースが多いので、慌てて参入するのではなく、もっとじっと観察することが大切と感じた。
今週の損益
2006年 02月 11日 (土) 11:18 | 編集
 今週の損益(2/8~2/10は大幅下落)
    利益:+79000円
    損失:-50000円
  手数料他:-17101円
  差引損益:+11899円

 累計損益   
    利益:+738403円
    損失:-346500円
  手数料他:-107051円
  差引損益:+284852円 (1月損益:+168670円;2月損益:+116182円)

 以前から自分の欠点と気が付いてはいるが、軟調な地合でも馬鹿の一つ覚えで買いを行ってしまう。株を始めて現物しかできなかった時間が長く、それが習慣のようになっている。当初はもっと相場の流れを見てはっきり方向が定まってからの参入をしていたような気がするが、どうして変化してしまったのだろう?これを行っている内はどんなに利益を上げたとしてもベア局面では大きく損を被る。
 自分は冷静さを欠くようだ、チャート画面を前にすると興奮してしまい、周りが見えなくなる感じがする。どうやったらこの相場のトラップにはまらないようにできるだろうか?
指数は反発、しかし...
2006年 02月 10日 (金) 09:29 | 編集
 東京エレクトロンが窓あけ上昇。持ち越した200株を上昇が一旦止まった8850円で益出し。

 東京エレクトロン:+18000円

 その後、他の銘柄ほど下落をせずに8820~40円でしばらくもみ合っていたので、これは上に行きたいんだなと思っていたが、9時20分過ぎにブレークアウトした。他の銘柄を見ていて慌てて参入を試みたが買えず、絶好の機会を逃した。

 相変わらずへたくそ。昨日の軟調地合に買いを行う愚を戒めたのに、今日も同じ地合を読めていない。
 SUMCOを、前日の高値を上抜いたと思って6520円で300株買い建て。しかし、そこがピークだったようで急落。昨日の終値を下抜いた。既に今の時点では大きく上がりすぎていたようだ。

 不動産が軟調なので空売りを仕掛ければ絶対。何で売りを考えられないのか?自分のメンタリティーを疑う。
 更に、指数チャートを見て目を疑った。10時過ぎから急降下しているではないか。この動きを無視しては絶対にいけない。昨日反省をしたばかりなのに....(言い訳:2台のコンピュータで複数の銘柄を表示すると指数が見ることができない)
今日ももみ合い
2006年 02月 09日 (木) 10:01 | 編集
 昨日売り建てた住友鉱山が1626円で寄り付き、そのまま上昇。金価格も安く、これが収まれば下がるだろうと思って待ったいたが、いっこうに下がらずむしろ反発の兆し。結局1652円の高値で損切り。
 
 住友鉱山:-28000円

 米国株が上昇したので東京エレクトロンを昨日の高値を抜いてきた8760円で200株買い建て、しかし、買いが続かず反落。

 どうも参入が早すぎるようだ。40分から45分くらい待たないと今の地合では反対にいってしまう。

 住友鉱山はやっぱり損切りが早すぎた。前引け一分前迄に1628円迄下落。朝方上昇して、その後戻り売りで下落するだろうとの予想もしなかったわけではなかったのだが....

 午後の相場...やはり戻り売りで上値が重い。

 住友鉱山は14時過ぎにそれまでの安値を下抜き、更に昨日の安値を下抜いていて、自分の目標であった1600円も30分過ぎに下抜いた。反発したからといって慌てて動くのではなく、相場動向をよく吟味して待つことも大事。

 自分の相場の地合の判断が全くなっていない、今日の様なときは買いは絶対にやるべきでないのに、上がったと見るや買い参入してしまう。反省すべし。
今日も上値が重い
2006年 02月 08日 (水) 10:16 | 編集
 大きく下げて始まって、自立反発の買いで上昇している銘柄が多かったが、上下を繰り返しもみ合い症状。
 
 上昇している東邦チタンを15分過ぎに9410円で買い建て。9時40分過ぎから下落。じり安だが、また反発すると我慢していたら損切りが遅くなってしまった。もっと迅速に対応を。更に後から見ると、10時40分過ぎから指数が大きく下落を始めていたので、買い参入したにしろ、その時点で損切り脱出をすべきだった。それ故、指数の動きから絶対に目を離してはいけない。

 東邦チタン:-20000円

 不動産が堅調なようなので、昨日の終値を抜いてきた東京建物を1193円で1000株買い建て。

 しかし、朝方テレビで言っていたように、午前は下げて午後は横這いの可能性が高く、参入が早すぎたし、今日は買いを入れる地合ではなかった。また寄り付き前、今日は空売りをしようとも思っていたのだが、期待に反して反発をしてきたので、それに乗ってしまい失敗してしまった。もっと時間を与えるべきだった。
 
  午後の取引...午後は最初の15分ほどで急落した後は横這い

 住友鉱山が午後寄り付きで窓あけ下落して、始まり値をきったので、1624円で1000株売り建て。その後1642円の午前の引け値が抵抗線なのか、そこまで上昇した後反落して1620円の攻防。
上値が重い
2006年 02月 07日 (火) 10:05 | 編集
 指数の動きは上値が重い。

 そんな中、SANKYOが大幅窓あけ上昇してきたので、7900円で300株買い建て。しかし、それまでに大きく上がっていたので参入後に益出しで下落。目標株価が8500円とレーティング上げがあったので上昇している。スウィングで持つつもり。

 5日前から持っていた三菱商事があまり効率が良くないので2815円で売り注文を出しておいた処、いつの間にか約定して、その後2850円を付けた。脱出が早すぎた。

 三菱商事:+11000円

 教訓...しばらく持っていた株の買値を上回ってきたときは、やっと戻せるという安心感から早く脱出する傾向があるが、そのまま持っていた方が利益を拡大できる。何故なら、基本的にとりあえずその日は揚げようという意図があって、そこまで株価が上昇するのだから。

 また、ディスコが昨日の高値を上抜いてきたので、8060円で200株、そこで買いそびれた残り200株を8100円で買い建て。しかし、8150円を付けると伸び悩み、8100円を切ってきたので8090円で脱出。

 ディスコ:+4000円

 10時19分にフジクラが2回のプルバックを見せていて、この2度目の下押しが浅いので最上昇があるのではと1275円で1000株買い建て。
 順調に上昇したが、目標1300円としていたので、1293円を付けた後プルバック時点で脱出が遅くなり、結局1276円迄下げている。
 この後外出でトレードができないので心配だが、一応、1284円に売り指し値を入れてる。指数が最後の5分で上昇しているので、それに期待したい。

 午後の取引...横這い

 売り指し値をしておいたフジクラが14時9分過ぎに1286円迄上昇した際に無事約定。ほっと一安心。

 フジクラ:+9000円
米国株が下落で東証も益出し下落
2006年 02月 06日 (月) 09:59 | 編集
 連日の上昇で米国株の下落がきっかけで東証も下げる。

 持ち越したホソカワミクロンも朝方1368円まで上昇したがその後益出しで下落。途中9時4分に1355円で脱出。

 ホソカワミクロン:+21000円
 
 窓あけ上昇したケネディクスが指数の下落に合わせて下げてきたので窓を埋めるかもとの期待で9時31分に71.5万円で3株売り建て。71.1万を付けて下げ止まり、売値近辺でもみ合ったので即71.6万円で脱出。

 ケネディクス:-3000円

 と思ったら、1株だけ71.4万円で戻していたのでケネディクスの損益は-1000円だった。ケネディクスは業績発表が良かったので、銘柄の選択ミス。   今日これから外出のためトレードはできない。

 午後の取引...大引けまでに間に合った。

 ディスコが下押ししていて、また反発すると踏んで14時32分に7960円で300株買い建て。8050円迄上昇したがその後は続かず8010円で14時47分に脱出。

 ディスコ:+15000円

 最後の30分前からの動きを上手く捉えることができた。上出来。また、昨日の予測通り不動産が大きく上昇している。
先週の損益
2006年 02月 05日 (日) 15:55 | 編集
 先週の損益
    利益:+251603円
    損失:-153000円
  手数料他:-32185円
  差引損益:+66418円

 累計損益
    利益:+659403円
    損失:-296500円
  手数料他:-89950円
  差引損益:+272953円

 反省... 金曜日に塩漬けになっていたアイロム株を損切り、その損失が手数料を含めて10万ちょっとになってしまった。せっかくこつこつ稼いだ利益もいっぺんに吹き飛んでしまう。今後は絶対にスウィング取引では5%下落したら損切りを励行する。 

 今週の展望...金曜日にはソフトバンクとかが復活してきた感じがするが、同時に内需関連、特に不動産が上昇したので、この業界をマークしたい。
今日は週末と様子見で上値が重い
2006年 02月 03日 (金) 09:22 | 編集
 1月から保留していたアイロムを9時10分頃82500円で損切り。しかし、その後84200円まで反発した。やはり5分足2本から3本まで様子見をした方が良い。最初の一本では当日の方向性が解らない。
 また出てしまった悪い癖。また上がるだろうと放っておいた結果の大赤字。新興市場や、東証一部でも新興株は下がってくるとなかなか反発が来ない。できる限り損切りは早めに。今まで損切りの買値の5%ルールを考慮しなかったが、今後は絶対に適用したい。

 アイロム:-98000円

 金価格の上昇から昨日の高値を抜いて上昇し、1720円近辺でもみ合っていた住友鉱山をもみ合いを抜けた9時36分に1723円で1000株買い建て。1735円を付けた後反落し1723円で脱出。
 既に昨日の終値から40円程上がっていたので、今日のような地合では参入が遅かったということだろう。

 住友鉱山:0円

 松坂屋を9時30分過ぎに見た時に、最初のプルバックから戻していて、これから上がるか下がるかというにらみ合いが続いていた。既にかなり上がっていたと思ったので参入を見送ったが、村上ファンドのニュース流れ、その後急上昇していた。う~ん、残念。
 
 ディジタルアーツを10時42分に46万で1株買い建て。朝方の上昇の後プルバックをこなして高値を越えてまだ1万円だったので参入した。13時15分過ぎにCup With Handleのパターンを形成し買値を上抜けてきた。
 47.5万円近辺でもみ合い三角ペナントを示現したので、これはもっと上がると踏んで我慢。48.9万円まで上昇後下落。引き延ばしすぎて、遅い決断だったが、48万を切ってきたので47.8万で脱出。

 ディジタルアーツ:+18000円

 午後の取引...じり高

 昨日買い建てたホソカワミクロン200株が買値を上抜けてきたので、その内の100株を売り戻す。オーバーナイトの株を少しに抑えたい。

 ホソカワミクロン:+7000円
昨日の反落から予想された上昇
2006年 02月 02日 (木) 09:53 | 編集
 東邦チタニウムが9300円に寄り付き窓あけ上昇。9660円迄上昇後益出しで下落。即9500円で指し値脱出を試みるも、約定ならず、9500円を下抜いたが、幸い戻り売りで脱出。
 しかし、全部戻したと思ったら半分の100株だけだったので、あわてて残り100株を9400円で売り戻し。

 東邦チタニウム:+41000円
 東邦チタニウム:+37000円

 東洋エンジニアが反発を見せていて、今日は上昇の気配を感じるが、上値が重いので、846円で脱出。驚いたことに10時5分前から10時10分にかけ急上昇して863円を付けた。しかし、指数通りその後は反落している。

 東洋エンジニア:+6000円

 指数が横這いからじり安をたどる中、ホソカワミクロンが反発を見せたので、10時25分過ぎに1334円と1340円に100株づつ買い建てたが、昨日の高値を抜いたところで買いが続かず、反落。
 この株は昨日急上昇したのだが、今日はまだ2日目なのでまだ上昇は終わってはいないという判断で参入。
東邦チタニウムが急騰
2006年 02月 01日 (水) 10:34 | 編集
 昨日の後場から上昇を始めた東邦チタニウムは下落して始まったが、9時10分過ぎから反発を始め、昨日の終値の8420円を上抜いたので8440円で100株買い建て。
 その後順調に上昇。50分過ぎに8800円を超えてきた後上昇の動きが重くなり出したので、11月30日以来保留の14900円で買い建てた100株が先日の分割で8064円と割高の評価となったのだが、8890円で売り戻し、プラスとなった。
 その後、10時過ぎに9060円をつけた後の最初の5分足で8910円迄下落したので残り100株も慌てて8910円で指し値脱出を試みる。8930円で約定。
 何故、急騰したのか?昨日同業の住友チタニウムが格上げされ、目標株価が3万円とのニュースがあった。その為なのかも。

 一昨日買い建てた飯野海運が988円迄上昇した後買いが続かず、下落して動きが悪いので976円で損切り。

 東邦チタニウム:+82600円
 東邦チタニウム:+49000円
 飯野海運:   -14000円

 10時50分に先日来より買い建ての日立建機を3280円で指し値戻し。一昨日3440円迄上昇した際、益出しなかった結果。勿体ない。
 日立建機:+1000円

 同時刻にリバーサルを見せてきた東邦チタニアムを9030円、高値を抜いてきたので更に9090円でそれぞれ100株参入。目標は値幅制限いっぱいの9420円。

 午後の取引...悔しい。飯野海運が午後の寄り付き気配値で987円を示している。参入後2日目だからもう少し待った方が良かったのか。

 寄り付き直後から指数が下落を始めたので、それと呼応するように、13時15分から東邦チタンも9330円を付けた後下落を始めた。今日の勢いは下押ししてもまた反発すると信じて持ち続けた処、13時45分過ぎに8850円近辺で指数同様下げ止まり反発を始めている。

 目標値9420円はちょっと高すぎたようだ。それにしても9300円近辺での益出しを実行できない決断力の無さにちょっと腹が立つ気もする。株価はどうも自分が期待することといつも反対の動きをする。
 最近の株価の動きは高値警戒感からか午前中に高値を付けてその後益出しで下落するのがパターンのようだから、それを考慮に入れてトレードをしたい。

 昨日840円の高値掴みした東洋エンジニアリングが今日反発して835円迄戻していて、明日に期待できる。
copyright (C) 私の株取引日記 ( Hit & Run ) - 株投資の誤解・間違いから成功へ all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。