負け続けの悪戦苦闘のトレード日記
私の株取引日記 ( Hit & Run ) - 株投資の誤解・間違いから成功へ
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今週の損益
2006年 03月 31日 (金) 15:14 | 編集
  今週の損益                     今月の損益
       利益:+279000円           +457500円
       損失:  -6000円            -64500円    
    手数料他: -21456円            -62128円                             
    差引損益:+251544円           +330872円   


   累計損益
       利益:+1,314,603円
       損失:-1,086,000円
    手数料他:  -188,524円
    差引損益:   +40,079円  (1月:+168670円 2月:-459463円 3月:+330872円)

 今月の勝因は、今月の後半からだが、なるべく損失は少なくするよう損切りを早めに行い、利益が少なくても確保する事で、かなりのプラスになることができた。
 今までは、買い建てて目標の利益が出ないと下がってきても保留してしまい、損が大きくなる事が多々あり、これが利益が上がらない原因であった。今後もこのやり方でやっていきたいが、今日の買い建て銘柄ではこの規則に反してしまい、含み損がちょっと大きくてなってしまった。もっと自分を厳しく律していきたい。
スポンサーサイト
日経平均は窓あけ上昇も益出しで下落
2006年 03月 31日 (金) 09:30 | 編集
 昨日持ち越した銘柄はマイナスだったが、今日窓あけ上昇してプラスに転換。スウィングは正解。

 大同特殊鋼は1200円を付けたが、指数の下落とともに下がって1905円で脱出。
 トクヤマはニュースがあって大きく上昇、高値2110円を付けた後下落。途中操作を間違えて売り戻して、2105円で脱出。結果ラッキー。

 大同特殊鋼: +5000円
 トクヤマ:  +95000円

 住友信託がそれまでの高値を越えてきたので、追い値買いだったが、9時21分に1376円で1000株買い建て。指数がまだ下げ止まっていず、1363円迄下落後下げ止まった。
 
 トクヤマを益出し下落後の反発時の9時32分に2070円で1000株買い建て。

 上昇するという期待感が、いつもの慎重さを失わせて参入を急いでしまった。反省!!

 住友信託が1380円を簡単に抜けてきたので、買い増しをしようと準備している間に上がり、10時25分に1383円で1000株。1390円を付けた後下落。

 う~ん、今日は買い失敗か?日経平均5日連騰後だし、昨日の日足は上髭を出しているので、益出し下落は警戒しなければいけなかった。

 午後の取引...揉み合いからじり安

 3月2日以来塩漬けのキッツが今朝から急上昇して1140円を付けた後、反落、1135円で脱出。手数料が3850円くらい。

 キッツ:+5000円

 今日買い建てた銘柄が下落し含み損を抱え、保証金維持率が30%近辺になり心配していたが、キッツの戻しで39%迄回復。
日経平均1万7千円更新
2006年 03月 30日 (木) 10:02 | 編集
 米国株が大きく上昇で、日本株も大きく窓あけ上昇。しかし、その後益出しで下落。高値警戒感からか上値が重い。

 フジクラは下落後1348円迄上昇した後、指数の動きに伴い1325円迄下落、そこが下値支持線らしい。

 大同特殊鋼を9時12分に1190円で1000株買い建て。
 トクヤマを厚い売り物をこなしてきた2010円で1000株買い建て、しかしその後下落。

 フジクラが昨日の上昇の大きさから売り物が多く上値が重いので1330円で指し値売り、1331円で約定。
 
 フジクラ:+5000円

 代わって、動きの良いイビデンを5730円で200株買い建て。昨日からすごい上昇を見せている。5800円近辺で売り物がたくさんあるので5780円で脱出。
 
 イビデン:+10000円

 後で見ると、今日の買いは出遅れの銀行だった。先日有望と書いた住友信託がくさびチャートの上限を今日大きく上抜いている。
 更に、新年度を迎えるにあたって上昇トレンドなので、デイトレードをやるより、短期のスウィングの方が効率が良い。

 午後の取引...午前の上昇に対する益出し、戻り売りでもみ合い。

 イビデンは、午後は下げてくると踏んでの脱出だったが全くの見込み違いだった。教訓:はっきり下げのサインが出るまで決断はしないこと。
もみ合いから大幅上昇
2006年 03月 29日 (水) 09:51 | 編集
 先物指数は昨日の終値近辺でもみ合い症状。全ての保留銘柄が窓あけ高値を付けた後、益出しで下落。

 昨日大きく上昇した大日本スクリーンと芝浦メカトロニクスが大きく窓あけ上昇した。メカトロニクスの上昇が昨日大きかったので、今日の上昇は期待にくいと思い、9時18分にスクリーンを1201円で1000株買い建て参入。しかし、昨日の上昇の後なので全てが上値が重くスクリーンも反落、参入が早すぎた。 スクリーンが10時過ぎ現在1200円迄戻してきた。やはり、もみ合い時は参入を遅くするのがよい。

 先日有望と書いたオプトが一昨日の益出しで下落後昨日今日と連騰、フジクラも1300円の上値抵抗線を越えてきて急上昇。予想が当たり嬉しい。 芝浦メカトロニクスは10時過ぎに上値の重さを嫌気した益出しで下落、選択の判断は正しかった。セーフ!

 10時35分過ぎから先物指数がそれまでの高値を上抜いてきて、現物にも買いが入り出しているようだ。
 
 昨日持ち越したイビデンはまだ昨日の高値を抜けていず、動きが鈍いので5440円で脱出。5450円を上抜ければ動きが速くなるだろうが、我慢できなかった。この株は株数を多く持った方が効率良い。
 イビデン:+3000円

 午後の取引...先物は続伸して一時300円も上げている。今日上がっているセクターは電機と不動産。どちらも出遅れか、しばらく休んでいた処だ。あと機械と自動車。

 大日本スクリーンが1220円近辺でもみ合っているので、1219円で益出し。(14時15分前から上昇し目標の1230円を超えてきた)
 大日本スクリーン:+18000円

 13時43分、フジクラを1326円で1000株買い建て。

 14時36分、22日に買い建てた東芝機械を、あまりにも動きがなくなったので1374円で戻し売り。

 東芝機械:+130000円
配当権利落ち日
2006年 03月 28日 (火) 09:58 | 編集
 配当権利落ち日は日経平均が少なくとも80円程下げるとの話で、言われているとおり指数は下落。

 東芝機械は昨日の終値よりは安く始まったが、すぐにオーバーシュートして1395円を一旦付けた後買いが続かず1361円迄下落。その後落ち着いている。

 ホソカワミクロンが指数の動きに反し昨日の終値をこえてきたので、多少遅かったが1203円で1000株買い建て。
 参入時間を見たら9時26分だったのでちょっと焦った。指数が下げどまっていない場合、最低30分以内の参入は危険なので、避けた方がよいのだが、案の定1207円を付けた後1195円くらいまで下落した。しかし、その後反発買値を上回っている。今日はそれ程下げないとは思っていたが、ふ~、良かった。

 相変わらず機械セクターが堅調。

 ホソカワミクロンは大失敗。午前中に1233円の高値を付けた後益出しで下落し、指数の動きに反して下落を続けた。指数が上がっているのでそのうちに反発すると思っていたがなかなかその兆しがないので1208円で脱出。見切りが遅すぎた。

 ホソカワミクロン:+5000円

 14時15分イビデンが昨日の高値を抜いてきていたので5410円で100株買い建て、オーバーナイトでの上昇を期待。この株を買い建てた理由は一旦昨日の安値を下回った後、上昇し高値を抜いてきたアウトサイドデイということで、明日も強い勢いを期待できると思うし、日足から下げ止まりからの反転チャートパターンに見える。

 力強い動きをしたセクターは化学、鉄鋼非鉄金属、機械、一部液晶関連。
窓あけ上昇
2006年 03月 27日 (月) 09:46 | 編集
 長谷工は457円迄上昇後451円まで下落、効率が悪いので途中453円で損切り。その後456円迄反発。上下を繰り返している。

 長谷工コーポ:-6000円

 大きく窓あけ上昇した東芝機械を9時42分に1377円で1000株買い増し。

 自分がチャート形状から期待できそうだと書いた銘柄群がオプトを除いて順調。先日上昇したものは益出しで下落。
 参入銘柄を間違えたようだ。東芝は上値が大変重く、一方、三菱瓦斯化学は順調に上昇している。

 東芝機械が午後の寄り付きで高値1386円を付けたが反落し、1380円近辺でもみ合いが続いている。指数も下げてきて、配当権利落ち後の明日がどうなるかわからないので、14時46分に1380円で脱出。

 東芝機械:+3000円
信用より現物の方が安心
2006年 03月 26日 (日) 12:21 | 編集
 いろいろな人の株トレード日記などをみて、結構儲けている人が多い。私との大きな違いは含み損を大きくしないということでしょう。
 
 あと、現物取引でやっている人が多いので、株価が多少下がろうが時間があれば現在の相場地合では必ず戻ってくるので、長期保有さえすれば儲けられるのだと思う。
 信用は長く保留すると、手数料がかかるし、含み損を抱えてある一定の保証率を下回ると追証がかかるので、反対売買して埋め合わせなければならないし、損切りを確実にしないと自分の財産を守れない。
 皆さん、信用取引においては早めの損切りは絶対です。(これは心からの叫びです。)
夕べはいやな夢を見た
2006年 03月 26日 (日) 11:42 | 編集
 今朝起きる直前にへんな夢を見て目が覚めた。買い建てしている東芝機械と長谷工コーポレーションのどちらかか忘れたが、たぶん東芝機械だとは思うが、株価が下落する夢を見た。

 以前スウィングで買い建てた株が数日待った結果下落し、さらに持ちすぎて損失を大きくした事があってそれが悪夢となって出てきたと思う。目覚めてそれが夢とわかってほっとした。
 今思えば、損した時はただ株価が反発したから買い建てて翌日の上昇を期待してスウィングでもつというあまり根拠のないことで行動した結果である。その時はダウントレンドがまだ終わっていず、途中の自立反発だったのである。

 今回の買い建ては根拠がある。東芝機械は1300円の上値抵抗線としているくさび型チャートを上抜いているし、金曜の下落でも、水曜日の日中の下落時に下げ止まった地点、1320円近辺で下げ止まって、大引けに向けて反発している。
 長谷工は、確かに途中5日間ほどを除いて、7日間上昇しているので上値が重いが、新しくニュースが出てきたことと、金曜に448円が下値抵抗線になり、5分足チャートで木曜の高値と金曜の高値、それぞれの安値と安値を結んだトレンドレインを結ぶ三角ペナントを抜けている。
 以上の点で頑張って保留しているわけだが、やはり心配になって、それが夢になり現れたと思う。

 他にチャート形状を考察して有望かと思われるものは、オルガノ、オークマHD、ファナック、ファーストリテイリング、オプト、三菱瓦斯化学、住友信託銀行、フジクラ。
 特に、オルガノは2月1日に付けた高値で先週後半の3日間は跳ね返され、くさび形のチャートを見せているので、月曜以降これを上抜けたら期待できる。RSIもまだ70%程度。
 オークマも1月11日と2月7日の高値トライで失敗して、木曜にも1600円の壁で跳ね返されている。月曜以降この壁を上抜ければ上昇が期待できる。
 オプトは一目均衡表の雲の上限を上抜いてきている。
 三菱瓦斯化学は完全にくさびを示現し、住友信託も12月と1月の高値に近づいてきてくさびチャートを示現しようとしているし、フジクラも同様に見え、これらの上値抵抗帯を抜ければ新しい段階に入る。
 
 
今週の損益
2006年 03月 24日 (金) 15:50 | 編集
 今週の損益
     利益:+30500円
  手数料他:-18154円
  差引損益:+12346円
 
  累計損益
     利益:+1035603円
     損失:-1080000円
  手数料他: -167068円
  差引損益; -211465円

 上値抵抗線を上抜いている東芝機械で久しぶりにスウィングトレードを行っているが、今日の下げを見て一旦売っていたらと悔やんでいる。
こういうパターンで引き続き保留しているのは始めてなので、お陰で今週は利益が少ない。どうもスウィングは相場地合での使い分けが必要である。
指数は上昇も上値が重い
2006年 03月 24日 (金) 10:09 | 編集
 ニュースが出た長谷工コーポを、今日の窓あけ上昇を期待して、昨日終わり頃に448円で買い建てたが454円迄上昇後反落し昨日の終値まで覗いたので448円で売り戻し。しかしその後じり高をたどる。
  
 長谷工:0円

 長谷工がその後高値を抜けてきたので10時5分455円で3000株を買い建て。大引け前に457円を付けたが後が続かず454円で終わる。
 
 一昨日から買い建ててある東芝機械が午前中に1359円迄上昇したが、まだ上がると放っておいたら、1319円迄下落。さすがに1320円近辺には抵抗線になっているようで、大引けに向けて反発。

 指数が横這い状態の時は高値を取ると益出しで下落することが多いので、とりあえずの利益確定売りを出すのが正解のようだ。そして、この株のように強い株は安くなったところで再び買い建てるのが良いし、一粒で二度おいしいみたいな感じになる。
 
 月曜に期待したい。
引き続き上昇
2006年 03月 23日 (木) 10:27 | 編集
 指数が窓あけ上昇して、その後反落。殆どの銘柄が同様に窓あけ上昇して、利益出しで下落している。

 指数は下げ止まってはいないが、森精機がプルバックしても底が浅く10時前後に高値を付けてきたので10時3分に2445円で500株買い建て。30分過ぎにうごきがでて2450円を超えてきた。

 10時50分過ぎに指数がようやく反発の兆しを見せ始めている。それを確認してからの参入でも遅くはないようだ。
 
 昨日の上昇が大きかった東芝機械は1357円の新高値を付けた後、益出しで下落して1330円迄下がった。その時の相場の地合にもよるが、高値を付けた場合、往々にして益出しで下落し、翌日反発するパターンが多いので、新高値を付けた時点で一旦益出し脱出が良いと思う。

 森精機は13時35分過ぎに2480円の高値を付けた後反落し損は被りたくないので、2450円で脱出。連騰をしているのでいつ下げてもおかしくない。

 森精機:+2500円

 月曜日が配当落ち日なので、買いたい人が多くいると思うのだが、如何せん、先物に売りが多く、それにつられて現物も下落。
指数は下落も昨日の注目銘柄は上昇
2006年 03月 22日 (水) 11:08 | 編集
 昨日チャートで有望と語ったSANKYO、東芝機械が窓あけ上昇。

 SANKYOを5分足2本目の9時7分に8010円で200株。続いて、東芝機械を4本目のプルバックした1309円で2000株買い建て。
 
 東芝機械は順調に上昇して10時35分に1345円を付けた後反落、ここで埋め戻しをしようかどうか迷ったが、そのまま保留。せっかく上値抵抗線を抜いてこれからの上昇が期待できるから、ここで少ない利益で脱出するには勿体ないと思った。

 SANKOは参入後反落した後、25分過ぎから反発して10時40分過ぎには8090円を付けたがその後反落し買値まで下落してきたので8010円で脱出。ちょっと勿体なかったが、動きが悪い。

 SANKYO:0円

 午後の取引... 今日の指数はもみ合いだから、大きな上昇は難しそうだ。東芝機械も高値からは大きく下げたが、安く買えたので慌てて戻す必要がなく余裕が持てている。

 堅調に推移している森精機がそれまでの高値を抜いてきたので、様子を見た後13時51分に200株2380円で買い建て。
 森精機は2405円までで上昇が止まり、2410円に10万株の売り物が出てきたので2395円で14時05分に脱出。株価がボリンジャーバンドの上辺を上抜けているし、参入が遅かったので無理はしない。機械が大変強い。

 森精機:+3000円

 化学、機械、不動産の一部に動きが出てきている。びっくり、SANKYOが一時昨日の終値を下回ったが、急反発して今日の高値近辺まで戻してきた。この株は難しい。
王ジャパンWBC優勝!
2006年 03月 21日 (火) 16:03 | 編集
 王ジャパン優勝おめでとう!

 今回のWBCのゲームは近年の野球にしては大変面白いものだった。毎回毎回はらはらどきどきの緊張感たっぷりの試合を見せてくれた。
 韓国もすごく良いチームで、韓国に勝てたことが優勝に繋がったんじゃないかなと思う。もちろん、決勝のキューバも勝負強くて良いチームだったし、さすがに準決勝、決勝では簡単には勝たしてはくれない。

 最近あまり良い報せを聞かない中、心晴れ晴れとさせてくれた。これで日本の選手がメイジャーリーグからもっと注目されることになるんだろうな。とにかく、上原、松坂両投手がすごかったし、福留選手の勝負強さ、もちろんイチロー、他の選手もそれぞれ持ち味を出してくれてすごかった。

 次のWBCは3年後らしいが、ワールドカップみたいに毎年あると良いと思う。そして、韓国を筆頭とする他のアジアの国々と切磋琢磨して、これを通じて平和の輪をもっと広げていって欲しい。
今日が春分の日で休みとは...
2006年 03月 21日 (火) 10:42 | 編集
 今日が休日だとは知らなかった。デイトレードを行う自分にとって日銭を稼ぐ感覚があるから、休みが多いと困る。建設業の人が雨になるとあがったりと同じ。

 一昨日不動産流動化関連が有望と書いたが、昨日は利益確定売りで下落しているのが殆どだった。大手不動産株は堅調だったので、ちょっと意外。やはり、上昇が顕著になるには5日前前後の直近高値を抜いてこないと本格的でないのだろう。
 個人投資家が多いのでまだまだ時価総額の大きい銘柄の方が機関投資家の割合が大きい分下げも早いが回復も早いのだろうか?また、株式分割を行った銘柄が多いこともあって戻りが鈍いのかも。しかし、2月20日を底に確実に下値を切り上げてきていて4月には上昇を描くのではないかと思っている。

 昨日ようやくSANKYO300株を戻すことができたが、利益は9千円上げたけども、手数料などが8800円程かかって差引167円のプラスであった。信用で長期的に保留というのも割に合わない。早く稼いで、現物で長期保留ができるようになってみたいものだ。

 昨日上げ幅の大きかった業種群のチャートを考察してみた。証券は堅調そのもの。化学はまだこれからだが、機械株の中で魅力的なチャートパターンを示しているのがあった。東芝機械だ。

 株価は他の株同様横這いだが、2月20日以来確実に下値を切り上げて、1300円を今月に入って2回も試していて、ペナントを形成している。この形も上離れを示唆するものだ。1300円迄あと11円で、これを抜ければ一段上の段階だ。明日はこれをウオッチ。
 
 他の機械株も堅調なものが多い。ファナック、クボタ、アマダ、森精機、オルガノ等々。しばらく目が離せないかも。
指数は大幅高
2006年 03月 20日 (月) 11:24 | 編集
 予想通り今日は上昇。しかし、この大幅高は予想外。

 アルデプロが金曜の終値より2千円安いところで寄り付き、22.5万円迄上昇後下落。その後他の銘柄に注意を向けていたら、更に下落して22万まで下がったので9時25分に脱出。

 アルデプロ:+2000円

 2月7日から塩漬けとなっていたSANKYOの300株が買値を今日上回った。手数料などでマイナスにならない7930円で9時40分に脱出した後下落。7870円迄下げたが、7900円迄戻している。今日は簡単に益出しをしてこない。

 SANKYO:+9000円

 SANKYOのボリンジャーバンドを見ると今日からUpper Bandの上辺が上に広がりつつある。これはバンドに沿って上昇するのではないかと思う。ただ、1日毎に上げと下げを繰り返しながら上値と下値を切り上げているので、明日は一旦下げるのではと危惧している。ならば、今日買わず明日まで待つか?

 不動産のうち、住友不動産と東京建物がリストの上昇率上位にきていた。SANKYOを見ていて、参入が遅くなったが9時58分に東京建物をプルバック後の上昇で2000株1225円で買い建て。
 長谷工が大幅反発。昨日のテレビ番組でマンション関連の専業会社が有望と言っていて、長谷工ではないかと感じていたが...

 午後の取引...横這い

 東京建物は1239円迄上昇したが、1240円以上を目標にしていたので、我慢。14時20分位から益出しでじり安になってきたので、何回か脱出を試みたが、より高値では約定できずあきらめて1232円で脱出。上値が大変重い。

 東京建物:+14000円

 指数に併せて何処が上昇しているのかと確認してみると、証券、機械、化学が上昇率が高かった。
今週の予想
2006年 03月 19日 (日) 12:15 | 編集
 指数チャートは3月8日から3日上げて、3日反落後の4日目で反発という、数日上がったら利益確定売りで数日下げるパターンだし、健全な型になってきたと思う。
 
 先週は不動産、銀行などが大きく下げていたが、金曜の大きな反発で、相場がベアからブルに変わったと見る。円高になってきているし、やはり、内需系への物色が根強いと思う。
 不動産、特に不動産流動化銘柄の日足チャートを見ると、ボリンジャーバンドの幅が狭くなりつつあり、これは株価が上下どちらかに動く前ぶれであって、現状を考慮すると景気上向き期待が根強いので、下に動くことは考えづらい。また、先月の後半から横這い状態入りしていたが確実に下値を切り上げている。

 今日のがっちりマンデーを見ていたら、何人かの株投資家が出てきて、今までいくら儲かったかと聞かれたら、ある主婦は去年6百万、17歳からやっている学生が5年間で一億いかないくらいと話しているのを聞いて、何処が自分と違うのかと考えた。(最近数日間考えていたのだが)
 
 彼らのトレードは投資型で安く買って長期に保有する、私の場合は短期、デイトレードで、特に毎月ローンがあり毎月ある金額を稼ぐ必要があった。どうしても日銭を稼ぐという気持ちになってしまう。

 デイトレードでは、上昇している銘柄を毎日それ迄より高値で買うことになるから必然的に高値を掴みやすいので、相場が逆に動いた時、損切りを実行しないと高値掴みから大きい痛手を被る可能性が高い。 先日大きく下げた時のように底値で買い、じっくり持てば、多少相場が下げても、それまでの利益の蓄積で余裕があるので、長期保有ができるし、より安全でもある。

 ローンのなくなった現在、今までよりより安全な方法でトレードをしていこうと考えている。
今週の損益
2006年 03月 18日 (土) 10:34 | 編集
 今週の損益
     利益:+140000円
     損失: -41500円
  手数料他:  -18021円
  差引損益: +80479円

  累計損益
     利益:+1005103円
     損失:-1080000円
  手数料他: -148914円
  差引損益: -223811円

 早く損失をプラスにしたい!!! しかし、相場が再び上昇基調に戻らないと含み損がある現在ではすぐには難しいな。
今日も失敗
2006年 03月 17日 (金) 11:06 | 編集
 不動産が反発して上げを見せ、その中で上昇率が上位のアーバンコーポレーションを9時43分に500株を1850円で買い建て。そこが高値であった。このあとすぐ下落を始めるが、今日は強い筈という訳のわからない論理で我慢して持ちすぎ、指数/株価ともに更に下げてきたので1815円で損切り。

 更に下落を見せたので1800円で400株を売り建て。1793円迄下落した後、指数が5分足2本分の陽線を見せ、株価も売値を上回ってきたので、慌てて1800円で戻してしまった。しかし、その後株価は反落し1779円で前引け。

 アーバンコーポレーション:-17500円(買い建て)
 アーバンコーポレーション:0円(売り建て)

 空売りの時は株価が戻すと心配になり慌てて買い戻すのだが、買いの時は必要以上に待ちに入って損を拡大してしまう。どちらも損を引き起こす。    修正:空売りはもっとじっと待つ姿勢が必要だし、買いの場合、もっと早めの見切り(自分の課題)が必要。

 また、最初の30分以内につけた高値を越えてきたら買いと説明されたが、自分は間違って理解していたようで、これを最初の30分間ほど待っての参入とした。でも、その時には既に大きく上昇しすぎていたり、特に最近のような地合では、そこがピークであることが非常に多い。どうもこのやり方は間違っていたようだ。

 もっと早めの参入か、もっと遅め、例えば10時以降の参入が良いと思う? 確かに参入前までは10時以降まで待とうという気持ちがあったが、チャートを見ると体が動いてしまった。

 午後の取引....反発の動き

 アルデプロを、今日の高値を抜いてきたので、21.8万円で1株買い建て。Overnight持ち。昨日の高値も上抜いた。アーバンコーポも1850円を上抜いた。悔しい。不動産関連が軒並み上昇している。
不動産は先週は買い、今週は売り
2006年 03月 16日 (木) 17:49 | 編集
 先週不動産が旬だと書いたが、今週は非常に売られている。23日が公示地価の発表らしいので、結果を聞いてから反発に入るのだろうか?
先日のニュースで新しいマンション建設が減っているという話を聞いた。耐震偽装問題の影響らしい。また、別の原因は金利先高懸念からとも言う。まだ金利上昇は当分先の話と思うのだが、これが市場が6ヶ月先を先取りする動きというのだろうか。

 今日は売りができなかったので、明日指数の動き次第で売りをやりたいが、自分が売りをするともう既にピークを過ぎていることが多く失敗する。とにかく今日の地合は悪すぎた。

 今後、今までのような外人買いは期待できないので、一本調子の上げは望み薄だと思う。また、しばらくはボックスレンジを形成するのではと思う。買いと売りを適宜使っていきたい。
寄り前の外資系証券動向が売り越し
2006年 03月 16日 (木) 09:57 | 編集
 米国株が上昇したので窓あけ上昇をするかと想ったが、最近の相場動向は外資系証券が売り越しだと、すぐに反応して売ってくる。
 空売りをやろうとしたが、タイミングが解らないのと、朝の用事があってコンピューターの前に座ったときは既にかなり下げていた。今日はこれから外出があり、取引ができないかも。

 ほとんど全面安のなか、大和紡績がストップ高の後反落後の反発で1000株を640円で買い建て。しかし、643円迄戻した後、反落して628円で損切り。

 大和紡績:-12000円

 参入直後の下落で結果的に失敗だったので、10時15分過ぎからの潮目の変化迄待つつもりだったが、急落しだしたので脱出した。しかし、予想通り15分過ぎから戻していて、10時22分現在638円を付けている。今日は横這いの動きか!?

 どうも参入が早すぎる。今日のような時はもっと見極めるため時間を与えることが大事だ。やはり、株価は上がりすぎだし、参入時が寄り付きから30分も経っていなかったし、今日の指数の動きは買いの雰囲気ではない。

 午後の取引...引き続き下落。

 帰宅してから大和紡を見たら驚き。13時30頃に589円の安値を付けた後上昇し653円のストップ高で大引け。やっぱり強い。
昨日の下げからの窓あけ上昇で上値が重い
2006年 03月 15日 (水) 10:38 | 編集
 昨日の下げから今日の窓あけ上昇で戻り売り圧力が強い。

 殆どの株が上値を追っていかない中で、インドでの200億円の受注が伝えられた東洋エンジニアリングが10時過ぎから反発を見せた。指数が横這いを見せているので参入を躊躇したが、それまでの高値695円を超えてきたので、10時10分に慌てて696円で2000株買い建て。
 
 指数が反落しても上昇を続けて力強い。下値不安が少なく横這いを続けているので、指数が反発を見せれば期待できる。720円が目標だが、果たして...

 午後の取引...指数はじり安

 大変悔しい。東洋エンジは738円の高値を付けた後、反落したのだが、14時すぎればまた上がるのではと持ちすぎて、14時30分過ぎからの反発でようやく721円で脱出。失敗の原因は740円にこだわってしまったこと。

 東洋エンジニアリング:+50000円

 733円の脱出なら、74000円の儲けなのに勿体ない。今後は高値を付けてから5円下げたら脱出を試みよう。
今日は上値が重そう。
2006年 03月 14日 (火) 09:25 | 編集
 指数は高値後予想通り反落したが、個々では昨日の予想とは違った始まり。東京建物は窓開け上昇し、DAコンソーシアムは窓あけ下落して始まった。DAは頭が重いので、22.8万円で損切り。

 DAコンソーシアム:-6000円

 東京建物が予想通り益出しで下落。押し目買いを待っていたが、15円だけ下落後反発したので、9時48分に1236円で1000株買い建て。上値が非常に重いが、じり高をたどっている。

 デジタルアーツを高値を付けてきた10時45分に44.1万円で1株買い建て。上値が重く、小型株の上昇が大型に比べて悪い。

 東京建物が1267円に5万株以上の売り物があったので1266円で戻り指し値を入れておいた。しかし、勢いが良かったので取り消そうとしたが、簡単に上抜いて1270円迄上昇。もっと様子を見るべきだった。
 続騰しているので午後は下落するかもという心配が戻しを早めてしまったが、ボリンジャーバンドを見ると大きく上辺線を上抜いて乖離が大きいので、いつ下がるかが問題だと思う。

 東京建物:+30000円

 午後の取引...指数は下落。

 ヘラクレスのディジタルアーツが寄り付きで前場終値より下落し43.4万を付けてきたので、43.5万で損切り。下落幅が5千円を超えてきたので脱出。日経平均は4日続伸なので、益出しで下落しかねない。

 デジアーツ:-6000円

 今日はひとつ反省点がある。いつでも益出しで下がりかねないとの懸念を持っていて、デジアーツを買い建てしたこと。チャートパターンを見ると自然と体が動く、悲しい性なのか!?
やはり内需関連が堅調
2006年 03月 13日 (月) 10:30 | 編集
 余力の関係で新興銘柄のダヴィンチ、ケネディクス、デジタルアーツなどを物色していたが、その中で金額面と上昇率の高いDAコンソーシアムを9時46分に反落後の上昇途中で、一株21.9万円で買い建て。

 塩漬けだった不動産銘柄の東京建物が今日プラスになった。今月23日の公示地価発表迄上昇して、発表後に材料出尽くしで下落すると踏んでいる。不動産が今は旬。

 午後の取引...指数は前場終値より下落で始まる。

 東京建物が1238円を付けて分足で上髭を見せたので、1231円で脱出。また、1日置いて5日連続の上昇だし、新高値も付けたので、そろそろ益出しがあるのではと思っている。

 東京建物:+38000円

 じり高のアーバンコーポレーションを13時40分に高値を抜いてきたので500株1960円で買い建て。売り物が多かったが、不動産の堅調さを信じて我慢。じり高で1996円を付けた後反落し1982円で脱出。
 
 アーバンコーポ:+11000円

 それまで抜けなかった高値の23万を超えてきたDAコンソーシアムを買い増そうと思っていたら、間違えて今朝買い建てた分を戻してしまった。この馬鹿者!!

 DAコンソーシアム:+11000円   しかし、23.1万円で2株を買い建て。
過去2週間分の損益
2006年 03月 11日 (土) 11:57 | 編集
 過去2週間分の損益
       利益:+31000円
       損失:-27000円
    手数料他:-10241円
    差引損益: -2241円

 累計損益
       利益: +865103円
       損失:-1038500円
    手数料他: -130893円
    差引損益: -304290円 (1月:168670円、2月:-459463円、3月:-13497円)
久しぶりのトレード
2006年 03月 10日 (金) 10:35 | 編集
 久しぶりにトレードに参加。しかし、昨日の大幅高に利益確定売りが出て、余力が少なくなってしまった。そんな余力内で参加できる株を探し、指数の上昇が止まった頃、参加が遅くなったが個別で上昇を示す株を探した。

 DAコンソーシアムを20.3万円で1株買い建てた後、10時15分過ぎに動きがなく、益出しで19.9万円まで下落。途中20万円で損切り。
 
 DAコンソーシアム:-3000円

 当初、マイナス5千円で損切りを考えていたが、マイナス4千円に直した、しかし、19.9万円迄下げて自動的に損切りとなるなら、20万円で損切った方が損を少なくできると考え、20万円で損切り。

 これが正しい決断だったか解らない。マイナス5千円(19.8万)の損切りポイントにしておけば、今日は大きく下げる感じはしなかったし、19.9万円を覗いた後反発したから。しかし、自分にはデイトレードにおける自動的な損切りを励行する事に慣れる必要があった。

 午後の取引...ジャスダックは上昇

 DAは急上昇し13時過ぎには最低目標であった21万円を達成。悔しい。後の祭りだけど、5千円の下振れ幅を持っていた方が良いのか?
明日、または来週からトレードに復帰かな?
2006年 03月 09日 (木) 16:20 | 編集
 3月2日以来、トレードから離れていて、というよりも、含み損の拡大から遠ざけられていてという方が正しい。今日の日経平均の大幅上昇で、信用余力がプラスに回復して、明日更に上昇すれば、取引に参加できる。

 今までにいくら投資してきて、いくら損してきたかを整理してみたら、かなりの金額をつぎ込んでいた。 利益を上げても数ヶ月後の売り相場にいつも儲けを吐き出し、更にマイナスを被ってきた。もうこれ以上の損失は増やせない。今後は今までの馬鹿な取引を止めるよう気をつけたい!!!
どうしてこうもやることが裏目にでるのか?
2006年 03月 02日 (木) 15:43 | 編集
 一昨日はアルバック、昨日はクリードと売りを仕掛けたが、思った通りには下がらず、クリードは損失を被り、今日は買いを仕掛ければ大きく下げる。全く、やることなすこと反対に出る。どうしたらこのジレンマを解決できるのか?
大きく儲けるのは難しい
2006年 03月 02日 (木) 10:08 | 編集
 殆どの株が窓あけ上昇。しかし、最近の相場地合で上がってくれば戻り待ちの売りで必ず下がるので時間を与えるのが必要だと思う。

 昨日持ち越したトレーダーズ証券は窓あけ上昇後16.4万円で脱出。期待したより上昇が少なかった。
 トレーダーズ証券:+8000円

 自分の登録銘柄の中でそれぞれのグループの上位にきている銘柄のチャートを見ていると、やはり殆ど寄り付き後下落を見せているが、キッツは最初の5分足で長い下ひげを見せて4本目で昨日、一昨日の高値を越えてきていたので、指数と逆行して心配だったが1000株1130円で買い建て。

 10時以降急落。結果論だが、窓あけ上昇で上げ幅が大きすぎたし、これは10時過ぎからの潮目の変化時に売りを行った方が良かった。デイトレーダーはちょっとでも下落のそぶりを見せれば即脱出するだろうが、自分はこれができない。どうしても1万円くらいの利幅では少ないと考えて持ちすぎて損にしてしまう。

 朝方参入を考慮した新光電気とキッツを比べると、新光は下落後反発していた。人間の心理として当然の結果か!? 新光は十分下げたから買いが入ってきて、キッツは朝方の上昇から戻り売りが出るのは当然な訳だが、やはり指数の動きに逆らってはならない。

 午後の取引...指数は引き続き下落して昨日の終値を下抜いた。これでもかと言う位売られてる。

 キッツも同様に大きく下落、下げ止まるのを今か今かと待っているが一向に下げ止まらない。そして、昨日の終値まで下落、含み損も5万円を超えた。正直ここまで下げるとは!?  昨日、一昨日と売りを行い上手くいかなかったが、今日は殆ど全て下げているし、しばらく売りスタンスの方が安全なのだろうか?
大きく窓あけ下落
2006年 03月 01日 (水) 10:24 | 編集
 窓あけ下落して始まり、自立反発の動きを見せたが、上値が重くもみ合いを呈している。

 不動産が下げているように思えたので、9時30分過ぎにクリードを2株46.5万円で売り建て。しかし、すぐ反発して47.6万円まで反発後、47万円近辺でもみ合っている。

 指数はじりじり下げているも、株価はあまり反応していない。どのセクターが下げているのだろう。どうも思ったように下げてくれない。もみ合い時は10時過ぎとかなるべく参入を遅らせた方がベストなようだ。

 10時45分に急反発、この売りは失敗。窓あけ下落幅が大きすぎたようで、売りが続かず買いが入っているし、不動産株がここ数日売られていた反動で持ち直している。

 午後の取引...相変わらず鉄鋼株が堅調

 前場の終値より安く始まり、寄り付きで処分したのだが、更に下落を見せた。

 クリード:-14000円
 
 12時30分に前場終値より高く始まったのでトレーダーズ証券を16万円で2株買い建て。

 今日は乱高下、14時過ぎから指数は急落し、それに合わせて全体が下落。クリードなどは48.5万迄上昇後、46.6万円迄下落。 プラスだった銘柄が殆どマイナスになっている。やはり、もみ合いの時は参入をしない方が賢明か?
copyright (C) 私の株取引日記 ( Hit & Run ) - 株投資の誤解・間違いから成功へ all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。