FC2ブログ
負け続けの悪戦苦闘のトレード日記
私の株取引日記 ( Hit & Run ) - 株投資の誤解・間違いから成功へ
どうしてこうもやることが裏目にでるのか?
2006年 03月 02日 (木) 15:43 | 編集
 一昨日はアルバック、昨日はクリードと売りを仕掛けたが、思った通りには下がらず、クリードは損失を被り、今日は買いを仕掛ければ大きく下げる。全く、やることなすこと反対に出る。どうしたらこのジレンマを解決できるのか?
スポンサーサイト



大きく儲けるのは難しい
2006年 03月 02日 (木) 10:08 | 編集
 殆どの株が窓あけ上昇。しかし、最近の相場地合で上がってくれば戻り待ちの売りで必ず下がるので時間を与えるのが必要だと思う。

 昨日持ち越したトレーダーズ証券は窓あけ上昇後16.4万円で脱出。期待したより上昇が少なかった。
 トレーダーズ証券:+8000円

 自分の登録銘柄の中でそれぞれのグループの上位にきている銘柄のチャートを見ていると、やはり殆ど寄り付き後下落を見せているが、キッツは最初の5分足で長い下ひげを見せて4本目で昨日、一昨日の高値を越えてきていたので、指数と逆行して心配だったが1000株1130円で買い建て。

 10時以降急落。結果論だが、窓あけ上昇で上げ幅が大きすぎたし、これは10時過ぎからの潮目の変化時に売りを行った方が良かった。デイトレーダーはちょっとでも下落のそぶりを見せれば即脱出するだろうが、自分はこれができない。どうしても1万円くらいの利幅では少ないと考えて持ちすぎて損にしてしまう。

 朝方参入を考慮した新光電気とキッツを比べると、新光は下落後反発していた。人間の心理として当然の結果か!? 新光は十分下げたから買いが入ってきて、キッツは朝方の上昇から戻り売りが出るのは当然な訳だが、やはり指数の動きに逆らってはならない。

 午後の取引...指数は引き続き下落して昨日の終値を下抜いた。これでもかと言う位売られてる。

 キッツも同様に大きく下落、下げ止まるのを今か今かと待っているが一向に下げ止まらない。そして、昨日の終値まで下落、含み損も5万円を超えた。正直ここまで下げるとは!?  昨日、一昨日と売りを行い上手くいかなかったが、今日は殆ど全て下げているし、しばらく売りスタンスの方が安全なのだろうか?
copyright (C) 私の株取引日記 ( Hit & Run ) - 株投資の誤解・間違いから成功へ all rights reserved.
designed by polepole...