FC2ブログ
負け続けの悪戦苦闘のトレード日記
私の株取引日記 ( Hit & Run ) - 株投資の誤解・間違いから成功へ
やはり内需関連が堅調
2006年 03月 13日 (月) 10:30 | 編集
 余力の関係で新興銘柄のダヴィンチ、ケネディクス、デジタルアーツなどを物色していたが、その中で金額面と上昇率の高いDAコンソーシアムを9時46分に反落後の上昇途中で、一株21.9万円で買い建て。

 塩漬けだった不動産銘柄の東京建物が今日プラスになった。今月23日の公示地価発表迄上昇して、発表後に材料出尽くしで下落すると踏んでいる。不動産が今は旬。

 午後の取引...指数は前場終値より下落で始まる。

 東京建物が1238円を付けて分足で上髭を見せたので、1231円で脱出。また、1日置いて5日連続の上昇だし、新高値も付けたので、そろそろ益出しがあるのではと思っている。

 東京建物:+38000円

 じり高のアーバンコーポレーションを13時40分に高値を抜いてきたので500株1960円で買い建て。売り物が多かったが、不動産の堅調さを信じて我慢。じり高で1996円を付けた後反落し1982円で脱出。
 
 アーバンコーポ:+11000円

 それまで抜けなかった高値の23万を超えてきたDAコンソーシアムを買い増そうと思っていたら、間違えて今朝買い建てた分を戻してしまった。この馬鹿者!!

 DAコンソーシアム:+11000円   しかし、23.1万円で2株を買い建て。
スポンサーサイト



copyright (C) 私の株取引日記 ( Hit & Run ) - 株投資の誤解・間違いから成功へ all rights reserved.
designed by polepole...