FC2ブログ
負け続けの悪戦苦闘のトレード日記
私の株取引日記 ( Hit & Run ) - 株投資の誤解・間違いから成功へ
最近の地合は空売りのほうが確かのよう
2006年 10月 11日 (水) 11:19 | 編集
 東京エレクトロンがきのうの終値を下抜いてきて、9400円で下げ止まるかと思い我慢したが、それを下抜いたので9370円で脱出。昨日の26000円の含み益を今日6000円の実現益にしてしまった。昨日までで3日間連騰だったので気がつくべきでした。特に失敗だったのは昨日の終値を下抜いた時点で脱出をするべきだったと反省してます。

 それからもっと痛いのは9月8日から保留のクオールがまた安値更新。決算発表に入れば戻してくるのではという不確かな期待で持ちすぎた。さすがに17.8万円で一株損切り。結局、日々のトレードではプラスを確保するのだが、早めの損切りをせず回復期待で持つ株が損を拡大していって資金を減らしている。これを直そうとはしているのだがなかなか上手くいっていない。これは明確な損切りルールを持っていない為だと思う。

 東京エレクトロン:+6000円
 クオール:-116000円

今日は益出しで下落
2006年 10月 11日 (水) 10:12 | 編集
 今週末のSQ値算出を前にして買いが手控えられているようです。先物は朝方の買い一巡後は揉み合いで、個別では益出しで大きく下落が見られる。特に不動産の下落が大きい。先週から昨日までの上昇から今週は益出しの動きということですね。
シカゴ先物指数は16505円、そして円安
2006年 10月 10日 (火) 21:20 | 編集
 シカゴ日経先物は16505円で東京と殆ど変わらず、円も日本市場が終了後に118円台から急落し、現在119.61円で推移している。S&P500も昨日の終値から1360.70ポイントに上昇していて、今晩の米国市場も期待が出来るのではないでしょうか?まあ、そうあって欲しいと思うのですが。
一時は前日比マイナスも上昇
2006年 10月 10日 (火) 15:12 | 編集
 午後、先物は高値揉み合いを続けた後、14時発表の機械受注の数字が6.7%増で予想の11%を下回った為、直後に急落し前日終値を下抜いたが45分過ぎには回復。

 東京エレクトロンも9430円迄下落したが、9470円で大引け。機械セクターはやはり売られ、それまでプラスだったものがマイナス圏に沈んだものが多かった。

 不動産もまちまちで、住友以外の大手は上昇したが、中小は前日の上昇もあって益出しで下落した。 
反落後上昇
2006年 10月 10日 (火) 10:39 | 編集
 金曜の予想は朝安後上昇するというものだったが、意外に早く反発をしました。

 先週米国市場は休場と書いて間違えていたのを今日気がつきました。株式新聞のインターネット上でスケジュールをみたら、コロンブスデーで休場とあったのでそのように書いたんですが。どうして株式新聞がそのような事を書いたのか不思議です。米国市場はグーグルのM&A報道で上昇しています。これを受け日本株先物は寄り付き直後は安く始まったが、30分後には前日終値を上抜く力強さを見せています。

 先週注目セクターとして不動産とハイテクを注目すると書きましたが、狙い通りの運びで上昇してます。前日より80円安く始まった東京エレクトロンが前日終値9310円をつけたので、9310円で100株買い建て参入。直後は反落揉み合いを示しましたが、順調に上昇し一時9600円をつけました。

 不動産と東エレクとどちらをと迷いましたが、ナスダックの上昇と反落の浅さで東エレクを選んで結果は大成功です。不動産は30分過ぎには益出しで伸びが止まっている。
米国の雇用統計は予想以下
2006年 10月 07日 (土) 16:56 | 編集
 夕べの米国市場は9月の非農業部門雇用者数が5.1万人増で予想の12.5万人を大きく下回った為、経済成長減速懸念が強まりダウは一時は65ドル安まで下落したが結局前日比16ドル、ナスダックは6ポイントの下落で終わった。9月は不振だった一方、7月と8月の雇用者数が速報値から上方修正された為、経済は以前堅調との見方も広がった。シカゴ日本株先物指数は16415円で大証より65円安い。

 来週の予定は日本は10日に8月機械受注、12日~13日に日銀金融政策決定会合、米国は9日は休場、12日に地区連銀経済報告(ベージュブック)、13日に小売売上高指数がある。また、日本の週末はSQ算出日が控えているそうです。米国では来週の後半からいよいよ企業決算発表が始まるので、今後の相場の行方を占うに重要です。

 金曜の日本株はもう少し下げるかと思ったけど、意外と底堅かったですね。来週は円も119円台と円安に推移し、恩恵を受けるハイテクと好業績目白押しの不動産セクターに注目しようと思っています。あと、機械受注の数字によっては出遅れの機械セクターも良いかもしれません。
午後は揉み合い症状
2006年 10月 06日 (金) 14:17 | 編集
 ツガミは13時過ぎに643円を底に下げ止まり645円でにらみ合いを続けている。参入時に既に大きく下げていたせいもあるけど、下を売る動きは見られない。相場全体が売り基調でないので、思ったより下がらないのだろう。
  
 こういう地合では株数が多くないと儲けることは難しく、1000株程度では長く持って利幅を大きくしようとするので、我慢しすぎて上手くいかない事がある。自分の場合それでよく失敗することが多い。その後13時40分過ぎに下値を売る動きが見られないので、買いが入り株価は649円迄反発。その後も株価は下がらず、指数が戻しだしたので648円で脱出。14時から下げを期待したが、待つだけ損でした。

 ツガミ:+4000円

 東京建物も昨日の終値、高値と上抜けてきて、ようやく今週の揉み合いを抜けて、来週は不動産各社の好業績が追い風になって高値トライが期待できそうです。含み損ゼロまであと24000円程。
日経は小幅安
2006年 10月 06日 (金) 11:29 | 編集
 昨日の大幅高から今日は益出しで上値が重く昨日の終値から小幅安で推移。買い候補がいくつかありましたが、上値の重さと週末ということで空売りをやってみました。しかし候補を捜すのが大変です。銘柄リストをあちこち捜して決めたのがツガミ、続いてアルパイン。

 ツガミは既に寄り付きから8円、昨日の終値から18円下落していたけど、日足を見ると一昨日に25日移動平均線に跳ね返され、昨日今日は5日移動平均線を抜けずに下げているので652円で1000株空売り参入。

 アルパインは昨日大幅高で、今日は安く始まり上昇した後反落し出していたので1740円で200株空売り。この株は1728円迄下げた後、10時15分過ぎから反発し出した為、途中で怖くなり1735円、1737円で脱出。しかし、空売りの買い戻しだったようで結局1723円迄下げている。
 アルパイン:+800円

 アルパインはまたびびって脱出してしまったけど、ツガミは何とか踏ん張っています。週末の北朝鮮の核実験警戒、今夜の米国の雇用統計の結果待ちで買いは手控えられると予想しての判断です。
 
 一方、上値の重いなか不動産の上昇が目立っています。ジョイントが上方修正、クリードの決算で中間期の進捗状況が86%と高水準で増益が裏付けられた為のようです。
午後は反落で始まる
2006年 10月 05日 (木) 12:48 | 編集
 SUMCOは、午前中に9400円迄上昇したが、寄り付きから益出しで下げてきて9290円で下げ止まったけど、9290円にストップロス注文を入れていてそれに引っかかってしまった。9300円で約定。スウィングで持つつもりだったけど残念、ストップロスの設定は難しい。参入が遅かったので、ストップロスポイントはもっと下、例えば9250円くらいの方が良かったようだ。

 SUMCO:+2000円

 始めて逆指し値を使ったらこの有様。もう悔しいったらありゃしない。直後に反発9400円をつけてきている。余力がないので、今日のトレードは終わり。

 SUMCOは13時過ぎ9500円を上抜けている。あ~儲け損なった。今日はなんか情けない。これだけ上昇して絶好の儲け時なのにむしろ損をしているこの皮肉。最近どうも的はずれのトレードをしているようです。
先物に振り回される東京市場
2006年 10月 05日 (木) 10:48 | 編集
 指数は昨日より200円以上高い。しかし、持ち株の反応は鈍い。

 日産車体は窓開け上昇、565円で寄り付き566円で損切り。また空売り失敗。窓開け下落を期待してたけど、デイトレードで益出しした方が良いみたい。

 その間にアウンコンサルティングが昨日の終値を下抜いていて、あわてて31.8万円で損切り。これは痛い。

 日産車体:-1000円
 アウンコンサル:-33000円

 その足で、SUMCOを9280円で100株買い建て。高値買いだったが今日の勢いに賭け、10時30分過ぎ9300円を無事上抜いている。9300円が支持線のようなので、9290円で売り戻しを入れておく。始めての逆指し値注文。

 戻り売り、益出しで下げてくるかと思ったけど、あまり下がらない。むしろ、じり高の様な気がする。大きく窓開け上昇したので、空売りを仕掛ける向きが多いだろうから、踏み上げを期待して買いがはいっているのかな?
午後は大幅続落
2006年 10月 04日 (水) 15:03 | 編集
 日経平均は高値16363円からつるべ落としで16051円迄大幅下落。やっぱり、簡単には上げさせないですね。先週予想したギャップで16000円台での値固めをするのではと言ったことは間違ってはいなかったようです。とにかく上昇ピッチが速すぎますよね。でも、大きな陰線を見せたので明日からなんか心配になってきました。

 空売りの候補を捜していて目を離している間に、アウンコンサルティングは32.1万円迄下げた。相変わらず慎重さが足りず駄目だな。

 かなりの銘柄は既に大きく下げていて参入が難しそう。そこで下方修正を発表した日産車体が寄り付きから反発後に下落を見せたので565円で1000株空売り。553円迄下がるが大引けにかけて戻し558円で終える。
日経は続伸後戻り売りに押される
2006年 10月 04日 (水) 11:14 | 編集
 日経平均は窓開け上昇後続伸したが、戻り売りに押され始まり値を下抜いて前引け。

 第一四半期業績が好決算のアウンコンサルティングが寄り付き後上昇したので、35.1万円で1株買い建ててみた。35.5万円をつけた後益出しで下落。前日終値近辺では下げ止まるだろうと思ったが、案に相違して33.5万円まで下落。決算で買うのは駄目なんだろうか?新たに含み損を抱えてしまった。

 今日は益出し、戻り売りの日で空売りが良かったようです。資源株を空売ろうとしたけど、アウンコンサルティングの為に余力が足りなくなってしまった。
午後上昇するも昨日終値手前で足踏み
2006年 10月 03日 (火) 15:07 | 編集
 パシフィックマネジメントは高値をとるも、13時30分過ぎには下落を見せ始め、それまでの揉み合いの下限を抜けたので30.5万円で脱出。
 
 パシフィックマネジメント:+15000円

 5連騰でボリンジャーバンドの上辺を大きく上抜き、5日前から20%も上がっているので、そろそろ益出しで下げてくる頃だと思ったけど、その後30万円を下値として反発。30万円で買いを試みるが余力が足りなかった。残念。

 最近スウィングで対応しようとしているがどうも我慢が足りない。今日も30万円が下値支持線と分かっていても我慢できず、すぐ脱出してしまう。利益の最大化を図るにはスウィングが大事なのに。
日経平均は益出しで下落
2006年 10月 03日 (火) 10:29 | 編集
 昨日書いたとおり今日は益出しで下落、日経平均は一時100円安。しかし、アップトレンドの流れは変わっているわけではないので押し目買いのチャンス。

 パシフィックマネジメントを昨日益出ししなかったことを後で後悔したが、その心配は的中。今日安く始まり29万円円まで下げて急反発。我慢しようと思ったが、途中これ以上下げては困ると思い、29万円の最安値で益出し、これは浅はかな判断でした。

 パシフィックマネジメント:+7000円

 その後株価は下がるどころか順調に上昇。途中、昨日の終値の29.4万,29.5万、29.7万などなど何度か新規買いを試みたけど、安く買おうとしても上手くいかない。さすがに30万円で3株買い建て。結局安値から1万円も高いところでの参入となってしまった。いつも思うけど、参入がへたくそだ。
日経は16300円前後で揉み合い
2006年 10月 02日 (月) 15:08 | 編集
 午後も指数は続伸。持ち越した東京エレクトロンは8660円迄下げた後反発、13時過ぎに8870円迄上昇後益出しで反落。8760円mまで下げる途中8800円で益出し。まだ持ち越そうと思ったけど、日経平均の上昇が4日続伸なのでそろそろ益出しで下げる頃かなと思いこの株だけは脱出。しょぼい利益で情けない。

 東京エレクトロン:+4000円

 パシフィックマネジメントは30万円を一時上抜けたが、大引けにかけて益出しで29.4万円迄下げて終わった。含み益は11、000円。

 東京建物は14時から下げだしたが、30分過ぎに反発して結局1348円と嬉しい高値引け。一週間前には含み損が15万円を越えていたが今日で22、000円迄縮小。相変わらず不動産は強いです。
日経は窓を埋めて好調に推移
2006年 10月 02日 (月) 10:37 | 編集
 嬉しい誤算です。窓の幅が狭いので意外と早い時期に埋めてくるかもとは思っていたけど、こんなにあっさりとそれをやってしまうとは意外でした。10時過ぎから先物主導でそれまでの揉み合いを上抜けて続伸した。もっともこれだけ上方修正が出ていて上げてこない方がおかしいですよね。あとは個別の株がどんどん戻してくることを祈るだけです。
copyright (C) 私の株取引日記 ( Hit & Run ) - 株投資の誤解・間違いから成功へ all rights reserved.
designed by polepole...