FC2ブログ
負け続けの悪戦苦闘のトレード日記
私の株取引日記 ( Hit & Run ) - 株投資の誤解・間違いから成功へ
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
指数は下げ止まり、個々は上昇
2006年 10月 31日 (火) 15:23 | 編集
 昨日持ち越した東京製鐵は反発で始まり、一旦1790円迄下げたがそれを見過ごして結局1797円で脱出。

 東京製鐵:+600円
 
 今日は指数は横這いを見せたが個々を見ると押し目が買いが入って結構上昇していた。今日から空売りを主体にしようと候補を捜してみてもなかなか候補が見つからない。そこで7日間連騰しているクレディアが益出しで下落を見せたので1160円、1150円で合計1000株売り建てた。しかしそこが下げの限界でその後上昇していった。どうしたのだろうと思って貸借倍率を見たら、昨日時点では逆日歩情報は出ていなかったのだが、今日途中で出たようで昨日からの空売りの買い戻しで上昇し1274円で大引け。12.4万円ほどの含み損になってしまった。

 殆どの株は昨日の下げで下値が堅く空売りは難しく感じて、唯一この株が消費者金融セクターが株価を下げているのに逆行高を演じていて、そろそろ下げるのではないかと空売りをしたのだが自分の思惑通りには行かない。思うに空売りの根拠は何もなかったのに、売りを仕掛けた自分が浅はかだった。仕方がないので我慢して持つつもり。上がれば必ず益出しで下げるはずと思うので。
スポンサーサイト
指数は続落で東京製鐵を空売り
2006年 10月 30日 (月) 14:52 | 編集
 指数は結局上がらず、残りの余力から東京製鐵を200株1800円で空売り。大同特殊鋼が下方修正だったので鉄鋼関連は弱含むのではないかと思って、また東京製鐵は一目均衡表で雲に跳ね返されて下げていることからの決断ですが、余力が少なくて残念です。この空売りは明日まで持ち越してみようと思っています。

 今日は買いでなく当初思っていたように空売りをすれば良かった。今の地合では買いが入ってくるような状態でないように思うんですが、ただ窓開け大幅下落でいつ下げ止まるか分からないということでどうしても空売り参入を躊躇してしまいます。しかし、結果的に反対の買いをやって大損を被っているならば、いつ下げ止まるか分からない様なときは進んで空売りをした方がリスクが少ないということですよね。
午後もじり安
2006年 10月 30日 (月) 13:51 | 編集
 買い建てたオプトは指数の下落ともにじり安をたどり昨日の終値を下抜いて更に下落を見せた13時43分に、我慢できず30.8万円で損切り。

 オプト:-24000円

 その後指数が反発を見せたのでこの株も昨日の終値の31.2万円に戻している。なんと間の悪いこと。またまた損が最大で損切ることになったしまった。チャート形状で良くても指数が下げては(全体の地合が悪ければ)買いは駄目なんですね。
 その後日本ガイシがなんと1600円迄戻している。あ~あ。思うに参入が早すぎたと思うし、もっと自分に余裕を持つようにしたい。
日経は続落
2006年 10月 30日 (月) 11:15 | 編集
 日経先物は予想通り下げた後10時過ぎから横這いを続けている。これを予想し、また土曜日に上方修正発表の企業が上げてくる可能性を自分で書いていながら違った行動をやってしまった。

 これが余分で失敗でした。下げ銘柄のランキングを見ていたら日本ガイシが大きく窓開け下落後上昇を見せていたので1591円で1000株買い建て。その後揉み合いながらも上昇、しかし1600円前後で足踏みをしたところ益出しで1589円迄急落したので1591円で脱出。初めての参入でしたが、やはりギャップがレジスタンスになったんでしょうか。やるべきでなかったトレードでした。+-0円。

 その前に上方修正のオルガノが10時すぎて日中足でそれまでの揉み合いを上抜けてはいたが、株価が1100円手前で動かなかったのであきらめやり過ごしたら、その後順調に上昇し11時には1120円をつけていた。あ~、痛い。

 日中足でオプトの株価が移動平均線を全て上回っていたので、31.6万円でで3株買い建て。これもその後揉み合っているが、指数の大きな下げから午後には買いが入ってくると思って我慢してます。
金曜の米国市場は大幅安
2006年 10月 28日 (土) 13:45 | 編集
 GDPが予想よりも低い数値になったことで米国市場は大幅安となりました。シカゴ日経先物の値も16525円で日経先物よりも165円も安く終わりました。月曜の日本市場は窓開け下落で始まり午前中は大きく下げそうですね。午後に買いが入ってくるかどうかですが、個別企業の決算の善し悪しで反発の大きさが変わってくると思います。昨日とかに業績上方修正を発表した銘柄は値頃感から期待できると思いますし、あと、資源株が堅調に推移するのではないでしょうか。原油は60ドル台に戻しましたし、他の非金属も上昇してますから。

 直近で上方修正を発表したのは、神鋼電機、オルガノ、日本合成、関東つくば銀、松下電器、住友チタン、ファナック、丸紅などがありますが、一方、下方修正で大きなところはアドバンテスト。昨日空売りをしたのですが、持ち越せば良かったです。後の祭りですがね。

 来週の指標は日本は30日は9月鉱工業生産、31日は日銀金融政策決定会合、米国は30日に9月個人所得/支出、PCEデフレーター、31日は10月消費者信頼感指数、1日はISM製造業景気指数、2日は第3四半期単位労働コスト、3日は雇用統計など。

 決算発表の主どころは
 30日:新日石、日立電線、三菱電機、富士電気HD、TDK、京セラ、三菱自、伊藤忠など...
 31日:JT、旭化成、積化成、エーザイ、住金、神戸鋼、東芝機械、コマツ、日精工、ブラザー、ミネベア、日立、安川電機、パイオニア、村田製作所、デンソー、三井造船、三菱重工、川重、ヤマハ、三井物産、三菱商事、SBI、三井不動産、JR東、ANAなど...
 1日:帝人、カシオ、スズキ、武富士、NTT都市など...
 2日:クラレ、ジェイテクト、マツダなど...

 最近は先物の動きに左右される相場が続いてますが、また裁定買い残が大きく膨らんできているというので、その解消売りで相場が下げる不安定な地合となりつつあります。11月10日の金曜日が精算日なので、それを過ぎるまでは下げ相場となりそうです。しばらくは買い建てスウィングはやらない方が良いように思えます。デイトレードで対応するのが良いし、もしスウィングトレードをやるなら空売りの方が安全だと思ってます。

 こういう時もしっかり稼ぎたい。 A Happy Trading!
≫ "金曜の米国市場は大幅安" の続きを読む...
午後、オプトを空売り
2006年 10月 27日 (金) 14:22 | 編集
 朝方29.8万円の安値を付けた後反発していたオプトが午後寄り付きで31万円を下抜いたので、30.9万円で1株空売り。13時過ぎに午後のそれまでの安値を上抜いたので、即30.4万円で益出し脱出。

 オプト:+5000円

 その後指数の反発とともに、この株は上昇して30.9万まで戻しているのでとってもラッキーでした。チャート的に参入はしない方がよかったのでしょう。

 結局差引1万円の利益でそこから手数料を引くと5千円そこそこの利益ですが、今日のような事態で過去何も出来ずにいたので、上手く空売りで対処できた事が大変うれしいです。
日経は高値を付けた後益出し下落
2006年 10月 27日 (金) 10:51 | 編集
 窓開け上昇、高値直後に益出しで下落。

 昨日空売りして持ち越した東レは854円で脱出。この判断は良かった。その後株価は上昇。-+0円。

 東邦亜鉛が昨日の終値を下抜いたので空売ろうと思ったが、この株は勢いがあると思ったので止め、代わりにイビデンが窓開け下落で6490円から下げていたので、何度か指し値を試みたが約定できず結局6420円で売り建て。その後つるべ落としで9時35分過ぎの6210円迄下落したが、初めての経験で我慢が足りず、指数が横這いを見せた頃6330円で脱出してしまった。勿体な~い!!

 イビデン:+9000円

 その後まだ下げが浅いと思った日本発条を10時前に1318円で1000株空売りしたが、指数はどんどん下げるが全く動かない。見切りをつけて1317円で戻し指し値を入れておいたら、10時13分にようやく下げはじめ1307円まで下落した。

 日本発条:+1000円

 つづいて10時16分アドバンテストを5970円で100株売り建て。そろそろ下げ止まる頃とは思ったが、最近半導体関連は弱含みなので空売りしたら、株価は上げてしまった。これは失敗。我慢が足りないかもしれないけど6020円で損切り。

 アドバンテスト:-5000円

 空売りになれている人には今日は絶好の空売り日よりですね。自分も金額的には残念ですが、一応は成功して満足です。
午後は上昇後反落
2006年 10月 26日 (木) 15:00 | 編集
 先物指数は寄り付きから下落を見せた後13時に高値を更新。

 損切りした住友鉱山を見ると、悔しいことに、今朝の高値を更新していた。買い手は午後になって下がるかどうか、様子見をしていたのでしょうか。13時30分過ぎには1600円にあった20万株以上の売りものを軽くこなしてしまいました。銘柄選択は間違っていなかったのか?自分の忍耐不足と言うことでした。ぐそ~!!

 先物指数はその後13時過ぎに高値を付けた後反落して16800円迄下落したが、東邦亜鉛は14時過ぎに反発して1045円迄上昇。直後に動きが鈍くなり、そろそろ潮時と思い1044円で益出し脱出。

 東邦亜鉛:+35000円

 中間決算予想を赤字に修正した東レが845円をつけた後反発してきていたので、854円で1000株空売りを試みる。その後856円まで戻したが、これは空売りの買い戻しで、上値は限界があると思い売り建てたんですが上手くいって欲しいと思います。
指数は上昇後揉み合い
2006年 10月 26日 (木) 11:08 | 編集
 米国市場の上昇で指数は窓開け上昇。その後揉み合いを見せる。

 資源価格の上昇で東邦亜鉛が1020円で寄りついて、その後上昇を見せたので、やはり上昇を見せていた住友鉱山を1594円で1000株買い建て。1597円をつけた後上昇が止まり10時過ぎから下落。一時間以上経っても反発の兆しを見せないので1591円で損切り。

 住友鉱山:-3000円

 何故上げないのか貸借倍率を見ると昨日の時点で11倍以上で、東邦亜鉛(0.92)との違いが歴然でした。これは大きな選択ミス。むしろ、トピックス先物が堅調なので銀行か不動産を買った方が良かったです。

 
芝浦メカトロで大変ラッキー
2006年 10月 25日 (水) 14:15 | 編集
 午後の指数はじり安をたどるが、関東つくば銀は1298円迄下げた後、むしろ堅調でじりじり上げていました。ところが、1315円手前で足踏みを示し買いが入らなくなったので、14時前に1312円であきらめて脱出。

 関東つくば銀行:+4000円

 途中、ニュースで芝浦エレクトロニクスが230万株の自社株取得を発表。5分足チャートを見ると、既に上げ始めていたので、618円から参入を試みたが叶わず、なんとか625円で1000株買い建て。655円で戻し指し値をしておいて、上昇の勢いが強いので660円に変更しようとしたところ間に合わず約定。その後株価は驚きの696円をつけるまで上昇しました。これは濡れ手に粟でラッキーでした。

 芝浦エレクトロニクス:+30000円

 昨日今日で今月のマイナスを殆ど埋め合わせることが出来ましたので嬉しいです。

 今日も空売り日よりですね。不動産が大きく下げて東京建物は一時61円も下げました。この下げ方は驚きです。一方、川崎汽船が逆行高を見せてます。原油安で業績に好影響ということでしょう。
ダウは10ドル高、ナスダックは10ポイント安
2006年 10月 25日 (水) 11:28 | 編集
 シカゴ日経平均先物は16850円。日経先物は16860円で寄りつき、外国証券が2470万株の買い越しの為、上昇して始まりましたが、上値は重く昨日の終値の間を上下する横這いの動きです。

 昨日益出しした東京建物はさらに下落し、一時1418円をつけ昨日予想した通りになりましたが、空売りをすれば昨日から4万円の利益が上がったことになります。経験が少ないので今回は観察ということでただ見ていましたが、次回はしっかりとりたいと思います。

 一方、また資源価格が上昇した為、昨日980円で終えた東邦亜鉛が上昇し、一時1009円をつけました。買い参入して5日目でようやく戻ってます。今日は無理でも、明日以降が楽しみです。決算発表シーズンで下値が堅いため、安心してスウィングできます。

 高値を付けた後益出しで下げる株が多い中、銀行株、それも地銀株が堅調なので、関東つくば銀行を1304円で500株買い建て。
米国市場は大幅上昇も
2006年 10月 24日 (火) 14:38 | 編集
 米国市場の大幅上昇も日本株は昨日の上昇の益出しで上値の重い展開です。

 東京建物は続伸で午前中に1462円をつけた後、先物がそれまでの安値を一旦下抜いたので、1456円で益出し。

 東京建物:+86000円
 
 その後指数はじり安でしたが、東京建物は横這いの動きを見せていて、13時30分過ぎにじり高をたどり1460円をつけてきたので1000株買い参入。1463円をつけるも買い上がりに力不足で1460円を挟んで揉み合いを見せ、明日あたり下げる雰囲気がある為結局1460円で脱出。+-0円

 結果的に今日は空売りの日でした。どうして買いでなく空売りという考えが浮かばないのか不思議でしようがないです。まだまだ未熟です。

続伸です
2006年 10月 23日 (月) 15:07 | 編集
 日経平均は続伸し、先物は一時16800円をつけました。

 不動産が上げ率上位にきていて、東京建物は1434円で大引け。含み益が5万円を越えました。

 東邦亜鉛は午前中に1004円迄上昇しましたが、ちょっと期待はずれで、午後は戻り売りに押されたのか990円近辺で横這いです。含み損は19000円程になりました。

 それから新興市場も大幅上昇していて、全体に買いが入ってくるようになったようです。今週は期待出来そうですね。この上昇は来月の初め頃まで続いてその後ちょっと下押しすることを予想します。
ダウは小反落、ナスダックは小反発
2006年 10月 21日 (土) 12:50 | 編集
 夕べのダウは9ドル安、ナスダックは1ポイント高で週末を終える。キャタピラーがQ3の一株利益を引き下げ、2007年の予想もアナリスト予想から大きく下回った為、株価は14.52%下落して、これがダウの下落を引っ張ったようです。ナスダックもサンディスクとブロードコムにより寄り付き直後の30分で大きく下げたのですが、8%のグーグルの上昇によって安心感を誘い大引けにかけて戻しました。とにかくナスダックが下落しないで良かったですね。

 来週の経済指標は日本は27日の9月全国消費者物価指数位でしょうか、米市場は24日、25日とFOMCの会合が有り、25日に政策金利の発表があります。先週の19日から日本も本格的にQ3の決算発表シーズンが始まり、来週からいよいよ注目企業の決算があるので、経済指標よりこちらの方が注目ですね。決算で好業績が多く出れば短期的に上昇が期待できると思ってます。

 先週は資源価格の上昇で鉱業関連ばかりを書きましたが、商社もこの分野では大きなプレーヤーです。その証拠に三菱商事、伊藤忠などなど株価も上昇していて、今後も目を離せません。
日経平均は揉み合い
2006年 10月 20日 (金) 15:40 | 編集
 日経平均先物が昨日の高値と終値の間で揉み合いを続け、110円高の16640円で終了。

 東京建物は午後に1395円を2回覗いた後、じり安で1378円迄下げた後1384円で大引け。含み益は14000円マイナス6千円弱の金利と手数料で8600円強程。この株は今まで1370円前後がレジスタンスだったのが、ここを上抜けたことによりサポートに変わり下値不安が少なく、今後の上昇が期待できます。

 今日は資源関連株は一休みで、東邦亜鉛も1000円をつけた後じり安。前引け直前に975円の安値を付けた後、戻して結局988円で大引け。含み損は21000円。この株も昨日今日と一目均衡表の雲の上限を上抜けているので期待できます。先日の儲け損ないもあり、頑張って持ちたいと思ってます。

 そして両方ともボリンジャーバンドの幅が広がりつつあり、これは上下どちらかに変化を伴う兆しらしく、地合からいったら上放れていくものと予想しています。
東京建物高値更新
2006年 10月 20日 (金) 09:10 | 編集
 嬉しいですね、でも長かったですね。9月6日に1370円の高値で買い建てた東京建物が今日ようやくここ2ヶ月の高値を更新しました。次は5月12日の高値1439円が目標です。

 一方、東邦亜鉛は昨日の大幅上昇が響いて若干反落してます。他の資源株は上昇して始まっていますが。また新興市場は益出しで下落で始まってますね。
予想に反して下落
2006年 10月 19日 (木) 15:46 | 編集
 午前中は外出したので、午後の相場が開いてから戻ってきました。今日も上昇すると思っていたところが、先物に振り回されて下げてしまいました。午前中先物は横這いを続け、上値が重いと見るや午後から売りを先行させたのですね。

 指数は下落を見せていましたが、東邦亜鉛が30円高で寄りついた後逆行高を演じていて、13時前にそれまでの高値の1000円を上抜けたので、参入しようと思ったが躊躇していたらそのまま続伸。これ以上上げるとやばいと思い1009円で1000株買い建てたら、そこがピークで其の後は992円迄下げてしまった。またまた参入の下手さを見せてしまいました。で、今日はトレードの結果なし。ただし、東邦亜鉛で含み損が13000円でした。

 相変わらず資源関連と航空機関連が強いですね。そして、今日の上昇は他に鉄鋼、海運、証券、新興市場で、主力銘柄に利益確定売りが出て、その資金が新興市場に入っているそうです。明日は金曜だし、2日間続けてナスダックも下落したのでそろそろ今晩辺りに反発しても良い頃かなと思いますが....そうでありますように。
利益を減らしてしまった
2006年 10月 18日 (水) 14:48 | 編集
 持ち越した東邦亜鉛は益出しで924円迄下落後反発。途中、午後の寄り付きで安く寄りついた為、931円で益出し。午後になったら反発すると我慢していたのだが許容範囲を超えてしまい、我慢できず脱出。結局利益を減らしてしまいました。あ~情けない。

 東邦亜鉛:+8000円

 丸善がダブルトップをつけたので揉み合いを下抜けた245円で2000株空売り。上手く240円まだ下げたのだが、その前に239円に指し値を下げ、その後反発したのであきらめて242円で脱出。これは正解でした。

 丸善:+6000円

 指数が上昇し出す中、大型株はなかなか動かなかったが、新興銘柄の動きが良いのでオプトを高値を抜けた33.4万円で2株買い建て。その後揉み合った後何とか33.7万円で益出し。しかしその後たくさんの売り物をこなし上昇していった。悔しい。

 オプト:+6000円

 午後の指数は日経平均、トピックス共々大きく上昇して、まるで午前に十分に下げるのを待っていたような上げ方です。これで明日も期待が出来そうですね。一応自分のシナリオ通りに行っています。

三菱マテリアルが鉛建値を値上げ
2006年 10月 17日 (火) 21:40 | 編集
 16日に三菱マテリアルが10月分鉛建値を1万3千円値上げして22万9千円にしました。亜鉛、鉛、錫、ニッケルが高値更新を続けているそうです。世界的な景気拡大で更に需要の増加が見込まれ、生産障害で需要の伸びに生産が追いつかないそうです。

 東邦亜鉛、大平洋金属、DOWA HDなどの資源関連/非鉄金属株は今日も上昇です。今後も業績の上方修正が期待できると思います。
東邦亜鉛は上昇
2006年 10月 17日 (火) 15:55 | 編集
 昨日高値を付けて益出し下落した持ち株の東邦亜鉛は、今日の指数の下落をよそに、しっかり上昇してくれ35円高の954円で大引け。他の資源銘柄も上昇してこのセクターの強い事が良くわかる。

 株価は土曜日の予想通りの展開となりました。昨日大幅上昇した銘柄は今日は一転して値を下げ、指数は昨日作られたギャップに邪魔されて午後の反発も力不足でした。
 
 一方、不動産は朝方は昨日の終値より下がる場面も見られましたが、東京建物以外の銘柄は殆ど前日比プラスで終えている。なんで?と思うけど、過去5回ほどトライした1370円の壁が厚いようです。米国市場の大幅反発がなければこの壁を越えるのは難しいかもしれません。

 でも、東邦亜鉛には昨日はがっかりさせられましたが、今日は久しぶりに嬉しい気分です。含み益は29991円。明日もこの調子が続くように...
今日は大失敗
2006年 10月 16日 (月) 15:08 | 編集
 商品価格が上昇しているので関連銘柄の東邦亜鉛を、決め打ちで寄り付きの923円で1000株買い建てたところ、期待に反して、金曜の大幅上昇の反動で益出しで下落。910円迄下落した後大引けでようやく919円まで回復してきていますが、絶対に全体の様子を見るまで思いこみのトレードはしてはいけないと大失敗です。なんでこんなにおいしい日に。余力がないので他の株が買えなかったんです。とほほ...

 今日は殆ど全面高です。不動産など大幅上昇で住友不動産は150円高、東京建物も50円高などなど。機械も堅調でした。
 
 ふん、こんな事もあるさ。明日に期待しよ。
いよいよマグロが値段が高くなる
2006年 10月 15日 (日) 16:07 | 編集
 東部大西洋と地中海の最高級トロのクロマグロ、ミナミマグロの資源量が急減しているそうです。これを受けて、11月に開かれるICCATの別会合で漁獲量が決められるのですが、資源管理機構の報告書では現在の漁獲量を今までの半分以下に削減する事を提言しているそうです。
 http://www.sponichi.co.jp/society/news/2006/10/15/02.html

 以前から日本人のマグロの大量消費からマグロが捕れなく日が来ると思っていましたが、いよいよマグロの刺身が高値の花となる時期が来そうですね。株式市場ではどんな株に影響が出るのでしょうか。やはり商社でしょうかね。それとも日水、極洋などの水産会社?
来週は堅調に推移しそうですね
2006年 10月 14日 (土) 14:48 | 編集
 夕べのナスダック、ダウとも続伸で引ける。

 木曜に企業業績に対する安心感から大きく買われた後だけに、ダウはGEの決算発表では反応しなく、むしろホームデポに対する否定的なレポートと原油高で利益確定売りに下げた後、午後から反発し前日より12ドル高で大引け、12,000ドル迄あと40ドル程に迫っています。ナスダックは引き続きハイテク企業の業績好調を反映して続伸して11ポイント高で終え、年初来高値にあと少しに迫っています。シカゴ日経先物は16620円で終了し、大証先物より50円高です。

 最近は原油価格や商品価格の上昇が一段落で、今までそちらに向いていた資金が米国株式市場に流れている為米国株が堅調なのだそうです。これが大変うらやましく思えます。日本株のこれまでの出遅れは何故なんだろうと考えると、外国人が買わないと日本株は絶対に上がらないということなんですね。その間は買いは手控えるのが良いのかなと感じてます。

 でもここ数日でようやくその風向きが変わってきたように思えます。外国資金の動きが出てきたようで、その証拠が日本を代表する本田、トヨタなどの上昇が際だちます。また新興市場にも木曜を境に資金が戻ってきたように見えます。つまり、決算発表時期に入り買いを入れてくるのですね。

 来週は月曜は金曜の流れを受けて上昇し、火曜、水曜に横這いか益出しで下落した後翌日以降上昇するようなパターンを予想します。もちろんナスダックの結果で大きく左右されますけど、これを頭に入れて立ち回りたい。

 フィラデルフィアSOXX指数も471.27と前日比4.42ポイントの上昇で、ハイテクは明るい見通しですが高値警戒感が出てきています。

 来週の予定は、日本では火曜日に9月百貨店売上高、水曜に工作機械受注、木曜に9月半導体製造装置BBレシオ。
 米国では月曜に10月NY連銀製造業景気指数、バーナンキ議長講演、火曜に9月生産者物価指数、9月鉱工業生産、9月北米半導体製造装置BBレシオ、水曜に9月消費者物価指数、木曜には10月フィラデルフィア連銀景況指数などの発表があります。
 
 セクターでは商品市況関連と機械セクターが狙い目と思っています。今まで市況の低迷と機械受注値の予想外の低下で蚊帳の外だったのが底値から戻ってきてます。市況も原油、亜鉛、鉛、銅、金など商品価格が上昇を見せてますから。

 来週はがっちり Happy Trading!
ケネディクスは思ったより利益が出なかった
2006年 10月 13日 (金) 14:53 | 編集
 ケネディクスは13時過ぎに64.9万円をつけた後揉み合いになり結局大引け10分前にあきらめて64.4万円で脱出。揉み合い後の2回目の反発時点で脱出すべきだった。もう少し利幅が大きかったのに残念。月曜までの持ち越しを考えたけど、最近の地合からそれは止めにしました。

 ケネディクス:+4000円
 
 終わってみると選んだ銘柄が悪かったようです。午後からかなりの株が上昇していました。最近上がらない株ばかり買ってしまいます。どうしてなんだろう?
ダウは高値更新
2006年 10月 13日 (金) 13:56 | 編集
 日経は大幅高で始まる。ナスダックが高値で終えたので、ハイテクが上がるかもと思っていたら、その通りでした。

 しかし、先物指数が横這いの動きで、買いも空売りも参入の決断が出来ずにいたところ、過去2日間の失敗で疑心暗鬼の東京エレクトロンが9270円をつけた後9490円迄午前中に上昇してしまった。指数と異なる動きは、やはり米国市場の影響が大きいのだと思います。

 午後になって、指数は相変わらず横這いでしたが、ケネディクスが高値を上抜けてきたので64万円で1株買い建て。現物は先物の影響をあまり受けていないようです。

 
日経は結局安値引け
2006年 10月 12日 (木) 16:26 | 編集
 今日の相場は予想通り上昇したにもかかわらず、午後は値を消し続落となりました。明日のSQ算出を控えて上値追いはしないながらも横這いで推移すると予想したけど、先物に振られて乱高下でした。寄り付き前の外国証券が1000万株以上の売り越しということで買いも続かなかったのかなと思います。でも、明日のSQを通過すれば押し目買いで上昇するんではないでしょうか。全ては米国市場次第でしょうか?



 
東京エレクは上値が重い
2006年 10月 12日 (木) 12:38 | 編集
 午前中に2回ほど9370円と9380円をつけたがどちらも席を外していて機会を失い、戻しを待っているうちにじり安展開で、午後寄り付きで買い気配が9280円で始まり、結局9270円で脱出させられてしまった。教訓は時間をかけて上昇しない株はいい加減なところで益出しして逃げるべし。

 東京エレクトロン:+1000円

 この株は思ったより上昇せず、他の銘柄の方が上昇していた。朝のニュースにこだわった事でくたびれもうけのトレードでした。昨日のナスダックが下落した影響なのか、半導体関連はみんなマイナスに沈んでます。選択を間違ったみたいです。

 今日は不動産がかなり戻しているけど、持ち株の東京建物だけ25円も下げていて、なぜこの株だけ仲間はずれなの?って感じです。どうも日足チャートを見ると前日まで7日間も1350円近辺で揉み合っていたのであきらめの売りで押されているのかも。う~ん失敗だったなあ。
嘘でしょ!?
2006年 10月 12日 (木) 10:11 | 編集
 クオールが19.7万円とストップ高をつけてます。ぐやじ~い。

 東京エレクトロンは10時前に9250円迄下落して、冷や汗もんでしたが、その直後に急反発しています。先物が昨日の終値を上抜いたんですね。
性懲りもなく回復
2006年 10月 12日 (木) 09:16 | 編集
 昨日の自信喪失から一晩寝て頑張ろうという気が湧いてきました。昨日の下げは一時的で、今日は寄り付きで下げた後上昇すると思っています。だから、空売りを考えましたが買いに変更。

 東京エレクトロンが寄り付き前のニュースで7-9月期の受注額が2070億円との報道でこれは買いだと思い、9260円で寄り付きで買い指し値約定しました。株価は9350円を一時つけている。

 昨日損切りしたクオールが久しぶりに反発して始まった。また一番安いところでの損切りになってしまった。...(+_+)
 昨日のヘラクレスが106ポイントほどの下落で自立反発狙いの買いが入ったのでしょうか。新興市場の低迷は資金が国際銘柄に代表される東証一部市場に流れ、機関投資家などが資金を移しているとの事です。だから、時間の問題で11月後半くらいに株価は戻ってくる展開になるのではないでしょうか。意外に中間決算を期に変わるかも。
自信喪失
2006年 10月 11日 (水) 14:30 | 編集
 午前中に東京エレクトロンを益出しした後、安いところで買おうと思って9390円で100株買い建て。9430円迄上昇後反落。その後は指数に左右されて戻しも9380円止まりで結局9300円で損切り。コア銘柄に最近買いが入っていると言うことで持ちすぎた。全く何をやっているのか。何が悪かったと評価してみたら、下げ過程にある株を買った事が敗因であった。何度も何度も同じ失敗をしてしまう。

 東京エレクトロン:-9000円


 
copyright (C) 私の株取引日記 ( Hit & Run ) - 株投資の誤解・間違いから成功へ all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。