FC2ブログ
負け続けの悪戦苦闘のトレード日記
私の株取引日記 ( Hit & Run ) - 株投資の誤解・間違いから成功へ
今日の失敗
2006年 12月 14日 (木) 17:32 | 編集
 トレードを終えてシスメックスが何故上がらなかったのかを考えてみると、

 1)この株にしてはギャップアップが大きすぎたこと、 
 2)日足チャートでボリンジャーバンドのバンド上限に到達したこと、
 3)チャートは横這いで上昇基調を描いていなく、レンジないでの動き、
 4)最近は大型株中心の上昇で、資金が大型株に移っていると言われていたのに、小型株をトレードしたこと。

 以上4点が考えられます。もっと慎重に銘柄選択を行うことを肝に銘じます。
アルでプロは上昇
2006年 12月 14日 (木) 14:03 | 編集
 その後のアルデプロは37400円の高値を付けた後反落。その後のもみ合いを下抜け3700円をつけたので脱出。37500円をきたいしていたのだが...

 アルデプロ:+2800円

 先物は16800円をつけてきているのに、シスメックスは昨日の終値で全く動かない。なんだこの株は~。やっぱり、参入後すぐに下がったら損切りした方が良いんだなあ!

 今日は円安だから、輸出株をトレードした方が良かったみたい。

 もう最悪。シスメックス更に下落したので4610円で損切り。また損切りルールを守らなかった為大きな損失。ニュースが出ていたので、買いが入ってくると我慢していたが、今朝の安値を切ってきたときに脱出すべきだった。

 シスメックス:-38000円

 せっかく細かい利益を積み重ねてきたのに、いっぺんに吐き出してしまった。自分の馬鹿さ加減に怒り心頭。また、今日の地合で勝てないというのは非常に悔しくて仕方がない。

 反省:大幅窓開け銘柄には気をつける。できれば前日終値近くから伸びる株が良い。
指数は窓開け上昇...
2006年 12月 14日 (木) 11:31 | 編集
 指数は窓開け上昇しましたが、個々をみると利益確定売りに押されているものが多い。10時過ぎまで下げ、その後指数の反発によって落ち着き株価も戻してきているようです。

 持ち越したグッドウィルは11.4か11.5万円で処分しようと思っていたが、11.5万に買い残が大きくなったので11.6万円で損切り脱出。その後11.4万円迄さげたので、ちょっと早かった。しかし10時過ぎから株価は反発していった。

 Short:グッドウィル -3000円

 昨日候補に上げていたシスメックスが大きく窓開け上昇。寄り付き後更に上昇したので4800円で200株を買い建て。しかし次の5本足でギャップダウンし、昨日の終値を下抜いたところでようやく反発、4680円迄戻した。なんどか損切りしようかどうしようか迷ったが我慢してます。

 窓開け上昇銘柄の参入には気をつけなければいけない。先日の大同特殊鋼は30分以上経ってからの買い、今日は開始後20分での参入でまだ方向が定まっていなかった。

 三井トラストは2日ぶりの反発で1299円迄戻している。もうちょっとだ、がんばれ。

 今日は不動産が堅調のようなことをラジオで言っていたので、少ない中から、アルデプロを36650円で8株買い建て。 
オリコンを空売り
2006年 12月 13日 (水) 15:04 | 編集
 窓開け下落して反発した後、下げているオリコンを少ない余力ですが空売りしてみた。それまでの安値を下抜いたので参入したのですが、やはり当日の底値近辺では揉み合います。8.5万円が目標でしたが、8.77万円まで戻してきたので脱出。少しですが何とか下げてくれました。

 Short:オリコン 90000円x3株 利益:+6900円

 難しいな~。ちょっと反発すると怖くなってすぐ逃げ出してしまいますが、脱出直後から再度下げだし一時8.5万円を下抜きました。

 飯野海運は一時1075円迄上昇しましたが14時過ぎから反落したので1063円で全て脱出。

 飯野海運:+1800円

 グッドウィルを11.5万円で3株空売り。日経先物は16700円で高値引け。明日は期待できそう。  
持ち株も続落
2006年 12月 13日 (水) 11:21 | 編集
 銀行株もそろそろ上昇かなと思い参入したけど、昨日買い建てた三井トラストは続落してます。まだまだ銀行は買いではないと言うことのようです。

 飯野海運は窓開け上昇で始まりましたが、なにせ益出しするほどの利益でないのでそのまま。それより若干下げてます。

 他を見ると結構な銘柄が益出しで下げていて気がついたのですが、ボリンジャーバンドの上限に近づいたら空売りで望む気持ちの方が良いのかなと思ったりしてます。
午後寄り付きから指数は下げる
2006年 12月 12日 (火) 15:02 | 編集
 午前中に先物が16700円をつけると午後寄り付きから売りで下げる。ボリンジャーバンドを見るとバンド上限がちょうど16700円なので見事に跳ね返されている。これで10月30日につけたギャップを今日埋めたわけで、戻り売りに一旦は売られても仕方がない。しかし、明日あたりに下げるのではないかと思っていたけど、今日になってしまった。

 おかげで三井トラストは1300円でもみ合い。午後のこの指数の下げをみて空売りをするべきだったが、なかなか見つからない。今朝空売りしたクレディアは午後寄り付きの高値から見事に下落していた...なんとか空売りが出来るように方策を考えないと...

 指数の下げ止まりから14時過ぎから少し押し目買いが入っている。飯野海運が昨日の終値を上抜いたので買い参入。

 Long:飯野海運 1060円x400株
今日は銀行が強い
2006年 12月 12日 (火) 11:13 | 編集
 しばらく銀行を忘れてたんですが、他の銘柄を捜しても適当な候補が見つからず、銀行の銘柄リストを見たら既に結構上昇していた。10時30分をすぎて20円以上も上昇していたのでどうかなと思ったけど、50日移動平均線を上抜いていた三井トラスト銀行に参入。
 
 Long:三井トラスト銀行 1312円x1000株
大同特殊鋼は期待通りギャップアップ
2006年 12月 12日 (火) 10:15 | 編集
 大同特殊鋼はギャップアップして793円をつけた後揉み合ったので792円で益出し。

 大同特殊鋼:+7000円

 飯野海運も1066円をつけたが100株だとたいした利益にならないのでそのまま。株価は昨日の終値を下抜いたところを揉み合っています。
 今日は上値が重いとの予測で安く始まったクレディアを空売り768円で600株約定、760円迄下げた後戻して765円近辺で動かなくなったので764円で脱出。

 クレディア:+2400円

 参入が遅かった為大した利益でなかった。地合が下げでなく、益出しで下げるので前日か寄り付きぐらいから参入しないと利幅はとれないみたいです。
大同特殊鋼
2006年 12月 11日 (月) 15:01 | 編集
 朝方買い建てた大同特殊鋼は午後寄り付きから784円まで上昇した後反落、14時過ぎまで持とうと思っていたところが、その後779円を挟んで揉み合い状態が一時間近く続いたので、779円で益出し。

 大同特殊鋼:+15000円

 14時過ぎたら大同特殊鋼は780円を超えてきています。

 飯野海運を200株1057円で買い指し値。100株のみ約定。
 大同特殊鋼を1000株785円で買い建て、明日のギャップアップ期待です。
大平洋金属にはびっくり
2006年 12月 11日 (月) 12:42 | 編集
 午後、大平洋金属の様子を見てびっくりです。金曜の高値まで下げて寄り付いて始まり、1084円にストップロスを出していたので約定していました。午前の終値が1099円なのでうっそ~って感じです。

 大平洋金属:+15000円

 バリューコマースは午前の高値を付けた後反落。36.6万円のストップロスポイントを下抜いたので36.6万円で損切り。

 バリューコマース:-4000円
日経平均はギャップアップその後は揉み合い
2006年 12月 11日 (月) 10:02 | 編集
 ミツミもギャップアップしたので2160円で益出し、オリックスもギャップアップしたんですが、まだ買値より安いので33500円で損切り。これらはあまり動きが悪く効率が良くないのであきらめ。

 ミツミ電機:+3000円
 オリックス:-4500円

 ギャップアップした大同特殊鋼が続伸、760円で参入しようとしたが、結局764円で1000株約定。

 インデックスを5株75400円で空売り。

今日は不動産が下げるとの予想をこの週末にしたんですが、今朝になるとすっかり忘れてしまいました。あと、嬉しいですね。大平洋金属が1100円を超えてきています。

 インデックスは75000円をつけた後反発したので75800円であきらめて損切り。参入が遅すぎたようです。持ち越すことも考えましたが、そんな余裕がないので断念。

 インデックス:-2000円

 続いて、バリューコマースが揉み合いから上抜けたので買い建て。36.9万円のつもりが成り行きで注文を出してしまい、37万円で約定。
日経平均のチャート
2006年 12月 09日 (土) 17:03 | 編集
 日経平均、先物とも日足チャートを見てみました。現物では木曜日に16550円迄上昇後下落しましたが、それはちょうど10月30日につけたギャップの下限でした。つまりそこが上値抵抗線になってはね返されたわけです。シカゴ日経先物が16555円で、大証もその辺りから始まると思いますので、その後の動きがどうなるかです。上昇期待ばかり書きましたが、心配になってきました。ただ、1回跳ね返されているので、今度は上に伸びていく可能性はあります。

 テクニカルチャートを見ると、一目均衡表ではちょうど雲の上辺を上抜け、昨日そこがサポートとなって止まり、また転換線が基準線を上ぬけたところなのでいい感じだし、ボリンジャーバンドでは16600円近辺がバンド上辺なのでまだ余裕があります。移動平均線からの乖離もそれほど大きくはないし、それから16400円は下値のサポートラインだと思ってますので大丈夫ではないかと思います。まあ期待したいですね。
期待通り米国市場は上昇
2006年 12月 09日 (土) 13:37 | 編集
 米雇用統計が13万2千人と10万5千人の予想より良い数字で、これを好感した市場は上昇し、ダウは29ドル高、ナスダックは9ポイント高で終了。シカゴ日経平均(ドル建て)は16550円で終え、大証のそれからは155円高。

 一時原油価格の急伸でドルが下落し、寄り付きからしばらくは乱高下する場面もありましたが、予想以上の雇用統計の数字で米経済の急速な景気後退はないという安心感から買われました。そして雇用が増えたことでクリスマスの個人消費増加に期待を持たせる内容です。

 これで日米の大きなイベントを通過し、米市場上昇で月曜の日本株はまます上昇期待が高まりました。また来週くらいからは外人投資家はクリスマス休暇に入り、その売り圧力は少なくなるので、上昇基調を保ちそうです。

 商品市況も上昇していて、昨日買い建てた大平洋金属には強い味方になりそうです。昨日のDowaホールディングは16円高、東邦亜鉛は8円高。フィラデルフィア半導体指数は前日比-3.18でした。

 来週の経済指標は米国が12日にFOMCの金利政策発表、15日に消費者物価指数、日本は15日に日銀短観発表があります。

 ここ最近チャート形状から上がりそうな株をトレードしましたが、なかなか見込みと違い、思うように上がってくれません。で、以前やっていたやり方に変えてみようと思います。最近成果が上がらないのはやり方を変えたからかなと感じてますので。来週から新規一転がんばり、稼ぐようにします。A Happy Trading!
機械受注は予想に届かず
2006年 12月 08日 (金) 15:30 | 編集
 14時発表の機械受注統計は前月比2.8%のプラスということで、予想の6%に届かなかった為、それまで前日終値まで戻していた先物指数が一挙に100円安まで下落しました。おかげで持ち株も若干下落しました。

 予想との違いが大きいわけですが、そもそも予想数値自体がいい加減すぎるのではないかという気がします。前月は大幅にマイナスだったわけで、最近の経済の弱さを思えば、そこから10ポイント以上も戻すと言うことは考えにくいので、やはり彼らの言うことは信じてはいけないということだと思います。

 日経平均の大引けは16417円。3日ぶりの下落と言うことで当然かもと思ってます。
 持ち株の引け値:
  大平洋金属:1079円  +10000円
  ミツミ電機:2140円  -1000円
  オリックス:33400円 -7500円

 SQを通過で需給不安が後退し、指数チャートは上昇トレンドを描いているので、月曜は上昇すると思っています。というのは、過去のSQ精算日後の動きを見ると上昇トレンド時は窓開け上昇、下降トレンド時は下落とはっきり分かれますので、期待してます。もちろん、今夜の米国市場の雇用統計の結果も気になりますが。

 追記:よく考えてみたら、富山化学を脱出した後すぐ空売りをすれば良かったと後悔してます。なんで考えられなかったんだろう、まだまだ空売りというメンタリティーが足りないようです。
判断は正しかった...
2006年 12月 08日 (金) 13:35 | 編集
 損切りした富山化学は下落して一時762円迄下げました。

 一方、新規買い建てした太平洋金属は13時過ぎから上昇しだし1080円をつけてます。

 オリックスは昨日の大幅上昇の後の為か、益出しの売りが多く上値がなかなか重い状態です。明日まで無理かな?

 ミツミ電機は底堅く推移し、時間はかかるかもしれませんが、これは持っていれば上がっていきそう
持ち株は脱出
2006年 12月 08日 (金) 11:29 | 編集
 あまりにも動かなくなった持ち株。しかし、大平洋金属がどんどん上昇していて気持ちに焦りがでてきて、持ち株を処分することに決めました。

 ミツミ電機:+4500円
 オリックス:+3000円
 富山化学:-22000円

 大平洋金属が1070円近辺で揉み合い、下げたら買おうと待っていましたが、下がる気配を見せてもすぐ買いが入るので、1069円で1000株買い建て。

 オリックスとミツミ電機も脱出後動きだしたので、再参入。オリックスを33650円で30株、ミツミ電機を2145円で200株で買い建。しかし、そのまますんなり上昇とまではいきませんでした。

寄り付きから急落でびっくり、でも
2006年 12月 08日 (金) 09:28 | 編集
 オリックスは寄り付き後急落し、前日比750円安になったときにはびっくり。でもその後急速に戻し昨日の終値を超えてきて一安心。

 ミツミ電機もより前に気配値がストップ高の2510円を見せていて、この金額で始まるのかなと喜んでいたら、開始時間が近づくと急速に下げだし、寄りついたのが2075円。え~、うそ~。直後にロケット上昇で2150円迄打ち上げ。ふ~、良かった~。

 富山化学は相変わらず価格変動が激しく、786円で寄りついた後771円迄急降下。その後は昨日の終値少し上で揉み合い。

 寄り付き後の急落はSQ16291.56円だった影響でした。でも上昇基調は変わらないので反発したのでしょう。

 以前から気になっていた大平洋金属が上昇、ニッケル価格再上昇の影響。以前書いたように年末にかけて上昇基調を形成しそう。
指数は大幅上昇、持ち株はむしろ下げる
2006年 12月 07日 (木) 14:57 | 編集
 指数は見事に大きく上昇も持ち株はむしろ下落してしまった。なんで?午前中は堅調だったのに。なかなか上がらないと感じた買い手が優良銘柄の上昇で手じまい売りをして乗り換えをしたのかもしれない。

 富山化学は昨日の終値を下抜いてしばらく上値を追ってこなそうです。でも指数は先高感が強いのでここは我慢のしどころだと思ってます。昨日の寄り付きからの上昇分を吐き出しました。

 栃木銀行が全く動かないので、802円で損切り。
 栃木銀行:-3000円

 オリックスを33450円で30株買い建て。

 やはり先物が上昇してもメイジャーSQ精算前日は買いは控えた方が良いようです。当日はむしろ高値を取ってきた銘柄を空売りの方が良いようです。
昨日買い建て銘柄は...
2006年 12月 07日 (木) 10:36 | 編集
 昨日買い建て銘柄は今日全て上昇している。自分の目の付け所は悪くはなかったが、我慢を出来ずみんな脱出してしまったので何の益にもならない。

 富山化学などは寄り付き後下げてきたので、マイナスにしてはいけないと785円で脱出したら、その後急速に戻し790円を超えていった。悔しい。今日はメイジャーSQ前日なので過去の例では日経は大きく下げたことを何度もテレビで聞いていたので、怖くなり脱出してしまったのです。オリックスも今日などギャップアップしている。上がらないのは栃木銀行だけで全く動かない。

 富山化学:+1000円

 その後指数の下落にもかかわらず値を保っている富山化学に803円で1000株、ミツミ電機に2120円で300株買い建て。

 その後の指数の動きで午前中の参入は直尚早だったかもしれません。でも今日は駄目でも明日になれば反発するのではと思ってますが、あっそうか、明日は米国雇用統計、日本は機械受注があるんだった。でも機械受注は前回マイナスだったから、今回は反動でプラスかも。
予想通り指数は上昇だが...
2006年 12月 06日 (水) 14:54 | 編集
 先物指数は予想通り前場の高値を上抜いてきましたが、個別ではなかなか動きが悪く、思ったより上昇してくれません。

 オリックスが32550円をつけた後反落したので32500円で脱出。
 オリックス:+2000円

 富山化学は792円迄上昇した後反落し790円手前で揉み合いを続けてます。
 栃木銀行は昨日の終値の792円迄下げましたが、802円迄戻ってきてます。でもこれは失敗です。805円で買い立てた時に、買い気配値が追いついてきていなかった事にもっと注意をすべきでした。
 ミツミについても損切りが早すぎました。大引け近くで2110円をつけてきて残念。
ミツミ電機は損切り、富山化学へ
2006年 12月 06日 (水) 10:49 | 編集
 昨日買値を上回ったときに脱出をするべきだったミツミ電機は殆ど動かないので2080円で損切りしました。

 ミツミ電機:-10000円

 富山化学を784円で1000株買い建て。
 栃木銀行を805円で1000株買い建て、しかしそのあと買いが続かず800円で株価はとまったまま。
 オリックスを32400円で20株買い建て。

 先物指数は昨日の終値近辺で揉み合ってなかなか上に行ってくれません。買い建て参入はちょっと早かった感がありますが、午後には上昇してくれるのではと思ってます。
指数が下げ大明も益出し
2006年 12月 05日 (火) 14:47 | 編集
 大明は1176円迄上昇した後1175円近辺で揉み合い。その後指数が下げるとこれも下げだしたので1172円で脱出。思ったより上昇が少なかったけど仕方がありません。早めの参入を躊躇したのが悪かったです。

 大明:+7000円

 先物指数は昨日の終値で下げ止まりました。ちょうど50日移動平均がサポートになったようです。これで今夜の米国の経済指標が悪くなければ明日上昇が期待できるのですが...
大明に買い参入
2006年 12月 05日 (火) 13:12 | 編集
 午後寄り付きから前場の揉み合いを上抜けてきたので、買おうか買うまいか迷う内に、株価は1165円迄上昇。その後反落して株価は1163円でしばらく動かなかったが、先物指数が戻し始めたのでこれも上昇。1165円で1000株買い建て。しばらくして上を目指して動き出しました。

 ミツミ電機は相変わらず2100円手前で揉み合いを続けてます。
様子見になってしまった
2006年 12月 05日 (火) 11:16 | 編集
 今日は上昇は難しいと思っていたけど、ミツミ電機が反発して2115円迄上昇し、このまま上がってくれるのかなと目を離し昨日の損益結果をトレード帳簿に反映させていたら、いつの間にか下落してまた含み損になってしまった。結局午前中はミツミにとっかかりきりで何も出来ませんでした。

 今晩ISM非製造業景況指数の発表があるので、このあとあまり上がらないのではと思ってます。もしそんななかで伸びてくるものがあればデイトレードで対応します。
黒田電気を買い建て
2006年 12月 04日 (月) 14:26 | 編集
 日経先物が午後寄り付きで高値を付けたので、今日は買い安心感があります。

 もう1日待とうと思った黒田電気が昨日の高値を抜いてきたのでまず1118円で300株、続いて1121円で200株買い建て。上昇トレンドでの1日休みでチャンスかなと思ってのこと。

 武富士は前場の高値4740円が上値抵抗線になってなかなか上に行けず、先物指数も一旦はプラス圏に浮上しましたが、再度下抜いたりしたので、あきらめて4730円で益出し。

 武富士:+6000円

 黒田電気が1125円で全く動かないのでとりあえず高値参入した200株を1125円で売り戻し。

 黒田電気:+800円

 黒田電気は上値の重さに嫌気がさしたのか、株価が下げてきたので1123円で残りの300株も脱出。

 黒田電気:+1500円

 ミツミ電機も一時は2090円まで戻りましたが、14時30過ぎの指数の下落につられてこれも反落。でもこの株は任天堂の好調さに支えられています。
ダイフクとオーエスジー
2006年 12月 04日 (月) 11:54 | 編集
 先週トレードしたダイフクとオーエスジーは月曜の今日、全く異なる動きを見せました。

 オーエスジーはブレークアウト、ダイフクはブレークダウンして、リストの上昇率最上位と下落率最上位にランクインしてます。この違いは何処から来るのかよく分かりませんが、チャートでは金曜日にオーエスジーは前日の高値を上抜けて終え、ダイフクはそれを達成できませんでした。

日足ではオーエスジーは4日続伸ですが過去の上昇があまり大きくないので、高値を越えたことで上昇期待が出て、ダイフクは過去にかなり大きな上昇があったので、高値を抜けられなかったことで限界を見て取った落胆の売りが出た結果なのかなと自分なりに考えてます。

 
指数は下落で始まる
2006年 12月 04日 (月) 10:40 | 編集
 ミツミ電機は2085円で前日よりも高く寄りつく。2080円で買い建てた300株は脱出。さらに株価は下げそうだったので、残りの500株も2075円で脱出。

 ミツミ電機:+1500円
 ミツミ電機:+10000円

 その後昨日の高値を上抜いてきたので2100円で500株買い建て。しかし、30分経過後から急落し昨日の終値を下抜いて2030円まで下げている。やはり魔の30分は生きてました。含み損は3万円になってます。

 昨日候補に上げていた武富士が50日平均線を上抜いて来たので4710円で100株買い建て。4740円をつけた後10時過ぎから反落。平均線の株価を下抜いたので4650円で損切り。

 武富士:-6000円

 10時30分過ぎに先物が反発を見せてきたので4670円で武富士を100株買い建て。

 追記:また選択ミスです。武富士でなく、アイフルとかUFJニコスを買えば良かったです。
米国経済に黄信号か?
2006年 12月 02日 (土) 15:54 | 編集
 金曜の米国市場はダウが27ドル安、ナスダックが18ポイント安で終わりました。注目のISM指数が49.5と予想から大きく下がり、3年以上の間で始めて米経済が収縮(50ポイント以下)を示し、ソフトランディングが出来ないのではという不安から売られました。木曜のPMI(個人消費、支出)、ISMと弱気指数が連続し、これで来週火曜日予定のISM非製造業景況指数で経済全体が景気後退かどうかの判断が出るそうです。もし弱い指数が出れば、今度はFedの利下げ期待で株はむしろ上がりそうですが。

 シカゴ日経平均先物も16240円と大証より90円安く終了。

 ようやく日本株が反発してきたところなのに、米国の景気後退となったらまた下げ基調になりそうですね。原油価格も前日から1ドルほど上昇し、63.55ドルで終了。これも経済の圧迫要因です。例年12月は上昇トレンドを描く株式市場ですが、今年はどうなるのでしょうか。一方、商品市況の方は相変わらず上昇傾向が続き、亜鉛は建値が5万円以上上昇し、ファンダメンタルズの良好さから今後も目が離せません。

 昨日一銘柄ですが売り戻しておいてよかったです。金曜は3連騰で(4連騰みたいなものですよね)十字線を示していて11月15、16日につけた戻り高値に近づき、一旦戻り売りで下げそうな感じがします。そこに昨日の米国市場の下落でますますその感が強まりました。ただ下には25日、75日平均線が通っていますので、そこら辺りが下限かなと思います。

 来週の主な指標は日本は7日に工作機械受注、8日に10月機械受注の発表があり、メイジャーSQ算出日です。米国は5日にISM非製造業景況指数、8日に雇用統計、ミシガン大消費者信頼感指数の発表があります。

 先月は空売りに慣れていず、我慢のしどころで出来ずに、また安値で空売り参入したりで間違った事をやって大きな損失を被りましたが、月末と月初で久しぶりの利益を上げることが出来たので大変嬉しかった。今後はこれまでの経験を生かしてしっかりと利益を上げていきたいと思ってます。これからも応援よろしくお願いします。A Happy Trading!
日経は上値が重い展開
2006年 12月 01日 (金) 14:52 | 編集
 残ったオーエスジーは1860円手前で長いこと足踏みを見せていて、富山化学が15万株以上の売り残があった770円を超えてきたので追加買いを考え、オーエスジーを1858円で脱出。

 オーエスジー:+900円

 富山化学を買おうとしたところ、余力が足りないと出たので、ミツミ電機の追加買い。2080円で300株。

 富山化学は780円到達。780円の戻し指し値を引き上げようとしたが間に合わずそこで約定。

 富山化学:+19000円

 持ち越しを考えてましたが、指数は4日間上昇だし、目一杯買い建てしていたので、月曜下げて始まったら困るなと思い、とりあえず益出ししました。でも月曜だから上げていくんではいう感じもありますけど、う~ん、難しいな。
富山化学ようやくブレークアウト
2006年 12月 01日 (金) 10:08 | 編集
 1日遅れでしたが、富山化学がようやく期待通り上昇。保留株が思ったより戻りが悪く、さらに値戻りを待っていたら富山化学が一昨日の高値を上抜けてきていて、慌ててオーエスージーの200株を1850円で損切り。

 オーエスージー:-1000円

 返す刀で富山化学を761円で1000株買い建て。一昨日の高値753円から少々上がりすぎてるけど、月曜以降の上昇を期待します。

 ダイフクが1836円迄戻した後上値が重くあきらめて脱出。

 ダイフク:-3000円

 追記:ダイフクが買値近くまで戻してきてます。余力が少ないと我慢が出来なくつらいです。

 どれを買おうか迷っていたところ、ミツミ電機がこれまでの高値に顔合わせをしてきたので500株2055円で買い建て。
copyright (C) 私の株取引日記 ( Hit & Run ) - 株投資の誤解・間違いから成功へ all rights reserved.
designed by polepole...