FC2ブログ
負け続けの悪戦苦闘のトレード日記
私の株取引日記 ( Hit & Run ) - 株投資の誤解・間違いから成功へ
先物指数は一時17000円
2006年 12月 18日 (月) 15:06 | 編集
 先物は17000円をつけた後14時過ぎに益出しで反落。

 東京建物は今日は売りの日でしたが木曜日の高値手前まで下げ、大平洋金属は14時30分過ぎから反発し高値更新。それぞれ登録銘柄リストの下落率一位と上昇率一位に位置していていて、まあ極端なことです。でも、東京建物のこの下げ方はなんか明日が心配な下げ方をしてますが...頑張って欲しいです。

 結局先物指数は16970円で大引け。まずまずと言うところでしょうか。

 東京建物: 含み損36000円
 大平洋金属:含み益21000円
スポンサーサイト
利喰い売り先行
2006年 12月 18日 (月) 10:45 | 編集
 指数は金曜日の日中足レンジ内での動きなので、高値警戒感からか個別では益出しで下げるものが多い。

 東京建物は買値より10円高で始まり、これは大丈夫だろうと大平洋金属を観察していたら、東京建物のほうが急落して1336円まで下げている。金曜日に前日比4万円ほど上昇していたので、指数の上値の重さに利益確定売りが先行したようである。一方、大平洋金属は下がりそうで下がらず、1100円に定期的に大きな買いものが入ってくる。今後参入には高値でなく、押し目を狙って行こうと思う。なぜなら、先高期待があるのだから、続落しないと思うので。

 指数が下がらないのは、外国人が1420万株の買い越しでトヨタ、キャノン、東京エレクトロンなどの大型輸出株に買いが入り上昇しているため。それから、また新日鐵、JFEホールディングスが上昇している。

 朝方の売りをこなした後、11時過ぎた後から買いが入り出している。
 追記:東京建物はボリンジャーバンドを見るとバンド上限にぶつかり反落、10日移動平均線からも金曜時点で5%以上の乖離があり、過去の乖離幅を見ると5~6%で売られるパターンが見られる。またRSIも100%近くに張り付いていて、だから、当然の下落だったかもしれない。
copyright (C) 私の株取引日記 ( Hit & Run ) - 株投資の誤解・間違いから成功へ all rights reserved.
designed by polepole...