FC2ブログ
負け続けの悪戦苦闘のトレード日記
私の株取引日記 ( Hit & Run ) - 株投資の誤解・間違いから成功へ
強い、強い
2006年 12月 22日 (金) 15:07 | 編集
 住友金属、新日鐵が非常に強い。住金は買値を上回り504円で大引け。そして、東京建物は1327円で終了。

 住友金属工業:含み益 +3000円
 東京建物:  含み損 -45000円

 とにかく強い、強い。後場が始まって含み損が一万円だったのに、す~と上昇してプラス3千円です。

 今日の相場を振り返ると、買いは大型株で、空売りは小型、新興銘柄をやると上手くいくようです。まだまだ個人は売りにまわっているようなので、来週からあれこれ迷わず買いについては中小型株はやりません。この傾向は変わらないように思えます。
スポンサーサイト



午後は模様眺め
2006年 12月 22日 (金) 14:29 | 編集
 午前中で余力を使い果たし何も出来ませんが、先物は13時をすぎると昨日の終値を上抜けると個々の銘柄は戻し始めています。そして、先物が14時5分前には午前中の高値を上抜けました。

 強さを信じて損切らずに持ち耐えた住友金属工業は午後寄り付き直後には490円まで下げましたが、その後は順調に戻して14時現在500円を目前にしたもみ合いを続けてます。鉄鋼セクターは一旦の下げの後戻り歩調です。

 更に嬉しいことに東京建物が過去3日間の高値を更新してきていて、今日は不動産は堅調です。そして上昇率一位は硝子土石製品。旭硝子は急騰してます。

 機械は残念ですが、昨日買い候補予想の銘柄は殆ど上昇してます。ミツミ電機は年初来高値更新中、トヨタ、ホンダも同様。バリューコマースは40.7万円迄上昇しましたが、その後は反落し昨日終値近辺でのもみ合いをしてます。楽天はまだ三角持ち合いの中、東日カーライフは一旦は下げましたが昨日と同値近辺です。
今日は買いで勝負
2006年 12月 22日 (金) 09:40 | 編集
 今日は昨日の米国市場の下落で下げる銘柄が多く見られたが、指数は下がる様子を見せないので買いで行こう。

 住友金属工業が高値を抜いてきたので501円で1000株買い建て参入。続いて黒崎播磨も日足で見た上値抵抗線を抜けてきたので478円で1000株買い建て参入。

 う~ん、指数は横這いを続けてなかなか上がってくれない。売りの方がよかったかな?

 黒崎播磨は485円迄上昇後反落して475円をつけたので、あきらめて損切り。3日連続の大幅上昇だったので、益出しがあるというのを忘れていた。チャートにおぼれた感じ。今日の鉄鋼は利益確定売り状態。

 Long:黒崎播磨 -3000円

 多少ではあったが、一時はプラスになったわけで、これをマイナスにしたのは失敗でした。買値で撤退する勇気を持たなくてはいけない。

 昨日上昇を見せた殆どの銘柄が前日比マイナスに沈んでいる。高値警戒感が出ているという事だったし、もっと慎重に買いか売りかを判断するべきで、また悪い癖が出てしまった。

 最近、どうも地合と反対のトレードをしてしまうきらいがあり、失敗することが多い。前日の買い候補のチェックはやめて、当日はまっさらな状態で望むようにしよう。前日の選択でそれにこだわってしまい、判断を誤るのでそれを避けるためです。

 唯一の救いは東日カーライフは今日は下がってはいませんが、他に候補に上げていた空売り銘柄が下がっていたので、空売り勉強中の自分としては読みが当たっていたので良かったかなと慰めています。
なぜ東京建物は下げたか?
2006年 12月 22日 (金) 00:42 | 編集
 昼間のうたた寝でまた眠れなくなってしまった。そうなるとあれこれ株のことを考えてしまう。また過去に何回か株の夢まで見たことがあります。自分は相当重症だと思います。でもそれだけ株トレードが楽しいのです。

 しかし、その割に勝てない日々が続いてますが、今までと明らかに違うのはかつては闇雲に買いトレードを行っていたと言うことです。今年のような一本調子ではない相場はそれでは勝てないことを身にしみて感じました。それまでは全くそれが分からずにやっていたので、結果的に資産残高も随分減らしてしまいました。そういうわけで今後はよく吟味したトレードをせざるを得ませんので、トレードセンスを磨くには良いのかも!?

 ところで、バリューコマースが40万円の上値抵抗線で跳ね返されたということから、東京建物はなぜ下げたのかに疑問が移りました。もしかすると? 早速チャートを見てみると、やってました。8、9、10月に同水準で跳ね返されてました。また自分自身9月に1370円でこの株を買い建て、20万円の含み損を抱える程にまで下げた事を思い出しました。参入前にこの事に気がついていれば、今回の失敗は無かったのにと悔やまれます。

 幸い相場は先高感があるのでこれ以上の下げは無いだろうと思いますが、とにかく早く戻ってきて欲しいです。おかげでトレードの幅が狭まって苦労してます。

 今晩のワールドビジネスサテライトで掘古キャピタルの堀古氏が言ってましたが、米国市場の上昇はまだ端緒についたばかりだそうです。07年の企業のPERは14倍台なのでまだ割安で、金利上昇も終わり今後金利は下げる可能性があるし、また中間選挙の翌年は株価が上昇するので、来年の米国株式は堅調だそうです。現在の株価のもたつきは年末決算の利益・損失確定売りが原因だそうで、1月からはまた上昇トレンドに戻るそうです。

 となれば日本株も堅調に推移すると予想するし、やはり輸出関連株主導の相場となるのだと思います。今現在の主役がそのまま主役であり続けるわけですね。大型株は買い、小型(新興)株は売りの構図がつづくんでしょうか?
copyright (C) 私の株取引日記 ( Hit & Run ) - 株投資の誤解・間違いから成功へ all rights reserved.
designed by polepole...