FC2ブログ
負け続けの悪戦苦闘のトレード日記
私の株取引日記 ( Hit & Run ) - 株投資の誤解・間違いから成功へ
米個人消費は堅調
2006年 12月 23日 (土) 13:08 | 編集
 米国市場はダウが78ドル安、ナスダックは14ポイント安で終える。クリスマスを控えた3連休で利益確定売りによるもので、例年クリスマス休日前の取引日は下げるそうです。

 嬉しいのは、シカゴ日経平均先物は前日比150円高の17145円で引けたこと。大証のそれより35円高。年内は商いは細るのでポジション調整が続きますが、年明けからはさらに期待できそうです。

 日本市場も残り一週間なので、損失または利益確定売りで小型株は上昇は難しそうです。それを実感したのは昨日の相場、朝方の売りが止まればその後は買いが入るのに、小型株は反応しません。また、買い候補に上げていたバリューコマースは確かに上昇したのですが、その後は急落し前日比マイナスに沈みました。乱高下する相場地合です。新興市場の今後の上昇は、来年になって新規の買いが入ってくるかどうかですが、225銘柄に資金が集中している状態が続くならば、まだまだ難しそうですね。反対に大型株は今後も堅調に推移すると言うことになります。

 先日書いたように、米国株はまだ割安であると言うことから上昇が期待できるので、まだしばらくは外国人が主体の相場が続き、それに引っ張られるのは国際優良銘柄ということになりますので、それに沿ったトレードを心がけたい。

 追伸:先日来より最近の地合から買いはデイトレードでとか、空売りとかあれこれ述べてきましたが、ようやく先高期待の強い株を買い建てましたので、こういう時は絶対スウィングトレードです。その使い分けが重要だと思ってます。
スポンサーサイト



copyright (C) 私の株取引日記 ( Hit & Run ) - 株投資の誤解・間違いから成功へ all rights reserved.
designed by polepole...