負け続けの悪戦苦闘のトレード日記
私の株取引日記 ( Hit & Run ) - 株投資の誤解・間違いから成功へ
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
太平工業は損切り
2007年 03月 14日 (水) 14:50 | 編集
 非常に痛い。先日スウィングで東京建物を買い建て、下げても損切りせず、それ程の下げはないだろうと高をくくっていたのだが、夕べの米国市場の下げには参りました。

 その東京建物は8万円以上、大平洋金属は6万円ほどの下げをくらい、そして太平工業は下落率上位銘柄にランクインしたほど下げてしまった。

 一旦株価は戻してきたが、保証金維持率が再度30%を下まわり、太平工業が前日終値を切ってきたので、太平工業を642円でとうとう損切り。含み損株を下手に長く持つとこういう結果になるので、途中の戻り高値後の下げ始め局面で早めの損切りが必要だということを思い知らされました。とにかく一番の敗因は含み損を抱えながら新規買い建てを行い、やってはいけない保証金維持率を減らしたことです。

 太平工業:-106000円

 余力が戻ったその後、値上がり率上位にあった丸栄を321円で1000株買い建て参入。337円をつけた後反落したので、大きな含み損にびびってしまい332円で脱出。目標は340円以上だったので、再上昇の兆しを見せた折りに再参入と思いましたが、余力が足りませんでした。
 
 丸栄:+11000円

 その後株価は340円を上抜けました。くやし~い、なんと366円迄上昇。百貨店の再編期待の思惑から買われているらしい。

 日本株はこのていたらくだが、中国上海市場は午前中の高値を更新中、中国株の方が健全な気がする。日本株はやはり空売り主体の方が良いのかなと考えつつあるのだが、気がつけば12月より3ヶ月も上昇したのだから下げもする頃なのだが、自分の予定より少し早かった。まっ、明日は反発してくれることと期待します。
スポンサーサイト
copyright (C) 私の株取引日記 ( Hit & Run ) - 株投資の誤解・間違いから成功へ all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。