FC2ブログ
負け続けの悪戦苦闘のトレード日記
私の株取引日記 ( Hit & Run ) - 株投資の誤解・間違いから成功へ
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夕べの米国市場
2007年 03月 17日 (土) 11:14 | 編集
 ダウは49ドル、ナスダックは6ポイントの下落で終了。昨日発表された2月消費者物価指数が市場予想と一致する0.2%以下の上昇だったことで、朝方は安心感から株式市場は上昇したが、経済後退を懸念する過度に悲観的な市場は食料品価格が0.8%の上昇を示した報告からさらに利下げ期待が後退したとみて売りバイアスに傾いた。シカゴ日経先物は16730円で大証のそれより30円高で終了。

 来週の経済指標は米国が住宅着工件数、FOMC政策金利発表、中古住宅販売件数の発表があり、日本は日銀政策決定会合、公示地価発表などがあります。

 すっかり弱気に傾いた相場により、金曜の日本株は殆ど全面安となったが、中でも不動産に売り圧力が強く株価は大幅下落。先週が底値となって来週22日夕方に発表される公示地価で反発となってもらいたいものだと期待します。

 最近M&A関連のニュースが非常に多く、該当株は大幅反発を見せていて、弱い相場でも買いで勝つにはこれらに上手くのるしかないのかなと思います。先日はOMCカード、日興コーディアル証券、金曜ではスタイライフ、ムトウが良い例で、丸紅がムトウ株取得を発表すると急騰しストップ高でした。新たに昨日発表されたトプコンとソキア、さらに米系証券が電力卸売り事業に参入と発表したので電力株が来週は上がるかもしれません。マルエツもイオン/ダイエーの提携からか昨日は上昇。

 来週こそは上値を目指した展開をしてもらいたいものですね。では、Happy Trading.
スポンサーサイト
copyright (C) 私の株取引日記 ( Hit & Run ) - 株投資の誤解・間違いから成功へ all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。