FC2ブログ
負け続けの悪戦苦闘のトレード日記
私の株取引日記 ( Hit & Run ) - 株投資の誤解・間違いから成功へ
下げるとわかっていながら
2007年 05月 08日 (火) 15:11 | 編集
 朝からずっと大平洋金属を見ていて参入の機会をうかがっていたが、ようやく午後の寄り付きから下げを見せたので、この具合だとこのまま下げていくだろうから明日以降の参入になるだろうと思い、今日は他の銘柄をトレードしようと、大きく下げていた日産化学を1312円で1000株空売りした。ところが、前場の安値が1310円で殆ど底値だし、既に80円以上も下げていたので買いが入り、1324円で損切り。空売る銘柄を間違えた。

 日産化学:-12000円

 この負けを取り返そうと、有機EL関連で上昇していたケミプロ化成に高値を付けて反落した495円で2000株買い建て。一時はプラス10000円程にはなっていたのだが、負けを取り返そうと持ちすぎて、4時35分過ぎに急落、含み損が大きく膨らんだ。なんだあ、この株価の動きは? 下値が固いはずじゃなかったのか?大阪2部銘柄なのに、新興市場銘柄の様な動きをする。なんかやばい、長い上髭が出ている。

 今日はちぐはぐなトレード。大平洋金属への参入に拘りすぎて他のトレードへの参入のタイミングを外してしまっている。今後はやらないようにしなければ。

 保留銘柄
 東京建物 買い建て -31000円 (前日比
 イントランス 買い建て -20000円 (前日比-1.3万円)
 ケミプロ化成 買い建て -86000円

 今になって気がついたのだが、ケミプロが何故新興市場銘柄の様な動きをしたのかは、この株が新規売りが禁止になっていたからだ。やれやれ大失敗。同じ大証銘柄なら原弘産にすれば良かった。あ~あ、ようやく含み損が小さくなってきていたのに。
スポンサーサイト



copyright (C) 私の株取引日記 ( Hit & Run ) - 株投資の誤解・間違いから成功へ all rights reserved.
designed by polepole...