FC2ブログ
負け続けの悪戦苦闘のトレード日記
私の株取引日記 ( Hit & Run ) - 株投資の誤解・間違いから成功へ
午後のトレード
2007年 05月 11日 (金) 15:02 | 編集
 全く動きが鈍い大平洋金属をあきらめて、他に良い候補はないものかと見ていたら、乾汽船が急上昇していた。なんで?とにかく1100円で買おうと思ったが、様子を見ていたらするすると上がっていった。そこで成り行き注文を出したがなかなか約定せず、株価も上昇を続けている。あまり高値掴みをしたくなかったので、この注文をキャンセルしたのだが、その後も上昇を続けて1200円迄上昇。買っていれば10万円の利益だったのに...その後1200円手前で揉み合いを続けた後、15分後に1200円を越えてきた。これは買いだと成り行き注文を出したがなかなか決まらず、1212円で約定。株価はその後も上昇を続け1255円迄上げた後上髭を見せだしたので成り行き戻し注文を入れたところ、思ったよりえらく低い1241円で約定。

 乾汽船:+29000円

 おいしい利益を取り損なった感じで悔しい。欲張りですかね。13時に好決算を発表したための上昇でした。その後、この株は1250円を再度挑戦してきたので1251円で1000株買い注文執行、1250円で約定したが、その後は上抜けないでいる。

 東京建物は思った通り戻してきて、寄り付きの値段を上抜きプラス転換してくれた。乾汽船は一時1210円迄下落したが最後の20分で多少戻してきた。

 保留銘柄
 ケミプロ化成 買い建て -59000円 (前日比-5千円)
 東京建物   買い建て +9000円
 乾汽船    買い建て -20000円
スポンサーサイト



何でアメリカに日経先物なんかあるんだ?
2007年 05月 11日 (金) 12:15 | 編集
 シカゴ日経先物が大幅安となり、日本市場も大幅下落。更に頭に来るのは10時過ぎになって更に下落。中国市場は10時すぎると大きく反発を見せているのに。それで持ち株も大きく下落して始まる。

 大平洋金属は2225円で寄りついた後、先物が下げを見せたので2230円で脱出。その後は一時前日終値まで反発。一方、東京建物は安く寄りついた後更に下落。1811円で脱出。

 大平洋金属:+30000円
 東京建物:+25000円

 昨日時点で両方で14万円ほどの含み益がこんなに減ってしまった。まったくシカゴ日経平均が頭にくる。でもなぜその価格に日本市場はすり寄らねばならないのか。それも疑問。これがあるからスウィングで長く持てなくなってしまう。

 その後東京建物が反発を見せたので1806円で1000株買い建て参入。しかしそれがいけなかった。まだ下げ止まっていず1769円を一時つけるほど下落してしまった。あ~あまたやっちゃった。どうして本当に安いところで買えないのかな?まあ、今までのレンジをようやく脱出したばかりなのでこのまま下げるとは思わないし、来週以降頑張って欲しい。
copyright (C) 私の株取引日記 ( Hit & Run ) - 株投資の誤解・間違いから成功へ all rights reserved.
designed by polepole...