FC2ブログ
負け続けの悪戦苦闘のトレード日記
私の株取引日記 ( Hit & Run ) - 株投資の誤解・間違いから成功へ
午後も戻り売りがすごい
2007年 05月 14日 (月) 15:02 | 編集
 午後寄り付きは日経平均は午前中の高値を上抜いて始まったので期待を抱かせたが、その後はじり安。

 東京建物:+16000円

 朝方寄り付き後に多少の下げを見せたので成り行きで1306円で脱出した。

 乾汽船:+56000円

 その後大平洋金属の動きを追っていて2500円近辺で2回ほど指し値注文を出したが約定せず、2530円の売り気配値で成り行き注文をぶつけると運良く2525円で1000株約定できた。その後株価は急上昇して、一時ストップ高の2665円をつける場面があったが、その後益出しで下落し、2600円を下抜いた。途中2600円で戻し注文を入れたが約定できず、これが幸いして株価は下げ止まり戻している。

 大平洋金属に気を取られ目を離していた乾汽船が10時過ぎからこちらも急上昇していた。そこで1388円で1000株買い建て。株価は1416円迄上昇。1430円で戻し注文を入れておいたが、下げを見せたので、参入が遅かったこともあって成り行きで脱出。1403円で約定。しかし株価は午後寄り付きでストップ高の1430円に張り付いた。惜しいなあ、もっと早めに再参入出来てれば...

 乾汽船:+15000円

 大平洋金属の増益見通しは四季報を上回っていたそうでそれで上昇したんですね。11日に見たヤフー掲示板に書かれてたことは予想に行かないとのことだったので、掲示板の(個人)情報も当てにならないなと痛感。みんな知ったかぶりをしていろいろ書くのですが、信用しない方が良いみたいです。この株のPERですが、今期予想PERが12倍台とありましたが、市況情報画面では19.5倍となっていてそろそろ警戒しなければいけない時期に来たようです。11日時点の貸借倍率も5.67倍で明日高値を取ったらとりあえず益出しをしよう。

 保留銘柄
 大平洋金属 買い建て +95000円
 ケミプロ化成 買い建て -92000円(前日比-3.3万円)
スポンサーサイト



予想通り上昇したが...
2007年 05月 14日 (月) 11:23 | 編集
 日経は予想通り上昇したが、その上げ幅はシカゴ日経の17785円に及ばない17720円で寄りついた。ここがいつも不満に思う事のひとつです。下げるときはシカゴ終値よりもずっと下まで下げるのに、反対は同値どころか届かない値段で寄りつく事が多い。これが日本市場の自信のなさの表れかなと思う。

 持ち株も窓開け上昇はしてくれたものの東京建物の上げ幅が少ないので見切りをつけて脱出。乾汽船は期待通りの上昇。注目の大平洋金属は期待はずれの特別大幅上昇で始まった。

 日経先物は寄り付き値と17770円のレンジの揉み合いで、かなりの銘柄が上昇後戻り売りで売られて下げている。特に新興市場は悲惨です。やはり個人は売りに傾いているようです。
copyright (C) 私の株取引日記 ( Hit & Run ) - 株投資の誤解・間違いから成功へ all rights reserved.
designed by polepole...