負け続けの悪戦苦闘のトレード日記
私の株取引日記 ( Hit & Run ) - 株投資の誤解・間違いから成功へ
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もっと早く見切りをつければ...
2007年 08月 31日 (金) 15:30 | 編集
 持ち越したいすゞ自動車が620円で寄りついた後、623円を付けた。よしよし、このまま上がってくれ~。指数は下げを見せないので放っておいたらどんどん下がってきたので、焦って616円で損切り。

 いすゞ自動車:-7000円

 くやしいな。午前中は613円迄下げた後、午後になってこの株は反発して630円をつけるまで上昇した。う~ん、狙いは良いのだが、まだ我慢が足りない。そもそもが含み損を抱えては駄目だ。気持ちに余裕が無くなるのだ。

 日本板硝子が反発を見せたので、遅れたが679円で1000株買い建て。689円の後反落し、戻しを期待したが681円で脱出。

 日本板硝子:+2000円

 昨日予想したとおり、イビデンが続伸。9630円で100株買い建て。一時9550円迄反落したがその後は持ち直し9800円を抜けてきた。このまま持ち越しします。

 今日は窓あけ上昇したので下げるのかと思ったけど、その様子が見えないので買い一辺倒です。余力がなくて残念な思いをしたのが、安川電機と日本製鋼所。今日は大幅高でした。来週以降に期待しましょうかね。そこで範囲内で買える割安な銘柄で、再び日本電工に895円で買い建て参入。その後885円迄下げた後反発し913円迄上昇。途中911円で脱出。持ち越しはまだ危険のように思えたのでしません。

 日本電工:+16000円

 今月は終盤にかけての追い込み空しく、最後にもたもたしてマイナスで終えてしまいました。でも前半までに30万以上の損失だった事を考えれば良しとします。

 成績(手数料、利息含む。今日の利息は勘案せず。)
  当月利益 362125円
  当月損失 457909円
  純損失  -95784円

 保留銘柄
 三菱重工 買い建て -182000円 (前日比+1.9万円)
 黒田電気 買い建て +800円    (同 +1.09万円)
 イビデン 買い建て +22000円

 今晩のバーナンキ議長の講演では金融市場の混乱を防ぐためには、全力を注ぐという事が述べられるだろうから米国市場は下げることは無いと思われるので、月曜に日本市場に期待したい。 
スポンサーサイト
くあ~、へたくそだな。
2007年 08月 30日 (木) 15:15 | 編集
 今日の日本電工と日本板硝子は対照的だったが、最後は双方とも今日の安値で終えそう。日本電工は予想に反して安く始まり一日中揉み合いを終始見せていた。日本板硝子は窓あけ上昇後続伸したのは良いが、寄り付き5分過ぎには反落し、その後は一本調子の下げを見せた。よっぽど空売りをしようかと思ったが、怖くて入らず終いだったが、結果は入れば良かったと悔しさいっぱい。

 今日はみんな窓あけ上昇で選択が難しかった。まずいすゞ自動車に623円で1000株買い建て。しかし株価は反落して終えた。途中613円で1000株空売りをしたのだが、すぐ戻してきたので614円で損切り。その後イビデンに9420円で100株買い建て参入。その後9360円迄下げた後戻してきて9440円近辺の揉み合いであきらめて脱出。しかし株価は9460円で終えて、明日も期待できるかも。

 いすゞ自動車:-1000円 空売り
 イビデン:+2000円   買い建て

 振り返ってみると、今日は絶好の空売り日和なのにそれが出来ないでいる、そして買いをやって含み損を抱えてしまう自分の歯がゆさに情けない。今後は先物が窓あけ上昇の時は空売り主体で、窓あけ下落では買いを行おう。

 保留銘柄
 三菱重工 買い建て -201000円 (前日比+3千円)
 黒田電気 買い建て -10100円  (前日比+7.4千円)
 いすゞ自動車 買い建て -11000円
ようやく引けにかけてあげてくれた日本電工
2007年 08月 29日 (水) 15:10 | 編集
 860円で買い建てた日本電工ですが、14時30分過ぎに反発をし始め878円をつけた。持ち越しか益出しか迷ったけど、途中872円で指し値戻し注文を入れておいたら、当初目標の875円を軽く越えてきたので、875円で再参入。株価は880円を越えてきた。これは買い戻しの効果なんでしょうか。

 日本電工:+12000円

 株価は900円を越えて揉み合いを見せたので901円で指し値戻し。しかし株価はさらに上に、910円を越えている。しまった、持ち越しだった。その後は続伸し918円で大引けとなった。いつもなら、ずっと持つのに、もったいなかったなあ。
 
 日本電工:+26000円

 日本板硝子にも674円で指し値注文を入れておいたが、心配になってキャンセルしてしまった。しかしそこを午後の底値に反発し688円を付けた。途中684円で1000株買い建て参入したが、その後反落したので685円で脱出。しかし大引けは687円だった。

 日本板硝子:+1000円

 昨日、今日の負けを日本電工で取り返したが、まず損失を出さないように慎重にトレード参入をしなければ。さもないと累損がなかなか減らない。

 保留銘柄
 三菱重工 買い建て -204000円 (前日比-1.9万円)
 黒田電気 買い建て -17500円  (同 -3.9千円) 
非常にくやし~い
2007年 08月 29日 (水) 11:07 | 編集
 大きく下げて始まった日本板硝子だが、レーティング格上げを受けたのでまた上げてくると思い、最安値をつけても我慢していた。662円前後で揉み合いを見せた後10時前に急反落した時に恐怖感から658円で見切り処分をした。

 日本板ガラス:-19000円

 ところが、10時25分過ぎからこの株は反発を始め前引け10分前には680円を上抜いて自分の買値を軽く超えてしまった。もうくやしくて、くやしくて仕方がない。途中の反発時に参入を考えたがまた下げてくるのではとの不安感からそれが出来ずにただ見ていただけでした。

 一方、日本電工に860円で買い建て参入、この株は872円を付けた後揉み合いで、昨日もこの辺りでもみあったので一旦手仕舞った方が良いのかもしれない。
今日の午後の下落は予想外でした。
2007年 08月 28日 (火) 15:18 | 編集
 朝方安く始まり前場終わりにかけて指数が上昇してきたので、午後も続伸することを期待していたのですが、売り圧力は非常に強く、むしろ空売り地合でしたね。

 朝方上伸していた日本板硝子に677円で1000株買い建て。そして日本電工が益出しで下落後反発したので867円で1000株買い建て参入。双方とも既に高値の為かなかなか上がらず、日本電工などは大きく下落して834円迄下げた。貸借倍率が0.58倍とかなりの売り超なので反発を期待して持っていたら、大引けにかけて上昇し878円を再度つけた後反落し860円を切ったのであわてて857円で脱出した。ところが、その後865円迄戻して引けた。くやしい~。持ち越しを考えていたのに、大引け前の反落に冷静さを失った。また、一時利益が乗ったのにさっさと脱出しなかった事も後悔。持ち越しという気持ちが判断を出来無くさせた。

 日本電工:-10000円

 保留銘柄
 三菱重工 買い建て -185000円 (前日比 +1.2万円)
 黒田電気 買い建て -13600円  (同 -1.8千円)
 日本板硝子 買い建て -4000円 
予想外の益出し下落
2007年 08月 27日 (月) 15:03 | 編集
 持ち株の日本電工は期待通り上昇してくれたが、これ程上げるとは予想もしなかったので新たな参入をしなかったのは勿体なかったと思う。午前中に高値818円を付けた後の反落時に810円で脱出。

 日本電工:+86000円

 午後も株価はしっかりした動きで14時過ぎには800円を越えて午前中の高値を越えてきて、一時ストップ高をつけた。自分がマークしていた銘柄で寄り付き後も上昇したのはこれだけで、予想に反して今日は益出しが優勢でした。3日間で600円程も先物が上げたからなんでしょうか。かなり遅くなって空売りに気がつきましたが、株価もそれぞれ大きく下げていたのであきらめました。明日があると。

 保留銘柄
 三菱重工 買い建て -197000円 (前日比-3千円)
 黒田電気 買い建て -11800円  (同 -1千円)
これで月曜の日経平均は上げて始まる
2007年 08月 25日 (土) 21:49 | 編集
 金曜日のダウは142ドル、ナスダックは34ポイント上昇、シカゴ日経平均先物は16495円と大証のそれからは275円高で終了。この日発表された7月新築住宅販売と耐久財受注が予想を上回ったことで米経済の後退懸念が薄らいだことで買いが入った。為替も116.40円前後で円安となっている。

 これで月曜の日本市場は朝方に買われて上昇すると思われ、その後は、業績の良い銘柄には割安感から引き続き買いが入り上昇することを期待し、そんな銘柄に注目しようと思います。金曜に買い建てた日本電工がどれくらい上げてくれるか期待しています。

 経済指標は米国で30日に第2四半期GDP改定値発表、31日に個人消費支出の発表があり、またこの日のバーナンキ議長の講演が注目される。今が仕込み時のチャンスだろうからしっかり儲けたい。では Happy Trading.
上値が非常に重い
2007年 08月 24日 (金) 15:03 | 編集
 今日は指数が下げて始まったので空売りを考え、高値を付けた後反落してきた東海カーボンに1288円で1000株空売り参入。1279円を付けた後5分足で2本下ひげを見せたので急いで1285円で脱出したが、株価は一旦は1295円迄は戻した後はじり安となり、13時には1270円迄下げた。この価格が目標だったのですがこれまで待つ勇気がありません。あ~難しい。

 東海カーボン:+3000円

 東海カーボンを脱出後下げ止まったと思い、高値を付けてきた日本電工に724円で1000株買い建て参入した。しかし、727円を付けた後じり安となり、午後には一時707円迄下げたので、銘柄を間違えたと反省。午後の安値からその後は午前中の高値を覗く事もあったが、週末と言うこともあり買いが入らず反落した。決算上方修正を発表した為の今日の上昇で、大引け近くになって一時728円の高値を付けてきたので持ち越します。

 保留銘柄
 三菱重工 買い建て -194000円 (前日比+1千円)
 黒田電気 買い建て -11700円  (同 +100円)
 日本電工 買い建て +3000円
今日はじっと我慢しました。
2007年 08月 23日 (木) 15:03 | 編集
 殆どの銘柄が大きく窓あけ上昇して始まったので、下げはしないが上値が重い状態が長いこと続く。窓あけ上昇したので、益出しで下がることを警戒して、慎重にいろいろ物色を続けたところ、大平洋金属だけが他の銘柄と異なる動きを見せていたので、1586円で1000株買い建て参入をした。その後株価は反落して1578円で前引け。午後は前場終値よりも高いレベルで始まったので、上昇を期待したら、13時5分前から反発上昇を始め、1642円を付けた後の反落時に成り行き戻しをした。1641円で約定して、思ったより上の金額で良かった。

 大平洋金属:+55000円

 昨日の東芝機械、一昨日の大平洋金属と我慢が出来ずに早々の脱出で利益を逃したので今日はしっかり我慢した事が成功につながった。持ち株の三菱重工は朝方は702円を付ける場面もあったが、午後は情けなく下落。今日は新興市場も大幅反発して、いよいよ上昇トレンドに戻ってくるのかな?だと良いですね。それから同じ時間帯に三菱重工も686円から急に戻して690円台まで上げてきた。明日も続伸を期待したい。

 保留銘柄
 三菱重工 買い建て -196000円 (前日比+2.4万円)
 黒田電気 買い建て -11200円  (同 +1.16万円)
今日は益出しで殆どが下落で始まる
2007年 08月 22日 (水) 10:46 | 編集
 大平洋金属が窓あけ下落、そして続落の動きとなった。かなり遅かったが1439円で1000株空売り。1425円を付けると下ひげを出して反発したので1434円で急いで脱出。

 大平洋金属:+5000円

 最初の5分で空売り参入の判断はしないと駄目のようだ。というのは今日は益出しだけで、大きく下げる地合ではないので長くても30分過ぎには戻してくることが多いから。

 とうとう木村化工機に見切りをつけて寄り付きから上昇したときに成り行き戻しを行い、1231円で売ることが出来た。

 木村化工機:+5500円

 その後東芝機械に867円で1000株買い建て参入。900円つけた後、900円に指し値戻し注文を入れたのだが、株価は下がっていく気配を見せたので成り行き戻し注文を入れたら、いちばん安値の887円で約定して、かなり利益を失った。またへたくそな戻し注文の仕方をしてしまった。

 東芝機械:+20000円

 余力が無くなったので今日のトレードはこれでお終いです。ところで三菱重工が全く元気がない。結構いろいろな場面で話題が出てくるので保留したのだが、決算上方修正がなかった為か全く株価が上がらない。同じ機械株でも東芝機械は急上昇したのにねえ。わかんないなあ。
日経は続伸
2007年 08月 21日 (火) 10:47 | 編集
 商品市況が下がったので空売りをやろうとDOWA HD、大平洋金属、日本金属工業などを観察。場が始まってみんな下落したが、20分過ぎには反発して、さらには前日終値を上抜いてきた。そこで大平洋金属が1450円を付けたので、そろそろ下げてくると思っていたら、続伸したのであわてて1455円で1000株買い建て。しかし安値から7万、前日終値から4万も上げていたのでかなり上値が重く、一時は1439円迄反落したが、戻して1471円迄上昇。そこで保険の勧誘の人がパンフレットを渡したいと言うことだったので応対したら、説明を始めたので要らないと断った。急いでコンピューター画面に戻ると反落を見せたので慌てて成り行き戻し。1469円で脱出したかったが、1461円で約定となってしまった。

 大平洋金属:+6000円

 目標を1480円に置いていたのだが、今までの負けから余裕が出てこず、我慢できない。しかし、その後株価は1480円を上抜いてきて、殆ど底値圏だしもっと我慢しても良かったのだ。ああ、更に続伸して1500円をつけた。ぐう!!
日経平均は大幅上昇
2007年 08月 20日 (月) 15:08 | 編集
 米国市場の上昇を受けて日経平均も大幅高。買いをやろうと思ったが、銘柄を探したときには既にかなり上昇していてあと少しでストップ高となっているものが多かったので、参入はあきらめた。今晩の米国市場は上がると思うのですが、今までそれで大分ロスを被っているので、持ち越しは怖くてできない。

 ずっと銘柄を観察して、上値追いを狙うのは難しそうだったので、空売りをしようと、Dowaホールディングが1180円を下抜いたので1172円で1000株空売りをした。目標が1160円だったのだが1165円近辺で上下に揉み合いを見せたし、今晩の米国市場の上昇を見越した買いが入るのではと思い、あきらめて成り行き戻しをした。1165円で約定。

 Dowa HD:+7000円

 あっ、くやしいなあ。その後この株が1153円迄に下落した。

 持ち株も大きく反発したが、その後は戻り待ちの売りに押されて上げ幅を縮小している。だが、木村化工機は1088円で朝からずっとストップ高買い気配。値幅制限など無ければ良いなと思うし、制限幅が少なすぎるのではと思う。

 保留銘柄
 三菱重工 買い建て -218000円 (前日比+1.9万円)
 黒田電気 買い建て -24800円  (同 +8.3千円)
 木村化工機 買い建て -66000円 (同 +5万円)
これで一旦は落ち着きそう!?
2007年 08月 18日 (土) 10:14 | 編集
 昨日のダウは233ドル、ナスダックは53ポイントの上昇で終え、CME日経先物は15835円で終了。大証は15300円だったので535円高で終えた。FRBが金融市場の混乱を収拾するために公定歩合の緊急利下げを行った為、ダウは一時300ドル以上も上昇した。これを聞いて米国の素早い反応はすごいと思った。日銀だったらどうだろうか。バブル経済の破裂の時を思い出す。果たしてその時の対応は適切だったのだろうかと...

 これで月曜日の日本市場は反発するだろうが、完全にサブプライムローン問題の実体経済に対する影響への不透明感が払拭されたわけではないので、まだまだ不安定な動きはしばらく続くと思う。ところで、金曜の日経平均は874円安と大暴落した。今回の同時株安の元となった米国市場よりも日本株の下げの方が大きかったのは、為替の急騰が原因で明らかに輸出企業の採算悪化が予想されるためです。代表的なトヨタ、ホンダなどの採算為替水準が115円だったと思うので、現時点では114.35円だからこのまま推移すれば下方修正となる。

 今月もマイナスでなかなか利益が上げられていない。買い主体なので相場が上昇してくれなければ利益の上げようがない。早く落ち着いて欲しいものだ。希望を込めて Happy Trading.
目論見と違い先物は15500円を下抜く
2007年 08月 17日 (金) 15:05 | 編集
 13時30分過ぎに木村化工機が急落し始め、それを見て空売りをやろうとDOWAホールディングを1130円で空売った。しかし株価がなかなか下がらないのであわてて1129円で買い戻した。しかし直後に一旦は1116円迄下落したが、5分後には1129円に戻ってきた。しかしこれは失敗だった。含み損を抱えると本当に気持ちに余裕が無くなり我慢できない。

 DOWAホールディング:+1000円

 木村化工機が何故急落したかと言うと売り禁だからだと思う。買い戻しが入らないので益出しで簡単に下げてしまう。株価は970円を付けた後戻し歩調で1000円を越えてきた。ところで、木村化工機の戻し注文にはどう対応したらいいのだろうか。買ったは良いが利益をもっての売り戻しが出来ないのでは、今日の様に売る機会を失い損ばかりすることになる。今日は本当についてない、大平洋金属が1350円を下抜いていて暴落だ。

 しかし、まいったなあ。昨日が下げ止まりかと思ったが、日経平均があっさり昨日の安値を下抜いて去年の7月の水準に株価が戻ってしまった。投げ売りが出ているようで、先物が700円、日経平均が810円も下げ、いよいよセリングクライマックスかな。ここは我慢のしどころか?

 保留銘柄
 三菱重工 買い建て -237000円 (前日比 -7.5万円)
 黒田電気 買い建て -33100円 (同 -1.45万円)
 木村化工機 買い建て -116000円 (同 -9.1万円)
くやしい、儲け損なった
2007年 08月 17日 (金) 10:31 | 編集
 朝窓あけ上昇で始まった木村化工機が1250円を下抜いたので成り行き戻し注文を入れたのだが、今回も約定せず、そうこうしているうちに、戻したらマイナスになってしまうので、また戻ることもあるだろうとキャンセルしてしまった。どうやったら約定が出来るのだろう。

 それから大平洋金属を1480円で空売り参入しようとしたところ、余力が足りないと出て参入が叶わなかった。株価は安値1412円を付けた後もどしている。くやし~い。下手に買い建て保留をするものでないとつくづく実感。

 その後木村化工機は一旦は前日終値を下抜いたがまた戻っている。シンガポール日経先物が16780円なので、大証の先物も一時15760円を付けたが、シカゴ日経平均先物が16105円を付けているので、午後にはその価格に鞘寄せて上昇してくると期待している。
惜しいことをした
2007年 08月 16日 (木) 15:15 | 編集
 午前中の反落から戻り歩調であった木村化工機に1220円で500株成り行き買い注文。しかし、そこが戻り高値近辺で株価は急落して午後に1100円迄落ちた。損切らずにそのまま保留したら昨日の終値近辺迄戻してきている。

 惜しいことをした。午後に反発を期待していろいろ観察していたのだが、14時10分前後だろうか、急に眠たくなって横になった。気がついて戻ってみると指数が14時20分過ぎに急反発して個々の銘柄も大きく上昇していた。せっかくの利益機会だったのに残念で仕方がない。今の地合では買いで儲けられるのは早々あることではないのに、勿体ないことをした。

 先物指数が16000円を下抜いたのにはびっくりしたが、日足チャートで長い下ひげを見せている。下げ止まりを期待するが、どうだろう。騰落レシオも60.54だし、いくらなんでも売られすぎだと思う。今日が絶好の買い場だったかな?

 持ち株の三菱重工は701円迄下げた後反発して729円で終了。黒田電気も1537円をつけた後戻してきて1595円で終了していた。

 保留銘柄
 三菱重工 買い建て -162000円 (前日比 -1.3万円)
 黒田電気 買い建て -18600円  (同 -8.6千円)
 木村化工機 買い建て -25000円
木村化工機にびっくり、がっかり
2007年 08月 16日 (木) 10:01 | 編集
 指数が大きく下落して持ち株全てが大きく下落して始まった。しかし木村化工機は寄り付き後どんどん急上昇して、うわ~、なにこれ!!何処まで上がるか分からないので益出しをしなかったが、1285円を付けた後動きが止まったように思えたので即成り行き戻し注文を入れた。ところが、価格はどんどん下落するのになかなか約定しない。約定したと思ったら、3分かかっていた。価格は1180円と100円以上も安い水準。なんだこりや~。すぐ約定していれば10万円近くの利益だったのに5千円ちょっとの利益で超がっかり。なんでこうなるの、なんか良い方法はないの?

 木村化工機:+5400円

 
2007年 08月 15日 (水) 15:08 | 編集
 夕べの米国市場では、ウオルマートの決算で一株利益が市場の予想にに届かなかった為、サブプライムローン問題から消費に影響が出てきたと景気の後退懸念で大きく売られため、それを受けて日本市場も大幅安となってしまった。まったくはた迷惑なこった。

 持ち越した黒田電気は大きく下落、三桜工業は安く始まった後反発して、978円をつけた後急落したので成り行き戻しして963円で脱出。

 三桜工業:+15000円

 木村化工機が寄り付き後上昇し、ストップ高をつけた後益出しで急落し1097円を付けた後、10時過ぎに戻し歩調になった。途中成り行き注文で1173円で300株、1175円で800株買い建て参入した。午後になって1222円のストップ高をつけた後急落して成り行き戻し注文を入れたのだが、例によってなかなか約定しないのでキャンセル。すると再び1214円迄上昇した後反落の動きを見せている。ストップ高でスウィング対応という目論見だった為、ストップ高でも益出ししなかったのは失敗かなと反省している。

 大型株は指数の下げでまたまた大きく下げてしまった。あ~あ、木村化工機でまた失敗。大引け10分前に木村化工機が1213円を付けて安心していたら、先物が16500円を下抜いて急落したので、それに呼応して木村化工機も急落した。1124円を付けた後何とか反発して1165円で引けた。上手くやれば2回も利益を獲れたのに含み損にしてしまった。でも今日は乱高下が激しかった。地合が弱いから仕方がないかなと思う。

 保留銘柄
 三菱重工 買い建て -149000円 (前日比-3.3万円)
 黒田電気 買い建て -10000円  (同-9.4千円)
 木村化工機 買い建て -9600円
指数は全くの横這い状態
2007年 08月 14日 (火) 15:02 | 編集
 三桜工業は午後始まり直後に益出しで下落した後反発し960円台で横這いの動き。960円が下値支持線だからと益出しせずに我慢している。

 13時30分過ぎに午前中に高値1867円を付けて反落していた黒田電気に1781円で100株買い建て。1800円を付けた後反落して買値を下回っているがそれ以上は下げそうに見えないので我慢している。

 午前中に損切りした大平洋金属も高値1782円を付けるまで反発していた。先週売られた大型株セクターが割安感から大きく買い進められている。一方、保留銘柄の三菱重工は他の大型株とは異なり、前日比3円しか上げていない。なぜなんだ?決算で上方修正を出さなかった為なのかな?

 保留銘柄

 三菱重工 買い建て -116000円 (前日比+3千円)
 三桜工業 買い建て +10600円
 黒田電気 買い建て -600円
久しぶりに買いを入れる
2007年 08月 14日 (火) 10:46 | 編集
 今日は朝方から個々の株価は強い動きを見せたが、それは市場が始まって暫くの間だけだった。戻り待ち売りに中々上がらないし、むしろ反落してしまうものが多い。

 大平洋金属もそうだった。市況価格が多少上がったこともあって、株価チャートが上昇を見せたので1700円を越えてきたところで成り行き買い注文をいれた。しかし、直後に1714円を付けた後下落しだしたので怖くて成り行きで1696円で戻した。株価は1673円を付けた後反発して再度1700円を越えてきたが、ここまで待つ勇気はない。

 大平洋金属:-11000円

 続いて、上昇率上位に来ていた三桜工業が高値を付けた後続伸の動きを見せたので注目。10時前に反落して戻してくる途中で945円で300株、951円で800株買い建て参入した。これは強い動きを見せて、少しだが久しぶりに含み益が出ている。買い余力が185000円程しかないので、このあとのトレードは出来そうもありません。

 また原子力関連が動き出していて、木村化工機が昨日に続いてストップ高を演じている。明日からまた注目かな?
空売り連続失敗
2007年 08月 13日 (月) 15:05 | 編集
 持ち越した加ト吉は反発したので成り行き戻し。550円で約定。

 加ト吉:-14000円 (空売り)

 ずっと候補を探して10時過ぎからじりじり下げていたカシオが14時過ぎにそれまでの揉み合いを下抜いたので空売り成り行き注文をいれた。1688円で約定し、1683円迄下げた後急に戻してきた。また下げると思っていたがその様子が無く、下がっても1687円で戻っていき、結局あきらめて1694円で戻した。

 カシオ:-6000円 (空売り)

 なんでこう上手くいかないのかなあ。失敗の原因は空売りの参入の仕方だと思う。底値圏にある株は空売りは駄目で、ましてや地合が売りでないから余計だったと思う。でも勝てないなあ。最近はすぐ下げてくるような感じがして買いを入れるのが怖くて仕方がないし、かといって空売りでは勝てないし...

 保留銘柄
 三菱重工 買い建て -119000円 (前日比+5千円)
米国市場は続落から急回復へ
2007年 08月 11日 (土) 08:51 | 編集
 ダウは31ドル安、ナスダックが11ポイント安で終了。市場が始まって一時ダウは200ドルを超すマイナスだったが、FRBの市場への資金供給が安心感を誘い買い戻された。シカゴ日経平均先物が16705円で終了。

 月曜の日経平均先物も16700円近辺で始まり、割安感から反発にはいるのではないかと予想します。下げても16650円が強い下値支持線となっているので、ここからは反発すると思います。まだまだ住宅ローン問題はくすぶり続けますが、とりあえずは各国中央銀行の迅速な対応で市場は落ち着くようです。今週の買い業種は銀行、不動産などの内需系で、来週は売られた鉄鋼、海運、商社、機械セクターが反発するかどうか注目です。

 今週は空売りを重点的にやりましたが、成果はいまいちでした。というのは、ある程度の利益が出るとすぐ益出しで脱出してしまい、その後に株価は更に下値を模索するという展開が多かったのです。スウィング対応すべきだったと反省します。相場下落の初期時点でそれに早く気づく様に訓練しないといけない。

 月曜に日本の第二四半期GDPの速報値が発表されるので、この結果が良ければ反発に入りそう。来週こそは頑張って Happy Trading.
何が悪いんだろう~
2007年 08月 10日 (金) 15:01 | 編集
 値下がり率上位に加ト吉がランクインしてきたので536円で空売りをした。しかしその直後から反発して550円まで戻した後544円で揉み合いを続けている。相変わらず下手くそだなあ。

 こういう場面でいつも戻して損してしまうので今回は我慢し続けているが、持ち株の三菱重工は前引け値よりも下落している。この違いはなぜなんだろう?チャート的に自分の選ぶ銘柄が悪いのだろうか?加ト吉は年初来安値更新だが、三菱重工はまだそれなりに高値圏だから?加ト吉を選んだもう一つの理由は、昨日の貸借倍率が25.72倍でかなりの買い超状態なので売り戻しの下げ期待からですが、いまいち期待通りの下げを見せてくれない。

 くやしい。三菱重工は14時過ぎから急落したのに、加ト吉は535円を付けた後戻している。いったい何故なんだ!加ト吉のようなチャートは底値なので空売りは厳禁なのかもしれない。

 保留銘柄
 三菱重工 買い建て -124000円 (前日比-5.2万円)
 加ト吉  売り建て -5000円
空売りは難しい
2007年 08月 10日 (金) 11:31 | 編集
 昨日BNAバリバのヘッジファンド解約凍結措置をうけて、欧州中銀が市場流動性を確保する意味で資金供給を決めたことが、金融不安をもたらし、欧州市場が大幅下落、それを受けて米国市場も暴落した。そしてご多分にもれず日本市場も大幅安で始まる。

 LMEニッケル市況も1200ドル下げたので、大平洋金属も大きく下げることを期待して、1520円で1000株空売り参入。1486円迄下げた後反発して、1500円ちょっと上で揉み合いを見せ、30分過ぎに戻しような感じがしたので、1510円で買い戻してしまった。ところが、10時10分前に急落して1465円を付けた。またまた我慢が出来ず少ない利益となってしまった。

 大平洋金属:+10000円

 しかし、今日の空売りは難しい感じがする。かなり底値圏に近くなっているので、そう簡単にはスムースに下げてこない。そんな例が酒井重工業。この株を284円で2000株空売りしたのだが、280円手前で戻していき、再度の下げを期待して我慢しすぎて、結局294円で買い戻してマイナスにしてしまった。チャートを見たら下値支持線にぶつかっていたのでこれ以上の下げは難しそうで、失敗の原因は日足チャートを確認しなかったことです。

 酒井重工業:-22000円
午後になると下落株も反発
2007年 08月 09日 (木) 15:17 | 編集
 午後になると大きく下落した銘柄が買い戻しの動きで急反発した。そんな乾海運に1763円で100株買い建てしたのですが、これだけ下げた後だけに、戻り売りが多く反落となってしまい、1720円で損切り脱出する羽目になった。また損が増える無意味なトレードをしてしまった。

 乾海運:-4300円

 保留銘柄
 三菱重工 買い建て -60000円 (前日比+1万円)
大平洋金属に空売り
2007年 08月 09日 (木) 11:01 | 編集
 朝方から下げて始まり続落の動きを見せた大平洋金属に空売り成り行き注文を入れると、1650円で約定。その後10少し前まで1600円の攻防を続け、かなり長く持つつもりでいたのだが、10時10分前の若干の上昇でびびってしまい、成り行き戻しを入れると1605円で約定した。ところが10時を過ぎると下値を模索し1540円迄下落。これを目指していたんですが、上手くできなかった。

 大平洋金属:+45000円

 その後持ち株のダイヘンを見てびっくり、含み損が6万円弱になっているではないか。慌ててチャートを見ると急落していた。うわ、どうしよう。待つか切るか。しばらく待って様子を見ようとしたら、先日の大幅上昇時の下値を抜いたので、結局損切り。損が拡大してしまった。さっさと切るべきだった。どうも決断が悪い。これでは10%損切りルールになってしまう。改めて5%をきっちり守るように心がけよう。

 ダイヘン:-73000円

 余力が戻ったので日本冶金工業に1080円で1000株空売り参入。なんとか今日のマイナス分を取り返そうという自分の思いは叶わず、1066円で成り行き買い戻し。昨日の地合と今日は違った。

 日本冶金工業:+14000円
個別は午後も続落
2007年 08月 08日 (水) 15:06 | 編集
 今日の戦略は完全に間違っていた。空売り日和なのに買いを行い、空売りをやっても地合を判断できずに早めの損切りをしてしまった。しかし、今日の感じは指数の下げはそうでもない感じだが、個別では暴落と言った感じです。

 大平洋金属などは150円程も下げ、1000株で15万円の価格の減少です。昨日空売りしたクレディア、牧野フライスも大きく続落しているし、乾汽船も100円以上下げていて、朝の買いはよくプラスで終えたと思います。今までは持ちすぎて損にしてしまうパターンでした。しかし、あ~あ、もっと空売りが上手くなりたい。

 さて、持ち株ですがこれらの銘柄と比べると下げは限定的かなと思います。このままで言って欲しい。

 保留銘柄
 三菱重工 買い建て -82000円 (前日比+1000円)
 ダイヘン 買い建て -37000円 (同 -1.8万円)
ふ~、あぶなかった。
2007年 08月 08日 (水) 10:08 | 編集
 夕べの米国が一応プラスで終了したので、今日は意外と買われるかもしれないと思い、候補を探していたら、乾汽船が安く始まった後急上昇したので1879円で1000株買い建て。その後揉み合いを続けた後何とか1900円を付けたが、もうひと頑張りと待って見ていたら、下げだしたので前もっての脱出ポイントであった1877円近辺で成り行き戻しをすると、1885円で約定した。これは非常に正しい判断で、その後株価は急落していきました。

 乾汽船:+6000円

 今日は海運、鉄鋼、非鉄が大きく売られてます。朝方大平洋金属がチャート形状から売られるような感じがして、空売りをしようと考えたのですが、そんなに下げる様子も無かったのであきらめて乾海運に参入したのですが、それがまちがいでした。もっと時間をかけて見極めれば良かったと反省してます。いつもはやらない9時5分という早い時間の参入はやはり自分にとって良いことはない。

 追記 50万円ほどの購買余力しかないので、参入銘柄を探して黒田電気に1836円で200株空売りをした。1828円をつけた後反発に動き、再下落を待っていたが、分からないので1841円で買い戻した。

 黒田電気:-1000円

 その後の株価はやはり反落して買値まで下げてきている。どうも参入がへたくそですが、参入した時間帯が悪すぎました。今後はもっと早い内の参入に気をつけます。ちなみに、時間は10時19分でした。
午後も続落
2007年 08月 07日 (火) 14:44 | 編集
 今夜のFOMCを控え、買いは危険と判断し空売り銘柄を探して、下方修正を出していた牧野フライスに1413円で1000株空売り参入、午後の寄り付きから目をつけていたのだが、勇気が出ずこの価格での参入になった。株価はなんとか下げてきたが、13時過ぎに指数が戻すような感じに見えたので慌てて1405円で脱出してしまった。ところが、その後1390円迄下落していった。まだまだ経験不足です。

 牧野フライス:+8000円
 
 余力の範囲で売ることが出来るのは90万円弱しかなく、なかなか候補が見つからない。クレディアが前日の急騰の後大きく下落していたので、282円で2000株空売り。下げても279円で280円近辺の揉み合いが長いので、見切りをつけて280円で脱出。しかし狙いは当たり、株価は280円を下抜いている。むずかしいなあ、空売りは。まっ、午前中に空売りはやるべきで、そもそも午後の参入には無理がありますがね。

 クレディア:+4000円

 FOMCの金利上げの姿勢は変わらないだろうから、市場の期待を裏切ることになり、今晩の米国市場は下げるだろうと思い持ち越しを考えましたが、先日の失敗があるので持ち越しはやめです。
指数は高値を付けた後下落
2007年 08月 07日 (火) 10:58 | 編集
 指数が高値を付けた後益出しで下落。今日はこうなると分かっていたので、カプコンが寄りついた後下げてきたので2500円で損切り。

 カプコン:-7500円

 多くの銘柄も窓あけ上昇後大きく下落。分かっていても空売りが出来ない。まずどれに参入して良いか分からないのだ。あとでこれこれに入れば良かったと悔やむのみ。オークマなど2020円を付けた後急降下して1865円迄大きく下落した。今晩の米国でのFOMC政策金利発表待ちで買いは入らないと思う。
copyright (C) 私の株取引日記 ( Hit & Run ) - 株投資の誤解・間違いから成功へ all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。