負け続けの悪戦苦闘のトレード日記
私の株取引日記 ( Hit & Run ) - 株投資の誤解・間違いから成功へ
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FOMCを前にして...
2007年 10月 31日 (水) 20:33 | 編集
 今晩のFOMCを前にして様子見で買いが入らないと思っていたが、先物の午後は異なった展開となった。今迄買われていた鉄鋼、海運、非鉄金属が大きく売られて、自動車、薬品、内需系が買われて先物が上昇。

 持ち越したサイバーエージェントが窓開け上昇し、93200円を付けた後反落したので、82100円で15株損切り。バリューコマースも82300円を付けたあと反落したので80200円で脱出。

 サイバーエージェント:-33000円
 バリューコマース:+3000円

 商船三井に1864円で空売り参入し、1861円を付けた後下げ渋ったので1863円で脱出。

 商船三井:+1000円

 続いて、先物が反発を見せたのでバリューコマースに80200円で8株買い建て参入したが、午後になるとマザーズの下げにつられてか大幅下落。更に悪いことに今日が決算発表で3400万円の赤字転落とあった。それで前もって情報を入手した向きが売りを出したのかもしれない。しかし、会社四季報を見たら今期既に赤字予想を出しているし、6月決算の利益から3ヶ月で倍になっている。大きく改善したと見て良いのではないか。まっ、明日になるまで解らないが、でもちょっと怖い。

 保留銘柄
 小松製作所 買い -24000円 (前日比-9千円)
 サイバーエージェント 買い -28000円 (同-1.15万円)
 バリューコマース 買い -83200円

 今日が最終日で今月の損益が出ました。大幅な損失です。例によって、損切りが遅れたことによるものです。

 当月利益  +267792円
 当月損失  -575751円
 差引損益  -307959円

 さて、自分の予想は据え置きですが、今晩のFOMCはどうなるでしょうか?
スポンサーサイト
むずかしい
2007年 10月 30日 (火) 15:38 | 編集
 今日は先物主導で大きく下げました。持ち越したサイバーコミュニケーションズが安く始まり下げるそぶりを見せたので、即成り行き脱出をしたところ、すぐ後に反発して10時前に105000円を付けた。

 サイバーコミュニケーションズ:+50000円

 サイバーコムを見て、エージェントは脱出せずに観察していると、これも反発して84300円迄上昇。直後の反落で83800円で利確。

 サイバーエージェント:+28000円

 今日は空売りだと思って、大平洋金属に1495円で空売り参入。1491円迄下げたがその後は反発。結局1494円で脱出した。このあと1時間後だが、狙い通り株価は下げだし、安値1445円をつけた。くやしいなあ。

 大平洋金属:+1000円

 ここまでは良かったが、失敗したのは今日の地合でまた買いをやってしまったこと。サイバーエージェントに午前中の反発で84300円で20株買い建て。一時、85500円をつけた後は全体相場に押されて下落。更に痛かったのは、バリューコマースに5株79600円で買い建て参入したこと。これも上昇し80900円を付けた後反落。81000円を目標としていたので長く持ちすぎてしまった。下落局面で成り行き戻し注文を入れたが、例によって約定しない。仕方なくキャンセル。

 大引け25分前から株価が急落したのには驚いた。日経平均先物は13時30分以降戻り歩調だったのに、マザーズは急落。下げるときは日経に連動するのに、上げるときはそうでない。全くわからない動きをするので、自分にとって新興銘柄は難しい。それに、下げ始めたら、逃げ足が非常に速い。今までの自分のトレードスタイルでは追いついていかない。なんとか対応できるように頑張らねば。

 保留銘柄
 小松製作所 買い建て -15000円 (前日比変わらず)
 サイバーエージェント 買い建て -66000円
 バリューコマース 買い建て -13000円
今日は全体が強い動き
2007年 10月 29日 (月) 15:02 | 編集
 午前中にサイバーエージェントに81000円で10株買い建て参入。午後になると新興市場は強い動きを見せて持ち株のコミュニケーションズ、エージェントともにストップ高をつける動きだったが、14時過ぎから益出しで反落して、エージェントは78100円迄、コムは96200円迄下落してしまった。しかし、今日の地合の強さ、特にエージェントが26万株の大商いなので明日も上昇してくれるのではとの期待から両方とも我慢して持ち越しです。

 先日デイトレードでやるって言ってたのにどうして?それは最近の新興市場の強さを信じてそれに乗っていきたいと思っての判断です。それに前4日間の揉み合いを抜けてますから。ただ、エージェントで気になるのは200日移動平均線が頭を押さえているので、明日これを越えて来れば強い動きが期待できると思うのですが...

 保留銘柄
 小松製作所 買い建て -15000円 (前日比+7千円)
 サイバーコム 買い建て +55000円 (同 +7.4万円)
 サイバーエージェント 買い建て +12000円
よかった、米国は大幅高
2007年 10月 27日 (土) 07:57 | 編集
 ダウは134ドル高、ナスダックはなんと53ポイント高で終了し、CME日経平均先物は16665円で終了し、大証のそれからは175円高です。米国の上昇はマイクロソフトとカントリーワイドの決算発表によるもので、マイクロソフトは27%の増収、32%の経常益の増加という好決算と今期決算の上方修正、そしてサブプライムローン問題で第3四半期にかなり大きな損失を出したカントリーワイドが第4四半期は利益が回復する見込みという報告を出したことで、米国経済に対する安心感から大きく買われた。

 この結果からするとサブプライムローン問題はかなり峠は越したのではないかと思えます。なぜなら、当事者のカントリーワイドの利益が次四半期では回復するということから、悪いニュースは既に出尽くしで市場も織り込み済みではないかなと思います。また、今回の問題で他国の経済が影響を受けているわけではないようだし、日本市場もここ2日間の大手の決算発表で上方修正が出たことで、市場に安心感が出てくると思われます。

 来週の経済指標は米国で火曜日にFOMC、水曜に第三四半期GDP速報、木曜に10月ISM製造業指数、金曜に雇用統計と目白押しで、注目はFOMCで金利下げがあるかどうかで株価が大きく動く可能性があります。

 今月はかなり大きな損失を被りましたから、来週からまた回復基調に戻ると言うことを期待して、Happy Trading.
サイバーコムは乱高下
2007年 10月 26日 (金) 14:54 | 編集
 持ち越したサイバーコムでしたが、ギャップアップで始まり94700円を付けた後反落の動き。また反発するかもと見ていたら93100円になったので成り行き戻し注文を入れたのですが、ず~と下の92200円で約定してしまった。思ったより損失が膨らんだが、昨日の含み損より少ないので良しとしよう。

 サイバーコム:-24000円

 その後買いは駄目だとばかりに空売りを芝浦メカトロニクスに530円で参入した。524円まで下げた後、するすると戻してきた時に戻せばよいものを再度の下落を期待して我慢したところが、535円近辺で全く動かなくなり結局14時過ぎに535円で損切り。どうも空売るタイミングが悪いようだ。今日は相場が強くて空売りは成功率が低い。ソニーなどの主要企業の業績が良かったことが相場地合をよくしたのだろうか、とにかく買いはこういう地合でするものだという見本の1日です。

 芝浦メカトロニクス:-5000円

 サイバーコムに画面を戻してみると、なんと急反発していた。遅かったが成り行き買いで試しに5株の注文を入れてみると、ちょっと高いところで89400円で約定。その後は反落して88100円迄下げた後再反発。91000円のストップ高手前で下げだしたので成り行き戻しで90300円で脱出。しかし、株価はストップ高迄に上昇した。

 サイバーコム:+4500円

 負けばっかりで自信喪失している時に、少ない金額でも勝てたのはうれしい。この4日間で予想外の動きをする、この手の株の参入時期が解らなかったが、ようやくなんとか解った感じなので、次回からは上手くやりたい。また、これで残りの10株がなんとかプラスになりそうだ。

 保留銘柄
 小松製作所 買い建て -22000円 (前日比+1.6万円)
 サイバーコム 買い建て -19000円 (前日比+10万円)
なんでこんなに下げるのかわからない
2007年 10月 25日 (木) 15:26 | 編集
 今日はかなりの銘柄が高く始まり、意外と強いのかなと思ったら、とんでもなかった。午前中はともかく午後になるとほとんど全体が大幅下落した。

 持ち越ししたサイバーコムと乾汽船を脱出したのだが、特にサイバーコムは、また悪い癖でスウィングが頭に浮かんで、利益を大きく減らしてしまった。一時は5000円以上の利益があったようで、乾汽船を注視していてそれを見逃していた。あ~、ばかばか。画面に複数チャートを同時表示して観察しないと自分は対応できない。

 乾汽船:+12000円
 サイバーコム:+6700円

  強いと思っていたサイバーコムに午前中に92900円で10株買い建て参入。でも、一昨日と同じような間違いをしたらしい。午後になるとどうしてかギャップダウンで大きく下げて始まり、その後も下落し大引け前にストップ安を一時つける程下げた。途中午後の反発局面で84600円で10株買い建て追加参入したが、これも余分だった。まだ思いこみでトレードする癖が直らない。東証一部をわざわざはずしたのに、その意味が無い。新興市場も東証全体の影響を受けるのか!?

 保留銘柄
 小松製作所 買い建て -39000円 (前日比-1万円)
 サイバーコム 買い建て -119000円
 サイバーコム 買い建て -36000円
午後は指数は下げる
2007年 10月 24日 (水) 15:03 | 編集
 午前中の上昇地合の時にミツミ電機に5290円で100株買い建て参入した。3350円がなかなか上抜けないで、午後になって指数も下げ、この株も下げだしたので5310円で脱出した。この判断は良かった。デイトレードでやるつもりが、この銘柄に参入したのは間違いでした。基本的にこの株はスウィングで持たないとなかなか利幅を期待できないのに。

 ミツミ電機:+2000円
 
 午後になると全体が利益出しで売られて下げている。ところが、どういう訳かそれまで3100円近辺でうろうろしていた乾汽船が急騰して16日に到達した3260円を付けていた。そんなに上がるとは予想だにしなかったし、株価を見てびっくり。益出ししようか迷っている内に反落してしまった。しかし何故急上昇したのだろうかとニュースを調べたのだが何も無い。

 乾汽船は3170円迄下げた後再び3260円を覗き、その後反落した途中で3230円で100株追加買い建て。しかし、先物が16430円迄戻した後、すぐ反落したのでこれも下げてしまった。結局先物に振り回される相場地合です。新興市場に一部資金を移して良かったと思う。

 保留銘柄
 乾汽船 買い建て +4000円 (前日比 +4万円)
 乾汽船 買い建て -1000円
 小松製作所 買い建て -28000円 (同 -1千円)
 サイバーコム 買い建て +3000円 (同 +10万円)
うれしいサイバーコム
2007年 10月 24日 (水) 11:04 | 編集
 昨日買い建てたサイバーコミュニケーションズが8.5万円で寄りついた後反落しましたが、その後じり高となりストップ高迄つけている。確かに昨日前日終値を下抜いたときは多少焦りましたが、負け惜しみでは無いですが、今日の上昇を半分期待をしてました。というのは、以下の理由です。

 1)昨日の下げは相場全体の下げで、個別の理由ではない。
 2)終値で200日移動平均線の上で止まった。
 3)貸借倍率が一倍を切っていて、昨日更に売り超状態が強まり、逆日歩がつく可能性が高い。
 さらに良かったのは
 4)米国市場の上昇で地合が安定しているからです。
冴えない相場
2007年 10月 23日 (火) 15:05 | 編集
 窓開け上昇で始まったほとんどの銘柄は戻り売りで売られ値を下げている。ACCESSも高く始まり、58.9万円をつけた後反落したので、58.1万円で脱出しようと成り行き戻し注文を入れたところ、57.8万円での約定だった。馬鹿な、マイナスにしちまった。

 ACCESS:-2000円

 弱い東証一部銘柄を止め、今日200日線を越えてきたサイバーコミュニケーションズに8.95万円で10株買い建て参入をした。9.21万円に上げたまでは良かったが、その後為替チャートを見ていて、これを放っておいたら急落していた。うわ~、まずった。上値の重さに見切りをつけて利益確定売りが出たようで、株価は昨日の終値を下抜いてしまった。やばいな~。上値トライがなかなか出来ないときに、脱出するタイミングをつかむ直感みたいなものを養わないと、あまりに無神経すぎる。日足チャートを見たら、4日連騰だったので気をつけなければいけなかったのに、相変わらずへたくそなトレードをする自分が情けない。

 保留銘柄
 小松製作所 買い建て -27000円 (前日比+6千円)
 乾汽船   買い建て -36000円 (同-1.4万円)
 サイバーコミュニケーション 買い建て -97000円
午後は上値が重く
2007年 10月 22日 (月) 15:05 | 編集
 午前中にACCESSがそれまでの高値を抜いてきたので、買い参入。しかし、それが高値の58万円だったので、また苦しい待ちの状態です。14時を過ぎると58万円を付けるまでに回復しましたが、そこに大きな売り物があり、なかなかそれ以上上に行けない。一方、かなりの銘柄が値を戻しては来ましたが、米国市場がどう動くか解らないので、買い進むまでにはいかないようです。

 14時37分、何度も戻されていたACCESSが57.9万と58万円にあった大きな売り物を瞬時にこなして58万円の攻防を見せている。頑張れ、上げてくれ....しかし、その後売り物に押されて反落。またまた待ちすぎて失敗、どんどん脱出しなければいけないのだった。反応が鈍すぎる。

 保留銘柄
 乾汽船 買い建て -22000円 (前日比-1.2万円)
 小松製作所 買い建て -33000円 (同-1.1万円)
 ACCESS 買い建て -11000円
ある意味、助かったあ
2007年 10月 22日 (月) 11:02 | 編集
 寄り前の気配値を見ると各銘柄10万円以上下の気配を見せていたので、いったいどうなることかと思っていましたが、先物の始まりが16280円とかなり下で始まったので、寄りついた後は戻す動きが出て助かりました。

 商船三井は1900円で寄りつき、1927円迄戻した後反落を見せたので1911円で損切りしました。今思えば下げだした直後に損切りをすべきだったと反省、まだまだ遅い。

 商船三井:-65000円

 ミツミ電機も買値の5080円に近く下げたので5110円で脱出したが、ばかばかしい。長く持っていたばっかりに利益を逃してしまった。

 ミツミ電機:+3000円

 ACCESSも安く始まりましたが、なんと戻して56.4万円で利確。
 ACCESS:+10000円

 その後商船三井のニュースで今8年3月期の経常利益が5割増しと出たので、反発の動きがでた時に成り行き買い参入。1930円で約定し、1943円を付けた後揉み合い、反落で結局1929円で損切る羽目になってしまった。ニュースでまた戻すだろうと我慢のしすぎでした。
  
 商船三井:-1000円

 少しばかり大きな損失になってしまいましたが、他の銘柄などもあった割に予想以下の損失で助かりました。
月曜が恐ろしい
2007年 10月 20日 (土) 08:31 | 編集
 夕べの米国市場は暴落。ダウは366ドル安、ナスダックは74ポイント安で引け、CME日経平均先物は16460円と急落した。発表された企業群の決算発表も市場の予想を下回るもので、気にしていたキャタピラーの業績は前年同期を上回るもアナリスト予想を下回り、一株当たりの通年予想を下方修正した。これにより新たにサブプライム危機の影響が懸念され、更に原油価格が一時的に90ドルをつけた事でインフレ懸念を招き、良いと思っていた企業業績が予想以上に悪いのではということで大きく売られた。

 これは参った。かなり余力いっぱい近く買い建てしているので月曜で証拠金維持率が下がりそうです。仕方がないので、腹をくくって損切りをするしかありません。ずっと余力を残して困難をしのいできたつもりでしたが、ようやく上昇トレンドが来たと思い、ここにきて米国の予想外の混乱で、建て玉を増やした事が裏目に出てしまいました。それから、以前のトレードスタイルはデイトレードだったのですが、その方が上手く稼げていたような気がします。スウィングは、特に今月は成績が良くありません。外的環境にこれだけ左右される日本市場はスウィングには適さない市場だと言うことなんですかね。

 来週の経済指標は米国で木曜に9月耐久財受注、新築住宅販売件数、金曜にミシガン大消費者信頼感指数。このほかに企業決算が目白押しなので、その結果の方が気になります。日本もいよいよ第2四半期決算の本格的な発表シーズンになります。

 月曜は16450円近辺で始まり、先物も更に続落しそうなので、自分にとってここは正念場、上手くやり過ごしたいし、損切りをして、今月になって考えもしなかった空売りでもやろうかなと考えてます。ではHappy Trading.
続落でいい加減あきあき
2007年 10月 19日 (金) 15:24 | 編集
 バンクオブアメリカの決算が32%の減益だったことで昨日は米国市場が大きく売られました。引けにかけてはかなり戻しましたが、先物は16990円だったことで、日本市場は安く始まり先物の売りが止まりません。今日のトレードは自己嫌悪でいっぱいです。馬鹿なことばかりをやってしまう。

 商船三井がこれまた大きく下落して始まり、一旦は反発したのですが、すぐ反落した。反発時にもたもたして結局1975円で損切り。あほか!?

 商船三井:-1000円

 このあとが馬鹿なことです。昨日の上昇の勢いが記憶に残っており、また上げるだろうと1976円で買い建て再参入。しかし午後になって大きく下落し、一時1928円まで下げた。先物が恨めしい。

 東証銘柄が駄目だからとマザーズのACCESSに一株のつもりが2株、55.4万円で買い建て参入。これも高値掴みで、2回目の馬鹿なこと。直後に下落しとりあえず1株損切り。

 ACCES:-12000円

 スウィング対応と言いましたが、これだけ米国市場が不安定だとデイトレードでないと非常に危険なので持ち株が整理できたらデイトレードに戻します。今晩のキャタピラーの決算が良い結果となりますように!

 保留銘柄
 ミツミ電機   +36000円 (前日比-1.2万円)
 乾汽船     -10000円 (変わらず)
 小松製作所  -22000円 (前日比-6千円)
 商船三井    -30000円
 ACCESS   -4000円
全体の戻しをよそに...
2007年 10月 18日 (木) 15:08 | 編集
 大きく戻すことを期待しましたが、小松製作所と乾汽船はその期待を裏切りました。両方とも昨日より高く始まり、よし今日は上げるぞと思っていたら、特に乾汽船が急落。3150円から2985円迄一挙に下げたので、これはたまらんと途中で一株を3020円で損切り。小松も同様に一株を3860円で損切りしました。

 小松製作所:-19000円
 乾汽船:-18000円

 商船三井は上昇し、1980円程で反落したので、とりあえず1972円で利確。その後再び下げ止まりから戻す途中で1972円で成り行きトライしましたが、1976円で約定してびっくり。しかし、株価は上げてくれている。

 商船三井:+14000円
 
 惜しかったのはディー・エヌ・エーです。午後に66.6万円で一株買い建て参入し、株価は続伸して67万円を越えたところで動かなくなり、買い気配数量も少なかったので、あきらめて脱出したところ、その後なんと72万円を越えるまで上昇してしまった。いつもなら我慢できるのですが、損をかなり出して気持ちがびびってしまった。でもくやしい。

 DeNA:+5000円

 続いてアイレップに30万円で入ろうとしたが、指し値入力でもたついて30.3万円で一株約定。31.9万円のストップ高を狙ってましたが、31.5万円から動かなくなって31.4万円で利確。

 アイレップ:+11000円

 残念ですが余力が無くなり、今日の損を取り返す迄にはいかなかった。でも、かなり整理が出来たので、明日から心機一転頑張るぞ。(ひゃ~、クリードが大幅上昇で、32.1万円をつけている。これだから損切りのタイミングが難しい。でも言えることは、分かってはいても出来ない、早めの損切りが一番です。)

 保留銘柄
 ミツミ電機 買い建て +48000円 (前日比+2.1万円)
 乾汽船   買い建て -10000円 (同+1.8万円)
 小松製作所 買い建て -16000円 (変わらず)
 商船三井  買い建て +34000円
 
うわ~、下げる、下げる
2007年 10月 17日 (水) 15:10 | 編集
 弱ったあ~、先物の大幅下落で持ち株も暴落。一番の失敗は今朝損切りした商船三井に寄り付き5分過ぎに軽率な買い建て参入をしたこと。そもそも各銘柄で高値参入が多すぎたし、余力いっぱい買い建てしすぎました。でも昨日の米国の下げで今日の地合が想像できたはず。何も学習していない。

 売られすぎだから、そろそろ下げ止まるだろうと思いながら、どんどん下げていく株価群を見て半分顔が青ざめていた。余力も30%ギリギリとなって、いよいよ損切りかな?でもこれを凌げば明日は上げるだろうし勿体ないなどと思い、何とか我慢しました。14時10分過ぎにようやく下げ止まったようです。一時乾汽船は10万円の含み損、商船三井も7万円以上の損失でしたので、じっと雨風に耐えて、なんとか嵐をやり過ごしたと言う感じです。

 先日まで商船三井、ミツミ、大阪チタニアムでそれぞれ5万ほどの含み益があったのを全て商船、大阪では吐き出し。非常に勿体ない。スウィングは良いが、保留が長すぎました。長期投資家の様な対応でトレーダーでないですよね。これも悪い癖です。

 下げ止まってからの戻しがかなり急で、押し目買いの好機とばかりにどっと買いが入ったと言う感じで、本当は上手はここで安く買わないといけないですよね。まだまだ不勉強です。

 保留銘柄
 ミツミ電機 買い建て +27000円 (前日比-1.9万円)
 乾汽船   買い建て -42000円 (同-1.5万円)
 小松製作所 買い建て -32000円 (同-2.6万円)
 商船三井  買い建て -29000円
米国の下げで...
2007年 10月 17日 (水) 09:57 | 編集
 個別ハイテク株の好業績にも関わらず、バーナンキ議長のサブプライム問題が景気の重しになりかねなく、今年いっぱいこれが続くような発言で市場は下げました。で、日本市場も続落の動きで、持ち株全ての銘柄が安く始まり、同様に続落です。

 クリードが前日比で7千円ほど安く始まり、今後の迅速な回復は期待できないので損切り。そして商船三井が思ったより安く始まり1967円で寄りついた。その後下げだしたのでとりあえず1960円で脱出、と思ったら、1958円で約定。

 クリード:-52000円
 商船三井:-8000円

 ところが、その後がいけない。5分足二本目で陽線を見せたので、突っ込み買いで戻すのかと思い、1959円で再参入。やっぱり、これも勇み足。まだ下げ止まりでなかった。ゆっくり頃合いを見て入るつもりでしたが、チャートを見ると我を忘れてしまい軽率すぎます。

 やれやれ、マネパとクリードで19.3万円の損失を出してしまった。浮気をした罰ですね。また悪いのは、損失が拡大してからようやく損切りをする一番悪い癖がまだ抜けない。これは絶対に直さなければ...成功なんかおぼつかない。これからの自分の課題です。
先物には参った。
2007年 10月 16日 (火) 15:10 | 編集
 午後の寄り付きこそ先物が17250円で始まり、良かったと持ったのもつかの間、その後は下落して今日の安値まで反落した。その後は若干戻してはいますが、弱い動きです。これに引きづられ、個別銘柄が下げ、特に新規参入銘柄はマイナス圏に。特に乾汽船、高値で参入したため大きくマイナスです。

 今晩の米国市場が上げてくれないととんでもないことになりそうで怖い。神様お願いだ~。これ以上下げないで...。な、なんてこった。昨日損切りしたマネパが急反発して44万円に戻している。下げても25日移動平均線までかなと思ってはいたが、今日その近辺ではね帰り、その通りになっている。どうもへたくそだ。不動産が軟調なのでむしろクリードの方を先に処分しなければいけなかった。

 保留銘柄
 商船三井 買い +31000円 (前日比-2.3万円)
 ミツミ電機 買い +45000円 (同-6千円)
 クリード 買い  -43000円 (同-2.2万円)
 乾汽船 買い  -27000円
 小松製作所 買い -6000円
今日の下げは予想はしていたが...
2007年 10月 16日 (火) 11:37 | 編集
 今日の下げは昨日の時点で予想はしてましたが、米国市場があれほど下げるとは予想外でした。先物も大きく下落して17120円迄下げましたが、そこからは多少反発していまので、これ以上は下げないと思います。昨日損切りしておいたマネパの決定は、痛かったけど良かったと思います。ただ、残しておいたクリードが大幅安でやっぱり新興はまだ駄目だなと思いました。

 一方で持ち株はと言うと、大阪チタニウムだけ安く始まり、更にじりじり下げだして、ここで我慢しすぎて脱出が遅くなり、11000円での脱出になってしまいました。寄り付き時点で1.7万円ほどの利益を5千円にしてしまい、何を下手なことをやっているのか、情けない。でも、今日の動きでよく分かったので今後は臨機応変に利益を出すようにしたい。

 大阪チタニアム:+5000円

 逆行高を見せた乾汽船に3200円で300株買い建て。怖かったので参入が遅くなったし、打診買いだったので株数も少なくなったのは失敗。一時3120円迄下げるも前引けにかけて戻し3240円で引けた。とにかく、海運は強い。

 更に、コマツ製作所に4050円で200株買い建て参入。でも、日立建機にした方が良かったかも。午後の戻りに期待したい。さあ、しっかり稼いでおくれ。 
予想通り午後は上昇
2007年 10月 15日 (月) 15:10 | 編集
 午前の下げは予想以上でしたが、午後は思った通り観察リスト銘柄は上昇しています。しかし、マネパ、クリードは芳しくありません。

 マネパが46.1万円で寄りついた後、急落して43万円で下げ止まりかなと思いましたが、大引け5分前にそれを下抜いたので、くやしいけど損切りしました。また悪い癖で損切りが遅くなり損が大幅に拡大してしまいました。まだ早く見切ることができないでいます。(馬鹿、馬鹿!)

 マネーパートナーズ:-59000円

 もう最悪のパターンです。マネーパートナーズだけで11.1万円の損失を被りました。私はこういうちょんぼが多すぎます。こういうミスは避けなければいけません。せっかく少しずつ稼いだ利益を吐き出すことになるのですから。こうなったら、身軽になった分明日からもっと頑張って稼ぎます。

 保留銘柄
 商船三井 買い建て +54000円 (前日比+4.2万円)
 ミツミ電機 買い建て +52000円 (前日比+1.1万円)
 クリード 買い建て -21000円 (同 -2千円)
 大阪チタニアム 買い建て +28000円 
窓開け上昇も戻り売りで反落
2007年 10月 15日 (月) 10:43 | 編集
 先日言ったとおり、大阪チタニアムに再参入しました。安いところ、すなわち、10830円近辺で買いたかったのですが、勇気が出ず10950円での買い参入となりました。株価は一応続伸してます。持ち株の商船三井は2000円台で始まり、ミツミも金曜の高値を越えて始まりましたが、益出しで反落です。でも、これは想定内の動きですから、午後に期待しています。

 一方、新興銘柄は芳しくありません。特にクリードは不動産セクターが軟調なのであまり期待できません。まだ東証一部の大型銘柄が安全なようです。外国人が好む銘柄ですからね。
米国市場は上昇
2007年 10月 13日 (土) 07:42 | 編集
 昨日の米国市場が上昇して終えてよかった。ダウが77ドル高、ナスダックが33ポイント高、シカゴ日経平均先物は17510円で終了し、大証のそれからは170円高。経済指標で経済が引き続き健全なペースで拡大しつつあることを示し、テクノロジー業種での合併話で特にナスダックが大幅上昇でした。

 よしよし、スウィング作戦は大成功!?最近は殆ど余力目一杯で買い建てしているので上げてくれないと困ります。ただ、銘柄を間違えるとつらいですけどね。とりあえずは、海運と市況関連に狙いを定めています。

 来週の経済指標は米国では、月曜にバーナンキ議長の講演、火曜日に9月鉱工業生産、水曜に9月消費者物価指数、住宅着工件数、木曜に半導体BBレシオ、金曜からはG7が2日間の予定で始まります。そして米国でいよいよ注目の企業の決算発表が始まります。

 決算で良い数字が出れば、18000円もそれ程難しくないのではと思います。だって、いつの間にか17500円を付けてきていますから。今後も上手くこの上昇基調に乗り、しっかり稼ぎたいと思います。では Happy Trading.
12時20分過ぎまで下げ止まらず
2007年 10月 12日 (金) 15:16 | 編集
 やっぱり利益確定売りで下げましたね。前場大きく上昇し、10790円の高値を付けた大阪チタニアムが午後に反落、怖くなって10700円で利確。10580円を底に戻してきたので10680円で100株再参入。海運と非鉄金属が強いので、また11日ぶりの反発なので、勢いのある株にはもう一度ということです。

 大阪チタニアム:+24000円

 商船三井は一時2010円の高値を付けた後反落、午後に昨日の終値を下抜いたのですが、すぐ戻しました。やはり、この株は大きくは下げません。以前1901円で買って4日前に処分したことが悔やまれたので、今日はしっかり我慢しました。(捕らぬ狸ですが、そのまま持っていれば、2000円で9.9万円の利益だったんですよ、勿体ないですもんね。)

 先物の17300円くらいが下値支持線になって、市場は指数は下げ止まったと見たのでしょうか?大阪チタニウムが反発して10830円の高値をつけました。その後は反落してすごい揉み合いでしたが、とうとう10700円で脱出させられました。う~ん、スウィングにこだわりすぎたか。振り返ってみると、今までスウィングに拘りすぎて、かなり利益を逸失している感じです。

 大阪チタニアム:+2000円

 保留銘柄
 ミツミ電機 買い +41000円 (前日比+8千円)
 マネーパートナーズ 買い -35000円 (前日比-1.2万円)
 クリード 買い  -19000円 (前日比-8千円)
 商船三井 買い  +12000円 (前日比+7千円)
ふ~、ひと安心
2007年 10月 12日 (金) 09:18 | 編集
 昨日の米国株の下落でシカゴ日経平均先物が17400円と大証のそれとは130円も安く終えたので、今日の始まりが怖かった。持ち株も安く始まりそうな気配だったのですが、特に、ミツミ電機がずっとストップ安の4410円の気配値で、始まる直前に元に戻ったり、商船三井も結局高く始まったので、ホットしました。一方、新興銘柄は相変わらず力なく若干安く始まりました。今日は先物が安く始まったので、上昇が期待できます。

追記 トピックス先物が大きく下げているので、中小型が安い。そして新興銘柄も影響も受けているようです。不動産も下落率上位に来ているのでクリードも余計元気がありません。
午後先物急騰
2007年 10月 11日 (木) 15:11 | 編集
 ムーディーズの国債の格付け格上げがあり、それで先物が上昇したらしい。おかげでかなり持ち株も含み損が少なくなってうれしいですが、結果論ですが、今朝の損切りはどうも...。せっかちな損な性格です。でも、商船三井も午前中の含み損から含み益に転換して狙い通りで良かったと一安心です。明日はオプションSQ算出日で、あまり下げないで欲しいと希望しますが、今日の大幅高で明日は下げるかもしれませんね。

 保留銘柄
 大阪チタニアム 買い -8000円 (前日比+1.3万円)
 マネーパートナーズ 買い -23000円 (同+2.3万円)
 クリード  買い -11000円 (同+1.2万円)
 ミツミ電機 買い +33000円 (同+3.1万円)
 商船三井  買い +5000円
また損切りのタイミングを間違えた
2007年 10月 11日 (木) 10:38 | 編集
 我慢するつもりでしたが、今朝の寄り付きでマネパ、クリードが安く始まったのと、海運銘柄を買いたかったので一株づつ損切りしたのですが、そこが一番安いところで損を大きくしてしまいました。

 マネーパートナーズ:-52000円
 クリード:-30000円

 その後両方とも2.1万円高、3千円高と戻していきました。うわ~、くやし~い...。余力いっぱいに買い建てをしたことで、他の株を買いたい時にこのような事が起きてしまいます。また、今回は海運株に参入をあせって、損切りしたのですが、結果的にじっくり待ってからで良かったので、株取引に焦りは禁物です。でも、これが分かっているようで、できないんですよね。

 商船三井を1966円で買い建て。いつものあせりの高値参入でした。
昨日のホールドが裏目に...
2007年 10月 10日 (水) 15:11 | 編集
 トピックス先物が大幅安で推移し、新興銘柄も軒並み大幅安です。好決算を発表したクリードなど、最近の新興銘柄の堅調さを見せていたマネパ、クリード、パシフィックマネジの持ち越しはあららと言う感じです。やぱり、信用銘柄はこわい、下げ方が恐ろしい。

 パシフィックマネジメントだけ19.3万円と高く始まったのですが、続伸するかもと待っていたら反落。あわてて昨日の終値の19万円で脱出。あ~あ、持ち越した意味がない!あほ。

 パシフィックマネジメント:+15000円

 新興市場は1週間とかそれ以上続伸を続けていたので警戒はしていたのですが、想定外の大幅下落です。特にマネーパートナーズ。明日から再び回復基調に戻ることを期待します。

 午後になって木村化工機に1452円で500株、1463円で追加の500株買い建て参入。1481円を付けた後反落、また反発するのではと待ったのが失敗。1463円、1456円で脱出。

 木村化工機:+-0
 木村化工機:+2000円

 唯一の救いは三菱重工を損切りしておいたことでした。そして、大引け15分前にミツミ電機に5080円で100株買い建て。

 保留銘柄
 大阪チタニアム 買い建て -21000円 (前日比-5千円)
 マネーパートナーズ 買い建て -92000円(同-6.2万円)
 クリード  買い建て -46000円 (同 -2.8万円)
 ミツミ電機 買い建て +2000円
思ったより上がらなかった持ち株
2007年 10月 09日 (火) 15:12 | 編集
 指数が大きく上げた割には持ち株の上げ幅は少なかった。続伸を期待していましたが、これもはずれです。資金が新興市場と出遅れの不動産、金融に流れていたようです

 商船三井は1922円の高値を付けて反落、1907円で脱出。

 商船三井:+6000円

 大阪チタニアムは10530円の後益出しで下落して、一時10240円迄下げました。

 午前にマネーパートナーズに2株48.7万円で買い建て参入。しかし、午後になると益出しで下落し、これは予想外です。クリードが午前中に一時ストップ高をつけた。午後に35万円で2株買い建て。続いてパシフィックマネジメントを18.7万円で5株買い建て。スウィング対応です。しかし、参ったなあ、午後は先物主導で大幅下落です。

 保留銘柄 
 大阪チタニアム   買い建て -17000円(前日比-4千円)
 マネーパートナーズ  買い建て -30000円
 クリード          買い建て -18000円
 パシフィックマネジ   買い建て +15000円
 
FXスプレッド比較とその他
2007年 10月 06日 (土) 13:48 | 編集
 昨日のFX練習トレードではユーロ/円を取引。ずっと164.6円前後で横這いだったのが、16時過ぎに円高に推移、すかさず10万通貨単位空売り参入。164.32円迄上げた時点で1万円ほどの利益だったのですが、手数料を引くと0円なのでそのままに。17時から友人との飲み会のため、146.30円に戻し注文を入れて外出した。10時頃に戻ってみると、為替は164.60円だったが、25分~30分前に164.30円を2回下抜いていた。よし目標達成だと喜んだのもつかの間、注文が執行されていない、どうして?確認したら、外出前に注文を一旦取り消して、再度入れ直したと思ったのが、やっていなかったようです。為替は更に上げてきたので164.79円で損切り。逆指し値注文を入れてなかったので、為替がもみあっていたことで救われました。

 10時20分過ぎからユーロが上昇し始めたので、即164.82円で買い参入、165.28円で利確。深夜0時過ぎに165.05円で買い、165.28円で利確。なんとかトータルで9000円のプラスに持って行けました。

 2週間の練習で感じたことは、手数料が無ければ、無理して持つこともなくどんどん利確ができ、必要なら再参入すればよいので非常に楽です。累計損益で手数料を引かずに28万円の利益が上がりました。株取引よりずっと効率が良いです。ただ、資金がないといけません。10万通貨単位のように大きな取引が出来ませんので。

 手数料無料の業者のスプレッド比較をしてみました。ドル、ユーロ、オーストラリアドル、ニュージーランドドルの通貨で すばる証券とマネーパートナーズが、デイトレードなら無料のセントラル短資(トレードダービー参戦中)がオーストラリアドル、ポンド、ニュージーランドドル、カナダドルが有利でした。全体ではすばる証券が一歩先んじるという印象です。

 チャート機能ではマネーパートナーズは本格的なチャートですが、外貨exはひとつの画面にチャート、価格更新等が一緒ではないのでいまいちだし、またチャート更新が不完全なリアルタイムです。すばる証券とインヴァストFXは口座開設申請中です。
うれしい!
2007年 10月 06日 (土) 10:12 | 編集
 昨日の米国市場では、9月の雇用統計の発表で予想より増加した11万人の新規雇用者があったことで、経済が引き続き堅調だという安心感から市場は買われました。ダウは一時14124ドル迄上昇し、91ドル高の14066ドルで終了し、ナスダックは46ポイント高で終えました。CME日経平均先物も17315円で終了し、大証のそれからは185円高でした。

 一応は予想していたのですが、心の隅では不安がありましたので、本当に良かった。これで火曜は窓あけ上昇で始まるでしょうし、これまでの米国の景気後退懸念が払拭されたことで、買い安心感がでて上げると思います。最近アジアや他の海外からの買いが活発になってきているし、さらに、第2四半期決算の発表シーズンに入ってきますので、今後更なる上昇が期待できます。持ち株もこれでプラス領域に戻ってきそうでうれしい限りです。

 来週の経済指標は、米国で火曜日にFOMC議事録の公開、木曜日に新規失業保険申請件数、金曜日に生産者物価指数、ミシガン大消費者信頼感指数、8月企業在庫の発表があり、日本では水曜に9月工作機械受注速報、木曜に8月機械受注、金曜に先物オプションSQ算出があります。

 殆ど買い専門のトレードをやる自分には期待の持てるシーズンになってきました。来年2~3月頃までは上昇トレンドで推移すると思われます。と言いますのは、去年、今年と殆ど同時期に、つまり4~5月から9月まで相場の下落で買いは難しい局面で、そこを過ぎると上昇相場となりましたから、来年はその季節性を考慮してトレードスタイルを変えながら儲けたいと思います。

 これからはスウィングスタイルが有効な季節です。これまで不本意な成果なので、今後しっかり儲けたいと思います。では、Happy Trading.
残念、でも助かった面も...
2007年 10月 05日 (金) 15:02 | 編集
 今晩の米国雇用統計発表を控えて模様眺めで買いが入らない。むしろじりじり売られているものが多い。通常の銘柄は値動きが大変悪いので、上昇率上位銘柄のオーエムーシーカードに成り行き買い参入した。588円で買えた後595円をつけて下げ始めたけど、また上げてくると思っていて粘ったのですが、580円を切ったので579円で損切り。その直後に次の5分足で戻していった。く~。もっとくやしいことに午後になって目標の600円を付けた。あああああ~あ。

 オーエムシーカード:-9000円

 昨日持ち越したミツミ電機は高値を付けた後反落したので買値で脱出。その後株価は持ち直して5020円をキープ。

 なかなか通常の銘柄で空売りも出来ず、買いも出来ない感じなので午後になってDeNAに607000円で1株買い建て。2株の注文で1株のみ約定。これは期待に応えて上昇して627000円を付けた後反落したので624000円で脱出。

 DeNA:+17000円

 さらに、残りの余力で300株アーバンコーポレーションに1964円で買い建て参入。一旦は1971円を越えたのですが、すぐ反落。戻しそうな感じでしたが、1968円に8万株以上の売りものが待ちかまえていて、なかなか上に行けなかったので、これ以上損は増やしたくないと守りの気持ちから1965円で脱出。やっぱり、これも後に1987円迄上昇してしまった。

 アーバンコーポレーション:+300円

 午後になって先物が上昇してくれたので助かった感じです。今晩の経済指標があるので、多くは持ち越しをしたくなかったし、とにかく午前の損失を取り返せて良かった。新しい教訓、今後上値が重いと予想される時は午前中の参入は控えて午後にします。それから、新興市場が元気なので、東証一部が元気のない時は新興もチェックしようと思います。

 保留銘柄
 大阪チタニウム 買い建て -12000円 (前日比+2.9万円)
 商船三井 買い建て -22000円 (同 -5千円)
copyright (C) 私の株取引日記 ( Hit & Run ) - 株投資の誤解・間違いから成功へ all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。