FC2ブログ
負け続けの悪戦苦闘のトレード日記
私の株取引日記 ( Hit & Run ) - 株投資の誤解・間違いから成功へ
うわ~、下げる、下げる
2007年 10月 17日 (水) 15:10 | 編集
 弱ったあ~、先物の大幅下落で持ち株も暴落。一番の失敗は今朝損切りした商船三井に寄り付き5分過ぎに軽率な買い建て参入をしたこと。そもそも各銘柄で高値参入が多すぎたし、余力いっぱい買い建てしすぎました。でも昨日の米国の下げで今日の地合が想像できたはず。何も学習していない。

 売られすぎだから、そろそろ下げ止まるだろうと思いながら、どんどん下げていく株価群を見て半分顔が青ざめていた。余力も30%ギリギリとなって、いよいよ損切りかな?でもこれを凌げば明日は上げるだろうし勿体ないなどと思い、何とか我慢しました。14時10分過ぎにようやく下げ止まったようです。一時乾汽船は10万円の含み損、商船三井も7万円以上の損失でしたので、じっと雨風に耐えて、なんとか嵐をやり過ごしたと言う感じです。

 先日まで商船三井、ミツミ、大阪チタニアムでそれぞれ5万ほどの含み益があったのを全て商船、大阪では吐き出し。非常に勿体ない。スウィングは良いが、保留が長すぎました。長期投資家の様な対応でトレーダーでないですよね。これも悪い癖です。

 下げ止まってからの戻しがかなり急で、押し目買いの好機とばかりにどっと買いが入ったと言う感じで、本当は上手はここで安く買わないといけないですよね。まだまだ不勉強です。

 保留銘柄
 ミツミ電機 買い建て +27000円 (前日比-1.9万円)
 乾汽船   買い建て -42000円 (同-1.5万円)
 小松製作所 買い建て -32000円 (同-2.6万円)
 商船三井  買い建て -29000円
スポンサーサイト



米国の下げで...
2007年 10月 17日 (水) 09:57 | 編集
 個別ハイテク株の好業績にも関わらず、バーナンキ議長のサブプライム問題が景気の重しになりかねなく、今年いっぱいこれが続くような発言で市場は下げました。で、日本市場も続落の動きで、持ち株全ての銘柄が安く始まり、同様に続落です。

 クリードが前日比で7千円ほど安く始まり、今後の迅速な回復は期待できないので損切り。そして商船三井が思ったより安く始まり1967円で寄りついた。その後下げだしたのでとりあえず1960円で脱出、と思ったら、1958円で約定。

 クリード:-52000円
 商船三井:-8000円

 ところが、その後がいけない。5分足二本目で陽線を見せたので、突っ込み買いで戻すのかと思い、1959円で再参入。やっぱり、これも勇み足。まだ下げ止まりでなかった。ゆっくり頃合いを見て入るつもりでしたが、チャートを見ると我を忘れてしまい軽率すぎます。

 やれやれ、マネパとクリードで19.3万円の損失を出してしまった。浮気をした罰ですね。また悪いのは、損失が拡大してからようやく損切りをする一番悪い癖がまだ抜けない。これは絶対に直さなければ...成功なんかおぼつかない。これからの自分の課題です。
copyright (C) 私の株取引日記 ( Hit & Run ) - 株投資の誤解・間違いから成功へ all rights reserved.
designed by polepole...