FC2ブログ
負け続けの悪戦苦闘のトレード日記
私の株取引日記 ( Hit & Run ) - 株投資の誤解・間違いから成功へ
午後は指数は下げる
2007年 10月 24日 (水) 15:03 | 編集
 午前中の上昇地合の時にミツミ電機に5290円で100株買い建て参入した。3350円がなかなか上抜けないで、午後になって指数も下げ、この株も下げだしたので5310円で脱出した。この判断は良かった。デイトレードでやるつもりが、この銘柄に参入したのは間違いでした。基本的にこの株はスウィングで持たないとなかなか利幅を期待できないのに。

 ミツミ電機:+2000円
 
 午後になると全体が利益出しで売られて下げている。ところが、どういう訳かそれまで3100円近辺でうろうろしていた乾汽船が急騰して16日に到達した3260円を付けていた。そんなに上がるとは予想だにしなかったし、株価を見てびっくり。益出ししようか迷っている内に反落してしまった。しかし何故急上昇したのだろうかとニュースを調べたのだが何も無い。

 乾汽船は3170円迄下げた後再び3260円を覗き、その後反落した途中で3230円で100株追加買い建て。しかし、先物が16430円迄戻した後、すぐ反落したのでこれも下げてしまった。結局先物に振り回される相場地合です。新興市場に一部資金を移して良かったと思う。

 保留銘柄
 乾汽船 買い建て +4000円 (前日比 +4万円)
 乾汽船 買い建て -1000円
 小松製作所 買い建て -28000円 (同 -1千円)
 サイバーコム 買い建て +3000円 (同 +10万円)
スポンサーサイト



うれしいサイバーコム
2007年 10月 24日 (水) 11:04 | 編集
 昨日買い建てたサイバーコミュニケーションズが8.5万円で寄りついた後反落しましたが、その後じり高となりストップ高迄つけている。確かに昨日前日終値を下抜いたときは多少焦りましたが、負け惜しみでは無いですが、今日の上昇を半分期待をしてました。というのは、以下の理由です。

 1)昨日の下げは相場全体の下げで、個別の理由ではない。
 2)終値で200日移動平均線の上で止まった。
 3)貸借倍率が一倍を切っていて、昨日更に売り超状態が強まり、逆日歩がつく可能性が高い。
 さらに良かったのは
 4)米国市場の上昇で地合が安定しているからです。
copyright (C) 私の株取引日記 ( Hit & Run ) - 株投資の誤解・間違いから成功へ all rights reserved.
designed by polepole...