負け続けの悪戦苦闘のトレード日記
私の株取引日記 ( Hit & Run ) - 株投資の誤解・間違いから成功へ
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
また大失敗
2007年 12月 28日 (金) 11:01 | 編集
 今日は安くなると思って様子見をして、下げ止まったところを買おうかと思っていたのですが、フルスピードが昨日より3万安い172万円で寄り付き反発し、その後の上昇具合であわてて179万の高値で買ってしまった。これが大間違いで、だまされました。一応177万円辺りで損切りしようか考えたんですが、またやり過ごしてしまい、傷口を大きくしてしまいました。マザーズが下げを見せるとこれも同様に急落してしまい、170、つづいて160万円を下抜いてしまった。え~、こんなに下げるの?170万円では底固いだろうと思っていたのですが、やはり、日経平均銘柄でないから買い支えがないんでしょうか。まだまだ学習が足りず、同じ失敗ばかりしている。金利もかかるし、持ち越しはしたくなかったんですが、仕方がありません。とほほ。来年はもっと買い参入のタイミングを勉強しないといけない。でないとこれは死活問題です。

 保留銘柄
 フルスピード 買い -190000円

 どうやら一昨日の上昇分を全部吐き出したようなので、これで下げ止まることを期待しますが、徹底的に下げますね。あ~、ここら辺で買いたかったな。やっぱり、今日は半日のトレードで買いが入らない。例年この時期は上昇を見せるので、その見通しを持っていたのですが、環境が良いか悪いかをよく考慮して判断するべきで、まだまだ相場に対する見方が甘かった。
スポンサーサイト
外出してトレードできず
2007年 12月 27日 (木) 15:02 | 編集
 午前中に用事で外出し12時ちょっと過ぎに戻ってきましたが、指数は弱含みで個々の銘柄も上がりそうで上がらず、下がりそうで下がらない。そんななか、昨日一時は買いを、そして持ち越しを考えた大和紡績が上昇していて午後に高値を付けてきた。あ~あ、やっぱり上げた。結果的に勘が当たるんですが、なかなか買いのタイミングが掴めずとうとう買えず終いでした。明日に期待しましょ。
航空電子は見切りをつけて脱出
2007年 12月 26日 (水) 14:46 | 編集
 昨日よりも安く推移した日本航空電子は1705円で益出し脱出した。重ね重ね昨日のギャップアップでの益出しチャンスを逃したことが勿体ない。今後は安易な期待をしないようにします。
 東証銘柄がなかなか上がらないので、10時過ぎから上昇していたマザーズに注目して、フルスピードに170万円で1株買い建て参入。午後寄り付きから上昇し、176万円をつけたあと急に反落したので、180万円の目標を176万円に変えて我慢していたんですが、反落して173万円をつけたので、指数も下げを見せていたし、さすがに怖くなって益出しをしてしまった。しかし、その後反発して177万をつけるまで上昇。あ~あ、くやしいなあ。本当は持ち越しも良いかなと考えてもいたのですが、リスクを取るのが怖くて仕方がありません。

 日本航空電子:+14000円
 フルスピード:+30000円

 今日のマザーズは強かった。その後この株は更に上昇し、自分の目標の180万円をつけました。あ~あ、残念!我慢のしどころが難しいですね。
くやしい、また我慢が足りなかった
2007年 12月 25日 (火) 15:23 | 編集
 航空電子は午前中に1695円をつけ、午後はそこからじり高となり、1720円で大引けした。そして、新たに買い建てた第一中央汽船は午後の安値588円をつけた後600円手前まで戻しては下げ、戻しては下げてようやく14時過ぎに反発。608円をつけた後反落したので、15時10分前くらいまで我慢していたのですが、揉み合いがすごくてとうとう根気負けし、当初611円の目標をやめて、604円で脱出してしまった。ところが、その後上げて612円をつけるまで上昇して610円で終了。あ~あ、くやしい。やはり、参入が遅かったのが、儲けが少ない第一の原因ですね。余裕が無かったからです。それとこの株の値動きに慣れていないこともあります。でも、負けなくて良かったと考えます。

 第一中央汽船:+4000円

 保留銘柄
 日本航空電子 買い +29000円 (前日比+1.9万円)
とんだ目論見違い
2007年 12月 25日 (火) 11:20 | 編集
 持ち越した航空電子。1745円で寄り付き、良い感じ。大きくギャップアップしたので多少の益出しで下げることは覚悟していた。寄り付きから20~30分くらいからかなりの銘柄が反発を始め、10時くらいには寄り付きか、それを越えてきている銘柄が目立ってきていた。ところが、航空電子は全く買いが入らず、とうとう金曜の終値を下抜いて買値と同じ1691円での買い気配で前場を終了。まいったなあ。今日も上げてくれることを期待して我慢していたのに、みすみす5万円程の利益を逃してしまった。また同じ失敗。ギャップアップしたらどんどん利益を取ろうと以前も決めていたはずなのに。駄目な奴。

 仕方なく海運が上昇していたので、第一中央汽船に600円で1000株買い建て。太平洋海運、共栄タンカーとこの3社のどれにしようか迷ったのですが、選択の間違いをしました。先の2銘柄は上昇率が大きかったのでこれからの上昇がどうかと思い、第一にしたのですが、第一は買値近辺を上下して揉み合い、他の2銘柄はきれいに上昇していってしまった。太平洋、共栄は第一よりも上昇率が上でしたので、それを信じるべきだったのかなという印象です。最近やることなすこと全て裏目に出る感じで、また自信をなくしそう。午後に期待しますが、これで年内中のプラマイゼロに戻す事は無理になってしまいました。
うれしい米国市場の大幅上昇
2007年 12月 22日 (土) 14:24 | 編集
 金曜の米国市場はダウが205ドル高、ナスダックが51ポイント、シカゴ日経先物が15630円で大証のそれよりも320円高で終了。RIM(リサーチインモーション)が予想より良い業績発表を行ったのと、メリルリンチにシンガポールの政府系ファンドが投資を行うというニュース、そして、11月の消費者支出が突出して高かったことが好感されて上昇しました。しかし、これからは米国の消費が減速するかどうかをしっかり見極めて行く必要があります。

 やったあ。持ち越した甲斐がありました。やはり、木曜で米証券会社の決算発表が終わったので、売りは終わり上昇すると期待した読みが当たりました。今後は1月の後半に始まる米国の決算発表まで上昇を描いていくような感じを抱いています。もちろん、いろいろな経済指標の発表で上げたり、下げたりするでしょうが、基本的には売りがない分上げ基調を期待します。また、米国株も、特に日本株は非常に割安な水準にあるので、好業績な銘柄をしっかり選べば期待を裏切らないのではないでしょうか。それから、最近目につくのがM&Aのニュース。ほとんど連日のように発表があります。昨日も学研でしたか、秀文社を買収するニュースが出ました。8860円がTOB価格なので、すごい高値で寄りつくんでしょうね。でも、また買い気配数が大きく参入する隙間がないのではないかとあきらめてますが。

 来週の指標の発表は25日(火)はクリスマスで休場、26日(水)は米MBA住宅ローン申請指数、米週間チェーンストア売上高、米週間大規模小売店売上高、欧州・香港休場、27日(木)は米11月耐久財受注、米新規失業保険申請件数、28日(金)に米11月新築住宅販売件数の発表があります。

 ようやく利益を上げられそうになってきました。これまで自分の相場に対する読みが当たっているので、今後は読み通りの、それに沿ったトレードを臨機応変にしていこうと思います。だから、今後は勇み足や、突然の考えの変更はしないようにしてなんとか利益に結びつけたいと思います。 では、Happy Trading.
今日はすごい上げ
2007年 12月 21日 (金) 15:00 | 編集
 今日はみんな待っていたように上昇しました。閑散に売りなしという感じです。昨日までで米国の証券会社の決算が終わり、とりあえず出尽くし感がでてかなりの銘柄が反発してます。これを予想していたのですが、昨日の参入が高値すぎてまだ少しの含み益にすぎません。自分の拙さに反省しきりです。昨日空売って、今日買えてたらすごい利益だし、上手い人はこういう機会をものにしてしまうんでしょうね。もっと研究しなくては!!!とにかくみんなすごい、特にマザーズの上げが...こういう時に余力があったらとくやしい思いをしてます。だから、はやくもっと稼がなくては。

 保留銘柄
 日本航空電子 買い +10000円
なんてへたくそなんだろう...
2007年 12月 20日 (木) 15:01 | 編集
 何の根拠もないのにどういう訳か、今日は先物が上げてくれそうな感じがしたので、日本航空電子に揉み合いを見せていたところ、よりによって1691円で買い建て参入をしてしまった。これが大失敗。昨日、今日も下げるだろうとの予測を自分で日記に書いていたのに、異なることをやってバカな失敗をしてしまう。まったくへたくその極みです。おかげで株価は買いが入らず大幅下落して1650円を下抜いてしまった。うわー、これは完全に目論見違い。1650円以下の安いところで買いたいと今迄我慢してきたのに、最後に失敗をしてしまう。これ程下げるなら、まちがえて売りをやったら良かったと思うくらい。買いに入るのに、完全に上げを確認できたところで入るべきなのに勇み足をしてしまう。そういえば、参入のルールも完全に無視していた。最近セオリー通りの株価の動きを見せないので、すっかりでたらめの買いをやってしまう。これではいけない。初心に戻らなければ!!

 今日の方が昨日より下げがきつい。見切り売りが多く出ているのだろうか?セリングクライマックスみたいな感じ。ところで、昨日空売りを入れた人は今日儲けたのだろうか、だとしたら自分が下手なトレードばかりするもんだから、相当上手い人なんだなと感心する。でもなんで売りを考えられないんだろう。このメンタリティーがおかしい。

 保留銘柄
 日本航空電子 買い -65000円
今日も弱い地合でした
2007年 12月 19日 (水) 15:28 | 編集
 朝方こそ鉄鋼セクターが上昇を見せましたが、あとは大引けにかけてじり安状態でした。今晩のモルガンスタンレーの決算発表があるので様子見気分が強いのではと思います。明日もベアスターンズの決算発表がありますから、今日の様な展開になるのではと思います。

 今日も参入できず。どういう訳か今日もまるで眠り病にかかったように、とにかく目をあけていられませんでした。だから午後になっての空売りのチャンスを逃してしまい、大引けにようやく目が覚めて後からくやしい思いです。こんなことではこうむった損失を取り返すのは今月中には難しくなるので、もっと真剣にやらなくてはいけないのにだれている。喝!
参入が遅すぎたかな?
2007年 12月 18日 (火) 15:52 | 編集
 今日は安く寄りついた後30分過ぎ頃からかなりの銘柄が上昇した。そこで大和紡績に305円で買い建て参入した。ところが、ちょうどそこが上げのピークでそのあと反落して298円で前場を終了。午後になるとギャップアップで始まり307円まで上げた後、先物が急落したので、これも反落。なんとか戻るまでと我慢していましたが、先物がさらに下げを見せたので見切りをつけて302円で損切り。しかし、今日は下値が固く、299円で下げ止まり、その後戻していき313円で大引け。く~、やっぱり上げてきた。午前中の下げであれだけ我慢したのに、午後は出来なかったとくやしい限り。

 大和紡績:-3000円

 負けの原因ももっと早めに参入していれば、高値づかみを回避できたわけだから、もっとタイミングを考えないといけない。実は睡眠不足で場が始まったあと居眠りをしてしまい、それが原因とも言えなくも無いが、午前の高値をやめて午後の参入でも良かったのかも。
先物が安く始まる
2007年 12月 17日 (月) 14:29 | 編集
 先物が安く始まった後結構底堅く推移し、午前中には反発をしたので、空売りはあきらめたんですが、個別銘柄はじりじり下げていました。午後になって顕著に下げだしたので参入したいと思い、いろいろ物色しましたが怖くて躊躇してしまい、何も出来なかった。しかし、乾汽船が大幅安で13時30分過ぎにそれまでの揉み合いを下抜いたので500株成り行き注文。たしか注文を入れたのは1860円近辺だったと思いますが、随分下の1851円と1852円で約定した。その後はすごい揉み合いで、もう気が気でなかったので、目標は1830円近辺だったのですが、1840円に、そして1846円に戻し指し値を入れて脱出しました。しかし株価は一旦1840円手前まで戻った後、1830円を下抜きました。弱い銘柄は我慢して持つ方が得策のようです。しょぼい利益で、がっかりです。遅い参入のせいか揉み合いがすごく、脱出させられたので、もっと早い参入を心がけないと...

 乾汽船:+2700円
月曜はまた安く始まりそう
2007年 12月 15日 (土) 11:00 | 編集
 昨日の米国市場はダウが178ドル安、ナスダックが32ポイント安、シカゴ日経平均は15490円で終了し、大証のそれより80円安。昨日発表された11月消費者物価指数がここ2年以上で最大の上昇を見せた。原油価格の上昇がここに来て顕著に現れてきたようです。サブプライムローン問題で景気後退が懸念される中、インフレ懸念がでて、金利を簡単には下げることができなくなった連邦準備銀行の経済運営が難しくなって来ました。今までは結構楽観視していましたが、いよいよ景気後退が本格的になりそうでベアマーケットに突入かという危惧を抱いています。これにより、買いの場合、東南アジア市場に軸足をおく銘柄が何処まで頑張れるかなと思いますし、また昨日の日記に書きましたが、買いよりも売りをトレードの基本においた方がいいのかなとも思います。

 来週の経済指標は米国では火曜に11月住宅着工件数、ゴールドマン・サックス四半期決算、木曜に第3四半期GDP確定値、12月フィラデルフィア連銀景況指数、新規失業保険申請件数、ベアスターンズ四半期決算、金曜にPCEデフレータ・個人所得/支出の発表があります。

 先日シティバンクがSIVの資産負債を本体のバランスシートに計上すると発表したことで、格下げを受け、昨日日本市場が下げることになったので、来週のゴールドマンとベアスターンズでも同様の可能性で市場が下げる恐れがあるので、要注意です。これからは買い主体のトレードは大変になっていきますが、うまく立ち回って利益を上げていきたい。ではそれを願って Happy Tradng.
今日は反発を期待しましたが...
2007年 12月 14日 (金) 15:01 | 編集
 先物がギャップアップで始まり期待はずれでした。その後は乱高下して、思ったより上値が重い展開です。そんな指数の動きをよそに、日本航空電子がギャップダウンから反発、反落、そして上昇とどちらかというと指数に逆行している。昨日の終値を上抜き、また下げたところで1738円で1000株買い建て。午後になると指数の反発とともに動意づいて1770円をつけた。その後はその手前の揉み合いになり、目標は1780円だったが、再度先物が反落したので1766円で脱出した。しかし株価はそれもなんのそので1773円近辺迄戻している。持ち越すか、益出しするか悩みました。この株は予想外の底堅さを見せるので、先物の動きに合わせての売り買いは出来ません。だから、買いをやるには安心感があります。

 日本航空電子:+28000円

 ところで、新興市場の下げにはびっくりですね。なんでこんなに下げるんだろうと思います。ロングトレードは危なくて出来ません。上手くいかないので空売りをあきらめていたんですが、昨日、今日の下げを見て、もっと真剣にトライしてみようかなと思ってます。不動産なんかも弱いですしね。
SQ前でやっぱり下げた
2007年 12月 13日 (木) 14:48 | 編集
 日経は多少上げてから下がるのではと思ったら、初めから安く始まりましたね。今日は朝早くから外出したのでなにも出来ず終い。12時頃に戻った後、画面を見ていたがどれも反発の兆しを見せる株が出てこない。やっぱり、Major SQ精算日前だからなのかと思います。まっ、とにかく安く買いたい自分としては良いことだと思っていますがね。

 昨日益出しした大平洋金属は一旦は1237円と高値を付けましたが、その後は大きく下落しています。良かった脱出しておいて。今晩の米国市場で失業保険申請件数、生産者物価指数、小売売上高、企業在庫の発表があり、またリーマンブラザーズの四半期決算の発表があるので、この決算で場合によっては大きく売られる可能性があり要注意です。もしそうなれば、明日は安く始まり、SQも終わり買い場となるのではと期待してます。
ようやく利益を上げられた
2007年 12月 12日 (水) 14:53 | 編集
 日経は大きく下げた後午後に入って反発の動き。先物は15700円で寄りついた後、大きな下押しがなく、午後になって15980円迄上昇した。大和紡績が底堅く推移していたので、午後に353円で1000株買い建て、359円迄上げた後反落したので、明日は益出し下落をするのかなとの予想から356円で脱出した。

 大和紡績:+3000円

 大平洋金属に午後に1209円で1000株買い建て。1190円近辺で入ろうかと押し目を狙っていたのですが、ほとんど下がらず、かなり高い価格での参入となった。でも、何とか上げてくれましたが、14時過ぎの先物の反落で思わず1221円で脱出してしまった。明日は窓開け上昇で始まりそうなので、本当は持ち越しを考えましたが、4日連騰でもあったので益出しをしました。

 大平洋金属:+12000円

 久しぶりの利益ですが、最近の弱い地合と被った大きな損失から思い切った参入が出来なくなっている。昨日も大平洋金属に入ろうにも入れずただ上げを見ていた。少しずつ自信を取り戻すしか無いようです。
また悪い癖が出て大損を!
2007年 12月 11日 (火) 11:25 | 編集
 コンピューターをつけてびっくり。DeNAがギャップダウンで始まってるじゃないですか!昨日で下げ止まりだったはず。調べてみたら、若者にフィルタリングサービスに加入させると言う総務省の意向で、この会社のモバゲータウンが制御対象になる可能性があるとの懸念で売り先行で始まったようです。本来ならば、ここですぐ処分すべきだったのに、65万円では下げ止まるだろうとの勝手な思いこみで、持ち続けてしまった。おまけに悪いことに、証券会社から格下げの投資判断が出されていたのを知らず、様子見をして65万円を切ってきたので慌てて64.6万円で損切りした次第。気がつけば、ギャップダウンで始まった辺りから5万円も下げていた。なんてバカなことをしたんだと悔やむことしきり。せっかく今月はプラスで来ていたのに、19.5万円のマイナスを一挙に被ってしまった。

 なんてこった。相変わらずバカな判断をして、損失を増加させる愚を犯している。また、今日になって、悪いニュースが重なり、泣きっ面に蜂状態で、少ない利益を含み損になった株を持ち越すことで一挙に吐き出し、さらに損失増大する、一番悪いパターン。いい加減に学ばなければ。今月20万円の利益を上げたいどころではなく、むしろ、20万円の損失を抱えてしまった。考えてみれば、参入後4日間トレードも何もせずにこんな損失を被る、バカな話だ。

 ディー・エヌ・エー:-195000円

 厳守事項: もう絶対に戻りを期待しての含み損がらみの株の持ち越しはしない!
3日目もマザーズは続落
2007年 12月 10日 (月) 15:23 | 編集
 DeNAの朝方は買いが入り、79.7万円迄上昇したので、これは今日は下げ止まったかなと思っていたのですが、10時15分前くらいからマザーズ指数が下げだし、これに呼応してDeNAも下げました。昨日の終値くらいで下げ止まったと思ったのですが続落でした。途中25日移動平均線が73.5万円辺りに通っていたので、ここら辺でいい加減止まるかなと思ったんですが、とうとう72.5万円の安値をつけてしまいました。さすがに3日間続落で割安感が出たのか、大引けは25日線を上抜いて終えました。これでようやく下げ止まった感じです。

 一日中こんな感じだったので、朝方ファーストリテイリングに買い参入をしようと思いましたが、DeNAで含み損が拡大したし、日経先物も終始弱含みな感じだったので、勇気が出ず買い損なってしまいました。株価は寄り付きから300円高で終了してがっかりです。まっ、仕方がない、明日以降頑張りましょう。

 いよいよ明日の米国市場で政策金利発表があるので、今晩はどう動くんでしょう?下げ期待が持続して上げてくれると良いんですが....
米国市場は?
2007年 12月 08日 (土) 19:16 | 編集
 夕べのダウは5ドル高、ナスダックは2ポイント安、シカゴ日経平均は16010円で大阪のそれからは70円高。期待された雇用統計は非農業者雇用数が9.4万人増加して、予想より6千人多いだけの期待はずれの数値でした。一方、時間当たり単価が0.3%の予想から0.5%の上昇となった。これで心配されたリセッションにはまだ陥っていないことと、11日のFEDの0.5%の利下げ期待の可能性が遠のいたという事で売り買い交錯の展開となったようです。

 来週の経済指標は米国で火曜日に10月分卸売り在庫、FOMC、木曜日に11月生産者物価指数、小売売上高、企業在庫、金曜に消費者物価指数の発表、日本では月曜日に10月機械受注、金曜に日銀短観、先物オプションSQ算出があります。

 昨日のマザーズの続落はどうしてだったんでしょう?米国の雇用統計次第で相場が荒れると踏んでのとりあえずの益出しだったんでしょうか?それならば短期的な下落ですぐ回復してくるのではと思っています。むしろ、そうであって欲しい。12日水曜日にこのDeNAの市場の鞍替えが行われ、東証一部に上場されるそうです。どんな影響が出るんでしょうかね。何が何でもプラスに動いてくれ~。余力が少なくなってますが、何とかやりくりして少しでも利益を上げられるように頑張ろうと思ってます。では、Happy Trading.
今日も拙い対応をしまいました。
2007年 12月 07日 (金) 15:00 | 編集
 安く始まったディー・エヌ・エーが反発して昨日の終値を上抜き、続いて自分の買値も越えてきたので、良かったと安心して他の買い候補を探していたら、いつの間にか大きく下落していた。しまった。84.9万円をつけたときに脱出すれば良かった。これも後の祭り。今日も続落するだろうとの昨日の読みが当たってしまった。80万円くらいで止まるだろうとこれまたのんきな事を考えていたらそれを下抜き78万円を下抜いた。マザーズが高値から暴落だ。なんてこった。どうしてこんなに下げるんだろう。もしかしたら、日経、東証に買いが戻ってきたので新興を手仕舞って乗り換えようって事だろうか?そうなったら株価はなかなか戻ってこない。でも他に方法がないのでじっと我慢するしかない。

 この株は六日前の安値迄下げてしまった。通常このように上げている株は東証銘柄の場合これ程下げてこないと思うのですが、やはり個人主体の市場だとこういう反応をするんでしょうか?少しの気のゆるみから大事に至ってしまう、今後はもっとシビアに出入りを行わなければいけないし、新興銘柄の動きにもっと慣れないといけない。

 午前中の日経平均の上昇に、ある銘柄を観察していたら、なかなか上げてこない。そうしている間に他の銘柄がどんどん上げて、気がついた頃にはもう手遅れ。午後に頑張ろうとしたら、今度は先物の下げが出てきてみんな大きく下落した。よし、安くなったところで買い参入しようと東邦チタニウムに3700円で100株買い建て。200株買いたかったが、DeNAのおかげで100株に。やはり含み損を抱えるといろいろと支障が出ます。

 保留銘柄
 ディー・エヌ・エー 買い -74000円 (前日比-5.6万円)
 東邦チタニウム  買い +2000円
想定外の下落でプラスをマイナスに!
2007年 12月 06日 (木) 15:02 | 編集
 また拙いことをやってしまった。88万円で寄りついたディー・エヌ・エーが86.6万まで下げた後また戻してきたので、これまで通り上げてくると思い、またもう1日持ち越しをしようと、眺めていたらじりじり下げてきて前日終値近辺での前場引け。これもボリンジャーバンドの上辺を大きく上抜いていたので嫌な感じはしていたんですが...午後には反発するのではとの淡い期待は見事に裏切られ、株価はギャップダウン、そして続落した。ようやく84万円近辺で止まったと思いちょっと席を外していたら、いつの間にか82万円を下抜いていた!え~、何でだ!マザーズ指数も同様に大きく下げていた。一昨日と昨日の下げで大して下げないと高をくくっていたのが甘かった。以前決めたデイトレ、もしくは1日のみの持ち越しを破ったせいで、4万円の含み益を2万円の含み損にしてしまった。まったく情けない決断をしたもんだ。以前も初めから持ち越しを決めたことで同様な結果になったことが何度もあったのに、同じ失敗を繰り返した自分が非常に情けない気持ちでいっぱいだ。もう二度と同じ失敗をしないと誓います。アーメン、ん?ちょっと違うか。

 午前にファーストリテイリングに8110円で100株買い建て。これもいつもの高値掴みで失敗、株価は8140円迄上昇した後、午後から先物の下落につられて8000円迄下落。しかし、この株はDeNA程には下げなかった。DeNAは一度ここまで下げると上値が非常に重くなるようです。ファーストリテイリングは8160円で指し値戻しをしておいたが、不安で1130円で脱出しましたが、プラスで良かった。

 ファーストリテイリング: +2000円

 おいおいDeNAはちょっと下げすぎでないですか?一時は-3.1万円の含み損で最悪です。もうこんなことならどんどん脱出すれば良かったと後悔先に立たず。これはマザーズの益出しの感じで、明日も下げそう。一方日経先物は戻して午前の高値を越えて一時15920円の高値更新です。

 保留銘柄
 ディー・エヌ・エー 買い -18000円 (前日比 -3.7万円)
日経は続落で始まるも...
2007年 12月 05日 (水) 15:02 | 編集
 日経は窓開け下落で始まったので、DeNAがどうなるか心配だった。若干高く寄りついた後反落を見せたので、内心冷や冷やもんでしたが、5分過ぎから上昇を始めて高値87.5万円をつけるまで上昇した。そこで脱出すれば良いのに、どういう訳か86.6万円で買い建てしたので、まだ利益が少ないと待ってしまいました。後から気づいてあわてて成り行きで脱出したところです。期待した利益よりうんと少なくなってがっかり。

 ディー・エヌ・エー:+11000円

 その後マザーズも昨日の終値を下抜き大きく下落したので、DeNAも連動して下げました。昨日つけた安値で下げ止まった後反発して、午後寄り付きも上げそうな気配だったのと、日経もそろそろ反発しそうだし、84.1万円で一株買い参入。しかし、まだまだ読みがあまい。株価は反落し83.5万をつけたので、くやしくてくやしくて仕方がなかった。というのは、また下げてくると予想したのに、その待ちが出来なかったからです。その後揉み合いを続けた後14時過ぎには前日終値を超えてきて85.8万円をつけるまで上げたので、良しやったと思ったら、戻り売りで84.3万円迄下落した。上げたり、下げたりジェットコースターのようです。も~お、がんばれ~。

 保留銘柄
 ディー・エヌ・エー:+19000円
今日も東証は益出しの売りで下げる
2007年 12月 04日 (火) 15:03 | 編集
 日経平均の下げにもかかわらずマザーズは続伸の動きを見せました。昨日持ち越したDeNAですが、寄りついた後若干の益出しで売られて下げた後は反発し、85.7万円をつけ、その後反落したので成り行きで戻したら85万円の思ったより安いところで約定した。

 ディー・エヌ・エー: +19000円

 株価は最初の高値を付けた後、10時過ぎには84万円まで下げた。そこで新たに買い建てしたかったんですが、居眠りをしてしまいこの好機を見逃してしまった。その後株価は反発し、13時に87.3万円まで上昇した。途中、86.1万円で買い建て、87万円をつけた後の反落で86.3万円で脱出。

 ディー・エヌ・エー:+2000円

 午後に安く買おうと引き続き観察して、85万円で何回か反発したので下げ止まりかと思い、85.6万円で買い建てたら、まだ下がありました。マザーズが益出しで軟調になり、これも昨日の終値を下抜いてしまった。完全に買いのタイミングの失敗です。やはり、安く買おうと下げる地合で買ったのは間違いで、相変わらず買い方がへたくそです!!情けない。

 保留銘柄
 ディー・エヌ・エー 買い -3000円
上げると思ったDeNAに買い参入、でも...
2007年 12月 03日 (月) 15:03 | 編集
 今日は予想通り日経平均は益出しで下げたので、空売りをしようかと観察して、チャンスはあったのだが出来なかった。勇気がいる。まだ何処で空売り参入するかのポイントが掴めていないので、しばらくそれの研究が必要です。

 空売りはあきらめて、午後からの反発を期待してDeNAを観察。14時前に上げだした81.2万円で1株買い建て参入したが、直後に下げだして80万円まで下げた。しかし今日の上げを期待して我慢した甲斐があり、マザーズ指数の反発に伴って上昇してきた。しかし、82万円で300株以上の売り物があり、株価ももみあっていたので、2株も持ち越しはしたくない気持ちから、今日買い建てた分を81.7万円で脱出したら、これが勇み足。株価はその後一本調子の上昇で83万円をつけた。もう一つの買値にもうちょっとだ。頑張れ。明日はギャップアップを期待します。(うれし~い、プラス転換したあ!)

 ディー・エヌ・エー:+5000円

 保留銘柄
 ディー・エヌ・エー 買い +5000円 (前日比+5.9万円)
米国市場も上昇
2007年 12月 01日 (土) 12:51 | 編集
 夕べのダウは59ドル高、ナスダックは7ポイント安、シカゴ日経平均は15790円で終了し、大証のそれとは60円高。アジア、欧州市場の堅調さを引き継いで、米国も始まってすぐダウが155ドル高となった後、3日連騰からの益出しの売りで押されたが、それでもかなりプラスで終えた。一方ナスダックも同様に19ポイント高となったが、デルの業績予想の下方修正で売られ若干の安値引けとなった。一昨日のバーナンキFRB議長の声明で12月11日に開かれるFOMCで、3度目の金利下げの可能性が示唆されたことでのここ数日の上昇でした。また為替もドル円が111円台に戻してきたので日本市場にとっては良い材料です。

 来週の経済指標は米国で月曜にISM製造業景気指数、水曜にISM非製造業景気指数、木曜に新規失業保険申請件数、金曜に雇用統計があります。日本では木曜に11月工作機械受注、金曜に第3四半期実質GDPの発表があります。また,水曜にオーストラリアでは豪中銀の政策金利、欧州でも木曜に英中銀、ECBの政策金利発表、OECD経済見通しの発表があります。

 金曜の個別株の上昇があれほど続いたのは意外で、金利引き下げの可能性があれほど相場に底堅く働くとは思いませんでした。さて、来週は2日続伸となった日経平均ですので、月曜か火曜にまた益出しで売られる可能性が高いと思いますので、その後の反発でしっかり取っていきたいと思っています。では、Happy Trading.
copyright (C) 私の株取引日記 ( Hit & Run ) - 株投資の誤解・間違いから成功へ all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。