FC2ブログ
負け続けの悪戦苦闘のトレード日記
私の株取引日記 ( Hit & Run ) - 株投資の誤解・間違いから成功へ
個別は大きくギャップダウンで始まり
2008年 05月 12日 (月) 15:37 | 編集
 持ち越し銘柄全てが大きくギャップダウンで始まり、余力がすぐに30%以下になってしまったので、上がるまで待つつもりだったが損切りをしていった。

 ジョイントが968円で寄り付いた後戻しそうだったのだが、すぐ下げたらあわてて973円で脱出してしまった。これは痛い早とちりでした。株価は順調に上げていき、午前中は966円迄上昇した。途中、900円辺りで買い参入しようと思ったが、勇気が出ずに見逃したら続伸、で成り行き500株買い注文を入れたら923円で約定。午前の高値から下落局面で怖くなって935円で抜け出した。我慢して持ってれば、損失を3万円以上少なくできたのに、また下手なトレードをしてしまった。

 ジョイント:-51900円
 ジョイント:+6000円

 乾も1600円を下抜いても戻すだろうと我慢していたが、続落を見せたので堪らず1568円で300株脱出したら、15分過ぎには下げ止まってしまった。これは持っていればプラスになったのに悔しい。

 乾汽船:-13500円

 アルデプロも大幅ギャップダウンだったので損切りしたのだが、10220円でほとんど安値近辺。おかげでビッグロス。

 アルデプロ:-31500円

 日本綜合地所もギャップダウンで損切り。

 日本綜合地所:-9500円

 合計10万円以上の損失となり、せっかくこつこつ稼いだ利益を吐き出して情けない。

 乾汽船が1654円をつけた後下落したので、1613円で買い建てていた200株を1626円で戻した。

 乾汽船:+2600円

 その後乾汽船に400株1623円で買い建て。揉み合いで結局1620円で脱出。

 乾汽船:-1200円

 保留銘柄
 カシオ  買い   -48800円
 ジョイント 買い  -13200円
 乾汽船  買い  -49200円

 乾は一時6万円以上の含み益だったが、下げ局面でもぼうっと見ていたために大事な利益を失い、さらには損失を被り、一番やってはいけないパターンだ。また急騰していた不動産銘柄に色気を出して買いを行い、急騰の反動で大きく下がり、おまけに余力目一杯に買ってしまったので余裕がなくなり、やりたくない損切りをしてしまう羽目になったことは大いに反省すべき点です。
スポンサーサイト



copyright (C) 私の株取引日記 ( Hit & Run ) - 株投資の誤解・間違いから成功へ all rights reserved.
designed by polepole...