負け続けの悪戦苦闘のトレード日記
私の株取引日記 ( Hit & Run ) - 株投資の誤解・間違いから成功へ
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
不注意なミス
2008年 06月 30日 (月) 15:05 | 編集
 午前中の地合は良くもなく悪くもないという状態で、今まで大きく売られていた環境、商品市況関連銘柄が買われていたようです。日本電工は前日比31円高で始まった後急上昇しましたが、朝方オルガノの空売りに参入したので見逃し、また乾汽船を買うと言っていましたが、今日は反落していたので見送りました。

 オルガノは前日終値を下抜いていたので、それ程下げないのではと思い様子見をしていたら続落。1237円で成り行き売りを入れたつもりでしたが、1233円での約定となりました。株価は何とか下げてくれて1217円をつけた後戻したので1222円で即脱出。すぐ戻してくるんではとびくびくでした。結局1205円をつけるまで下落後反発上昇。

 オルガノ:+11000円

 昨日持ち越したウシオ電機がギャップアップして続伸。もみあった後再上昇を見せたので、このまま上げてしまったらとあれこれ考えてしまい1778円と1777円で損切り。1~2日待つつもりがもう我慢できませんでした。ところが、株価はは1782円をトップにじり安となり1734円をつけるまでに下落。やっぱり警戒しすぎたか。がっかり。

 ウシオ電機:-14900円

 その後、前日終値を上抜いたオルガノに1282円で買い参入。1313円まで上げたときにさっさと益出しすればよいものを欲をかいてもっと上げるまでと保留しすぎて、結局戻り売りで下落して含み損になってしまった。必ず売られる弱い地合なのになんで長く持つのか、本当に下手なトレーダーで自分が嫌になります。環境関連は今日は固いだろうと勝手に決めたのがいけなかった。

 保留銘柄 
 オルガノ 買い建て  -22000円
スポンサーサイト
夕べのダウは続落ですが
2008年 06月 28日 (土) 09:12 | 編集
 ダウが106ドル安、ナスダックも5ポイント安と続落でしたが、シカゴ日経先物は13560円と大証からは30円高です。大証先物の時間外取引終値は確か13480円くらいだったと思いますので、それからは80円高となります。米国市場の下落は原油価格が一時142.99ドルをつけ、140.54ドルで終わり、引き続き景気不安から売られた次第です。

 来週の日本株は基本は反発と思いますが、輸出企業にとっては為替が円高で、株価の押し下げ要因となります。短期的には反発しても、世界的に原油高からくる物価高、食糧事情の逼迫により今まで好調だった新興国経済も景気後退局面入りする可能性が高く日本の輸出企業も影響を受け、決算の通期予想の多くが減益になる可能性が高いので株価の反発上昇は望み薄です。来月後半の第1四半期決算の発表で明暗がはっきり出そうです。

 そんななかここ数日の相場下落に反して逆行高を演じているのが海運業です。特に乾汽船と商船三井が目を引きます。この業界は原油高でコスト増ですが、それ以上に食料、鉱物資源などの輸送能力に逼迫感がなくならないので業績は好調です。ましてや株価はかなりの割安水準にきていることで最近の上昇に繋がっていると思います。

 来週の経済指標は米国で月曜に6月シカゴ購買部教会景気指数、火曜に6月ISM製造業指数、水曜に6月ADP雇用統計、5月製造業受注指数、木曜に6月ISM非製造業景気指数、6月雇用統計、金曜は独立記念日で休場、日本では結構決算発表があり、月曜にOSG、サークルKS,ダイセキ、火曜に不二越、久光製薬、ポケットC、水曜にABCマート、ファミリーM、木曜に3エー、松屋、ローソン、ニトリ、金曜に日本オラクル、CFS、プレナスなどの発表があります。

 月曜は乾を中心に買いをやろうかと思います。それと昨日持ち越したウシオ電機がどうなるか、興味津々です。今週は損を出したので来週は頑張って稼がないと。では Happy Trading. 
また空売り失敗 
2008年 06月 27日 (金) 15:01 | 編集
 今日は米国の大幅下落で日経も大幅安で始まりました。観察銘柄はどれも安値をつけた後反発したのでそれが収まるまで待っていると、スター精密が高値後に反落し出しだしたので、また少し躊躇してVWAPを下抜いてからと思い、株価は1670円を下抜いた頃成り行き売りを入れると、1000株1662円と1661円で約定してしまった。昨日の決算で減益だったので今日は下げると思ったのですが、下げが大きすぎたんでしょう。その後は1659円で下げ止まり揉み合いでした。ところが午後になるとギャップアップで始まり、戻していくのでとうとう我慢できなくなって700株だけ1687円での高値で損切り。その後は先物の下落でこれも下落し1668円のVWAP線で止まり再度戻していくので、残りの300株を1674円で損切りです。

 スター精密:-17500円
 スター精密:-3800円

 ウシオ電機が安寄り後急上昇していて1780円をつけた後の反落で1744円と1743円で500株空売り約定。その後は再度急上昇して1802円まで上げました。まだ上昇が終わってなかったんですね。その後前引け15分前から反落し出し午後も続落、1711円をつけて揉み合いとなったので1718円で脱出。

 ウシオ電機:+12600円

 この違いは参入が上昇一服後か今日の安値近辺かによりこんなに大きなものとなりました。月曜も続落かとは思いますが、米国市場も今年の最安値更新だったので短期の買い戻しがあるかもしれないとデイトレード対応です。

 オルガノにも空売り参入を考えていたのですが、スター精密の減益決算にこだわりすぎました。オルガノに入っていればと残念です。チャートの位置を見ればまだまだ高値圏のオルガノ、安値圏のスター精密、おまけにオルガノの寄り付きは65円安、スターは110円安で参入前に確認すべきだったのです。

 ウシオ電機が更に下落を見せたので1703円で200株空売りしました。これは持ち越しです。1800円の抵抗線を今日抜けなかったので来週以降も下げを期待しますが、これやってまた失敗かな?

 空売りは待つことと覚えたり

 もちろん先物指数が下げることが前提ですが、もっと我慢できればスターの損失は少なくできたようです。ウシオへの2回目の参入も同じ持ち越しなら待った方が高いところで売れたので、とにかく最安値近辺での売りは気をつけないと戻す確率が高いですね。

 保留銘柄 
 ウシオ電機 売り建て  -800円
やっぱり空売りは難しいなあ、自分には
2008年 06月 26日 (木) 14:05 | 編集
 でも慣れないといけません。さもないと今の様な状態である程度の利益を出すのは難しいですから。さて、今日は昨日の終値付近で始まった先物は15分過ぎから下げに転じたので多くの銘柄も下げを見せました。

 持ち越した黒田電気は予想に反して30円も下落して始まりましたが、戻して1562円迄上げました。他の銘柄の観察で目を離した隙に急落して気がついたときには1533円程。1530円からは戻すだろうと思っていたら実際に1530円をつけると怖くなって損切りしてしまいました。

 黒田電気:-5700円

 この下げが本物かどうか分からないので待っていると30分すぎても続落していくので、日本電工に高値で売りか、新神戸電機の下げに便乗か、迷っていると更に下げて、あわてて新神戸電機に980円で空売り参入しました。ところがなかなか素直に下げず戻してしまい、10時過ぎに下押ししたときに977円で脱出しました。その後反発し助かったのですが、午後になるとトレンドラインを一直線に引ける下げを見せて966円の安値をつけました。う~ん、狙いは正しいようですが、難しい。

 新神戸電機:+3000円

 その後オルガノに1401円で買い建て参入、1430円くらいまで上げるのではと思っていましたが、安全をとって1421円に戻し注文を入れておくと、午後になってそこを軽々と通りすぎ1433円迄上げました。しかしその後は下落してます。予想は見事的中で一安心。
 
 オルガノ:+20000円

 その後スター精密が前場の後半から上昇をみせ、午後も続伸していた。今日午後に決算発表があるので、好決算期待の買いで上げているのだと思います。1808円で400株買い建てると、1819円迄上昇した後は揉み合いとなり1812円で動きが止まったので成り行き脱出しようと注文をいれたところ、なかなか約定しないので注文をみると、1812円の指し値注文をしていたんです。あ~あ大失敗。その間に株価は下落し、あわててやり直すと1808円の買い値同値脱出になってしまいました。軽率な動きで、時間と手数料の無駄に終わってしまいました。

 スター精密:+-0円

 くやし~い、新神戸電機が続落している。日足チャートで今までの底値抵抗線を下抜いていたので空売りしたのですが、判断は間違っていなかったんです。まだまだ経験不足ですね。結局参入が遅すぎたから余裕がなくなり脱出を余儀なくされたということで、これが自分の課題です。なぜ新神戸が下げるのかと思い、GSユアサ、古河電池を見るとこれらも下げてました。高値益出しからの下落ですね。
今日はもう踏んだりけったり
2008年 06月 25日 (水) 11:33 | 編集
 一応安く始まったオルガノでしたが、1440円を一瞬下抜いた後戻してきたので、もうこれまでかと思い1447円で損切りしました。ところが、指数が10時をすぎから急落し、これを含めて観察していた銘柄群がじりじり下げだしたのですが、ぼうっと見てしまい絶好の空売り参入機会を見逃してしまいました。あわてて1159円で日本電工に、続いて1410円近辺で成り行きでオルガノに空売り参入。日本電工は他は下げるのにこれは動かないので同値で脱出。オルガノは1396円をつけた後戻して1400円で止まったので、心配になり1402円で逃げてしまった。しかし、その後更に下げて1384円で前引け。

 オルガノ:-99000円
 日本電工:+-0円
 オルガノ:+6000円

 なんて馬鹿なことを、もう本当に嫌になる。たらればですが、オルガノの損切りをもっと待てば、また新たな空売りをもっと早く1430円くらいで入っていれば...と頭の中を思いがぐるぐる巡る。これならば一昨日の失敗した時点で即脱出するべきだった。

 また空売り参入はどうしてもちゅうちょして、ベストのタイミングを逃してしまい自ら苦境に陥っている。なんとかならないものか。まったく悔しくて、腹が立って情けない。自分で先日相場はダウントレンドに入り、7月くらいまで下げるのではと書いておいて、空売りで価格が下げるまでじっと待つことに慣れていない為、一度反発すると怖くてすぐ損切りしてしまう悪い癖が出ます。もう今日は駄目です。ショックが大きすぎて、頭の中がぐちゃぐちゃでトレードどころではなくなりました。
≫ "今日はもう踏んだりけったり" の続きを読む...
全体が鈍い動き
2008年 06月 24日 (火) 15:02 | 編集
 今日は朝方こそ指数が上向きましたが、その後は方向感のない展開でしたので、参入を見送りました。朝から見ていた日本電工は12分過ぎに急落した後は横這いで、午後に1230円でもみあっていたので入ろうかどうしようか迷っている内に、昨日の睡眠不足から居眠りをしてしまい見逃してしまいました。しかし、1219円で揉み合いを見せた後下げを見せたので1217円で空売り参入のつもりで成り行き売りを入れたら1215円で約定してしまい、株価はそれ以上下がらないので1218円で損切りました。オルガノの損もあるので持ち越しはやりませんが、朝に決断するべきだったと悔やまれます。

 日本電工:-3000円

 オルガノは今日も強い動きでした。一旦は1414円迄下げたんですが、10時過ぎに上昇し1481円をつけました。午後になって1494円迄上昇した後、反落して1475円前後の揉み合いを続けています。これも朝の上昇時に買い参入と思いましたが、今日の全体の動きでは不安で出来ず終い。含み損が拡大してつらい、ほんとに。昨日買いをやってたらと思うと、へたくそで嫌になります。とにかく、売り買いの参入のタイミングを何とかしないといけません。

 ところで、昨日読者の方から拍手に一クリックを頂いて複雑な思いです。上手くやったときに拍手がもらえるように頑張らないと。ぎゃっ、日本電工が1215円にあった5万以上の買いを消化し、1213円で引けました。明日こそ大きく下げろ!

 保留銘柄
 オルガノ 売り建て  -129000円 (前日比 -5万円) 
安値売り
2008年 06月 23日 (月) 15:01 | 編集
 安値売り 入後に気付く 愚鈍かな

 指数はギャップダウン、しかもかなりの安値近辺なので、買い戻しで短期の反発を予想しなければいけなかったのに出来なかった。大方の株は寄り付き後上昇したので入りませんでしたが、かなりの高値圏ということもあり、オルガノが1390円で寄り付いた後下げ、一応は疑い参入を見送ったのですが続落の動きを見せたため、1350円程で成り行き売り参入したら1348円で約定し、これが今日の安値から1円高でした。その後は指数の上昇に合わせてお決まりのじり高で一時9.1万円のマイナスに。同じ間違いを何回も犯し、下手な自分が情けないです。やっぱり材料株の空売りには気をつけないといけないですね、明確に相場が下げないとこれらは下げませんから。ここは我慢のしどころだと思ってます。でも、きれいに高値で空売りしてみたいです。

 一方、先日空売りをした日本電工はダウントレンド入りの為か戻しが限られていて、安値から20円程戻した後反落してます。先日の空売りであまり下げなかったので今日ははずしたんですが、引き続き候補ですね。

 保留銘柄
 オルガノ  売り建て  -79000円
なにやら雲行きがあやしく
2008年 06月 21日 (土) 11:00 | 編集
 夕べのダウは220ドル安、ナスダックは55ポイント安、シカゴ日経平均先物は13765円と大証よりも195円安く終え、ダウは3月安値に接近しました。欧州市場も大幅安、ハンセン指数も52ポイント安と全世界同時株安の様相を呈しています。メリルの追加損失拡大懸念や地方銀行、投資銀行の格下げが相次ぎ、一旦収まりかけたと思った信用不安が再燃し、投資家が株式市場から資金を引け上げています。ドルも107.26円と下落し、これを受けて原油価格が再上昇して一時138ドルをつけて終値は134.71ドルです。

 サブプライムローンの影響が少なく、割安感のあった日本株が買われてこれまでの上昇に繋がりましたが、むしろ、相対的に高値感がでて外国人の買いがなくなったことで最近の下落になったようです。米国市場の影響を受けやすい日本市場は、金曜に50日平均線で下げ止まった先物でしたが、月曜はこれを下抜いて始まり、そのままダウントレンド入りしそうな様相です。

 来週の経済指標は米国で火曜に4月住宅価格指数、6月リッチモンド連銀製造業指数、週間チェーンストア売上高、水曜に5月耐久財受注、5月新築住宅販売件数、FOMC政策金利発表、モンサント、オラクル決算、木曜に5月中古住宅販売、第1四半期GDP確定値、週次新規失業申請件数、アクセンチュア、マコーミク決算、金曜に5月個人所得、支出等の発表があります。日本では木曜にスター精密2月期1Q決算、金曜にダイセキS、高島屋などの1Q決算発表があります。

 さて、先物は日足で50日平均線を下抜きそうだし、個々の銘柄もチャート的にダウントレンド入りしそうなものが数多く見られ、米国市場が落ち着かない限り上を指向しない日本市場は今後7月いっぱいくらいまで下げるのではという私の見通しです。ですから、来週からは空売り主体のトレードで対応したいと思います。では Happy Trading.
あ~あ、ドジドジ。また失敗したぁ
2008年 06月 20日 (金) 14:43 | 編集
 オルガノが1533円と前日より高く寄り付いたので安心していたら、いつの間にか急落していて、でもまた反発するだろうと見逃していたら、続落してようやく事の重大さに気付きました。1450円台で損切りをしようと、でもちょっともたもたしている間に更に下げて1435円で脱出となってしまった。なんてこった!一昨日まで12万5千円の含み益を8千円の損失にしてしまった。あ~あ、俺は馬鹿だ!自分で今週はデイトレや空売りで対応しようと土曜に書いたばかりなのに守れない。とにかくこの地合では持っても1日半くらいがせいぜいなのに。またまたいつもの自己嫌悪!

 オルガノ:-8000円

 一昨日からダウントレンド入りかもしれないと思っていた日本電工にかなりの安値ですが1276円で空売り参入しました。何とか下げてくれて1260円で買い戻し。初めて本格的な意志を持ってやろうと、一応上手くいってとてもうれしいです。

 日本電工:+16000円

 オルガノが1410円をつけた後反発したので午後には上げるかもと思っていたら一応それらしくあがったので、これまた高値になって1443円で買い建て。なかなか戻していきませんでしたが1455円程で止まったので即脱出し1453円で約定しました。

 オルガノ:+10000円

 今日先物が50日移動平均線の13900円で下げ止まったので、反発を期待しましたが駄目でした。本来なら明日まで持ち越したいところですが、明日の展開が良くわからないので止めました。一応、今晩の米国は上昇すると予想していますが...

 追記 今日の空売り候補は他の銘柄より下げが少なく残念、他は軽く6~8万円も下げるものが多くてがっかりです。あまり銘柄に入れ込むのも買いにしろ、売りにしろ良くないですね。反省!
今日は一日中外出。でも心配です。
2008年 06月 19日 (木) 07:19 | 編集
 夕べの米国市場はFedexの大幅減益に景気不安を嫌気した売りで押されました。投資会社の決算も悪いものでしたが予想範囲内のもので、それ程売られるのかなというものでしたが、原油価格の高騰がもたらす今後の企業の減益懸念が大きかったのでしょう。シカゴ日経平均も14315円で終了。原油価格も136.68ドルと昨日よりも3ドルほど上昇。

 今日は午前中は空売りが有効だと思いますが、午後には押し目買いで環境関連銘柄に引っ張られる感じで上昇するのではないでしょうか。下は14200円程の予想です。では Happy Trading.
≫ "今日は一日中外出。でも心配です。" の続きを読む...
うれし~い
2008年 06月 18日 (水) 14:55 | 編集
 今日は益出しで下げるのかもしれないという心配がありましたが、オルガノは高く寄り付いた後期待通り急上昇しました。1550円をつけた後反落したので、これは益出しで下げるかもと思い1545円で指し値戻し注文を入れたんですが、間一髪気配を逃してしまった。その後は1526円まで下げてしまい、今日の続伸をあきらめていたところ、なんと午後になって再上昇し午前中の高値の1552円をつけました。

 新興プランテックは安く始まりましたが、反発し1736円をつけた後動きが止まったので1731円で脱出。経費をひくとマイナスです。

 新興プランテック:+1000円

 今日は環境関連銘柄が大幅高で、オルガノ(水処理)、日本製鋼所(原子力)、日本ガイシ(NAS電池、ディーセルエンジンの排ガスクリーン装置)、古河電池、ジーエスユアサ、新神戸電機(電池)、あと食料関連で日本配合飼料、日本農薬、ちょっと異なるが、プラント設備の東洋エンジニアリング。

 午後になって古河電池と古河スカイに1369円、337円で買い建て参入。古河スカイは343円をつけた後下げたので341円で脱出。ポジションが多いのでそうそう脱出。1380円を2度ほどつけていた古河電池でしたが、これを書いている間に下落してしまいマイナス転換です。

 古河スカイ:+4000円

 古河電池、スカイなどの信用銘柄は売り方の買い戻しがないので売られだすとしばらく下げを見せるので気をつけないといけません。一方、ジーエスユアサのように貸借銘柄は下げても安くなったところで売り方の買い戻しが入るので株価は戻しやすいようです。同じ電池関連でも今日の午後の動きの違いはこれに由来するのかなと想像しています。

 持とうかどうしようか迷った古河電池でしたが、1376円で脱出しました。また明日以降参入します。げっ、強い、ストップ高です。あ~あ早まった。でもチャートを良く見ればじり高で右肩上がりですよね、トレンドも崩れてないし...(T-T)

 古河電池:+7000円

 保留銘柄
 オルガノ 買い +125000円 (前日比 +13万2千円)
今日は銘柄選択で失敗
2008年 06月 17日 (火) 15:03 | 編集
 昨日上昇したミツミ電機が反落していたので、安く買おうと2720円で100株、2745円で100株買い建てした後、株価は反落して2700円での揉み合いをみせ、午後に入っても同じような展開。もう少し戻りを期待していたのに、とんだ見込み違いで2700円で損切り。

 ミツミ電機:-6500円

 ミツミを観察しすぎて、他の銘柄の上昇を見逃してしまいました。オルガノ、スター精密、新興プランテック、千代田化工建設などなど。オルガノが1440円をこえて随分上げていたので、あわてて1443円で買い建て。また、午後になって反落し、1710円辺りから戻しつつあるように見えた新興プランテックを下がったら買おうとしていたらどんどんあげて、結局500株1729円での買い建て参入となってしまった。ばかだったなあ、もっと早く買えばいいのに。

 保留銘柄
 オルガノ       買い  -7000円
 新興プランテック  買い  -6000円
心配しすぎ
2008年 06月 16日 (月) 15:02 | 編集
 一昨日ヤフーの掲示板を見ると、ニッケル価格が反落の記事を見た後急に心配になり、今朝大平洋金属を早々利益確定売りしてしまった。たしかに、945円迄下げましたが、その後しっかり上昇していき980円をつけるまでに。あ~あ、あんな記事に惑わされて早めに処分して失敗。

 大平洋金属:+7000円

 ピーエス三菱の急上昇途中に937円で1000株買い建て。一時は1万円含み損でしたが、また戻してきて942円、941円で売り戻し。地震による橋梁工事の特需思惑です。

 ピーエス三菱:+4400円

 次に多くギャップダウンで始まったアルデプロに指し値注文したら、約定せずに株価が続伸。しばらくすると反落してきたので注文をキャンセルしたら、100株約定してしまった。株価は戻したので7000円で戻したんですが、手数料の方が高いようです。

 アルデプロ:+150円

 バルティック海運指数が続落したのを知っていたので、海運セクターが上昇しても入らずにいたら続伸していたので、高値でしたが乾汽船に1470円で1000株買い建て参入した。しかしこれも下落して前場を終了したんで、目標が1485円だったんですが、失敗したと思って1476円で戻し注文を入れておいたら、午後先物がえらく高く寄り付いて続伸したので、その価格で売れました。でもその後1491円迄上昇したのをみて、あんまりびびることはなかったと悔しい思いです。

 乾汽船:+6000円

 25日、50日平均線を上抜けてきた大平洋金属に980円で指し値注文をいれましたが、約定叶わずでした。
よかったあ~!
2008年 06月 14日 (土) 09:06 | 編集
 夕べのダウは165ドル高、ナスダックは50ポイント高、シカゴ日経平均先物は14220円と大証からは240円高で終了(大証夜間取引は13920円でそこから300円高)。昨日発表の消費者物価指数が0.6%の上昇と11月以来の大幅高でしたが、食料と燃料を除いた物価指数は予想の範囲内だったと言うことで株価は上昇。さらに原油価格の下落がそれに拍車をかけたようです。

 それにしても昨日の日経平均の午前中の急落には驚きました。安値13830円をつけた後午後には反発すると思ってましたが、それにしても先物プレーヤーのやりたい放題の市場ですね。本来ならあんなに売られる筈はないと思ってますが、これも現実。下値固めと思えばいいか。

 持ち越した大平洋金属には良いニュースですが、米国市場で若干ニッケル価格が下落して、その影響が出るのか心配です。ただ為替も108円台で輸出企業にとっては好都合だし、日経平均には押し上げ材料なので大丈夫かな。昨日大平洋金属の分足チャートを見たら、三角ペナントの形が出ていて、このチャートはどちらかに放れる前兆なので期待したいです。

 来週の経済指標は米国では月曜にバーナンキFRB議長議会証言、決算でリーマン・ブラザーズ、火曜に5月生産者物価指数、住宅着工件数、レッドブック大規模小売店売上高、水曜に決算でモルガン・スタンレー、シティ・グループ、木曜に新規失業保険申請数(週次)などの発表があります。なんといっても、バーナンキ議長証言と金融機関の決算発表が注目です。この決算で損失が増大する結果となると株価の下押し要因になりますので、建て玉保留は避けなければいけません。

 そろそろピーク感のある原油価格ですが、その上昇からくる景気停滞とインフレ懸念、それに対応するFRBの金利上げ懸念は株式市場にマイナスですので、今後も市場は上下に振られる展開が続きそうですので、デイトレードや空売り態勢で臨むのが賢明のようです。では来週も Happy Trading.
午後の反発を予想してましたが
2008年 06月 13日 (金) 18:16 | 編集
 指数が大幅高で始まった割には日本ガイシは期待はずれの寄り付きでした。5~6万円上げて始まるのを期待したので、一万円高だったのはがっかりです。株価は上値を追いましたが、すぐ下げるのではとの不安から2355円で早々に脱出してしまった。

 日本ガイシ:+15000円

 昨日のニュースでBHビリトン保有の鉱山で操業を停止するということを読んでいたので、大平洋金属を見ると急上昇していた。最初の揉み合いからの上抜けで949円で1000株買い建て。963円をつけると反落したので960円で即脱出。

 大平洋金属:+11000円

 他の日本冶金工業、住友鉱山も大幅高でした。この後、急上昇後の反落から戻しを見せたオルガノに1418円で買い参入。しかし、反落して1400円を下抜いてきた。1404円で損切りしようと注文を入れたのですが、じりじり下げていったのであわてて成り行き戻し。1392円で約定して安いところの戻しとなってしまった。せっかく少ない利益を上げたのに全部吐き出してしまった。だめだなあ。

 オルガノ:-26000円

 今日のオルガノは以前日本製鋼所で買ったときに失敗したパターンと全く同じでした。前日よりも高値を付けた後反落し、指数の上昇にもかかわらずそのまま続落するパターンです。調整が近いのかもしれない感じがします。次に下げ止まったように見えた大平洋金属に945円で1000株買い建て参入。12時45分に外出ですが、ニッケル価格は今晩も上げるだとの思惑で持ち越しです。今日の上昇は銀行、不動産、鉄鋼、非鉄金属でした。

 保留銘柄
 大平洋金属 買い +7000円
また参入の失敗
2008年 06月 12日 (木) 15:00 | 編集
 今日は先物のギャップダウンが大きすぎるので、下値は限定的ではないかと思い、いつもの観察銘柄に買いを入れるチャンスをうかがった。オルガノが30分過ぎにはじりじり上げそうな気配だったので入ろうと考えたのですが、その前に日本ガイシが上昇し前日終値を上抜けそうな感じだったので、2340円でこちらに買いを入れた。上げたのはよかったのですが、2350円をつけると急反落してしまい、上げ下げを繰り返し、一時は2275円をつけ含み損が6.5万円になってしまいました。

 午後になるとオルガノが午前の高値を抜いて上昇を始めたのを見て、やっぱりこちらに入ればよかったと悔やむことしきり。一方、日本ガイシは値動きが悪く、なかなか動かない。ようやく2330円をつけるまでに戻しましたが、また反落してます。上げそうで上げない、かといって下げそうで下げない、こういう値動きは性に合わないですね。まっ、自分の買い参入のタイミング、銘柄選択がまずかったのでしょうが、明日からはオルガノ一本に絞りたいと思います。でも考えてみれば、今日はメイジャーSQ精算前日で買いは見送った方が良かったんです、失敗でした。

 あっ、今日スター精密は寄り付いた後の反落で1880円と1877円で損切りました。この銘柄の保留は長すぎました。

 スター精密:-37300円

 保留銘柄
 日本ガイシ 買い  -25000円
今日もよく下げましたが
2008年 06月 11日 (水) 15:04 | 編集
 午前中の下げは予想以上でしたが、とにかく午後には反発すると思い、じっと我慢の観察をしてました。前引け前にオルガノに1388円で買い建て参入すると、午後になって高く始まりそのまま上昇して1437円をつけました。1440円から1460円を目標にしていたのでそのままにしていたら、株価は反落し1409円まで下げました。ここは何とか凌いだのですが、その後の上昇後の反落でとうとう1420円で見切りをつけて脱出してしまった次第。明日まで持ち越そうと思いましたが、今晩のベージュブックの発表の為思いとどまりました。

 オルガノ:+32000円

 株価が再上昇し出したので1425円で再参入。大引けにかけて1430円をつけてきたので1435円で戻そうと思ってましたが、反落したので1428円に戻し注文を入れました。これでオルガノは全部戻したので、明日の日経は下げて始まって欲しい。

 オルガノ:+3000円

 観察銘柄の日本製鋼所、日本ガイシは午後になると強い動きで碍子は2300円を越えて新高値を更新。日本製鋼所も2215円から2300円まで上昇しました。途中余力があったら入りたかったのですが、なんとも上手くいきません。

 スター精密は1988円をつけた後きれいに下げて一時は100円以上の下落でした。午後になってようやく前日終値を上抜け。

 保留銘柄
 スター精密  買い  -25400円 (前日比 +4千円)
今朝の地合では
2008年 06月 10日 (火) 15:49 | 編集
 今朝の寄り付きはほとんど全て動きが悪く、時間が経つに連れて売り優勢になるんですね。今朝観察していた日本製鋼所、オルガノ、日本ガイシでは、日本製鋼所だけいまいちの動きを見せていました。オルガノと碍子は寄り付き後上昇。日本製鋼所がすぐ前日終値を下抜いてきたのに、買いしか頭になかった私はオルガノと日本ガイシでどちらに入るかじっと観察。20分過ぎには碍子が天井をつけ下げを見せたので、オルガノに1446円で買い建て参入。もっと早いチャンスをのがしたが、うまく上げてくれました。一昨日の高値1468円が天井かなと思っていながら、株価が1465円で反落しても我慢していたら一時1450円を下抜いた。待っていると戻してきたので1450円で脱出しました。

 オルガノ:+4000円

 上値を予想していたのでもっと早く脱出すべきだったのに、へたをやり利益をへらす結果に。それでも脱出してよかった。10時から外出してしまい、その後の動きは分からなかったが、14過ぎに戻ってびっくりです。全ての銘柄が大きく下落していた。

 一方、保留のスター精密は2070円をつけた後下落して1918円で大引け。これは予想外の動きで痛い。6月4日からの保留は長すぎました。そういえば一昨日から動きが全くのように止まってしまっていたので、売りの前兆のようなものだったんですね。次回からの空売りの判断にしたいと思います。でも、空売りはもっと勉強しなければ、タイミングがよく分かりません。

 保留銘柄
 スター精密 買い  -29400円 (前日比 -2.14万円)
大幅安ですが
2008年 06月 09日 (月) 15:00 | 編集
 持ち株は当然大幅ギャップダウン。オルガノは安値1331円をつけた後順調に上昇し1438円で前引け。1450円が高値目途かなと思っていたら、午後にそこが天井となり反落したので、途中1441円で利益だし。反発すると思いますが、今晩の米国市場の動きがよく分からないので、とりあえず脱出の決断です。明日以降安いところで買うつもりです。

 オルガノ:+33000円

 もう一つのスター精密は2020円まで下げた後なんとか6065円まで戻したのですが、その後はじりじり下げてきたので、先日高値買いした100株を損切りしました。もう少し上げてくれるかなと思ったのですが、期待はずれです。

 スター精密:-7000円

 今後はオルガノ、日本製鋼所、日本ガイシなどに資金を集中して効率化を図りたいと思います。つらいのはみんな株価が高く、1000株売買単位だということです。

 保留銘柄
 スター精密  買い  -8000円 (前日比 -1.7万円) 
おっそろしい下げ
2008年 06月 07日 (土) 17:38 | 編集
 夕べの米国市場は雇用統計の数字が失業者は予想より少なかったんですが、失業率が86年以来の最大の5.5%になったことで暴落しました。シカゴ日経先物が14065円と大証からは455円安となり、月曜の日本株は暴落して始まります。しかし、そこからは割安感から買われて急上昇するのではと思っています。新興国相手の企業が増えて業績好調を維持しているところが多いことから米国ほどは売られないとの予想です。

 しかし、私は保留銘柄を昨日増やしてしまい失敗です。むしろ上げると思っていたので予想外の展開でした。今後はこのような重要な日はポジションを少なくするようにします。

 来週の経済指標は米国で水曜にベージュブック、日本では火曜に4月機械受注、金曜にメイジャーSQ精算があります。

 幸い余力がまだありますので、今回の下げではなんとか耐えられるのではないかと思います。今日外出して新たなプリンターが欲しくなりましたので、しっかり来週からは稼いでいきたいです。 では Happy Trading.
相変わらず下手のトレードでミスを
2008年 06月 06日 (金) 15:23 | 編集
 日経は高く寄り付いたまではよかったが、その後がいけなかった。持ち株のオルガノは1450円で寄り付いた後上昇し1468円をつけたが、その後は反落で思ったより安値で脱出。またいつもの悪い癖で、持ち越そうしていたので脱出が遅くなってしまい、成り行き戻しは1427円となってしまった。情けない、減らしてしまった。

 オルガノ:+35000円

 株価は予想以上に下げて1370円をつけた後反発。その後1400円からの反発局面で1408円で再参入。しかし、1418円をつけると反落してしまい持ち越す羽目に。VWAPの辺り、つまり1420円近辺で脱出しようと思ってたのですが、いざそこにくると、もしかしたらもう少しいくのではとためらってしまい、脱出に失敗。もっと厳格に決め事を守らないと...

 スター精密もギャップアップ後に下落して2110円をつけた。午後はそこを下にして横這いの動き、途中その揉み合いを上抜けるところで2120円で100株追加買い建て。

 本来今日のオルガノの参入は予定外でした。月曜まで待つつもりでしたが、上を目指して動き出すとどうしても押さえが効かなくなります。でも今晩の米国雇用統計は予想通りの数値を期待しているので、オルガノは月曜に一旦下げてもすぐ戻してくると思っていますが。

 保留銘柄
 スター精密  買い  +9000円 (前日比 +2千円)
 スター精密  買い  -1000円
 オルガノ    買い  -1000円
悔し~い、我慢が足りませんでした。
2008年 06月 05日 (木) 15:01 | 編集
 寄り付きからギャップダウンした日本製鋼所が、戻しそうな様子を見ていたら下げてきたので2295円で不本意でしたが損切りしました。とにかく余力が無いのであまり下げられると困るので決断したのですが、株価は2275円を底値に戻しだし、一昨日の買値を越えてきました。一旦は2300円で再参入と思いましたが、いまいち戻りが確かではないような感じがしたので取りやめたんですが、入っていたらと思うとぐやじ~い (T_T)。今回の失敗は明白なので、次回からの教訓にします。

 日本製鋼所:-65000円

 替わって前日終値を上ぬいてきたオルガノに1392円で買い建て参入。この株は期待通りで、押し目らしい押し目もなく続伸しました。日本製鋼所の損失をすぐにカバーできそうです。週足チャートを見ると、なんとこの株の過去の高値は3100円となっていました。ようやく半分近くまで戻してきたところで、まだまだ上値が期待できます。なんと言っても世界の水不足が叫ばれる今日、この会社の技術が必要とされるのはこれからですからね。

 スター精密も2135円と高く始まったのはよかったのですが、益出しでじりじり下げて2070円をつけました。買値から5円高です。持ち株数も200株なので我慢してみたら、やはり戻していき2100円をつけています。

 早くたくさん稼いで日本製鋼所をまた買いたい。頑張れオルガノ、スター精密。

 保留銘柄
 スター精密  買い +7000円
 オルガノ    買い +58000円
新たに買い建て
2008年 06月 04日 (水) 15:01 | 編集
 持ち越した日本製鋼所はギャップアップ、そして続伸と2355円をつけた来たので、損切りをしようか、いやもっと上げるかもと、どうしようか迷っているうちに、株価は反落し始めて昨日の安値2295円迄下げました。よっぽど損切りをしようかと思いましたが、午後は戻すはずと忍の一字でした。他の銘柄、例えばオルガノ、クボタ、タダノなどに参戦したかったのですが、余力がたりずあきらめです。

 午後に2065円でスター精密を200株買い建て。続伸し2135円の高値をつける迄上昇。うれしい、まったく身動きがとれずにいるところで、含み益が出るなんて。

 日本製鋼所は過去に1日下げて、翌日下げたところを買おうと期待して待つと、反対に大きくギャップアップして買う機会を失っていたので、今回もそれを期待しましたが、とんだ期待はずれでした。やはり、かなりの高値圏にあるのでそういうわけにはいかないようです。今日はかなり売りと買いのせめぎ合いが強い相場地合でしたね。明日に期待しようっと。

 保留銘柄
 日本製鋼所  買い  -40000円  (前日比 +5千円)
 スター精密   買い  +8000円
ついてない
2008年 06月 03日 (火) 15:00 | 編集
 今日は下げると思い空売りを考えましたが、なかなか簡単に下げる様子は見受けられないのでそれをあきらめ、日本製鋼所とオルガノの2銘柄を観察していたら、どんどん上昇していくではないですか。オルガノなどは午前中になんと115円高をつけるまでに上昇したのですが、指数が上げる様子ではなかったので警戒しすぎて参入が出来ず終い。

 結局最初の下げ後の反発で日本製鋼所に2355円で成り行き買い注文を入れたら、2360円で約定しそこが天井で、午後になって指数の下落とともに大きく下落し、2290円をつけ7万円の含み損。なんて下手なんだろう。慎重に待っていたつもりだったのですが、下げ局面では必ず午後に下落があることを認識しているべきでした。今まで買わずに見逃してきて、その間に上昇し、いざ参入となったら下落と、まったくついてません。とほほ。明日の展開が心配ですが、日本製鋼所の強さを信じて我慢します。

 保留銘柄
 日本製鋼所 買い  -45000円
トレードの出入りは難しい
2008年 06月 02日 (月) 14:51 | 編集
 今日は午前中に指数が昨日の終値を下抜いたのですが、持ち株のフジクラはむしろ続伸となりました。じりじり上げていって午後寄り付き後498円をつけたのでその金額で戻し注文を入れたら、反落したので頭が重いだろうと見切りをつけて494円で損切り。その後500円迄上昇したが、もう少しの我慢だった。

 フジクラ:-2000円

 朝からずっと日本製鋼所、日本電工、オルガノ、スター精密、商船三井などの銘柄をじっと観察。入りたかったんですが、高値を警戒してなかなか踏ん切りがつかなかった。そんななか指数が多少押しても下げを見せなかったオルガノに、1120円を越えた頃から見ていたのですが、1151円で買い建て参入。午後に1187円をつけた後の反落でも我慢したら戻してきて、1190円くらいと目標を抱いていたんですが、不安になって1187円で脱出してしまった。株価は高値を取ってきて、おいしいところで出るのは難しいと改めて感じました。

 オルガノ:+36000円

 明日は一旦益出しで下げるのではないかと思って、新たな銘柄への参入、つまり持ち越しは見送りです。
copyright (C) 私の株取引日記 ( Hit & Run ) - 株投資の誤解・間違いから成功へ all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。