FC2ブログ
負け続けの悪戦苦闘のトレード日記
私の株取引日記 ( Hit & Run ) - 株投資の誤解・間違いから成功へ
よかったあ~!
2008年 06月 14日 (土) 09:06 | 編集
 夕べのダウは165ドル高、ナスダックは50ポイント高、シカゴ日経平均先物は14220円と大証からは240円高で終了(大証夜間取引は13920円でそこから300円高)。昨日発表の消費者物価指数が0.6%の上昇と11月以来の大幅高でしたが、食料と燃料を除いた物価指数は予想の範囲内だったと言うことで株価は上昇。さらに原油価格の下落がそれに拍車をかけたようです。

 それにしても昨日の日経平均の午前中の急落には驚きました。安値13830円をつけた後午後には反発すると思ってましたが、それにしても先物プレーヤーのやりたい放題の市場ですね。本来ならあんなに売られる筈はないと思ってますが、これも現実。下値固めと思えばいいか。

 持ち越した大平洋金属には良いニュースですが、米国市場で若干ニッケル価格が下落して、その影響が出るのか心配です。ただ為替も108円台で輸出企業にとっては好都合だし、日経平均には押し上げ材料なので大丈夫かな。昨日大平洋金属の分足チャートを見たら、三角ペナントの形が出ていて、このチャートはどちらかに放れる前兆なので期待したいです。

 来週の経済指標は米国では月曜にバーナンキFRB議長議会証言、決算でリーマン・ブラザーズ、火曜に5月生産者物価指数、住宅着工件数、レッドブック大規模小売店売上高、水曜に決算でモルガン・スタンレー、シティ・グループ、木曜に新規失業保険申請数(週次)などの発表があります。なんといっても、バーナンキ議長証言と金融機関の決算発表が注目です。この決算で損失が増大する結果となると株価の下押し要因になりますので、建て玉保留は避けなければいけません。

 そろそろピーク感のある原油価格ですが、その上昇からくる景気停滞とインフレ懸念、それに対応するFRBの金利上げ懸念は株式市場にマイナスですので、今後も市場は上下に振られる展開が続きそうですので、デイトレードや空売り態勢で臨むのが賢明のようです。では来週も Happy Trading.
スポンサーサイト



copyright (C) 私の株取引日記 ( Hit & Run ) - 株投資の誤解・間違いから成功へ all rights reserved.
designed by polepole...