FC2ブログ
負け続けの悪戦苦闘のトレード日記
私の株取引日記 ( Hit & Run ) - 株投資の誤解・間違いから成功へ
なにやら雲行きがあやしく
2008年 06月 21日 (土) 11:00 | 編集
 夕べのダウは220ドル安、ナスダックは55ポイント安、シカゴ日経平均先物は13765円と大証よりも195円安く終え、ダウは3月安値に接近しました。欧州市場も大幅安、ハンセン指数も52ポイント安と全世界同時株安の様相を呈しています。メリルの追加損失拡大懸念や地方銀行、投資銀行の格下げが相次ぎ、一旦収まりかけたと思った信用不安が再燃し、投資家が株式市場から資金を引け上げています。ドルも107.26円と下落し、これを受けて原油価格が再上昇して一時138ドルをつけて終値は134.71ドルです。

 サブプライムローンの影響が少なく、割安感のあった日本株が買われてこれまでの上昇に繋がりましたが、むしろ、相対的に高値感がでて外国人の買いがなくなったことで最近の下落になったようです。米国市場の影響を受けやすい日本市場は、金曜に50日平均線で下げ止まった先物でしたが、月曜はこれを下抜いて始まり、そのままダウントレンド入りしそうな様相です。

 来週の経済指標は米国で火曜に4月住宅価格指数、6月リッチモンド連銀製造業指数、週間チェーンストア売上高、水曜に5月耐久財受注、5月新築住宅販売件数、FOMC政策金利発表、モンサント、オラクル決算、木曜に5月中古住宅販売、第1四半期GDP確定値、週次新規失業申請件数、アクセンチュア、マコーミク決算、金曜に5月個人所得、支出等の発表があります。日本では木曜にスター精密2月期1Q決算、金曜にダイセキS、高島屋などの1Q決算発表があります。

 さて、先物は日足で50日平均線を下抜きそうだし、個々の銘柄もチャート的にダウントレンド入りしそうなものが数多く見られ、米国市場が落ち着かない限り上を指向しない日本市場は今後7月いっぱいくらいまで下げるのではという私の見通しです。ですから、来週からは空売り主体のトレードで対応したいと思います。では Happy Trading.
スポンサーサイト



copyright (C) 私の株取引日記 ( Hit & Run ) - 株投資の誤解・間違いから成功へ all rights reserved.
designed by polepole...