FC2ブログ
負け続けの悪戦苦闘のトレード日記
私の株取引日記 ( Hit & Run ) - 株投資の誤解・間違いから成功へ
不注意なミス
2008年 06月 30日 (月) 15:05 | 編集
 午前中の地合は良くもなく悪くもないという状態で、今まで大きく売られていた環境、商品市況関連銘柄が買われていたようです。日本電工は前日比31円高で始まった後急上昇しましたが、朝方オルガノの空売りに参入したので見逃し、また乾汽船を買うと言っていましたが、今日は反落していたので見送りました。

 オルガノは前日終値を下抜いていたので、それ程下げないのではと思い様子見をしていたら続落。1237円で成り行き売りを入れたつもりでしたが、1233円での約定となりました。株価は何とか下げてくれて1217円をつけた後戻したので1222円で即脱出。すぐ戻してくるんではとびくびくでした。結局1205円をつけるまで下落後反発上昇。

 オルガノ:+11000円

 昨日持ち越したウシオ電機がギャップアップして続伸。もみあった後再上昇を見せたので、このまま上げてしまったらとあれこれ考えてしまい1778円と1777円で損切り。1~2日待つつもりがもう我慢できませんでした。ところが、株価はは1782円をトップにじり安となり1734円をつけるまでに下落。やっぱり警戒しすぎたか。がっかり。

 ウシオ電機:-14900円

 その後、前日終値を上抜いたオルガノに1282円で買い参入。1313円まで上げたときにさっさと益出しすればよいものを欲をかいてもっと上げるまでと保留しすぎて、結局戻り売りで下落して含み損になってしまった。必ず売られる弱い地合なのになんで長く持つのか、本当に下手なトレーダーで自分が嫌になります。環境関連は今日は固いだろうと勝手に決めたのがいけなかった。

 保留銘柄 
 オルガノ 買い建て  -22000円
スポンサーサイト



copyright (C) 私の株取引日記 ( Hit & Run ) - 株投資の誤解・間違いから成功へ all rights reserved.
designed by polepole...