FC2ブログ
負け続けの悪戦苦闘のトレード日記
私の株取引日記 ( Hit & Run ) - 株投資の誤解・間違いから成功へ
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
資金が少ないとつらい
2008年 07月 31日 (木) 14:15 | 編集
 持ち越しは失敗だった。ユーシンが777円で寄り付き、反発を期待したが続落してあわてて成り行き戻して762円と761円で約定。えらく利益を減らしてしまった。

 ユーシン:+3600円

 今日は先物がギャップアップして13500円に近づいたので、今晩の米GDPの発表もあり売られるとの予想で、昨日の終値近くから急反発して下落してきた日本製鋼所に1941円で空売り参入した。しかし、1935円をつけた後反発して1957円迄上昇。参入が遅かったかと1945円で買い戻し。その後、10時10分前から再下落を始め結局1915円迄さげた。これが空売りの経験の無さからくる失敗か!この再下落でもう一回空売り参入したかったが、如何せん余力がない。

 日本製鋼所:-4000円

 あらためて自分のまずい空売りのやり方を認識させられた。何回も失敗しているので上手なやり方をいい加減覚えないといけない。

 余力範囲内で売れるものと思い、富士通ゼネラルが続落していたので436円で空売り参入。時間はかかりましたが、午後の寄り付きに416円で指し値を入れておいたところ約定した。

 富士通ゼネラル:+20000円
スポンサーサイト
今日は大きくギャップアップでこれまたやりにくい
2008年 07月 30日 (水) 15:03 | 編集
 ほとんどが大きくギャップアップで続伸、どうせ10時すぎると先物が下げると思いずっと様子見。確かに下げてきたが、かといって大きく売られる風ではない様子。不動産が上昇率上位に来ていたので住友不動産を買いたいと様子見をしていたが、なかなか上にも下にも振れない状態で難しい。中央電工が今日の決算期待で上昇しているので日本電工も上昇しているがこれもなかなか上値が重い。昨日のユーシンを見るとこれも上昇だが横這いの動きが長いので午前中はなにも入らず終い。

 今日引け後に決算発表を予定している日本製鋼所が昨日の安値を更新している。どうして?午後に入っても続落の動きを見せている。決算発表があるから期待で買われるのではないかとどうしても空売り参入出来ないでいたら1930円と寄り付きから5万円以上も下落した。惜しいなあ!
 
 午後になり、ちょっと目を離したら、大きな売り数量をこなしてユーシンが上昇していた。あわてて754円で700株、大きい売り数がなかったので1000株未満。株価は更に続伸したので、773円で500株追加買い。安いところで買いたかったが、下げるまで我慢できずに参入。一時764円迄さげたが14時すぎると780円を越えてきた。上げるとは思っていたがうれし~い。先物も目立って下げてこないので、こう言うときはあわてず最後まで我慢していた方が良いようです。

 ユーシンは794円迄上昇したので途中790円で最初の内の200株と後からの500株を益出し。昨日完全にリバーサルしたし、高値引けなので明日も続伸する可能性が高く、残りは持ち越してみます。

 ユーシン:+15700円

 保留銘柄
 ユーシン 500株 買い建て  +16500円
今日は全て買いで
2008年 07月 29日 (火) 15:07 | 編集
 空売りをやろうと候補を物色したが、なかなか素直に下げる株が見あたらず、昨日大きく下げたオークマと思ったがやり過ごして、日本ガイシに1811円で1000株買い建て参入。1825円をつけるまで上げたのを見て1830円くらいまで持とうとそのままにしていたら下げだした。ギリギリまで待ちましたが、1815円で脱出。もったいない判断だったと思う。

 日本ガイシ:+4000円

 しばらくしてユーシンが安値から急上昇していた。また先物も13000円手前で下げ止まったようなので、676で100株、677で100株、678で200株、679円で400株で買い建て。目標を690円に入れておくと午後しばらくしたら約定した。

 ユーシン:+9500円

 あとでオークマを見ると自分が見た時点よりも大きく下落していて悔しい思いをした。残り40万ほどの余力で再度ユーシンに700円で500株買い建て。目標は710円だったんですが、695円迄さげたので、702円に変更すると大引け15分前からの上昇で約定した。でも手数料でマイナスだと思う。

 ユーシン:+1000円
下手な空売り
2008年 07月 28日 (月) 14:23 | 編集
 日経平均はそうでもなかったが、個別の株はギャップアップしたものが多く、やりづらい展開。ギャップアップなので、空売りを入れても良いのですが、先物の動きが読めないし、前引け15分前くらいになって下落を始めましたが、午後になって反発するかもという懸念で午前中はなにも入らず終い。
 
 午後になってかなりの銘柄が下落を見せているのに、怖くて決断がつかなかった。昨日空売り候補に上げていたオークマ、日本製鋼所などなど。なのに、13時過ぎにようやくオークマに993円で空売り参入です。それまで多少の揉み合い後急落していたので、そういう展開を期待していましたが、この時間帯になると下げ方が変化したのでびくびくでした。なんとか980円台にはいり983円くらいと思ってましたが、先物が前日終値で下げ止まるような気配だったので、我慢できず986円で脱出。しかし、先物が前日終値を下抜き、株価は972円まで続落。う~ん、参入が遅いし、脱出も早かった。

 オークマ:+7000円

 しかし、今日は輸送機器、精密機械、機械セクターが大幅安となっているところからみると、外需の先細りを懸念する売りが出ているのではないかと思い、今後これらを重点的に空売りしてみようと思います。しょぼい利益でしたが、すこしづつ慣れていけば良いかなと思ってます。
予想より良い経済指標
2008年 07月 26日 (土) 08:53 | 編集
 夕べのダウは21ドル高、ナスダックは大幅の30ポイント高、S&Pが5ポイント高、シカゴ日経平均は13510円と大証からは150円高で終了した。商務省発表の耐久財受注が0.8%の上昇と市場予想を上回り、新築住宅販売は0.6%の下落でしたが、予想よりも少なく、ミシガン大学消費者信頼感指数も61.2と予想の56.4よりも高い数字で、これらが市場の上昇を引っ張った。原油価格も123.36と2ドル以上の値下がりで、これも市場に安心感をあたえたが、結局市場は次のニュース待ちということでトレンドや方向性はでず、投資家は自信が持てない状態であります。

 月曜の続落の予想は外れそうです。日経はどこら辺で始まるかですが、13510円近辺ですと高値天井で下げる事も予想されますので、出来ればちょっと上の金額で寄り付いて上昇して欲しいと思ってます。とにかく、外国の市場の状態で上下に振られるのは非常にやりにくいですね。

 さて、銀行のトレードは長いことやったことがなかったのですが、昨日の値動きを見るとかなり面白みがあります。今後はWatch銘柄でよく観察したいと思います。昨日発表された決算でホンダが良い決算を発表し、米国では評価されていますが、日本ではどうでしょうか。また海運決算でも明暗が分かれ、商船三井は増益、川崎汽船は若干の減益でした。月曜は良い決算を発表した企業の株を買ってみようかと思っています。

 来週の経済指標は米国で月曜にベライゾン、アムジェン決算発表、火曜にコーチ、コルゲート、USスチール、サンタンデール銀行決算、水曜に7月ADP雇用報告、コーニング、シマンテック、スターバックス、VISA、コムキャスト決算、木曜に第2四半期GDP、個人消費、コアPCE、新規失業保険申請件数、モトローラ、TSMC、マスターカード決算発表、金曜に7月ISM製造業指数、7月雇用統計、サンマイクロシステムズ、ジェブロン、他決算発表があります。

 日本では 月曜に花王、エムスリー、塩野義、ガイシ、日立建機、三菱電機、DeNA、ビクター決算、 火曜にヤクルト、住友鉱山、森精機、ナブテスコ、コマツ、東芝、日電産、松電産、富士通ゼロックス、ソニー、ケンウッド、村田製作所、ダイハツ、丸紅、住商、野村、JR東、JR東海、東ガス他決算、 水曜に双日、キッコマン、トヨタ紡織、クラレ、任天堂、東宝チタン、テルモ、富士フイルム、新日鉱HD、日製鋼、栗田工業、エプソン、京セラ、カシオ、小田急、京王、JR西、NTTドコモ、カプコン決算、 木曜に昭和シェル、ヤマハ発、中外薬、ハウス食、日清食、JT、王子紙、レンゴー、住友化学、三井化学、三菱ケミ、武田薬、エーザイ、第1三共、フジテレ、資生堂、新日石、出光興産、新日鐵、住金、神戸製鋼、JFE、オークマ、住友重機、日立、NEC、富士通、シャープ、TDK,三菱重工、川重、マツダ、スズキ、伊藤忠、三菱商、みずほ、三井不、菱地所、スク・エニ、帝人など決算、 金曜にアサヒ、イビデン、アステラス薬、日産自、富士重、オリンパス、トクヤマ、ブラザー、東ソー、ヤマハ、大和ハウス等の決算発表があります。

 来週は決算発表も宴たけなわで、コスト高の影響がどの程度出ているかはっきり出てきますので、しっかり内容を吟味したいですね。では 来週もしっかり Happy Trading.
あ~あ、また時期尚早の買い戻し
2008年 07月 25日 (金) 14:41 | 編集
 夕べの米国が大幅安だったので、やりにくかった。ほとんどが大きくギャップダウンでここから大きく下げるのは難しいんではと思い、昨日上昇して今日昨日つけた高値の終値を下抜いてきたアルプス電気に1000株空売り、1112円で200株、1111で400株,1110で400株で約定。1101円をつけた後急に戻したのでしばらく我慢した後成り行きで戻すと1110円で約定。結局手数料入れるとマイナスでくたびれもうけ。

 アルプス電気:+800円

 次に大きく下げてた銀行を狙い、住友信託に785円で空売り。792円を切ったら参入しようと思ってはいたのですが、目を離したすきに下抜いていた。参入後は781円と788円との間の攻防で午後寄り付きで上昇し、若干下げたところで783円で我慢できずに脱出。本当は775円を目標にしていたんですが、他の銘柄に比べてなかなか下がらないので781円、782円と目標も上げてしまい、大した利益とならなかった。しかし、その後13時30分過ぎから急落して771円迄下げ残念至極。メガバンクのように下げてくれればもっと我慢ができたのに...つまり、同業種銘柄がさげている時はこの銘柄も例外でないということで、時間の問題なのか!?

 住友信託:+2000円

 まあそれでも空売りをやったという事実を大きな進歩だと捉えるようにします。今晩の米国は耐久財受注、ミシガン大学消費者信頼感指数、新築住宅販売の発表がありますので、続落の予想をしています。
今日は外出でトレード無し
2008年 07月 24日 (木) 14:58 | 編集
 今日は今までの上昇から下げるのではないかと思い、午前中11時前くらいまで画面を眺め空売り候補を探してましたが、メイジャーな銘柄は若干は下げても大きく下げる様子はないのであきらめ、候補に上げていたユーシンとショーボンドHDが下げていたので、入ろうと数回試みましたが、結局全体があまり下げないので駄目なのかと思いあきらめた。14時半頃に戻ってきて画面を見ると、多くが13時過ぎから上昇を見せていたし、先の二銘柄もそれまで結構下げていて充分空売りで利益が上げることが出来たようでした。でもどうしても踏ん切りがつきません。

 まあ、トレードが出来ない日があっても良いとしてそれに慣れないといけません。はっきり上昇基調でない限り買いはやらない方がいいし、そういうメリハリをつけて望むようにします。さて明日はどうなるのか、基本的には利益出しで下げると思ってますので、それに対応できるように頑張りたいです。
今日も上げました
2008年 07月 23日 (水) 14:49 | 編集
 昨日多くの銘柄が大幅上昇したので、さすがに今日は上値が重い展開でした。しかし、損切りした日本電工が朝方から上昇を見せていて、入ろうかどうしようかと迷っていると続伸の動き。そこでかなり高値でしたが1177円で買い建て。午後になって一旦1200円をつけると1180円迄急落しましたが、反発して高値1204円をつけました。ところが、ちょうどこの時に訪問者があって戻ってみると1195円近辺で揉み合いを見せていたので、即1196円で脱出です。

 日本電工:+19000円

 損を出した株に新たに参入するには勇気がいります。どうしても、また下げるのではという不安に踏ん切りがつきません。

 同時にスター精密にも余力の関係で500株1605円で買い建て。やはり席に戻ると1633円から1620円迄下落していたので、1620円で脱出。もったいない。

 スター精密:+7500円

 日本電工に見るように結局我慢に我慢を重ねた後損切りした翌日くらいに急反発することが多い。やはり、損切りは早めに と言う言葉は当たっていますね。昨日の10万円の損失からすると大した利益でもないですが、少しずつ取り返します。 
とうとう損切り
2008年 07月 22日 (火) 14:41 | 編集
金曜まで何とか我慢してきたのですが、今日寄り付き後の上昇で1148円で損切りしました。かなり大きい損失です。また余力が...

 日本電工:-104000円

続いて上げていた日本農薬に840円で買い建て、10時過ぎてこれも反落したので、午後に831円で損切り、14時すぎると反発を始め859円の高値をつけた......

 日本農薬:-9000円

 その後は先物が13000円の揉み合いを続けているとみんなじりじりと上げだしていて、14時すぎると先物が急上昇。日清紡績が1380円をつけていたので成り行き1383円で約定。思ったより高い。その後の株価は思ったより上昇度合いが悪いので、1385円で脱出。

 日清紡績:+2000円

 やはり、上げに対して市場はまだ懐疑的なようだ。そうだろうな、あれだけすぐ下げては。今は買いをやる時期ではないようで、やるならば銘柄選択を吟味しないといけない。
昨日は少し遅くまで起きて
2008年 07月 19日 (土) 15:28 | 編集
米国市場の動きを見てました。為替も急とは言えないまでもじりじり上げて106.91円のドル高です。シティグループの決算発表で19時30分頃にユーロドルが急落し、あっ、シティは良かったのかなとわかった次第で、2Qで2500億の損失で、一株損失は54セントと市場予想の66セントよりも良い数字でした。いざ株式市場が始まってみると、ダウはマイナスとなり、48ドル安までさげました。これは前日までの2日間で400ドル以上の上げを見せたので利益出しで下げるのは当然だろうと思ってましたが、この後上げ下げを繰り返し、結局50ドル弱の上昇で終わりました。ナスダックは前日のマイクロソフト、グーグルの決算が予想より悪かったので29ポイントの下落、S&Pは0.36ポイントの上昇で終了。シカゴ日経先物も、日本株の下げの影響なのか一旦12950円近辺で始まった後結局13140円と続伸で終了しました。

 昨日の日本株は先物がシカゴに連動せず下落しましたが、いったいサブプライムローンの影響を受けている本家の株が上げているのに、関係のない日本株が下げるのは納得がいきません。ましてや、昨日はハンセン、上海、欧州と全て上昇しているのに日本株だけ下落です。これは日本人の素直に物事を事実として受け入れられないうがった性格を表しているんだと思います。これを頭に入れてトレードをしなければいけませんよね。こうして思うのは、米国株式の方が自分の性格から日本株よりも上手くいくんではと考えたりします。カネがないのでいつか挑戦したいですね。

 来週の経済指標は米国で月曜に金融関連19銘柄の空売り規制実施(30日間適用)、決算発表でアップル、TI、サンディスク、バンカメ、メルク、火曜にチェーンストア売上高、キャタピラー、デュポン、ヤフー、ワコビア、ワシントン・ミューチュアル、イートレード等の決算発表、水曜に地区連銀経済報告(ベージュブック)、AT&T、アマゾンドットコム、ファイザー、マクドナルト、ボーイング、アフラック、クアルコム決算発表、木曜に新規失業保険申請件数、6月中古住宅販売件数、ダウ・ケミカル、クレディ・スイス、ヴァーレ(リオドセ)、イーライリリー、ニューモントマイニング決算発表などが、金曜には6月耐久財受注、7月ミシガン大消費者信頼感指数、6月新築住宅販売があります。
 日本では月曜休場、火曜に信越化学、KDDI、大証1Q決算発表、水曜に東邦薬品、東陽テク決算、木曜にキャノン、パナホーム、JSR、ファナック、日野自決算、金曜にカゴメ、ステラケミファ、大同特殊鋼、松電工、ホンダ、リコー、郵船、商船三井、日電硝子、東京製鐵、アドバンテスト、H2Oリテイリング、ヤフー、アクセル等の決算発表があります。

 さて、これで一山は越して、金曜の米国市場を受けて日本株は上昇を期待しますが、ひねくれた性格の日本株のことですから警戒はしておいた方が良いようです。まだ月曜のバンカメ、火曜のワコビア、WMがあるし、もちろん他の企業が悪い数字だと下ぶれする恐れもありますから。

 先週も空売りが上手く出来ずに利益を出すことが出来ませんでした。今空売りの勉強中ですが、もっと頑張らないと。とにかく慣れるようにしなければ明日はない。 では来週こそはリベンジを誓って Happy Trading.

 おっと忘れてました。原油価格が128.50ドルと随分下落してます。これが良い影響を及ぼしてくれるかどうか....
せっかくの空売り日和だったのに
2008年 07月 18日 (金) 15:00 | 編集
 朝方から下げていたわらべや日洋に1447円で100株だけ様子見で空売りを入れたんですが、他の銘柄は下げているのに、これだけ昨日の終値を上回って推移。それで1458円で損切り。寄り付きから充分下げたからなのか、それとも出来高が少ないせいなのかなかなか下がらなかった。その後は持ち株の日本電工が安くなるし、どれに入ろうか分からないしで結局様子見。でも細かく見ればどの銘柄でも参入の機会はあったようです。今晩のシティグループ決算と3連休だということで心配なく空売りが出来たのでした。早くこれに気付けば良かったのですが、駄目ですね。そして、午後に入りわらべやも大きく下落してまたも悔しい思いでした。もうどうにかならんのかいね、空売りは。

 わらべや日洋:-1100円

 保留銘柄

 日本電工  買建て  -112000円  (前日比 -1.6万円)
今日もまた勝てなかった
2008年 07月 17日 (木) 15:00 | 編集
 サカタのタネは高値後反落、1561円に逆指し値を入れておいたら出来ていた。今日は買いが様子見で入らず、また1581円に通る移動平均線が上値抵抗線になったようです。

 サカタのタネ:+1300円

 今日も反落してきた大平洋金属に699円で指し値売り注文を入れたができず、更に下を指し値しても出来ず、成り行きにしたら690円で約定していた。でも、これがまた安値近辺で、また694円で損切りに。株価は700円を越え戻してきました。ところが、その後再度下落し、午後には安値682円をつける場面もあり、また失敗。どうしてこうもへたくそなんだろうなあ。どこか致命的な欠陥が自分の空売りにあるのでしょうね。考えてみたら、2日連続して下落していたから、今日はとりあえず反発する日なのかも。

 大平洋金属:-4000円

 観察銘柄に入れておいたわらべや日洋が知らぬ間に下落していてタイミングを失ってしまいました。まだまだ空売りに関しては駄目ですね。日本電工は続落でした。今日も弱い動きで、一応下値支持線で下げ止まっているので、明日は反発をして欲しいと期待してます。

 保留銘柄
 日本電工  買建   -96000円  (前日比 -9千円) 
空売りを考えましたが...
2008年 07月 16日 (水) 15:01 | 編集
 日本電工は安く始まり続落しました。まったく値動きに力強さがありませんので、しばらく寝かせておくしかないようです。大平洋金属に空売りをと考えましたが、昨日の大幅下げからあまり下げないだろうと止めてしまいました。ところが今日も大きく下げてます。レーティング下げで目標が630円なのでそれに向かって突き進むんでしょうかね。

 相場地合が暗いなか、急上昇していた日清紡績に1303円で買い建て参入。もっと前で買いたいと思いましたが、どうしても上げが素直に信じられないので遅くなりましたが、なんとか1313円で脱出できて良かった。

 日清紡績:+10000円
 
 日本電工が一時10万円の含み損となる程の大幅下げで余力がなくなり、100株でサカタのタネに1548円で買い建て参入。午後になって一旦1531円迄下げましたが、決算増益発表をしたので明日以降も上げるだろうとそのままに。あ~あ、もっと余力があったらなあ、1560円迄上げてきてます。1000株なら1.2万円の含み益じゃん、などと悔しい思いです。早く稼いで貯めないと。でも日本電工のようなことをしていたら無理だよなあ。入ってはいけないチャートをもっとしっかり認識しないと!

 日清紡績も先日ニュースがあって大幅高のあと益出し下落していて今日急上昇、良品計画も増益決算で急上昇と、材料がでた大型銘柄でない株があまり地合の影響を受けないように思います。

 保留銘柄
 日本電工  買建   -87000円
 サカタのタネ  買建   +1700円
またケアレスミス
2008年 07月 15日 (火) 15:16 | 編集
 12890円で寄り付いた先物が、いつものギャップダウンからの上昇のように、12900円をつけたのでそのまま上げると予想し、日本電工に1252円で買い建てをやったら、30分過ぎに下落の動きを見せた。午前中は揉み合い展開だったのですが、午後になると先物が12770円とギャップダウンの寄り付きを見せたことで日本電工も1220円程で寄り付いた後続落し、一時1201円をつけてしまった。

 先週のSQが終わり、13000円を保つ理由もなくなったんでしょうか、新たな局面を迎えたような感じです。そんな地合だったので、午後、大平洋金属、日本冶金工、東京建物、日本総合地所を観察してどれに空売りを入れようか迷っていたところ、なんとなく総合地所に571円の最安値で空売りを500株入れてしまった。またやってしまった悪い癖。そこが最安値で、株価が戻したので377円で買い戻し。その後368円迄下げたようでした。

 日本総合地所:-3000円

 ところが、大平洋金属が自分が迷っていたところから更に続落していて、調べると二段階下の格下げがあったそうでした。結局前日終値から一時97円も下げました....またいつもの空売りのへたな自分に戻ってしまった。今日はかなりの銘柄がギャップダウンしたので、いつものように割安感で買い戻されると勝手に判断してしまい、それらの銘柄が更に下げても気づきませんでした。 (ため息)

 保留銘柄
 日本電工 買い建て  -38000円 
予想に反して上昇、しかし...
2008年 07月 14日 (月) 14:51 | 編集
 安く始まり続落かと予想していた相場ですが、先物が強くほとんどの銘柄がプラスに。休みの間に空売り候補として東海カーボンとフォスター電機を選択。フォスター電機が安く寄り付き続落だったので2095円で500株空売り。2070円をつけると戻しだしたので2080円で脱出。

 フォスター電機:+7500円
 
 金曜に長い上髭を出していたので、寄り付きからでも良かったかもしれませんが、慎重に待ちました。しかし、待ちすぎてちょっと低いところでの参入になり、利益が少ない結果に。少なくとも2100円より上で参入するべきでしょう。

 日本製鋼所が急上昇、買い参入を考えましたが、余力が足りず残念。

 その後スター精密が反落後上昇をみせていたので、まず試しに1534円で100株、次に1535円で300株追加買い。午前中に1588円まで上げた後、午後は1579円で寄り付いていた。食事から戻ったときには既に下落して1560円近辺での揉み合い。一旦1550円くらいまで下げたんですが、我慢して1560円で100株、1559円で300株を戻し脱出。

 スター精密:+9800円

 その後株価は急落して1495円迄下げている。1560円近辺での揉み合いでの弱さに空売りを察するべきでした。まだ日中足のトレンド転換での対応が機敏でありません。

 また惜しいことを、フォスター電機が午前中の高値を再度つけると午後は安く始まり、2130円程からの急落で午前中の安値近辺迄下げていた。まず下げて始まったこと、そしてダブルトップをつけたことで下げる確率が高いのかなと自己分析してます。

 以上でお終いと思ってましたが、大阪チタニウムが強い動きだったので5920円で200株買い建て。5950円に戻し注文を入れておいたのですが、5940円をつけた後下げたので5930円で脱出。
ちょっとしょぼい。

 大阪チタニウム:+2000円
米国続落
2008年 07月 12日 (土) 12:00 | 編集
 米国市場は続落です。ダウが128ドル安、ナスダックが18ポイント安、シカゴ日経先物は12960円と大証のそれよりも130円安で終了。欧州も大幅安で世界的に同時株安は止まりそうにありません。一昨日FRBが問題があれば米政府系住宅金融保証会社のファニーメイとフレディ・マックを国有化する用意があるとの発表で金融市場は安定するかと思われましたが、金曜の株式市場はこの2社の破綻が金融市場に更なる打撃を与え、住宅関連証券を持つ銀行、投資銀行の損失が更に拡大するとの懸念で大幅に売られ、ダウは一時250ドル以上下げて1万1千ドルを下廻る場面もありました。これを見ると、米国の金融不安は終わるどころか、まだまだ続くんではとの懸念を抱かせます。

 昨日の日本株は前日の米国市場の下落から午前は13000円を下抜きましたが、午後になると先のニュースで不安後退から買われて13090円で終了したわけですが、月曜は再び下値を模索する動きになります。既にダウもS&Pも弱気相場入りしている状態で、来週の米国金融機関の決算発表を見るまでは下げ止まりを見せることはないように思われます。

 来週の経済指標は火曜に6月米生産者物価指数/小売売上高、7月NY連銀製造業景気指数、決算発表でインテル、J&J、水曜に6月消費者物価指数、FOMC議事録、ウェルズ・ファーゴ、イーベイ決算発表、木曜に6月住宅着工件数、7月フィラデルフィア連銀景況指数、IBM、マイクロソフト、ノキア、AMD、バンクオブNYメロン、グーグル、JPモルガン、コカ・コーラ、メリルリンチ決算発表、金曜にシティ・グループ決算の発表があります。

 日本でも決算発表が火曜に東洋炭素、三益半導、良品計画、東宝、安川電機、水曜にユニオンツールなどがあります。

 まだまだ米国市場の下落のおかげで日本市場も下落は止まりそうもありません。今週はせっかく儲けようとして買いで失敗したので、昨日の様に買いのデイトレ、空売りを上手く使い分けて来週こそはしっかり儲けられるように頑張ります。では Happy Trading.
助かりました...ようやく連敗ストップ
2008年 07月 11日 (金) 14:57 | 編集
 米国市場が上げたので、どうなるか心配でしたが、午前中の先物は下げました。持ち越したオルガノは1067円で寄り付いた後続落してうれしかった。1021円に100日移動平均線が通っているのでここで下げ止まるかもしれないと思っていたら、買い戻しなのか1030円くらいまで戻し、あわてて1025円で脱出。

 オルガノ;+11000円

 しかし、その後この株は再下落を始め、なんとさらに60円も下げました。なんと悔しいことか。あまりにも空売りにびびりすぎて、戻すとすぐ買い戻してしまう。もっとチャートや、地合を見なければいけない。ダウントレンドでの急なリバーサルはあり得ないのでもっと余裕を持ってよいのです。この株は1590円を頂点にダウントレンドラインを引くとまだ株価はそれを上抜けていないのでまだ弱いと思います。

 続いて、日本カーボンが午前中急上昇していたので、午後に東海カーボンに成り行きで1226円で買い。しかし、株価の動きを見ていると情けない動きで上げてもすぐ売りが入ってなかなか上に上がれない。とうとう1218円で損切り。昨日の上昇が大きすぎたようです。

 東海カーボン:-8000円

 最後に日本電工に1213円で買い建て。1222円に売り戻し指し値を入れておいたら、そこを軽く突破して1237円まで上昇しました。1251円のダブルトップからのダウントレンドラインと100日移動平均線で三角ペナントを見せ、今日その上値抵抗線を上抜いたので買いでした。ただ、地合が悪いので持ち越しはしませんが、来週から楽しみです。

 日本電工:+9000円 
NY市場が大幅安だったんで
2008年 07月 10日 (木) 17:54 | 編集
 今日は大きく下落すると思ったら大幅上昇でしたね。今日は朝から外出してトレードはやらないつもりでしたが、今日は下げそうだと思うと気になって携帯をチェック。オルガノが1052円で寄り付いた後下落したので15分過ぎに成り行き参入したら、またそこが今日の安値の1036円。まただ、しばらくするとマイナスが増えていき、10時過ぎには1092円。いったいどうなってんだろう。その後1054円まで反落で安心していると終わり頃になってチェックすると1080円台。うわぁ、また失敗した。冷静になってよく考えると、大きなギャップダウンで買い戻したが入り、日経平均も13000円を下抜いたことで押し目買いが入ったのだろうと妙に納得した。

 米国の大幅下落に気持ちの方が高ぶりすぎて、そこら当たりの兼ね合いを予想するとことが出来ませんでした。やっぱり、画面でチャートを見ないのはかなり危険なのかなと思う。大きな含み損ですが、幸いまだ米国の下げは終わっていないようなので、なんとか下げて欲しいと思ってます。でも連敗続き、そろそろ引退するべきなのかな?

 保留銘柄

 オルガノ 売り建て  -55000円
気がつけば同じ失敗を繰り返している
2008年 07月 09日 (水) 14:27 | 編集
 もう何回やっても学習しない。情けない。ギャップアップは売りだと先日書いたばかりなのに、それを忘れてる。

 わらべや日洋に1402円で300株空売り。1420円で買い戻し。いつものWatch銘柄を空売りした方が良かった。やることなすこと逆に。

 わらべや日洋:-5400円

 日本製鋼所に2010円で買い建て。13時過ぎから先物がまた急落、そしてまたぼうっとしていて損切りを忘れてた。

 日本製鋼所:-39000円

 追記 今日は中国市場も大幅高だったので安心していたら急落して、日本市場はまったく分からない。欧州市場も堅調で日本株だけです、あんな下げ方をしたのは。(イランがミサイル試射が理由らしく、為替も一時ドルが下落。しかしその後は戻してます。)これで明日ギャップアップしたら頭に来ます。
日経大幅安で
2008年 07月 08日 (火) 14:51 | 編集
 米国株は当初予想通り上昇、ところが、住宅金融会社が損失を出す懸念が出て株価は急落。それを受けて日本株も売り一色でした。

 空売り参入しようとしたが、どれが良いか分からず結局あきらめ、午後になって1993円をつけ戻しだした日本製鋼所に買い建て、2000円で約定した。ちょっと高かったかなと思ったら株価は下落に転じ、続落。戻りがあると我慢していたのですが14時20分前になってさすがに心配になり、このまま下がったらどうしよう、明日も下がったら、などと考え始めたら、どうしようもなく不安になってとうとう損切り。それが安値から1円高の1952円でした。その後14時手前で反発をはじめ、1981円迄もどしてきた。あ~~~~~~あ、なんと悔しい!いつもこのパターンだ。上げるまで我慢しようと長く持ちすぎて損失が最大に、損切ると株価は上昇してしまう。

 日本製鋼所:-48000円

 今後は空売りで参入後に反対に動いたときはすぐ損切りをするように買いでも同じように行動するよう自分を訓練します。それも大事だが、下げ止まりを確実に確かめることがもっと大事だ。

 その後再度買い参入しようとしたが、余力がたりず、オルガノも反発を見せていたので1084円で買い建て。と、これも情けなく反落してきた。あ~あ、やることなすこと裏目だ。

 オルガノ:-5000円

 今日の反省:下げトレンドで大きく下げた場合、買い参入して上げてもすぐ売りに押されるので買いは絶対にやるべきではない。むしろ、売りをあきらめるべきでない。
ようやく午後になって相場が反発
2008年 07月 07日 (月) 15:00 | 編集
 鈴丹は午前中に50日線を下抜いたので340円で損切り。このトレードは全く意味のないトレードで失敗でした。とにかく買いが少なすぎます。日本製鋼所も1992円迄下げた後午後になって上昇。2065円をつけると揉み合いになりとりあえず2070円に戻し注文を入れたのですが、なかなか上値が重いので2060円で脱出。すると先物がそれまでもみあっていた13400円を上抜いたら、これも2080円をつけて、またまたがっくり。

 鈴丹:-24500円
 日本製鋼所:+25000円

 本当は2100円くらいまで待とうと思ったくらいでしたが、翌日になってどういう動きをするのか分からないので脱出でしたが、また早すぎました。。でも今晩は主だった指標がないので米国は上昇するとの予想を持っています。まあまた様子をみて買い参入します。それから、今日も東洋エンジニアリングは堅調でした。710円で反落したので入ろうと思いましたが、高値をつけて下落するんではと不安で止めたら730円をつけるまで上昇。
昨日間違ったことを書きました
2008年 07月 05日 (土) 18:03 | 編集
 米国先物市場は現物同様休みだと書きましたが、あの後見たら数字は動いてたので、為替同様開いていたんですね。ドル円は若干ドル高に推移し、先物も戻したように思います。

 来週の指標の発表は米国で火曜に卸売り在庫、バーナンキ議長講演、そしていよいよ第2四半期決算発表がスタートし、アルコアの発表があります。木曜に6月チェーンストア売上げ、バーナンキ議長議会証言、金曜にミシガン大学消費者信頼感指数、GE決算の発表があります。日本では洞爺湖サミットが月曜に始まり、火曜にイオン、7&i HD決算、水曜に5月機械受注、木曜にJフロント、ファーストリテイリング決算、金曜にソフトバンクiPhone発売があります。

 先週は少し利益を上げられましたが、金曜の終わり方がまずかったと思ってます。日経平均がとりあえず底値圏に近いので、ギャップダウンしたら買いが、まだダウントレンドは終わっていないので、上げて始まったら空売りが有効なのかなと思いました。これを念頭に入れてトレードに対処しようと思います。

 ところで、決算の行方なのですが、米国企業はほとんど世界を相手にしているので思ったより悪くない決算が多く出ると予想しています。日本企業も輸出企業は同様だと思います。ただ、円高と原油高からくる原料=コスト高がどのように影響しているのか注意が必要です。1Qが営業最高益と報道されたコマツ、日立建機などが昨日大きく上昇していました。新興国、特に中東で需要が高いのでしばらくこの上昇は続きそうです。ただ、インフレ懸念からの中国の景気後退懸念にも注意を払う必要があり、北京五輪の後が心配です。昨日の下げから月曜はとりあえず反発を予想しています。では 来週も Happy Trading.

 追記 ある本の解説に ほとんどのトレーダーは価格の動く方向を本人の希望、願望からくるバイアス(傾向、偏向、偏見)に基づいて行動するので、それが失敗のもっとも多い原因である と書いていた。まさに自分がそうなので非常に納得です。今まで空売りをやるとすぐ反発して失敗ばかりしていたので、どうしても下げた後は買いと考えてしまう。でも忘れてならないのは現在のトレンドはどうかということで、しっかり頭に刻みたい。
要らぬ予想をしたばっかりに
2008年 07月 04日 (金) 15:01 | 編集
 指数は安く寄り付くだろうとの予想は外れ、また今晩の米国市場は休みなので、今日は押し目買いが入るだろうと予断を持ってしまい、高く寄り付いて下げた日本製鋼所に2035円で買い建て。2055円迄戻した後はじり安をたどり、午後になって2000円を切るまで急落してしまった。動きが鈍いので益出し脱出しようか考えたんですが、午後には反発するだろうとそのままに。これが裏目に出ました。

  米国先物が上げるとの思惑で買い参入でしたが、ふと気がついてみると先物が全く変化しない、おかしいなあ。そしてはたと気がついた、今日は休みだから先物の取引はなかったんだと。また、自分の失敗パターンで、高値からの下落で買いに入り含み損を抱え、せっかく安く買えるチャンスだったのに、わざわざ高値で情けない。

 今日の上昇銘柄は電池関連と東海カ、日本カ。チャートパターンを見ると、昨日大きく上昇した銘柄は今日は益出し、昨日それ程でもなかったものは大きく上昇。大きく上げた翌日は買いが入らず益出しで下げるパターンが多いのにそれにも気付かなかった。まだまだ未熟だし、買いバイアスが強すぎる。

 保留銘柄
 鈴丹      買い  -20500円  (前日比 -0.9万円)
 日本製鋼所  買い  -15000円
もったいなかった!
2008年 07月 03日 (木) 15:01 | 編集
 今日は空売り参入しようといろいろ銘柄を探していましたが、いまいち下げに勢いがなく、おまけに日本製鋼所が下げた後、すぐ戻してきていたので買いを決断。1950円くらいから入ろうとしましたが、もたもたして1957円での参入。1990円を越えるともみあってきたので、1990円で利益確定。もっと持とうかなと思いましたが、最近これをやって失敗しているし、指数の上値が昨日の終値くらいだろうと思い脱出したのですが、今日は様子が違ってました。この株は続伸し、午後も続伸し2040円をつけるまで上げました。あ~あ、勿体ないことをした。

 日本製鋼所:+33000円

 今日特に強いのはプラント関連です。日揮がサウジで原油処理施設を受注したことで上昇し、関連の東洋エンジニアリング、新興プランテックも上げてます。また地合が変わると真っ先に材料銘柄が買われるようです。日本製鋼所、オルガノ、日本電工、プラント関連、しばらくこれらの銘柄でトレードしようかな?今晩の米国雇用統計は悪い数字が出ると思い、明日は一旦今日朝方くらいのレベルまで下げる予想をしています。

 保留銘柄
 鈴丹  買い建て -11500円 (前日比 +1千円)
今日は予想に反して暴落でびっくり
2008年 07月 02日 (水) 15:13 | 編集
 米国がなんとかプラスを維持したし、シカゴ日経先物が確か190円高だったので多少の上昇を期待してたんですが、全く予想が外れました。10時過ぎまで指数は急落し、下げ止まったら買いで入ろうと思っていたので、この空売り機会になにも出来ず終いでした。

 オルガノが急落していたのであわてて1234円で空売り参入したところ、他の株はどんどん下げていくのにこれはむしろ1243円迄戻してきたので、損切りしようかどうしようか迷っていましたが、我慢すると下げてきたので1031円で脱出。その後続落し1016円迄下落。でも簡単に下げず、これ程しぶといとは思いがけなかった。

 オルガノ:+3000円

 その後10時すぎて下げ止まったように見えたのでオルガノに買い建てしようとしましたが。1243円をつけると反落し、1212円をつけて命拾いをしました。全体が大きく下げるなか、あまり下げを見せなかった東海カーボンに1021円で買い建て。午後に1040円をつけると急落して1021円に。その後は1035円迄戻した後反落し、1029円をつけたのでもう嫌だと思い1030円で脱出。ところが、14時すぎると一時1044円をつけるまで反発して、狙いは間違っていなかった。でも、まだ欲のかきすぎで益出しのタイミングを逃してしまうので気をつけるようにしたい。

 東海カーボン:+9000円

 自分の登録銘柄でなかなか方向感がでないものが多く、ランキングから鈴丹に365円、364円で500株ずつ買い建て。369円をつけた後は揉み合い、その後はじり安となり結局352円で大引け。ちょっと不注意でした。今日の相場の下げで今晩米国が下げても折り込み済みで明日は反発してくれることを期待します。

 保留銘柄
 鈴丹 買い建て  -12500円
助かったあ
2008年 07月 01日 (火) 15:25 | 編集
 持ち越したオルガノが高く寄り付いて、1300円で益出し。その後は1329円迄続伸した後はいつものじり安で下げて1263円で大引け。結局上昇してもすぐ戻り売りで下がるのがお決まりのパターンのようです。これを今後利用しない手はありません。しかし、この後がいけません。

 オルガノ:+18000円

 昨日通期決算予想を下方修正した東京建物がこれもかなり安い寄り付きから続落の動きだったので、607円くらいだったか成り行き売り注文をいれたところ、601円で約定してしまい、600円程が下値になってなかなか下がらず、そのうちに反発。これを繰り返し、とうとう607円で損切り。その後10時すぎると600円をつけるまで反落。午後になってこれもじり安で588円で大引け。またやってしまった。入ったところが一番安いところで、それが原因で反発の動きで心配になり損切り。でも結果的にこの動きが時期尚早。

 東京建物:-6000円

 いまだ弱い相場地合なので株価が反発しても2~3日待てば株価は下落して利益を上げられるので、我慢をしないといけない。でも参入は絶対に安いところでは入らないように気をつけるように自分を訓練しないとこれでは何回やっても勝てない。今日このあとはいろいろな株価の動きをみて何も入ることが出来ませんでした。あ~、どうしたら順調に下げる株を見つけることが出来るか知りたい。
copyright (C) 私の株取引日記 ( Hit & Run ) - 株投資の誤解・間違いから成功へ all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。