負け続けの悪戦苦闘のトレード日記
私の株取引日記 ( Hit & Run ) - 株投資の誤解・間違いから成功へ
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
これで助かりそうかな?
2008年 08月 30日 (土) 12:38 | 編集
 最近土曜の日記はお休みしていたのですが、空売り持ち越しがあるので心配で、久しぶりに記します。昨日のダウは171ドル安、ナスダックが44ポイント安、S&Pが17ポイント安、シカゴ日経平均は12910円と大証よりも150円安。発表された個人収入が0.7%減少し、予想の0.1%を大きく下回った。同時に個人消費も0.2%の上昇だったが、6月の0.6%よりも0.4%も低い伸びに留まった。これにより第3四半期は弱含みの始まりで、経済後退がより深刻化するのではとの懸念が広がった。

 買い建てのトクヤマにはつらいけど、空売りのケネディクスには良いニュースです。また今日の早朝に都市デザインシステムが民事再生法申請を行ったとの報せをニュースで見て、これが不動産業にマイナスの影響を与えてくれればと思っています。買い方には悪いですが、仕方がありません。とにかく、今の地合では買いは2日と続きませんので、売りが安全です。今の状態は2003年以前の状態と似ているように思えます。株価水準こそずっと高いですが、その当時不景気で株価は底を這うような状態でしたが、そこに向かってじり安となっているように思え、何処まで下げるか分からないので買い手も手を出さない状態です。ある投稿記事を読むと、フレディ・マック、ファニー・メイの米国住宅金融会社の損失が更に悪化するようで、公的資金投入をしないと日本の二の舞になりそうです。まだまだ回復という状態になるには時間がかかりますね。

 来週の経済指標は重要なものが目白押しです。米国では月曜が休場、火曜にISM製造業景気指数、水曜にベージュブック(地区連銀経済報告)、第2四半期ユーロ圏GDP確報値、木曜にADP雇用、ISM非製造業景気指数、ECB政策金利発表、金曜に雇用統計などの発表があります。

 この弱い地合、空売りで持っていれば利益を上げられそうです。ちょうど、アップトレンド時の買いで、下押ししてもすぐ戻ってくるのと同じように。では来週も Happy Trading.
スポンサーサイト
何で自分が売るとこうなるの?
2008年 08月 29日 (金) 15:09 | 編集
 昨日空売りWatch銘柄に入れておいた銘柄のひとつウェザーニュースに1472円で500株空売り。1460円迄下げると反発し1476円迄戻し、1475円で400株、1476円で100株を損切り。その後は反落し1454円迄下落した。その後午後から反発し1500円迄。

 ウェザーニュース:-1600円

 そして最悪なのはケネディクス。ギャップアップ後前日終値を大きく下抜いたので55100円で10株空売り。54700円後に反発してストップ高手間の62500円まで上げていった。うわ~つらい。それにしてもなんでこんなのばっかり、しかも底値で売ってしまうんだろう。

 続いて、午前中に空売りと思っても止めたセガサミーが午後になって続落の動き。1027円で100株様子見で空売りすると1021円をつけた後反発したので1031円で損切り。その後これも反落して1023円をつけた。地合が良いときは、午前中一杯か午後13時迄が下落の時間帯のようなので気をつけよう。

 セガサミー:-400円

 反省点: 1)空売り参入タイミングが相変わらず遅すぎる。
       2)今日のように先物が続伸の時は空売りは止めるべし。

 2)番目の点は良くわかっていて、いつもなら買いをやるのですが、空売りを成功させたいという気持ちが強すぎて忘れてしまった。1)にしても、どうしても銘柄選びで時間が取られ、見つけたときは既に遅いことが多く、もっと早く入るように頑張らなければ。とにかく今日の失敗は2)の理由に因ります。

 トクヤマが地合が強いせいで大きく上昇してきた。このまま来週も続伸で行って欲しいが、ボリンジャーバンド上辺(+2α)にぶつかり若干越えてきているので、月曜はこの反動で下げなければ良いが...  うむむ、ケネディクスがストップ高に張り付いた。なんと極端な銘柄なことか。でも落ちる時も早いかも、それを期待しよう。

 保留銘柄
 トクヤマ  買建  -5000円  (前日比 +3.4万円)
 ケネディクス 売建  -75000円
久しぶりに先物がギャップアップ
2008年 08月 28日 (木) 14:32 | 編集
 空売りをやろうといつもの観察銘柄を見ていてもギャップアップしてなかなか下げるそぶりを見せないので、他を探そうといろいろ物色。しかし、すでにかなり下げていてこれからの参入は難しいのかなと見送り。そんな中のひとつの東洋エンジニアリングに549円で1000株空売り参入。既に大きな下げを見せてあまり下げないと思いながらの売りでしたので、若干の下げを見せた後戻してきたので548円で買い戻し。

 東洋エンジニアリング:+1000円

 その後いつもの銘柄の住友鉱山を見ると10時手前から見事に落下していた。また見逃したと悔しい思い。多くが下落を見せる中、10時20分くらいに急騰していた日本農薬に992円で指し値買い注文。しかし、更に上げていったので成り行き参入したら、1001円とこれが高値約定となって、はしごをはずされる格好となってしまった。その後はじりじり上げてきて1000円の攻防となっている。

 午後になってここからは上げを期待してテクモにこれも成り行きで685円の買い建て。直後に下げて677円をつけたが戻してきた。ふと見ると680円近辺でマイナスの筈がプラスで目を疑った。うわ、売り立てていた。あわてて成り行き戻して680円で200株681円で700株約定して助かりました。その後株価は思った通り上昇し700円をつけるまで上昇。惜しかったなあ。

 テクモ:+3800円

 いつも空売り銘柄の選択に困り結局参入出来ず終い。なんとか良い方法を考えないといけません。さもないと利益が上がりませんから。日本農薬は結局買値で撤退でした。

 保留銘柄
 トクヤマ  買い   -39000円  (前日比 +2.5万円)
今日も下げ
2008年 08月 27日 (水) 15:00 | 編集
 10時過ぎまで下落後先物は戻して12780円の昨日終値手前で揉み合い症状。朝方日本電工に10時手前に951円で空売り参入。直後から横這いの動きを見せたので950円で脱出したのですが、15分過ぎになって株価は急落し、13時半過ぎまで下落した。また我慢が足りず利益を逃した。

 日本電工:+1000円

 新興プランテックがあまり下げずにいたので1167円で500株買い建て。一旦1150円迄下げた後反発して1174円をつけて前場を終了。途中1158円で300株追加買い。午後は1174円で寄り付いた後反落して横這いの動き。1200円近くまで上げてくれると期待をしていたのですが、期待は見事に外れました。結局最初の500株は1167円の同値撤退。残り300株も持ち越しを考えましたが、リスクは取らずにおこうと1168円で益だし。

 新興プランテック:+3000円

 性もない利益でした。やはり買いを入れても上げる力がないので、空売りの方が成功率が高い印象です。

 保留銘柄
 トクヤマ  買い  -64000円  (前日比 +4千円) 
先物が大きくギャップダウン
2008年 08月 26日 (火) 15:01 | 編集
 表題の通りだったので、売りを入れるのには躊躇した。そのうちに住友鉱山、大平洋金属が反発していたのを見て、住友鉱山に成り行き買い建て。1413円で約定。寄り付きが1400円だったからかなり高値での参入となりました。またいつものように遅い参入で、その後もいつ下げるか気が気でなかった。株価は昨日終値を上抜きなんとか続伸。目標を1440円近辺に置いておいたが、既にかなり上げていたし、1425、26円辺りで揉み合いとなったので1425円で脱出。余力があれば、最近このパターンには確実性があるのですが、高値後の反落で空売りを入れてみたい。

 住友鉱山:+12000円

 その後ここからの売りはさすがに出来ないし、買いも新たな候補を探したがなかなか見つからなかった。しかし、13時過ぎに昨日の終値を超えてきたケネディクスの勢いをみて10株成り行き買い。既にかなり上げていたので心配でしたが、64400円で約定。株価は64800円をつけた後陰線を見せ反落。このまま下げるのかとじっと見ていると売りが止まり、株価が再上昇した。戻し指し値65000円を65400円に引き上げ無事約定。昨日逆日歩が5円ついたことで買い戻しで反発したようです。

 ケネディクス:+10000円

 保留銘柄
 トクヤマ  買い  -68000円  (前日比 -9千円)
久しぶりに上げるかなと思ったら
2008年 08月 25日 (月) 15:00 | 編集
 先物はギャップアップから横這いで12900円近辺を維持していますが、金曜に損を被った日本電工とニッケル関連は下げています。

 先物の上げに惑わされて、日本電工の下げにも参入せず見逃し。その後1020円を切り続落したのであわてて成り行き参入した。1007円で約定した後、株価は1015円まで戻し不安でしたが、寄り付きからの下げを見て今日は下げると我慢したところ、なんとか下げて1000円を切った。この後のも揉み合いで999円で買い戻しを余儀なくされたんですが、続落して午後には973円をつけました。ちょっと少ない利益でしたが勝てました。しかし、不満なのは参入が遅れたことともう少し我慢が出来ていればと言うことですね。

 日本電工:+8000円

 やはり、今の地合では空売りの方が確実性が高いですね。反発しても長続きしません。午後は指数も横這いで個別も動きが出ないので様子見で終始。

 保留銘柄
 トクヤマ  買い   -59000円  (前日比 +2.1万円)
もう最悪、 連敗です
2008年 08月 22日 (金) 18:05 | 編集
 今朝高く寄り付いた後下落し昨日の終値を下抜いた日本電工に成り行きで空売り、ところがそこが一番の安値の1037円で、ここから反発となってしまった。また下げるのを待っていたら続伸。たまらず、1058円損切り。株は下げる様子も見せず上げていったので1092円で買い建て。ところがここが高値から一円安。しばらくもみあった後、下落をみせて1066円で前引け。

 日本電工:-21000円

 気がつくと今日病院の予約があったのを忘れていた。あわてて外出し、一段落した14時過ぎに携帯で株価を確認すると、なんと1030円となっていてびっくり。あわてて1032円で指し値戻し。

 日本電工:-60000円

 売れば上がり、買えば下がる。全くちぐはぐの1日。更に悪かったのは、空売り、買いのタイミングが遅すぎたのと、いくら突然だったとは言え、外出で逆指し値注文を入れ忘れたことが損失を大きくしてしまいました。今後絶対に気をつけたい。

 これで3連敗、10万円の損失です。先日の空売りの失敗で、買い主体になってしまいましたが、まだまだ空売りの方が安心です。来週から空売り対応を中心にします。

 保留銘柄
 トクヤマ  買い  -80000円  (前日比 -1.2万円)
また下落
2008年 08月 21日 (木) 14:55 | 編集
 先物は寄り付きこそ高く始まったがすぐ下げてきて昨日の安値を更新。リーマンの再増資が不成功に終わったというニュースが先物の売りの理由にされているようです。ニッケル価格が続伸したので、高く始まった資源株は続伸の動き。

 730円で寄り付き後反落し、持ち越した大平洋金属を728円で益出し。724円をつけると急反発したので、大平洋金属に更なる上昇を期待して742円で買い建て。752円をつけると勢いがなくなり午後になって720円まで下落。上げるものと買いかぶりすぎました。一方、住友鉱山は期待通りの逆行高で、太平洋との違いが歴然。銘柄選択を完全に間違えました。もうこの株の買いは当分止めです。

 大平洋金属:+25000円

 もう一つの注目銘柄の日本電工は1051円のストップ高で寄り付いたまま。入る隙間もありません。結局太平洋金属は大失敗、戻しを期待し持ちすぎて723円で損切り。なんと馬鹿なトレードをしたことか!明日はギャップアップの可能性が高いですが、リスクは負いたくないのでこの判断です。

 大平洋金属:-19000円

 保留銘柄
 トクヤマ  買い   -68000円  (前日比 -4千円)
今日も下落で始まる
2008年 08月 20日 (水) 15:01 | 編集
 先物が12750円で寄り付き、今日は買いと思ったんですが、地合は変わらずと警戒。始まる前にニッケル価格の推移を見たら1000ドル上昇していたので、大平洋金属、住友鉱山を注目。日本電工もそうですが、昨日の上昇から益出しで売られるかと思いこれは様子見。

 住友鉱山が前日高値とのギャップを埋めて戻してきたので1404円で買い建て参入。1419円迄上げた後は揉み合い状態。最後まで持とうと思っていたのですが、1412円をつけると脱出してしまった。

 住友鉱山:+8000円

 その後1406まで下押しした後上昇基調で午後になって1436円迄上げました。やっぱり予想は当たっていたので残念。余力がなくなり再度参入ができないので、既にかなり上げてましたが、代わりに703円で大平洋金属に買い建て参入。午後になってこれも反落し697円をつけましたが戻して買値近辺でのせめぎ合いが続いてます。

 日本電工は思ったとおり反落し、905円迄さげました。しかし、その後は反発し950円まで戻してきてます。やはり引け後の決算期待なのでしょう。

 保留銘柄
 トクヤマ     買い  -64000円  (前日比 +1.1万円)
 大平洋金属   買い  +-0円
ほとんど全面安
2008年 08月 19日 (火) 17:07 | 編集
 朝方からギャップダウン銘柄が多く、ここから売りをやるには難しそうに思え、指数の動きに逆行していた日本電工に880円程で成り行き買い。884円で約定した後もの凄い揉み合いで900円近辺と881円近辺で株価は推移。20日に決算発表なので、そのせいか下がるとすぐ押し目買いが入ったが、前引け前に914円をつけて900円迄値を戻した。

 この後外出で携帯からのトレードとなりましたが、チャートを見ることができず、906円で寄り付いた株価は900円迄下げたので、だんだん不安になり906円で戻し注文のを入れてしまった。これが運良く907円で約定。しばらくして見たら910円をつけたのを見てやっぱり脱出は早すぎたか。参入当初は持ち越しを考えましたが、それも外出であきらめ、でも帰宅後の株価を見て悔しさいっぱいの924円での引け値でした。

 日本電工:+22000円

 保留銘柄
 トクヤマ  買い  -75000円  (前日比 -3.2万円)
トレード無し
2008年 08月 18日 (月) 15:36 | 編集
 朝方参入候補探しだけで終わり、10時近くから外出とか梱包整理などで終わり。午後と思いましたが、じりじり下がる展開なのでこれも何も出来ず終い。今日は休み明けの為かかなりの銘柄が朝方に上昇しました。
参入ポイントを間違えているようです
2008年 08月 15日 (金) 16:53 | 編集
 今日は個別も大きく下げる様子は見えないので、空売り参入出来ず終い。唯一住友鉱山が上昇後下落したのですが、ちょうどその時に他の銘柄を見ていて見逃してしまっった。その後日本製鋼所が前日終値を下抜いたので1767円で空売り。その後1766円に戻し注文をいれて外出し、携帯からのトレードで、午後の最初の上昇後の反落時に1769円で損切りした。

 日本製鋼所:-2000円

 どうも自分のやっている空売りのタイミングは全く見当はずれで、もっと高いところで仕掛けないといけないようです。あまりにも警戒しすぎてどうしても参入が遅くなってしまう。

 保留銘柄
 トクヤマ  買い  -51000円  (前日比 +1.4万円)
今日は買いで
2008年 08月 14日 (木) 15:07 | 編集
 ニッケル価格が上昇し、先物がギャップダウンで始まったので反発をきたいして、大平洋金属に買い建て参入。653円で約定し680円を期待したが、671迄上げた後はこの前後でのすごい揉み合いとなり668円で脱出。

 大平洋金属:+15000円

 住友鉱山も同様に上昇していて、午後になって1360円で買い建て。これは参入が早すぎたようで、先物が芳しくないのでじりじり下げてきた。1349円迄下げたが、大引け前の買い戻しに期待して1355円で指し値戻し注文を入れ約定。やはり午前しか株価は動かないようです。日足チャートをみると1359円に25日平均線が通っていてこれが上値を抑えていたようです。明日これを越えてくるようなら再度買いたい。

 住友鉱山:-5000円

 保留銘柄
 トクヤマ  買い  -65000円  (前日比-1.2万円)
また負けた
2008年 08月 13日 (水) 14:17 | 編集
 多くがギャップダウンで始まりやりにくい。コニカミノルタが大きく下げていたので22分に1000株1522円で空売り参入。次の5分足で反発し出したので、あわてて1534円で損切り。しかし、株価は1540円をつけると反落し始め、10時すぎて1502円迄下落。ちょっと反発すると損切りしてしまうが、その決断が早すぎる。地合は下げ地合なのだから、もっと我慢しないと。また参入時間のタイミングをもっと考えないと駄目だ。

 コニカミノルタ:-12000円

 次に逆行高している海運のなかで、新和海運に508円で買い建て。さすがにこれは高すぎたようで513円をつけると反落したので、504円で損切り。ところが、午後寄り付きで501円で始まると急反発して510円まで戻ってきた。悔しい、またも失敗。

 新和海運:-4000円

 こんな状態では利益を上げることが出来ないので、勉強の意味で100株だけ2830円光通信を空売り。2870円から始まった株価は下げだし、数回指し値を下げた為に安いところでの約定となって、これもタイミング的には失敗でした。株価は2810円の後戻して売値を上抜いている。後で気付いたのですが、ボリンジャーバンドの-2αを大きくはみ出ているのでまずかったかなと思う。へたくそだなあ、売値が底すぎたか?結局下げのそぶりも見せないので2935円で損切り。買えばよかった。

 光通信:-10500円

 朝方コニカミノルタの前に東海カーボンと日本製鋼所に空売りしようか迷ったのですが、やり過ごして大失敗。両銘柄とも、特に東海カーボンが見事に下げていました。本当に悔しい。

 保留銘柄
 トクヤマ  買い  -53000円  (前日比-2.7万円)
下手なトレードばっかり
2008年 08月 12日 (火) 15:03 | 編集
  下げて始まった新興プランテックに1272円で500株空売り参入。1261円をつけると戻し始めたので1268、1269円で全て買い戻し。その後1309円迄反発した後じり安をたどり午後に1228円円迄下げました。あ~あ、がっかり。

 新興プランテック:+1600円

 これも寄り付きから急落していた日本電工を880円近辺で空売りをしようと思いましたが、既に充分下げていると思い見逃し、しばらくしてみたら続落で、10時40分頃にようやく売り建て参入した。この水準では今日時点ではかなりの下げで株価はなかなか下がらずむしろ反発。午後になって851円くらいで始まった後ようやく下げだし、744円で我慢できず脱出したら、直後に下げだし834円をつけた。くやし~い。何とか助かったが、反省は参入が遅すぎた。

 日本電工:+1000円

 この前に続伸の動きを見せたトクヤマに751円で買い建て。758円迄上昇したが、その後はじりじり下げだし、午後になって724円迄...753円くらいで脱出しようかと思ったが、大丈夫だろうとそのままにしていたら買いが入らず下落。甘いなあ、何にも根拠がないし、また買いはどんどん益出ししないと危ないのに。

 昨日13500円手前で反落し、今日続落の動きなので、空売りの決め打ちをして早めに入るべきだったと反省。また14時過ぎからの先物の急落で多くが急落の憂き目に...ここからでも仕掛けるべきだったのか。

 保留銘柄
 トクヤマ  買い  -25000円
今日は思惑がはずれました
2008年 08月 11日 (月) 15:09 | 編集
 今日は上げるだろうと期待してましたが、個別はギャップアップをするものが多くほとんど横這いが多かった。東洋エンジニアリングが高値を付けた後下落、これは意外でした。決算が良かったので下げるとは思わず空売り参入が出来ずじまい。

 新興プランテックがこれも高値をつけると下げだし、昨日の終値を下抜いてきて続落の動き。しかし、今日は全体が上げると思っていたので、警戒感から随分下の1364円で、それも200株のみの空売りをした。株価はうまく下げましたが1350円でもみあったので、ここが限度と1347円で買い戻したら、その後更に100円以上下落して大失敗でした。思いこみが強すぎました。

 新興プランテック:+3400円

 その後はほとんど下にも上にも動かない銘柄ばかりでトレードは出来ませんでした。
米国市場は大幅高
2008年 08月 09日 (土) 16:59 | 編集
 昨日のダウは302ドル、ナスダックは58ポイント、S&P500は30ポイントとそれぞれ高値更新で終了。シカゴ日経先物も13300円で終了し、大証よりも130円高でした。原油価格が115ドルに下落し、ドルも110円台に上昇しました。原油市場から資金が株式市場に戻ってきているようで、米国市場の最悪期は過ぎ去った感があります。振り返ってみると米国市場は7月中頃で底を打ったようで、それ以来上げ下げを繰り返しながらも上値を取ってきているので、日本株も遅ればせながらトレンド転換となりそうです。しかしながら、景気後退懸念は晴れているわけではなく、まだまだ今後続きますので、下に振られる展開も残ります。

 月曜日にはかなりの銘柄が売られすぎから買い戻しの動きで上昇するのではないかと期待しています。2.1倍の増益決算の東洋エンジニアリング、99.9%増益の古河電気工業などなど。またチャート的に東邦チタニアムが月曜から反転しようなチャートを示していてWatch銘柄で観察します。

 来週の経済指標は米国で火曜にアプライド・マテリアル、UBS決算、水曜に7月米小売売上高、メーシーズ決算、木曜に7月消費者物価指数、週次新規失業保険申請件数、ウオルマート、JCペニー決算、金曜に7月鉱工業生産、8月ミシガン大学消費者信頼感指数、8月NY連銀製造業指数の発表があります。 日本は決算で 月曜にマルハニチロ、味の素、三菱マテ、横浜ゴム、HOYA、三井住友海上、日本興亜、損保ジャパン、あいおい、東京海上、 火曜に日揮、電通、横河電機、松田産業、サイバー、東海カーボン、シマノ、 水曜にマツキヨ、光通信、東映、SONYFH、太陽日酸、 木曜にアルバック、三越伊勢丹、URBAN、東武、東燃ゼネラル、日本カーボン、アクロディア、 金曜に比較.コム リプラス、第一パン 等の発表があります。

 来週の上値は13500円近辺となり、そこに到達すると一旦売られて下げそうですので、それを警戒しながら上手く立ち回って儲けましょう。では Happy Trading.
ギャプダウンで始まる
2008年 08月 08日 (金) 14:51 | 編集
 先物がギャップダウンで始まり、13000円を下抜いたので割安感から買い戻しが入り、午後になると反発上昇しました。

 空売りと思っていましたが、ほとんどの株は続落とはいかなかったので、急上昇していた東洋エンジに692円で高値買い。697円をつけた後動きが止まったので695円で脱出しようかどうしようか迷っている内に下落。結局682円で損切り。

 東洋エンジニアリング:-10000円

 安く始まったコニカミノルタが買い戻しで反発していたので1663円で1000株買い建て、1691円で脱出。この判断は正解でした。昨日の決算発表で進捗率が20%と予想以下だったので下げ。

 コニカミノルタ:+28000円

 その後新興プランテック、東洋エンジなどが強い動きだったので、迷ったあげく東洋エンジに688円で再度買い建て。ところが、これはえらい失敗、ほとんど上昇らしい上昇は見せず、694円迄上げると下落して全く情けない動き。今日は良い買い場を提供してくれたはずが、これまでのトレードで余力を使ってしまい、その後の日本製鋼所などの上昇をただ指をくわえて眺めているだけの悔しい状態でした。

 助かりました。持ち越しを覚悟していたんですが、最後の20分前に買いが入り出し、なんとか692円で脱出出来ました。千代田化工の例がありますので、決算を跨ぐのは不安がありましたので良かったです。

 東洋エンジニアリング:+4000円
SQ前の売り
2008年 08月 07日 (木) 14:42 | 編集
 今日は昨日の上昇からも売られると思っていましたので、ギャップダウンの三井住友フィナンシャルに718000円で1株売り建て参入。713000円をつけると急速に戻し、725000円迄上げた後は揉み合いながらじり下げで結局我慢できずに718000円の買値で撤退。その後午後になって707000円迄下げてます。ギャップダウンでは素直に下げないのでしょうか?

 三井住友フィナンシャル:+-0

 その前に持ち越した新和海運が526円で寄り付き、524円で損切り。痛いなあ!

 新和海運:-12000円

 この悪い地合の中、日本農薬に938円で買い建て参入。高値参入でその後15000円の含み損まで下げましたが、VWAP線の手前で戻し始め、午後になると続伸し990円で脱出です。なんでこの株が強いのか解りませんが、この株はよくこういう動きをするので買ってみて正解です。こうなると新和の損失がもったいない、買いの持ち越しはまだ気をつけないと駄目なのかも?

 日本農薬:+52000円

 東洋エンジニアリングとともに観察銘柄に入れていた千代田化工建設が午後になって急落し、80円も下げていてがっかり。なんの為に観察していたのか。午前中は横這いだったし、日本農薬につきっきりで無警戒だったのが悪かったようです。その後はいろいろな株価を眺めて観察。
先物が大幅ギャップアップ
2008年 08月 06日 (水) 15:00 | 編集
 持ち越したユーシンは自分の予想より上げ幅が少なかった。758円をつけたあと反落したので752円で脱出。

 ユーシン:+1800円

 東洋エンジニアリングが高値後にじり安の様子なので648円で空売り参入。思ったほど下がらず645円で買い戻し。

 東洋エンジニアリング:+3000円

 トクヤマが大きく上昇していて、683円で買い建て。690円が目標でしたが、すごい揉み合い展開で不安で685円で脱出しまったのはもったいなかった。しばらくしてこの株が690円を越えてきていて、705円がストップ高水準。それを期待して696円で買い建て、一円下の704円で指し値戻し。軽く705円到達でした。

 トクヤマ:+2000円
 トクヤマ:+8000円

 午後になって510円台から見ていた新和海運がどんどん上げていく。いつ下げるかいつ下げるかと見ている間に更に上昇。536円で買い建て参入してしまい、高値買い。526円迄下落したが、530円台に戻している。海運株で唯一上方修正を出したので買われているようです。

 保留銘柄
 新和海運  買い -1000円 
今日は方向感のない展開
2008年 08月 05日 (火) 15:02 | 編集
 昨日持ち越した新光電気工業は寄り前の気配値が100円高であったので、なんでこの株だけこんなに高く始まるのか訳が分からない。いつもの観察銘柄はギャップダウンでの寄り付きなのに。とにかく100株だけの持ち越しで助かりました。結局1220円で寄り付いた後戻り売りで下げ、1197円で買い戻して損失が少なくて一安心。

 新光電気工業:-3100円

 その後、日本電工、日本製鋼所共々寄り付きから50円程も上げ、45分過ぎには元の値段にまで下げ、入っていれば上げ下げで結構な利益をあげることが出来ました。今後この上下の動きを利用してトレードをするようにしたいですね。

 午後になると横這いの動きとなったのでこれらは見過ごし、代わりに東洋エンジニアリングがそれまでの安値を更新してきたところの646円で1000株空売り参入。638円をつけると戻したので、不安になって640円で脱出。その後続落の動きから634円で再度1000株空売り。これも辛抱できずに632円で脱出してしまったのですが、株価はその後620円を下抜きました。それまでの上昇からの益出しの売りで2日連続の下げで、ダウントレンド開始と思って入ったのですが、この予想は当たってました。でも辛抱が足りずにしょぼい利益でした。

 東洋エンジニアリング:+6000円
 東洋エンジニアリング:+2000円

 その後ユーシンが上げを見せていたので746円で300株買い建て参入。これは失敗でした。また高値買いで、さっさと損切りすればいいものをまた上がるのではと思い、そのままにしていたら730円迄下げてしまった。やっぱり、下手に買い建てはするものではないですね。かならず下げますから。

 保留銘柄
 ユーシン  買い建て -3600円
意外にも続落を見せて
2008年 08月 04日 (月) 15:02 | 編集
 先週の大幅下げから今日は若干の戻し、もしくは横這いの動きとなるのかと思ったら先物が続落をしたので、個別銘柄も続落。オルガノに920円で空売り参入、900円手前で下げ止まりを見せたので906円で買い戻し。しかし、其の10分後に続落の動きで880円をつけました。ここら当たりの様子見を今後は学ばないといけません。

 オルガノ:+14000円

 先日来から1100円を保ってきた日本電工がその下値支持線を下抜いたので1058円で空売り参入。遅くとも1080円で入るべきでしたが、板情報だとどうしても躊躇してしまうので、分足チャートを信頼すべきでした。でも予想通り下落をたどり午後になって一時994円迄さげました。この株は新たなダウントレンド入りで、また今週は金曜にSQを控え、下にぶれやすい環境ですのでスウィング対応でいきたいと思います。

 その後14時ちょっと手前で黒田電気に400株1255円で、新光電気工業に100株1166円で空売り参入。時間帯の関係か、あまり下げずにむしろ若干反発する動きになっています。特に新光電気は金曜のギャップダウンが大きかったのか下げ方がしぶとく、東芝機械と同様の動きですね。一方、金曜の空売り銘柄のTOTO、東芝機械ともども下げています。特に、TOTOは金曜に上昇し、今日は下落で始まったので絶好の空売り候補だったようです。

 日本電工の日足を見たらかなり下げたので明日は一旦の反発があるかと思い、973円で買い戻してしまいました。チキンですね。先日の損失10万円くらいは取りたかったですが、久しぶりのホームランです。

 日本電工:+85000円

 あまり下げないので、黒田電気も1151円で買い戻し。

 黒田電気:+1600円

 今日は空売り天国で、下落率上位は上から鉄鋼、海運、卸売業、非鉄金属、輸送機器等でした。

 保留銘柄
 新光電気工業  売り建て +900円
昨日の日本株は米国の先取り
2008年 08月 02日 (土) 08:37 | 編集
 ダウが51ドル安、ナスダックが14ポイント安、S&Pが7ポイント安、シカゴ日経平均は13105円と大証の終値より75円高く終了。原油価格は125.3ドルで終了し、前日より2ドルほど高い。昨日発表された雇用統計で新規の失業者数は51、000人と予想よりは少なかったが、失業率は5.7%と高い数字となったことで市場では寄り付きから売られ、さらにイランとの核開発問題で原油価格が反発し、これも株価の重しになりました。この動きを昨日の日本株は既に織り込んで下げていたようです。ただ、シカゴ市場では13105円とそれ程下げていないので、先物プレーヤーにいいようにやられたという印象です。

 ここまでかなりの企業の決算発表が終わりましたが、前期比較で減益の企業が多く、コスト高と景気後退感がはっきり出ているようです。今のところ新興国市場が比較的堅調なのでまだ大丈夫ですが、こちらが景気後退ともなると輸出企業では今後下方修正が続出するんだろうと懸念しています。日本も景気後退気味となり、株式市場反転の気配は当分なく、まだまだ空売り主体のトレードが有効のようです。

 来週の経済指標は米国で月曜に6月個人所得/消費支出/製造業受注、HSBC決算、火曜に7月ISM非製造業景気指数、FOMC政策金利発表、シスコシステムズ、P&G、アメリカンキャピタル、ソシエテ・ジェネラル決算、水曜にタイムワーナー、スプリント・ネクステル、AIG、フレディマック、アムバック、BNPパリバ決算、木曜に7月チェーンストア売上高、アクサ、バークレイズ、アリアンツ決算、金曜に6月卸売在庫の発表あります。

 日本では決算発表で、 月曜にキリンHD、ライオン、大林組、宇部興産、コスモ石油、DOWA、ジェイテクト、いすゞ、三井物産、NTT都市開発、 火曜にサッポロHD、旭硝子、タムロン、ミクシイ、三菱レ、クレハ、ツムラ、日本電波、タカラトミー、日本写真印刷、アシックス、三菱UFJ、コナミ、ソフトバンク、日本農薬、 水曜に清水建設、鹿島、東レ、旭化成、ダイキン、SANKYO、太陽誘電、ニコン、バンナム、 木曜に三井鉱山、ミツミ、トヨタ、住友不、JAL,ヤマダ電機、ドワンゴ、 金曜にブリヂストン、楽天、石油資源開発、日本触媒、ディスコ、JUKI、GSユアサ、ミズノ 等があります。金曜日の追加でこの日はSQ精算日となっており、その前には必ず売られるので買い方は気をつける必要があります。

 先月も日本電工の数日の買い保留から大きな損失を出し、マイナスとなってしまいました。なかなかプラスになりません。しかし、先週からはっきり空売りが出来るようになってきましたので、今後は大きなマイナスは出ないのではないかと期待をしてます。とにかく、買い、とくにスウィングを安心してできる市場環境ではないので、今後も注意深くトレードをしたいと思います。では Happy Trading.
自分の馬鹿さ加減にあきれた
2008年 08月 01日 (金) 14:08 | 編集
 昨日の決算発表で大幅減益のTOTOに773円で空売り。なかなか下がらないので770円で買い戻し。赤字決算なのになんで下げないのか分からない。

 TOTO:+3000円

 機械セクターの登録銘柄でオークマ、東芝機械などが下落率上位に来ていた。オークマに888円程で入ろうかと思ったが、かなり下げているので躊躇して見ているとどんどん下げて855円迄げらく。こりや、空売りやればと、横這いの動きから下げを見せた東芝機械に534円で空売り、すぐその後に急反発した。しばらく我慢していても下げる様子がないので542円で買い戻し。

 東芝機械:-8000円

 今日空売り参入しようと思っていた日本製鋼所が下げを見せてきた。ところが、東芝機械のおかげで余力が無くなり出来ず終い。悔しい、千載一遇の機会なのに、なんと自分は馬鹿なことをしたことか。おまけに負けてしまって....

 その後いろいろの銘柄を観察、すると東芝機械が530円を下抜いてきていたので、再度527円で空売り参入したら、その直後にまた反発。揉み合いの末、なかなかさがらないので今回も531円で損切り。馬鹿、馬鹿、馬鹿。どうもこの株は下げすぎているようで買い戻しなのか、押し目買いなのか、なかなか下がらない。いつもの観察銘柄はみんな見事に下げているのに、なんで下げないものばかりをわざわざ選んでしまうのか不思議だし情けない。

 東芝機械:-4000円

 今日のトレードはあきらめて日製鋼の値動き見て終わりに。すごい、自分の入りたい価格から90円も下げてました。あああああ....。買いはチャート次第で毎日銘柄を買えても大丈夫ですが、空売りは常に観察している銘柄に的を絞った方がよいように思えます。

 追記 東芝機械が何故下げないかというと、ギャップダウンが大きすぎたのと新安値更新のせいかと思います。とりあえず今日は下げ止まりなんでしょう。
copyright (C) 私の株取引日記 ( Hit & Run ) - 株投資の誤解・間違いから成功へ all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。