負け続けの悪戦苦闘のトレード日記
私の株取引日記 ( Hit & Run ) - 株投資の誤解・間違いから成功へ
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久しぶりだったが
2008年 09月 30日 (火) 14:36 | 編集
 22日は引っ越し、23日から父親が入院でトレードどころでない日々が続き、ようやく昨日コンピューターを設定して画面を見ることができました。現在起きていることが良くわからなく、昨日はとりあえず、持ち越し16株のうち高値で買った6株を損切り。

 L アセットマネジャーズ:-46400円

 今日は空売りをと思ったのに、大幅ギャップダウンで始まったので、売りは難しいし、かといって買いはどうかなと半信半疑で、日本製鋼所をみていた。不安で躊躇する間にどんどん上がり、1242円で高値買い、1217円で損切り。ところが、午後に1300円をつけるまで反発、ついてない。

 L 日本製鋼所:-25000円

 第一中央汽船 463円 L =>467円戻し  +4000円

 保留銘柄
 アセットマネジャーズ 買い -80990円 (仮)
スポンサーサイト
続伸、しかも大幅高
2008年 09月 20日 (土) 13:16 | 編集
 米国は大幅高続伸です。欧州市場も大幅高で全世界リバーサルです。シカゴ日経先物は12475円と大証のそれからは595円高で終了。昨日のオルガノはやっぱり持ち越しが正解でしたね。損を被ったので、その埋め合わせで益出しをしたんですが、予想は当たってました。商品市況も上昇しました。原油が上がって103.90ドルに!

 来週の経済指標は米国で火曜に9月リッチモンド連銀製造業指数、水曜に8月中古住宅販売件数、木曜に8月耐久財受注、週次新規失業保険申請件数、金曜に第2四半期GDP確報、9月ミシガン大消費者信頼感指数の発表があります。

 先週の米国でのAIGの支援決定を受けて、翌日の日本株は素直に反応して上げると思っていたのですが、ひねくれた動きに見事はめられました。どうも自分は先読みして早く動きすぎるようです。また、売り禁の株に買いを入れのは全体が上昇トレンド以外では止めるべきと痛感しました。

 すっかり市場の安心感が戻ってきて、しばらく戻りを試す展開になり、今まで大きく売られた大型株が大きく上げることと思います。その後は景気後退は変わりませんので、個々の業績を見ての動きになり、ようやくまともな市場に戻りそうです。昨日ストップ高をつけた銘柄は日本電気硝子、伊藤園、三井海洋開発、新興プランテック、りそなホールディングス、みずほフィナンシャルG、アイフル、オリックス、損害保険ジャパン、東京海上HD、商船三井等がありました。

 シカゴが600円近くの上昇で、月曜は連騰、しかも大幅上昇となるので、個々の銘柄は益出しで下げるかどうかです。参入のタイミングを気をつけたいと思います。特に、画面が見れず携帯からですから、今から思案中です。では、絶好の買いのタイミングで是非儲けたいと思います。 Happy Trading.
今日のケネディクスはまずかった
2008年 09月 19日 (金) 15:19 | 編集
 朝方上昇を見せていたケネディクスに成り行き注文で参入。なかなか約定せず、株価は上がっていき、結局89500円の高値で約定。その後反落して86400円迄下落したが、持ち直して94000円迄上げた。この後下げだしたときも、今までの急騰を期待して持っていたらじり下げ、8株を91000円で売り戻し。2株は保留しようとしてそのままにしたのがまずかった。午前終わり近くから下落を始め、午後には昨日終値を下抜いた。遅くともそこで損切りすればよいものをそのままに。さらに悪いところは反発したときに86600円で2株買い増ししてしまった。その後は株価が力無く下落したので、先の2株を83800円で、のこり2株を82000円で損切り。どちらも持ち越しを考えて損切りが遅くなり、自分の悪い癖がでてしまった。

 ケネディクス:-11400円
 ケネディクス:-9100円
 ケネディクス:+12000円

 いったん反落基調の株は戻しても買ってはいけないのに駄目だな、銘柄の過去の動きに捕らわれて、それが見えない。まだまだへたくそなトレーダーです。

 他の銘柄が今日は堅調だったので、ケネディクス出なく他をやれば良かったと反省。午前中にオルガノが急上昇。775円で買い建て。801円で脱出。今日の損を穴埋めするために益出したが、勿体ない。

 オルガノ:+26000円

 オルガノの参入はいつもなら危険な時間帯に入るところですが、今日はみんな安心感から売ってこないので、長く持っていられました。一旦は791円迄下げましたが、焦らず持っていたら高値で脱出できてうれしい。
 
 一方、アセットマネジャーズは一旦反発したんですが、上を目指せず下落でした。他の銘柄が上げてもこの株価だ反応無し。なんでなのか不思議でしょうがありません。来週は22日に引っ越しで2~3日トレードができないのでなんかつらいですね。せっかく反発する様相を呈しているのに。

 保留銘柄
 アセットマネジャーズ Long -58200円 (前日比 +960円)
 現物保留分は何も書きません。上がるまで放っておきます。
今日の自分に怒り心頭
2008年 09月 18日 (木) 15:13 | 編集
 大幅安から空売りと思いましたが、下値を覗きに行く動きが見えないので買いに転換。大平洋金属、住友鉱山が急上昇していた。700円で大平洋金属に買い建て。既に大きく上げていたので707円をつけると反落し、昨日の下値を下抜いてしまった。途中仕方なしに692円で損切り。

 大平洋金属:-8000円

 ついで反発を見せたケネディクスに73900円で10株買い建て。75000円をつけると下落しだし結局ストップ安で損切り。

 ケネディクス:-9500円

 アセットマネジャーズと新神戸電機もギャップダウンから続落、かなり我慢していたが、上記銘柄が下げてきたので、アセットマネジャーズの3株を18830円で損切り。そして、新神戸も620円をつけた後午後になってギャップダウンしたので607円で損切り。

 アセットマネジャーズ:-7680円
 新神戸電機:-60000円

 ところが、安値圏からの為先物が13時過ぎに上昇を始めると今まで下にへばりついていた株価がみんな上昇し出した。

 残り20万ちょっとくらいしか余力がないので、ケネディクスに77400円で5株買い建て。79800円をつけた後反落し、途中脱出した。ところが、14時すぎに下げ止まるとじりじり上げだし、88500円迄急上昇した。

 ケネディクス:+6000円

 損切りする銘柄を間違えました。新神戸電機でなくアセットマネジャーズを損切るべきでした。18000円に売り物が次から次へと現れて上に行くのを遮り、他の不動産銘柄の動きに比べるとこれは非常に解せない動きです。

 これで今月の利益を全て吐き出した。今日の大敗を教訓に明日から頑張って絶対に稼ぎたい。かなり下値圏なので買いは午後に参入が安心。午前は上げると必ず売ってくるようです。

 保留銘柄
 アセットマネジャーズ:-60160円 (前日比-4.8万円) 
もう少し上昇を期待しましたが
2008年 09月 17日 (水) 15:28 | 編集
 昨日AIGの政府融資が決定し、米政府が株式の80%を取得することになったので、今日は安心感からもう少し買われるかなと思いましたが、日本株は用心深いというか、斜に構えているというか駄目ですね。

 昨日持ち越したケネディクスがギャップアップから続伸し、上値が重くなったところで成り行き戻して96000円で約定。

 L ケネディクス:+4800円

 いろいろ見たのですが、みんな上値が重いし、かといって、下値は売り込みにくいので新たに参入はしなかったのですが、ふと見ると、新神戸電機がギャップアップ後に急上昇していたので、また高値でしたが、667円で買い建て参入しました。ところが、地合のせいか、株価は上げ下げを繰り返し、631円迄下げてしまい、空売りの方が良かったようでした。

 ウェストホールディングが高値を付けた後じりじり下げていて、しばらくするとそれまでの安値を下抜けたので199円で1000株空売り。その後戻してきたので196円で脱出。しかし、株価は再度今朝の高値を覗きに行った後午後は急落してしまった。途中再エントリーを考えましたが、どうしても勇気が出ずに見送ったら、140円迄下げてしまった。あ~あ、がっくり。

 S ウェストホールディング:+3000円

 保留銘柄
 アセットマネージャーズ Long -24820円 (前日比-2.24万円)
 ジョイントコーポ      Long -53300円 (前日比-3.2千円)
 新神戸電機        Long -34000円

 ジョイントと一部アセットは現物で持っているので余力には影響でないので助かります。もっとも全部信用だったらとっくに損切りしてますがね。今晩の米国が続伸すれば、明日は地合が変わるのではと期待してます。
今日は2度も軽はずみな失敗を
2008年 09月 16日 (火) 17:57 | 編集
 寄り付きはほとんどの銘柄がストップ安気配。懸案のケネディクスは85200円で寄り付いた後下落して82200円のストップ安。すると直後の5分足から急上昇し、10時過ぎに102200円のストップ高をつけると、次の5分足で下げ始め、昨日の終値を下抜いてしまった。
 
 反発途上に新規の買いを入れたつもりが、どういう訳か手違いで持ち株6株を86000円で損切りしてしまって大不覚。またあわてて再度10株買い参入して、87100円で約定。頂点をつけたときは10万ほどのプラスだったのに、持ち越すつもりでいたので、下げてきた時には我慢しすぎて90100円の随分下値で利益だしとなっってしまった。これも勿体ない失敗。

 最後の午前中の反発で4株93600円買い建て参入したら反落。午後になって95500円で寄り付いたもののここは急落して83500円迄下落した。下げ途中に我慢できずに2株87000円で損切り。残りは持ち越すつもりでいると、株価は反発を始め大引け直前には96500円上げ、結局大引けは92000円でした。このように乱高下し緊張感たっぷりの値動きでした。

 L ケネディクス:-7500円
 L ケネディクス:+30000円
 L ケネディクス:-13200円

 アセットマネジャーズはストップ安で寄った。朝方の気配を見て駄目だと思い、寄り付きで10株成り行き返済をしてしまったら、なんとこれも急反発して22500円迄戻していった。

 L アセットマネジャーズ:-16600円
 
 ついていない。これらの銘柄はどのような動きをするのか良くわからず、いつものようにのんびり構えてしまったが、今日の地合からもこれはまずい対応でした。アセットの株価は上げたり下げたりしてレンジ内の動きを示し、23000円迄上げと時に10株益出ししようとしたが待ち合わず、かろうじて1株のみ約定した。

 L アセットマネジャーズ:+1400円

 今日安いところで買いたいと思っていたトクヤマが、先の銘柄に気を取られている間に急上昇していて、失敗したと思ったが、まだ上がるかもと思い676円1000株買い建て参入。680円まで上げたが下げだしたので676円の買値で撤退。

 保留銘柄
 アセットマネジャーズ Long -2420円 (前日比-4.508万円)
 ケネディクス      Long -3200円
 ジョイントコーポ    Long -38400円 (前日比-1.62万円)
緊急告知
2008年 09月 15日 (月) 10:46 | 編集
 米国先物が大幅安、シカゴ日経先物も12000円と260円安に。リーマン・ブラザーズの救済策え政府補償が得られず、バークレイズが撤退との報道。BOAもメリル・リンチとの合併交渉に。今晩の米国市場はこれで大幅安となりそうです。火曜の日本株も下落です。よかった、トクヤマを損切りしておいて...アセットマネジャーズとケネディクスですが、アセットはかなり影響を受けそうですが、ケネディクスはどうか分かりません。明日の朝は早めに起きて、寄り付き気配をみて成り行き売りを出します。
市場に短期の楽観論
2008年 09月 13日 (土) 12:47 | 編集
 昨日の米国市場はダウが11ドル安、ナスダックが3ポイント高、シカゴ日経先物が12305円と大証夜間取引値よりも45円高で終了。米国ではFRBと銀行との間にリーマン・ブラザーズについての緊急会合が開かれた。当初150ドル以上下げたダウがかなり戻し、ナスダックもマイナス圏からプラスに、欧州市場も短期的な楽観論から引けにかけて買われた。

 これを受けて火曜の日経平均は続伸となるとの予想を抱いています。高値をつけていつもなら売られるところですが、市場は安定化策に対して期待感を抱き、底値圏にある日経を押し上げるのではないかなと思っています。

 これで昨日寝る前に心配だった持ち越し株については安心です。ただ、昨日発表されたアルデプロの決算発表で赤字転落とあり、これが新興不動産銘柄にどう影響するか気をつけたいと思います。しかし、新興不動産の決算については悪いことは織り込み済みなのでそれ程影響はないと考えていますし...一方、PTSでケネディクスがストップ高の102200円の値を付けて、ダウの大幅下落にも影響されなかったことも力強いです。 また、昨日は商品市況が上昇したので少なくとも火曜は軒並み鉄鋼、非鉄関連は上昇すると予想しています。

 来週は米国で銀行などの決算発表がありますので注意が必要です。火曜jにCPI、FOMC、ゴールドマン・サックス、アドビ、ベスト・バイ等の決算、水曜に8月住宅着工件数、モルガン・スタンレー決算、木曜に9月フィラデルフィア連銀製造業景気指数、失業保険申請件数、オラクル、フェデックス決算などがあります。来週は今週のように不動産にはしっかり上昇を期待します。では、Happy Trading.
長らく保留のトクヤマを処分
2008年 09月 12日 (金) 15:15 | 編集
 ケネディクスに92200円で指し値戻し注文を入れておいた。トクヤマが寄り付きから急上昇し、790円をつけたのですが、まだ上げるだろうとアセットマネージャーズを見ていたら、反落していた。その後の戻しを期待しましたが、動かないので676円で損切り処分。来週もこれ以上下げたらせっかく上げた利益が吹き飛んでしまうので決断。

 L トクヤマ:-75000円

 ふとケネディクスを見るといつの間にか値が付いていた。やばい、寄り付き9万円でどんどん下げている。あわてて指し値を入れたが約定せず、株価は続落。ちょっとしたの86500円で指し値を変更してようやく約定。ところが、83800円迄下げた後反発上昇してストップ高に張り付いた。途中、試し買いで5株87500円で買い建てました。10株にすれば良かったと途中後悔したらストップに、悔しい。

 L ケネディクス:+106800円

 かなり利益を減らしてしまい、成り行き戻し注文を入れて置かなかったことを大反省。

 ジョイントも安く始まった後急上昇し、412円をつけた後は下落し始めたので信用注文分の200株だけ357円で損切り。これは完全に遅すぎた。

 L ジョイントコーポ:-4800円

 かなり信用買い分を処理したので、余力が大きく戻り安心です。おっと、ダヴィンチが40000円を越えると急上昇している。見てはいたのですが、慣れていないので入りそびれました。

 保留銘柄
 アセットマネージャーズ Long +57460円 (前日比 +1.521万円)
 ケネディクス   Long  +23500円
 ジョイントコーポ Long  -22800円
今日は益出しで下げました
2008年 09月 11日 (木) 16:00 | 編集
 朝方からギャップアップして値幅制限いっぱいくらいでもみあっていた不動産は指数が下げるとともに益出しで争って下落した。アルデプロは4950円から、アセットマネジャーズは27300円から下げ、ジョイントも401円から急落し、327円迄下落しました。

 アトリウムが658円で寄り付き上昇していたので成り行き買いをしたら690円で約定し、その後は707円迄上げた後は急落し、一旦はもみあって680円迄戻したんですが、不動産を神聖化しすぎていたようです。午後になると急落し、590円迄下落。昨日の終値618円を下抜いてきたので成り行きで損切り。610円で約定し大きな損失となってしまった。ひとえに損切りの決断が遅くなったことが災いしました。

 L アトリウム:-40000円

 損を被ったし、持ち株も下落したので余力が足りなくなることを警戒して、安値から戻してきたアルデプロを4600円で益出しした。

 L アルデプロ:+53760円

 アトリウムが底を打って戻りを見せていたので、622円、623円で500株買い建て。649円をつけると反落し始め、また上がるのではと悠長に構えていたら、買値を下抜きそうなのであわてて成り行き戻して625円で約定。

 L アトリウム:+1100円

 その後ジョイントも戻してきたので381円で余力内で買える200株を買い建て。396円迄上げた後反落して買値を下回った。株数がもっと多ければ脱出するのですが、利益とするには少なすぎます。

 今日はメイジャーSQ前日なのでやはり売られました。先物がこれだけ下げていても大丈夫かなと思っていましたが、関係なかったようです。このおかげでトクヤマが再度大幅安になって含み損も大きくなってしまいました。

 教訓:指数も下げ、個別株が大きく下げたときは、反発しても買いは避けるべし。戻ってもやれやれ売りが必ず出て下げるのが常態。買いは翌日が良いのではないかと思う。
 こんなに売られてもダヴィンチは戻してストップ高だし、ケネディクスは相変わらず値が付かずストップ高気配のまま。次の銘柄はこの2銘柄にします。しかし、今朝2.7万円近辺をつけていたアセットはそこから利益を20万円程も減少。勿体ない、でもまさかこれ程下げるとは!

 保留銘柄
 トクヤマ Long -93000円 (前日比 -3.8万円)
 ケネディクス Long +81000円 (前日比 +6万円)
 アセマネ Long +42250円 (前日比 -7.878万円)
 ジョイント Long -17400円
PTSでジョイントを追加買い
2008年 09月 10日 (水) 19:16 | 編集
 19時なるまで準備して待っていたのだが、Yahoo!の投稿を読んでいて開始時間を見逃してしまった。するとすでに390円が安値であとは401円の15000株ほどの買い気配。400株を買いたかったんですが、余力が無いと出て300株で指し値注文を入れておいたら、約定していた。やっぱり、明日が心配で売る人がいるんですね。
不動産4銘柄全てストップ高
2008年 09月 10日 (水) 15:13 | 編集
 今日はさすがに寄り付きは下げましたがその後は買いがどんどん入り大引け15分前不動産銘柄全てストップ高です。今日の上昇は不動産、銀行、そして原油価格下落で恩恵のあるゴム製品、紙などで、海外の不景気の影響を受け易い機械、電気機器、硝子土石、商品の下落で鉄鋼、非鉄、石油製品などが下落しました。

 驚いたのは、日本製鋼所で原子力発電所の建設で今後の成長が確実なんですが、昨日まで1800円台を維持してましたが、今日は急落して1600円台です。まったく買いが入らず、しびれをきたした買い方が売りに廻ったのでしょう。また、原発の収益が出てくるのは来年とか再来年の話なので買いは早すぎるのかもしれません。

 完全に不動産、金融がトレンド転換したように思います。あの住友不動産や野村不動産、三菱地所などの高価格銘柄が100円以上の上昇です。買えれば10万とか15万とかの儲けが今日一日で!あ~あ、はやく儲けて資金を増やしてこれらを買えるようになりたい。

 今朝の下げで新しくケネディクスに68700円で6株買い建てしました。朝方はかなりマイナスだったので余力が足りずこれだけ、その後プラス転換してくれたので今は50万円程の余力になりました。

 保留銘柄
アルデプロ Long 58株  +31960円 (前日比+2.9万円)
ケネディクス Long 06株  +21000円
アセットマネ Long 39株 +121480円 (前日比+11.7万円)
ジョイントコーポ Long 100株 +-0円
トクヤマ   Long 1000株 -55000円 (前日比-9千円)

 ジョイントが1千万株以上の買いものを残してストップ高で寄り付きました。今晩のPTSで買えたら少し買い増ししたいです。
PTS
2008年 09月 09日 (火) 21:20 | 編集
 PTS市場で現物余力が少し回復したので、ジョイントコーポレーションにストップ高の321円で100株買い。その後48900株の買い気配のまま。しまった。100株では32100円なのでもう少し余力があったので、あと200株買えた。

 同様にアトリウムが530円で寄り付いた後じり高で566円をつけている。この株もジョイント同様バックがしっかりしているということで倒産懸念が払拭されて昼間もストップ高でした。軒並み新興不動産株が上げているのにアセットマネジャーズはしょぼい110円高だと。価格の安いアルでプロでさえ160円高なのにちょっと期待はずれです。
先物がこんなに下げるとは
2008年 09月 09日 (火) 15:36 | 編集
意外でした。持ち越した大平洋金属は694円で寄り付いた後、じり下げで午後に670円を下抜いたところで益出し。日経225銘柄に採用されると決まったのでもっと買いが入ることを期待したんですが、先物の下落とニッケル価格の昨日の下落には勝てないようでした。もっと早く脱出するべきだったと反省しきり。

 L 大平洋金属:+42000円

 この株は658円迄下げた後持ち直して670円で大引け。

 アルデプロはストップ高手前で寄りつきた後益出しで下落したので、なんぴんではないですが、9:46分に30株アルデを買い増し。午後に3700円迄下げたのには内心不安でしたが、大引けはストップ高。

 昨日出来るとは知らなかったPTS(夜間取引)でアセットマネジャーズを現物で21000円で1株、8株21450円で購入。初めてで今日このような値付きとなるとは分からず、PTSの高値が翌日の高値と同じだとは知りませんでしたので勉強になりました。

 朝10株成り行き注文を入れておいたアセットマネジャーズは午後21450円のストップ高で寄り付いた後反落。途中、21390円で10株追加買い。しかし、株価は更に下落して20390円迄下げた。その後は戻しだしたので20990円で10株更に追加買い。アルデプロでは上手く比較的安いところで買えたのですが、アセットマネジャーズの買いは高値買いとなり、もっと上手くできただろうにと反省しています。

 保留銘柄
 トクヤマ     Long  -64000円 (前日比 -2.6万円)
 アセットマネ  Long  +4000円 (差引合計)
 アセットマネ  現物   +180円 (差引合計)
 アルデプロ   Long  +18960円    (差引合計)
大幅高
2008年 09月 08日 (月) 15:23 | 編集
 朝方寄り付いた後続伸した大平洋金属に627円で買い建て参入。その後株価は期待に反して反落し616円迄下げた後戻り始め終値654円で終了。上げ方が鈍かったので心配だったがなんとか650円を上抜いたので良かった。

 続いて、900株を越える買い注文でストップ高気配の新興不動産のアセットマネジャーズに10株成り行き買い注文を入れたが、なかなか寄り付かず。同業のアルデプロが3300円で寄り付いた後反落して戻してきたので、20株買い建て成り行き注文を入れると、3380円で4株、3390円で16株約定。さらに3460円で50株買いを入れましたが、8株だけ約定した後上げていってストップ高。ケネディクスの感じから20株にしたが、株価が低いので100株くらいで良かった。

 アルデプロが一旦下げたので、アセットも下げるのかなと思い、いったんキャンセルしてしまった。しかし、さらに買いが増えたので今度は20株買い注文を入れておいた。結局場中一度も値は付かず大引けでストップ高。最初の注文を取り消したのは失敗だった。というのは、売り物が1470ほどあったので買えたと思うから、とにかく大失敗。

 保留銘柄
 トクヤマ     Long  -38000円  (前日比 +4.6万円)
 大平洋金属  Long  +27000円
 アルデプロ   Long  +480円
 アルデプロ   Long  +320円
 アルデプロ   Long  +1760円
ひさしぶりにFxについての書き込みです
2008年 09月 07日 (日) 11:58 | 編集
 去年の11月30日以来の投稿です。あの後デモトレードを続け、毎回2~3百万ほどのマイナスになり上手くいきませんでした。8月25日始まりの回では今のところ60万くらいのプラスになっています。実は前回の後半からトレンドを把握し、細かい値動きに捕らわれず、我慢ホールドをしていることでかなり挽回し、その流れで今回もプラスに出来ています。この大きなトレンドをしっかり把握することがもっとも大切なことで、反対に固執すると大損を被りますから、細心の注意が必要です。現在は世界景気後退懸念で各国通貨が売られているので、空売りが正解だと思っています。ドルは既に売られてきていたので、短期的には買いが正解かと思っています。もっと精度を高めて実トレードに参入したいですね。やり方次第で株よりも成績が良いです。
緊急告知
2008年 09月 07日 (日) 11:15 | 編集
 米国で住宅公社のファニーメイ、フレディーマックの2社の公的管理化が決定、来週中にも公的資金投入が決められそう。まだまだ損失が増加しそうで不安感から売られてきた株式市場でしたが、このニュースで安心感が台頭し、米国では金融、不動産関連は上昇をしそうです。

 金曜の米国では安値とみた買い方の買いで、わずかですが上昇しました。しかし、一時150ドルほどのマイナスが34ドルのプラスで終了したことから、市場が反転する兆しかもしれません。日本市場も明日はかなりの銘柄が反発すると予想し、買いで入ります。さあ、売り一辺倒から買い転換です。もちろん、メイジャーSQを忘れてはいけません。皆が買いと思ったときに売るのが一番で、買いが入ることによって売り戻しで簡単に下げますから。では Haaaapy Trading!
ダウはプラス
2008年 09月 06日 (土) 08:57 | 編集
 雇用統計で8月の雇用者数が予想の75000人減が84000人減と大幅な減少となり、失業率がこれまでで最高となる6.1%に上昇したことで、市場は売られ一時150ドル安くらいまで下げた後、金融セクターへのバーゲンハンティングでの打診買いが入り、ダウは34ドル高で終了。ナスダックは新興国経済のリセッション懸念で小幅ながら続落。シカゴ日経平均も続落し一時12000円を下回るも引けにかけて戻し12175円で終了した。

 月曜はこれを受けて若干は反発するかもしれませんが、ひきつづき景気後退が上値を抑えて上値は限定的でしょう。また来週はメイジャーSQの週なので、下げることを予想していて日経平均は12000円くらいでの攻防になるんではと思っています。

 今週は窓を空けて続落した銘柄が多いので、来週早々1~2日くらい銘柄によっては上昇がみられるかもしれません。中頃から空売りを主体にトレードをしたいと考えていますが、どうなりますか。では
Happy Trading.
米国ダウンが300ドル以上の下落で
2008年 09月 05日 (金) 15:12 | 編集
 発表された経済指標が悪かったのでダウは344ドル安、ナスダックは74ポイント安、シカゴ先物が12165円と大幅安。先物も12220円で寄り付くと若干上げそうになった後反落し、12150円迄下げて、その後はこの価格の間を上下し横這い推移。

 今日は朝から外出で戻ってきたのが12時20分頃。午後は揉み合い展開なので候補を探すのに苦労したが、ケネディクスが前日終値を上抜いて56000円前後のせめぎ合い。先物はこれ以上下げないと踏んで、56100円で20株買い建て参入した。昨日と同じように上げ下げを繰り返しながら57300円をつけると動きが止まったので、57200円で指し値戻し。15株約定し、ちょっとの差で株価は下げてしまい、66800円で残りも処分。

 L ケネディクス:+20000円
 
 その後オルガノに747円で1000株買い建て。749円をつけたあと反落し741円迄下げたが、今日は戻してくると我慢して749円に戻し注文を入れておいたら、14時46分に約定してなんとか助かった。

 L オルガノ:+2000円

 持ち越したトクヤマは安く寄り付いた後戻して691円迄戻したが、そこから午後になって踏ん張りなく27円もげらくしてしまった。空売りで入ろうかと思ったんですが、ここから売るのはきついと思いとどまったが...今にして思えば、8月29日に746円まで上げた時に脱出するべきだったと後悔先に立たず。

 保留銘柄
 トクヤマ  Long  -84000円 (前日比 -3.7万円) 
今日は上げ下げが激しい
2008年 09月 04日 (木) 14:08 | 編集
 先物の寄り付きが12600円で若干の上げの後12510円まで下落して10時以後は反発。午後は横這いの動きに。朝方の下げでミツミ電機に200株2645円で空売りしたらそこから戻し歩調でとうとう2695円で先日の売り分と合わせて300株買い戻し。最初の5分足での参入は全くの失敗でした。ところが、他の銘柄は続落の動きで、またまた自分の選択した株だけ上げて損失、まったくついてない。どうも銘柄えらびが下手くそだ。

 S ミツミ電機:+10500円
 S ミツミ電機:-10000円

 しかし、ミツミはその後反落して2635円迄下げてしまい、また損切りが早すぎた。

 この損を取り返そうと、すでにかなり下げていた日本精工に666円で10時3分に1000株売りだて。これも次の5分足で戻していき、なかなか下げそうもない感じがしたので671円で損切り。すると、直後から反落し663円まで下げました。これはかなり下げていたのでこの空売りは無理強いという感じですね。失敗です。

 S 日本精工:-5000円

 10時過ぎからの先物の反発で戻し歩調のミツミ電機に2700円で300株買い建て。目標を2725~2730円に置いていたんですが、動きが悪いので2715円で仕方なく益出しすると、直後に急上昇し2730円をつけていった。もう、くやし~い、まただ。我慢が足りずに利益を逃している。

 L ミツミ電機:+4500円

 残り29万円程の余力で入れるものをと探すとケネディクスが昨日の終値を上抜けていた。午後になって下抜いた株価は再度反発してきたので、54500円で5株買い建て参入した。上げ下げを繰り返しながら株価は上昇し、なんとか我慢すると56900円迄上昇した。57000円と思っていたので、益出しせずにいると株価は落ちだしてき、再上昇を期待したが、結局56200円で戻した。

 L ケネディクス:+8500円

 なんとか差引プラスで終えられて良かったが失敗が多かったので、よく反省し次のトレードに生かしたい。

 保留銘柄
 トクヤマ  Long  -47000円 (前日比 -7千円)

 追記 ミツミ電機の反発ですが、25日線が近づき売り方の警戒と、押し目だと思った買いで上昇したのではないかと自分で解釈しています。空売るときは完全にダウントレンド入りしている銘柄の方が下げ易いです。
残念なことをした
2008年 09月 03日 (水) 15:04 | 編集
 先物が10時迄上昇していたので、空売りは参入出来ず終い。10時過ぎに先物がそれまでの高値を抜けなかったので、住友鉱山に1290円で空売り参入した。1282円迄下げた後揉み合い、横這いの動きを見せた。チャートを見れば良かったのですが、板を見ていたので、我慢しようと決めていたが株価の戻しを見ると不安になって1287円で脱出してしまった。すると株価は下げだし1280円を下抜いてきて、午後は1259円で寄り付くと5分間で1250円迄下げた。くやし~い、もうちょっと我慢していれば。

 住友鉱山:+3000円

 反発したケネディクスが10時過ぎから急落していて売値を下抜いた。よし持ち越しだと思ったところが、54500円が値幅制限一杯の下値なので午後の反発が不安で54700円で脱出。なんで値幅制限などあるんだろう、ない方が良いのに。逆日歩がついているので大した利益にもならない。こうなると昨日焦って損切りしたことが悔やまれる。しかし、後の祭り。

 ケネディクス:+2000円

 その前にミツミ電機が日足で高値から反落していて、一旦2880円迄上げた後売られて寄り付きくらいまで下げていた。参入しようか迷って、ちょっと他の銘柄を覗いた隙に更に下落して2800円でもみあっていたので2800円で100株空売り参入。順調に下げてくれて久しぶりの空売りの成功でした。

 午後になって新光電気工業に1313円で200株空売り。あとでもっと多く売ればよかったと後悔。1291円をつけて戻してきたので1296円で買い戻し。

 新興電気工業:+3400円

 13時30分過ぎに先物が下値を窺いだしたので新光、日立建機のどちらかに迷いましたが、日立建機に2330円で100株空売り。2310円をつけて戻しだし、なかなか下げらないので2325円で買い戻した。これは失敗。とくに、午後の空売りの成功率は先物の下落がない限り成功率が低い。

 日立建機:+500円

 うわあ~、住友鉱山が続落して1244円になっている。なんともったいないこと!

 保留銘柄
 トクヤマ     買建  -40000円 (前日比 -7千円)
 ミツミ電機   売建   +7500円 
まさか先物があんなに下げるとは...
2008年 09月 02日 (火) 15:02 | 編集
 午前中にケネディクスに10株、60500円、60400円で空売り参入。59300円をつけた後戻してきたので59900円で買い戻し。

 ケネディクス:+5100円

 その後、株価は60000円を越えてきたので60300円で持ち越し分5株を損切り。やはり、株価が落ちてくるまでのんびり待つ余裕がない。

 ケネディクス:-26000円

 株価は前場につけた62600円を覗くと反落したが、下げの勢いが鈍いので空売り参入はあきらめた。先物が下げてきてはいたが、それ程下げないだろうと全く傍観視。すると13時40分過ぎに先物が安値を更新し始めるとその後急落した。ケネディクスの売りと思ったが、予想外に下げが鈍いのであきらめ、他の銘柄を見ると落ちてる落ちてる。午後寄り付きからの下げで全面安の様相でした。あ~あ失敗だった。ケネディクスにこだわりすぎしまい、他の急落を見逃した。なんとタイミングの悪いことか。しかし、ケネディクスもなんとか58500円まで下落した。

 トクヤマも一時742円をつけるまで上げたのに711円迄下落した。なんという下げだ。いったいなんだったんだろう。これで日経平均も新たな安値を更新した。

 保留銘柄
 トクヤマ    買い -33000円  (前日比 -8千円)
 ケネディクス  売り -22000円  (前日比 +1.1万円)
下げを期待したが...
2008年 09月 01日 (月) 15:24 | 編集
多くがギャップダウンで始まる。ところが、ケネディクスは不動産が下げているのに反発して66700円迄上昇し、一時11万円近くの含み損。これには正直驚き、あせりました。その後は全てがそのように買いが入らずじり安の展開。途中空売りを入れようと思いましたが、失敗続きの空売りで踏ん切りがつかず止め。株価は順調に下げ、高値から5千円ほども下げました。ただ、逆日歩が5円金曜についてしまった。

 レンゴーが日足で高値をつけて下落していた。寄り付きを下抜いたので空売ると758円で約定し、754円迄下げたが戻してきたので757円で買い戻し。今日は大きく下げる様子ではないので高値で売らないと空売りの成功率は低いようだ。しかし、結局750円で大引け。

 レンゴー:+1000円

 その後は揉み合い症状なのでケネディクスの動きを観察で終始。ところが、気がつくと日本製鋼所が大幅に上昇してがっかり。見逃したあ。

 保留銘柄
 トクヤマ   買い  -25000円   (前日比 -2万円)
 ケネディクス  売り  -66000円  (前日比 +9千円)
copyright (C) 私の株取引日記 ( Hit & Run ) - 株投資の誤解・間違いから成功へ all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。