FC2ブログ
負け続けの悪戦苦闘のトレード日記
私の株取引日記 ( Hit & Run ) - 株投資の誤解・間違いから成功へ
金曜は益出しに押されるも一万円を維持
2009年 12月 05日 (土) 10:35 | 編集
 前日の大幅上昇の反動で、金曜の株価の動きは益出しに下押しされた。日立金属も朝927円をつける場面もあったが、午後は反落して結局924円と前日終値で終了。ギャップアップ始まりを期待していたが、戻していく気配がなかったので、そうそうに外出して戻ったのが4時過ぎでした。大きく下げることはないと思っていたのが当たっていてよかった。

 ただ、その外出前にTHKが高値を付けた後上げだしたので1641円で100株買い建てしたが、1645円をつけると下げだし、我慢していたが結局1618円で売り戻し。これは不注意なトレードでした。というのは、指数が下げているのに、勢いがあったように思えただけで買い、損失を被り、慎重さにかけた取引でしたから。

 THK:-2300円

 100株だけで2300円の損失は大きい、500株、1000株だとしたらと考えると我慢の時間が長すぎました。さっさと損切るのが一番。しかし、この日は下げるものもあれば、順調に上げたものもあり、上手く行けば上げて利益を享受できるので、銘柄選びが非常に重要ですね。THKはギャップアップ幅が大きすぎました、これは反省です。

 昨日の米国市場は予想外に雇用者数の減少率が少なく、労働市場は安定化の兆しを示したようです。これを受けてダウは140ドル以上に上昇したが、既に織り込み済みだったのか、その後は利益確定売りに押され前日終値で跳ね返される展開で結局22ドル高で終了した。しかし、ドル円は90円台に戻して嬉しい限り、またシカゴ日経平均は10225円と大証よりも225円高で月曜に期待が持てる結果でした。
スポンサーサイト



copyright (C) 私の株取引日記 ( Hit & Run ) - 株投資の誤解・間違いから成功へ all rights reserved.
designed by polepole...