負け続けの悪戦苦闘のトレード日記
私の株取引日記 ( Hit & Run ) - 株投資の誤解・間違いから成功へ
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日と打って変わって
2010年 07月 30日 (金) 18:03 | 編集
今晩の米国GDPを先取りして米国先物が大きく下落したことで、日経先物も大きく下落、9690円の前日終値から、9650円で寄りつき、その後は午前中一杯下げ、午後もギャップダウンで始まり大引け直前まで上げていったが、最後は下げて終わり9530円となった。

個別はこれに合わせて大きく下落。決算を当てにして買った銘柄が大きくげらく、日本ケミコンは433円で損切り、処分しようと指し値を入れても更にさがり、結局損失拡大した。また即決が出来なかった。

日本ケミコン:-13000円

特にツガミは材料で付くしという理由付けで売られてしまった。その後日本風力開発に146600円、142700円、143800円でそれぞれ1,1,3株と買い建て。142000円を切ったところで高値の分を損切り。

日本風力開発:-5200円

DeNAに引け後の決算を期待して200株、2434円と2438円で買い建て。266%アップの利益だった。月曜の上昇を期待したい。

保留銘柄
DeNA L 100株 -3600円
DeNA L 100株 -4000円
日本風力開発 L 1株 -2700円
日本風力開発 L 3株 -11400円
ツガミ  L 1000株 -52000円
レーサム L 3株   -38100円
スポンサーサイト
今日は実入りがあった
2010年 07月 29日 (木) 15:26 | 編集
米国が若干のマイナス、為替も円高に触れたので、先物も安く始まり、午後にギャップアップも反落で9690円で終了。今までなら大きく売られたところだが、今週から地合が変わった為それが行われない。先高感があるためだろうし、決算が良いからだと思う。

さて、持ち越した日本風力開発は149900円で寄りつき146000円まで下げたがその後は15万ちょっと下でもみ合い。ところが、午後寄りつきから暴落して123900円で寄りつき戻し始めたので、慌てて125900円で3株買い建て。もっと数量を増やすべきだった。チキンだ。その後14万円から下げだしたので136500円で脱出したが、その後下押ししてから戻しだして14万円でもみ合いを見せ、13時30分過ぎに上げだしたので、141000円で2株、141400円で3株買い建て。149000円で昨日からの持ち越しを2株返済後、また下げを見せたが、142200円で戻してきた。しかし、再度148000円で反落しだしたので146400円で残り全てを返済してしまった。管理銘柄指定解除になったのに上げないのは何か理由があるのではと、もしかしたら明日は安く始まるのではと勘ぐり脱出した。それでも一応145800円で終了して値持ちは良い。

日本風力開発:+31800円
日本風力開発:+18500円
日本風力開発:+32200円

残念なのはサマンサタバサだった。やはり買いはなく気が付くと94000を割っていたので、93700円、93600円で3株、1株を損切り。

サマンサタバサ:-20500円

別に、朝方上げた後下げたツガミに893円で買い建て。朝方日本ケミコンに446円で買い建てをした。

保留銘柄
ツガミ L 1000株 -1000円
日本ケミコン L 1000株 +-0円
レーサム L 3株 -36270円 (前日比 -570円)
今日は悔しくて仕方がない。
2010年 07月 28日 (水) 15:16 | 編集
先日から持ち越している日本ケミコンがなかなか上がらず、午後になって445円でもみ合い、しびれを切らして444円で脱出したら、14時過ぎからどんどん上げていき、453円まで上値を伸ばした。くやし~い、どうもダメだ。なかなか上げてこないとどうしても我慢が出来なくなってしまう。

日本ケミコン:+1000円

朝方の日本製鋼所の急上昇で858円でさっさと脱出したが、午後になって一旦855円まで下げたが14時過ぎから反発を見せて864円で大引け。これも我慢が出来なくて利幅が薄い。でも午前中の値動きを見ていると自信が持てないのも事実である。

日本製鋼所:+3000円

日立建機がギャップアップ後に急落して、空売りをしようと思っていて、日本風力開発に気を取られて忘れてしまった。1777円を底に反発を見せたので1793円で200株買い建てして1800円をつけた後下落して買値を下抜いたので1789円で損切り。午後は1790円と1810円の間を行ったり来たり。

日立建機:-800円

今日の地合でほとんどが上昇したが、サマンサタバサは人気がなくなったせいか、上げても96900円で、底から急落して一時は94500円をつけた。地合のおかげで大きな下げはなかったが、反対だったらと恐い思いだ。見切りをつけて1株だけ96000円で損切り

サマンサタバサ:-2800円

今日は日本風力開発が寄りつきから急騰して、その後のもみ合いから10時30分後に急反発をみせた。上げる直前に137100円で1株買い建て、午後寄りつきから上げて143700円をつけると急落して、途中で14万円で1株買い建て。すると更にさげてしまい、14時に138100円をつけたが、そこからまた急反発して144000円をつけると、その後はもみ合いに。大引けは142200円。

保留銘柄
日本風力開発 L 1株 -200円  (前日比 1.06万円)
日本風力開発 L 1株 +5100円
日本風力開発 L 1株 +2200円
サマンサタバサ L 4株 -16000円 (同 +8百円)
レーサム   L 3株 -35700円 (同 +2.4千円)
日経は昨日の時間外から戻すも
2010年 07月 27日 (火) 14:30 | 編集
場中は買いが入らず、じり安展開。昨日の上げから益出しで下落した。日本製鋼所が848円まで戻したが午後になって力なく反落838円まで下落している。3連騰の日本ケミコンを朝方の上昇からの反落で買ったところが、落ちるナイフだったようで、その後どんどん下げて安値428円をつけてしまった。まったく訳がわからない。

日立建機が高く寄りついた後反落したので全て1832円で脱出、その後反発したので1845円で100株買い建て。気が付くと1840円を下抜いていたので午後寄りつき直後に1836円で処分した。この判断は大正解でその後1800円を割ってきてしまった。どうも引け後発表の決算が期待できなさそうな気がする。

日立建機:+7600円
日立建機:-900円

ヤフー掲示板を見たら、決算良くなさそうなので空売りをやると書いたのを見て、あっ、自分も空売りをなぜ考えられなかったろうと反省。もう今日は全てが下げている。相変わらず空売り天国はつづいているようだ。サマンサタバサだが、今朝98000円を一時つけたが、そのときに処分すれば良かったと大後悔。今は95000円を下抜いた。。。。。空売りを今度こそ成功させよう。

保留銘柄 (14時30分現在)
日本風力開発 L 1株 -11400円 (前日比 -2.4千円)
日本製鋼所  L 1000株 -17000円 (同 -6千円)
日本ケミコン L 1000株 -9000円
サマンサタバサ L 5株 -2000円 (同 -7.5千円)
レーサム   L 3株 -37560円 (前日比 +9百円)
日経はギャップアップで9500円維持
2010年 07月 26日 (月) 15:16 | 編集
米国の流れを受けて日経先物も上昇したが、午後になると下げを見せ、9560円から安いところで9480円まで下落し、9500円で終了。

持ち株全てが上昇した。日立建機が1830円で寄りつき反落したので1805円で買った分だけ1826円で益出し。しかし朝の5分でつけた1820円が一番やすいところで、返済は早すぎた。やはり、27日発表の決算期待があり、上値を窺おうとする動きが強いようだ。午前中に1844円までつけたが、午後なると反落して一時1824円をつけ、大引けは1830円となった。途中、再び1839円だったが、100株買い建てしたが、午後の下げで含み損に、いつもここはそうだ。先物に相場操縦されているらしく、今日は下げる理由がないのに、下げたのは操作が明らかだったが、先高感が強いので大きくは下げてこない。

日立建機:+2100円

保留銘柄
日本風力発電 L 1株 -9000円 (前日比 -2千円)
日本製鋼所  L 1000株 -11000円(同 +6千円)
日立建機   L 100株 +3600円 (同 +5.4千円)
日立建機   L 100株 +4700円
日立建機   L 100株 -900円
サマンサタバサ L 5株 -10000円 (同 +1.15万円)
レーサム   L 3株 -38460円 (同 +3540円
久しぶりの大幅反発
2010年 07月 23日 (金) 15:29 | 編集
この反発をどれほど待っていたか。米国市場が欧州ストレステストは無事通過しそうということで、素直に米国経済指標と好決算に反応して大幅高だった。この勢いをうけて、日本株も大きく上昇した。

持ち越した日本風力開発は137000円をつけると151000円まで上昇した後反落を見せた、途中で下げ止まるだろうと再び安易な楽観視からどんどん下げを許してしまい、慌てて逃げた価格が138000円。高値から1.3万円も下だった。その後戻しを見せたので139900円で1株買い建て、141800円で返済。その後142400円で1株買いだて、146000円をつけると見逃している間に下落していた。大引けにかけては戻してくるだろうと思ってそのままにしたら、なんと131000円まで下がり窓を埋めてしまった。大引けはそれでも135400円で終わり、50日移動平均線の上に乗ってきた。

日本風力開発:+8800円
日本風力開発:+1900円

すごかったのはマキタと日本製鋼所。マキタは持ってないので仕方がないが、日本製鋼所は813円をつけるとどんどん上げていき、高値842円まで上げた後先物が大引け30前から下げだしたので、それに呼応してここも下げ、834円をつけたが838円で終了。

サマンサタバサも反発したが、あまり芳しい上昇では無かった。一応2800円高で終了したが、25日線を上抜けきれないでいる。午後になって日立建機が高値圏で横ばいの動きだったので、1780円で100株買いを入れていたが、なかなか下げないので1787円で買い建てた。これは今晩のキャタピラーの決算発表を見越しての買いだったが、勇み足でその後終わりにかけての益出しで下落し1776円で終了。まったく下手くそだ。

昨日あれだけ損切りしてしまい、今日は大幅反発。結局ポジションを大きくしすぎて余力を少なくしてしまい損切りせざるを得なくなり、大きく損切りした後に大反発、こんなものだよ、相場は。だから、下げ相場はあまりポジションを広げてはいけないのに、サマンサタバサを買いかぶりすぎた。銘柄に惚れてはいけない、正常な判断を狂わせる。今後はこれを肝に命じておこう!

保留銘柄
日本風力開発 L 1株 -7000円
日本製鋼所  L 1000株 -17000円 (前日比 +4万円)
日立建機   L 100株 -1800円   (同 +6.8千円)
日立建機   L 100株 -2900円
日立建機   L 100株 -1100円
サマンサタバサ L 5株 -21500円
レーサム   L 3株 -42000円
 
昨日からの負の遺産が
2010年 07月 22日 (木) 15:04 | 編集
バーナンキ議長証言で今後の経済見通しが不透明だとする発言が引き金となって大引けにかけて急落したため、CME日経先物が9200円で終了。これに合わせて日経先物が9210円で寄りつくと、持ち越し銘柄全てがギャップダウン。その後安値からの買い戻しで東証一部銘柄は反発を見せたが、マザーズは続落でなんらの歯止めがなくずるずると下げていった。

またまた戻しだろうとの甘い期待で、サマンサタバサの含み損が拡大。さすがにこれ以上は損失拡大は耐えられないと、94500円で2株、さらに下げるので、92100円で1株、9200円で2株と昨日の最初の買い分を損切りした。あ~あ、昨日買い建て直後は3000くらいの含み益だったのに、そのまま持っていたおかげで思いがけない大損をくらった。如何に損切りの素早い判断が大切か改めて思い知った。

一番悪いのは日本製鋼所だ。千株単位なので、どうしても思い切って損切り出来ないでいると、それが思いもよらぬ大きな下げで含み損が拡大。これも大失敗の例だ。それにしても、根本の間違いはサマンサタバサを昨日2回買い建てしたことが大間違いだった。すでに含み損を抱えていたのにポジションを広げて余力が減ってしまい、損切りをせざるを得なくなるよう自分が招いた失敗だった。

サマンサタバサ:-12200円
サマンサタバサ:-8500円
サマンサタバサ:-17800円

解っているはずなのに、損きりが出来ないでいる。下げても戻してくるだろうとの甘さが残り、株価にたいする厳しさに欠けて困る。損をするのがいやで損切りしないでいるのだが、それが傷口を深くしてしまう。もっと早めに対処する訓練をしなければ...余力が若干回復してきたので、それまで上げていた日本風力開発に1株126800円で買い建て、129000円を2回ほど挑戦したが叶わず下げてきたので128800円で脱出。

日本風力開発:+2000円

これを書いている間に、残り10分で日本風力開発が下押しした126000円から戻しだしてきた。その勢いが今までと違うので、慌てて129200円で1株入れておくといつの間にか約定していた。悲しい、余力の関係で一株とは....


保留銘柄
日本風力開発 L 1株 +1800円
日本製鋼所 -59000円(前日比-1.3万円)
日立建機  -8600円 (同 -5百円)
日立建機  -9800円
サマンサタバサ -35700円 (同 -2.5万円)
レーサム  -42000円 (同 -3300円)
失敗
2010年 07月 21日 (水) 15:13 | 編集
昨日持ち越した日本製鋼所は817円で寄りつき、地合もなんか良さそうだったので、819円で損切りしたら、10時頃まで814円を下に上げ下げを繰り返したが、それを過ぎると急落して812円まで下げた。その後戻して816円くらいをうろうろしていたが、先物がどういう訳かギャップダウンで始まってこれらも安く動いて、12時30分少し前に804円まで下げると、そこからはじり高で810円を超えてきている。しかし、もっと我慢すべきだったと悔しい。

 日本製鋼所:-5000円

続いてギャップアップで始まったサマンサタバサだったので、上昇を期待して100600円で5株買い建て。101700円まで上げたので、その近辺で利確しようと思ったが、5千円も行かないのでそのままにしていて少し場を離れたら10500円くらいになっていた。あ、失敗かなと思ったが、またの戻しを期待してそのままにしていたらどんどん下落していく。そろそろ止まるだろうと98800円で5株買い建てしたら、これも反落、更に午後になって更に急落して96000円近辺でもみ合いをみせ、一時は94900円まで下げてしまった。買いポジションが大きすぎて追証になると困るので105100円の2株を損切りした。今日の買いは2件とも大失敗でした。まだまだ未熟で、落ちてくるナイフを素手でつかんでしまった。

 サマンサタバサ:-17200円

またまた後悔先にたたず、今日の101700円の高値近辺で損切りをしておけばもっと軽い怪我ですんだのに。しかし、今日の下げは異常だ、なぜ下げるのか解らない。

 保留銘柄
 日本製鋼所 L 1000株 -46000円 (前日比 +2千円)
 日立建機  L 100株 -8000円   (前日比 -5百円)
 日立建機  L 100株 -9100円
 サマンサタバサ L 5株 -10500円  (-3500円)
 サマンサタバサ L 5株 -19000円  
 レーサム  L 3株  -38700円   (-1500円)
続落
2010年 07月 20日 (火) 15:02 | 編集
金曜の大幅安から続落し、安値を付けた後戻してダウは50ドル以上高く終了したが、CME日経先物は9260円で安く引けた為に日本株もギャップダウンで始まる。その後は為替が円安に少し戻した為か、先物も戻しを見せて午前中は9300円で引けた。午後は先物がギャップアップで始まり、9380円まで上げると動きが鈍くなり13時30分以降に下げだしたので、それまで上げていた個別株も、どうように下げだした。

 朝方797円をつけた日本製鋼所だったが、午後に818円をつけた後はじり、じりっと下げだした。820円で売りを入れて待っていたが、踏ん切りがつかず結局814円で空売りを入れた。その後は思った通り下げ、現在807円。取りあえず、下げの恐怖からは解放されて気分が楽になっている。というのは、買い建て855円、空売り814円でこのまま下げても差額はマイナス4.1万円のまま。この株上げる時より、下げる方が大きくさげるので実入りが大きく、空売りには好都合の株だと思う。もっと早めにやっておけばとほぞをかむ思いです。

 他の株も続落しているが、サマンサタバサはプラス転換していて、10万円のレジスタンスでもみ合いを見せている。明日にでも安く始まれば買いのチャンスではないかと思うし、また10万円越えてきたらそこがサポートになるので結構期待できそう。

 今晩の米国はアップルの決算発表と住宅指数の発表があるので、また下げるのではと空売りは持ち越しです。

保留銘柄
 日本製鋼所 L 1000株 -47000円 (前日比 -6千円)
 日本製鋼所 S 1000株 +7000円
 日立建機  L 100株  -7500円  (前日比 -1700円)
 日立建機  L 100株  -8600円  
 サマンサタバサ L 2株  -15400円 (前日比 +800円)
 レーサム  L 3株    -37440円 (前日比 -2820円)
暴落
2010年 07月 16日 (金) 15:24 | 編集
米国経済指標が悪く、景気後退を嫌気した売りが先物に大量にでて、390円安まで下落した。円高、中国株の下げも影響を及ぼした。持ち株も全てギャップダウン、そして続落の動き。ごごになってサマンサタバサだけ反発した。96000円で4株サマンサを買ったが、すぐ下げて憂鬱な気分。その後も我慢していると株価が上げだした。目標97000円だったが、96600円に戻し注文を入れておいた。

サマンサタバサ:+2400円

午前中に高く寄りつき、下げてきたので頃合いを見て、アセットマネジャーズを10410円で10株買い、10280円で損切り、午後になって10220円で買い、10000円で損切り。

アセットマネジャーズ:-1300円
アセットマネジャーズ:-2200円

保留銘柄
日本製鋼所 -42000円
日立建機  -5800円
日立建機  -6900円
サマンサタバサ -16200円
れ@-さむ 
            

米国が思ったより上がらなかった
2010年 07月 15日 (木) 15:21 | 編集
その煽りを受けて、日本株も安くはじまり更に下押しした。一時9660円をつけたが25日移動平均線で持ちこたえた感じである。ダウ、ナスダックはFOMCが米国景気にこの先懸念を示したことで大きく売られたが、かろうじてプラスを維持した。

 サマンサは前日ほとんど同値で始まったが、そのときちょっと席を外していて返済が出来ずにそのまま持ち越し。結局102000円の大引け。  日本製鋼所はさらに安く始まり、続落して835円をつけ、2万円安に。25日線が531円に走っているので、それでも大きくは下げないだろうとそのままに。大引けは837円。まったくいつも高いところで買って翌日のギャップダウンを食らってしまう。もっと買い時を吟味しないといけない。

 日立建機も続落し、一時1761円まで下落。決算期待で買ったので、おいそれと損切りはしない。もっとも日本製鋼所を除いて、下落の用心の為に購入株数は少ないので、それほど慌ててはいない。  嬉しかったのはマキタ。朝方高く寄りついた後続伸し、2790円まで上げてすぐ長い上ひげを出して落ち着いたので、1727円で脱出。ちょっと席を外していた間にそれまで上げたとは気が付かず、損をした気分。

マキタ:+5400円

嬉しいのは、現物で持っているアセットマネジャーズ。昨日の決算で今日はストップ高9920円で、大引けは比例配分。長いこと持っているので、いい加減に早く平均買値を上回って欲しい。

保留銘柄
レーサム L 3株 -34200円 (前日比 +3150円)
日本製鋼所 L 1000株 -18000円(同 -1.6万円)
日立建機 L 100株 -800円 (同 -800円)
日立建機 L 100株 -1900円
サマンサタバサ L 2株 -6200円 (同 -6400円)
日経大幅上昇
2010年 07月 14日 (水) 15:17 | 編集
258円と大幅上昇。米国市場の上昇を受けて上げたのだが、まったく現金なものだ。持ち越した銘柄は取りあえず全て利益確定。

サマンサタバサ:+1300円
サマンサタバサ:+9700円
サマンサタバサ:+3200円
マキタ    :+4900円

小松製作所が決算発表で大幅ギャップアップ、ごごになって日立建機に1794円で100株、1805円で100株買い建て。その後1811円まで上げたが、持ち越すつもりだったので、そのままにしていたら、大引けにかけて売られて1794円で終了。マキタにも2673円で100株買い建て。

保留銘柄
日本製鋼所 L 1000株 -2000円
日立建機  L 200株  -1100円
マキタ   L 100株  +100円
サマンサタバサ L 2株  +200円
レーサム  L  3株   -37350円 (前日比 -1410円)
今日は益出しに終わる
2010年 07月 13日 (火) 15:28 | 編集
先物が高く帰ってきたのに、サマンサタバサは安く始まり、反発も期待したが、まったく力強さを感じなく下げていって一時99400円と10万円を割ってしまった。しかしその後は102000円の間のもみ合いんに終始し、大引けは10万円で引けた。午後になって100600円で1株買い建てをし、2回目の102000円へのトライで101900円で益出し。

サマンサタバサ:+1300円

マキタは2617円で寄りつき15分後に反発すると2657円まで上昇した。それから下げを見せたが、2647円で前場を終了。午後に期待をしたのだが、なんと若干のギャップダウン、先物を見るとこちらも続落で結局2607円でなんとか2600円を守った。ここを買った後失敗したと思ったが、ほとんどがマイナス転換するなか、ここはプラスをキープしているので、明日以降期待が持てるのではと気分が楽になった。

保留銘柄
レーサム L 3株 -35920円 (前日比 -1440円)
サマンサタバサ L 1株 -3300円 (前日比 -4300円)
サマンサタバサ L 2株 -8200円
サマンサタバサ L 3株 -12600円
マキタ  L 100株 -1300円 (前日比 +1800円)
マキタ  L 100株 -3800円 
今日は日経が25日線に接近したことで
2010年 07月 12日 (月) 15:17 | 編集
か、午後は益出し下落。持ち越したマキタは寄りつき後上昇2620円近辺でもみ合ったので2614円で脱出、その後株価は午後寄りつきで2639円をつけた後じりじり下げた。また上げてくるのかと思い、2620円で100株注文を入れておいて、変更しようとしたら約定した。暫くこの価格近辺をもみ合ったが、その後先物の急落と同時にこれも急落2600円まで下げた。14時過ぎると反発はなく、じり下げで2589円で大引け。

マキタ:+2900円

日本ケミコンに433円で買い建てすると急反発して445円まで上昇。その後反落して439円で脱出。これは待ちすぎて利益を失した。

日本ケミコン:+6000円

朝方ギャップアップ、反落後に反発したので104200円で300株、104100円で200株買い建て。105500円をつけると力なく反落。13時頃の反発で103300円で1株追加買い建て。その後また14時45分までじぐざぐを繰り返しながら株価は下落し100000円まで急落。その後持ち直し105200円をつけるとまた急落。結局104300円で大引け。明日の上昇を期待したい。

保留銘柄
レーサム L 3株 -34500円 (前日比 -4500円)
サマンサタバサ L 5株 +700円
サマンサタバサ L 1株 +1000円
マキタ  L 100株 -3100円
続伸
2010年 07月 09日 (金) 15:03 | 編集
米国が大幅続伸を見せて、日本株も高く寄りついたが、その後は益出しで押された。しかし、11時過ぎると上海株が大幅に急反発を見せたためか、日本株も持ち直し午後は昨日終値を超えて推移している。個別ではまちまちで、大きく下げるもの、少し下げて横ばいをみせ、そして反発するもの。欧州関連のダイキン工業に2988円で100株試し買い。午前中はもみ合うも午後になると上げてきて、3000円手前でびびって2999円で脱出。ところが、その直後に3030円迄持って行かれた。残念、早すぎた。

ダイキン:+1100円

その後、マキタに2613円からの戻りで2578円で入れておいた100株でしたが、2580円で上げを見せたので2584円で買い参入。ユーロ高が続きそうなので上昇を期待したい。もう一つ、日本ケミコンを安いところで買おうと下で待っているとどんどん上げていき、410円、415円、420円と指し値を変えたが、まったく買えずじまい。これは悔しい。ダイキンはその後のもみ合いで2588円まで上げたがその後は売りに押されて2575円に下落この買いも早すぎた。大引けは2579円。

保留銘柄
レーサム L 3株 -30450円(前日比 -1650円)
マキタ  L 100株 -500円
米国の大幅高で
2010年 07月 08日 (木) 17:15 | 編集
日経も9500円台を回復して始まった。しかし、相変わらずの疑心暗鬼の市場のせいか、それとも明日のSQのせいか、積極的な買いが見送られた。全て高く始まり、多少の益出しで下げたが、大方横ばいの動きを見せていた。しかし、新興市場だけ違った。サマンサが今日は上げるかと思っていたが、マザーズが総崩れで昨日の終値を下抜いていた。しかし、今朝のギャップアップの始まりで98000円で始まって脱出したので、怪我はなく助かったが、その後は株価が上値を取らないので参入はなしで一日が終わった。

 サマンサタバサ:+4200円

保留銘柄
レーサム L 3株 -28800円 (前日比 +3600円)
米国が一旦の上昇から急落
2010年 07月 07日 (水) 15:27 | 編集
大引けはプラスでしたが、一旦は150ドル以上も上げていたダウが、マイナスに落ち込み、大引けは57ドル高でしたので、これを受けて日本株も買いの意欲に乏しく、昨日の大幅上昇を受けて利益優先に傾いた。日経の弱さをよそに東邦チタニウムは上昇した。2308円に200株買い建て2330円をつけるとだんだん動きが悪くなり下げを見せたので2320円で脱出、その後は午後14時まで下落を辿り2228円まで下落した。2220円で買いを入れておいたが、そこまでは下げなかった。大引けは2262円多少戻している。明日も要注目の銘柄だと思う。

東邦チタニウム:+2400円

サマンサタバサが寄りつきから下げだした。3日間の続伸だったから地合に押されて益出しが出るのは当然。9600円辺りで下げ止まるかと思って96600円で3株だけ買いを入れたが、午後は安く始まり続落して95000円を切ったがすぐ戻してきて96600円と95000円でのレンジ相場。ところが大引けにかけて見切り売りだったのか最後に94100円で終えた。ちょっとこれは予想外。

保留銘柄
サマンサタバサ L 3株 -7500円
レーサム    L 3株 -32400円 (前日比 +1350円)
今日は予想に反して
2010年 07月 06日 (火) 14:51 | 編集
日経が下落して更に続落で9080円をつけた。個々の銘柄も大幅安となったが、10時頃から先物が戻しだしすとここも急反発。今日は大口の先物相場操縦の感じがしたら、どうもそうだったらしい。午後になるとギャップアップ、さらに続伸して9350円をつけるまで上げたのだ。

朝方7420円をつけたグリーにそこで脱出すればよいものを持っていたら反落してきて、7300円で持ち越し分を損切り。その後7340円まで戻したので安定したのかと7340円で買いを入れたら、その後も続落、サマンサを見ていたせいもあって、気が付いたら7200円近辺、反発を待っていたが無駄だったので9200円で損切り。またこの株で損失を被った。どうも買いのタイミングが悪そうだ。

グリー:-6000円
グリー:-14000円

持ち越したサマンサタバサだが、これは寄りつきから下げだしたので96300円と96100円で脱出。
一旦10500円をつけると再度はんらくして、一時9600円を割り込んだがすぐ戻してきて午後は午前中のレンジを上げ下げして14時過ぎると10万円を越えた。午前中に99800円で5株買い建て、さらに98200円で5株買い建て。午後になって99700円で最初の5株、99900円で残りの5株を益出し。すると暫くすると100900円まで上げて、そのまま目標の10万円以上で待っていたらと残念。その後株価は強いので99700円に5株買い注文を入れておいたら約定し、100500円の戻し注文も約定していた。ラッキー。

サマンサタバサ:+11100円
サマンサタバサ:+8500円
サマンサタバサ:+4000円

折角稼いだサマンサの利益をグリーで帳消しにしたのはとっても自分を許せない。幸いサマンサで若干のプラスに出来たのは大助かりでした。サマンサ様々です。

保留銘柄
レーサム L 3株 -33750円 (前日比 +750円)
金曜上昇から
2010年 07月 05日 (月) 15:10 | 編集
今日も上げると読んだが、念のために午後の下落の危険性を考慮して午後にサマンサタバサに92800円で5株、50日平均線で注文を入れておくと13時30分過ぎに見事約定。その後は94000円を上に再度下落を見せたが、14時25分過ぎから戻しを見せて96300円まで上昇し、大引けは95000円。グリーは大きくギャップアップして始まったが、先日の苦い失敗から完全な下げを待って7350円、と思ったら成り行きだったので7360円で約定していた。VWAPでは抵抗線になりやすいのを考慮しなかったので失敗だったが、7290円まで下落すると14時からは横ばいを見せて大引け直前に7370円をつけ、7350円で大引けした。こんばんの米国は休場なので、明日はギャップアップで始まって欲しいものです。

ようやく地合も落ち着いてきて戻しを試す展開になってきているようです。来週から始まる米国企業の2Q決算発表シーズンを迎え、今まで大きく売られた修正が入るのでは無いかと期待しています。ただ、まだ欧州財政不安は完全に払拭されているわけではないので、下ぶれすることもあると思うので気をつけたい。来週から月末迄の間にスペイン、ドイツの地方銀行のストレステストの結果を発表する予定で、まあまあ安心できるようなら、かなり上を目指す展開が期待されます。

保留銘柄
レーサム L 3株 -34500円 (前日比 +450円)
グリー  L 100株 -1000円
サマンサタバサ L 5株 +11000円
今日はくやしい
2010年 07月 02日 (金) 14:26 | 編集
高く始まったグリーだったが、6950円まで下落したあとは戻しを試す展開だった。しかし、その動きは亀のごとくじりじりしたもので7290円で当初戻り注文をいれておいたのですが、2230円くらいでもみ合いを見せたためにさすがに我慢できず、2220円で損切りしたら、その後じりじり上げていき7300円をつけてしまった。うわ~、なんと悔しいこと。動きが解らないので我慢しきれなかった。次回からはもっと安いところで拾いたい。

グリー:-5000円

午前中に日本電工が525円をつけた後戻してきたので535円で買い建て。540円に戻しを入れておいたら約定。午後は一旦544円まで下落したのだが、再度上昇して548円をつけるまであげた。

日本電工:+5000円

サマンサタバサが午前中にもの凄い急上昇を見せた。含み損銘柄を持つ身なのでなかなか参入の踏ん切りが付かず、午後まで待って下げ止まってから入ろうとしたら13時20分に長居したひげを見せた。そして更に上げを見せたので86900円で5株買い建て。88000円手前で足踏みをしたので87600円で戻し注文を入れておいたのだが、87300円から87000円で戻そうとボタンを押した瞬間に注文板から消えていた。ラッキー、87600円で全て約定したんです。

サマンサタバサ:+3500円

保留銘柄
 レーサム L 3株 -36270円 (前日比 +1230円)
今日も大幅下落
2010年 07月 01日 (木) 15:34 | 編集
今日で8日連続で日経は下げ続けている。グリーが安値から戻してきていたので7160円で買い建てると7200円くらいで下がってきたのであわてて8180円で売り戻した。その後再び上げ足を早めたので追い値買いをしてしまい、7270円で約定したのだが、7290円をつけると急速に値を消して、あれよあれよという間前日終値を下抜いてしまった。その後6930円で止まったので期待したが、午後になって安値6850円をつけ、後は6930円くらいにもどしたが、そこが抜けずにレジスタンスとなって反落し終えた。またやってしまった、魔の高値買い。

グリー:+2000円

午後になってそれまで大幅に下げていたスター精密に842円で300株、840円で100株、その後831円で100株売り建てをしたら、もみ合うこともみ合うことその後はずっと840円の下辺りをジグザグ。結局838円で831円のものを、837円で返済したが、その後830円まで一旦は下げたので、また我慢が足りずに利益を少なくしてしまった。当初、持ち越しを考えたが、海外先物の下げ幅が狭まってきたので処分したのだが、はたして...

スター精密:-700円
スター精密:+1800円

保留銘柄
グリー L 100株 -41000円
レーサム L 3株 -37500円  (前日比 +1050円)
copyright (C) 私の株取引日記 ( Hit & Run ) - 株投資の誤解・間違いから成功へ all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。