FC2ブログ
負け続けの悪戦苦闘のトレード日記
私の株取引日記 ( Hit & Run ) - 株投資の誤解・間違いから成功へ
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
想像以上の下げ
2010年 10月 29日 (金) 15:30 | 編集
週末ということもあってか、先物に売り仕掛けが入り、180円も下落した。昨日下方修正が入った日本ガイシに注目していたら1191円で寄りつくと一旦反発、その後は上げ下げをして、横ばいの動きで322円安の1219円で大引け。途中売りを仕掛けたが、余力不足と出たので出来なかったが、それが幸だった。空売りを入れたところからは戻している。空売りは難しく、どうも安いところで売ろうとするのが失敗の原因。

午後になって空売りチャンスを探したが、なかなか下がらない。コミかミノルタがやはり下方修正で大きく下げていたので、あげたところで売ろうと待っていたが、なかなか上げず下げを見せたので776円で500株空売り。ところが、その後反発してしまい、一時791円をつけたが、下方修正とこの地合だから必ず下げると思っていたが、終値で780円で終了。久しぶりの空売りで是非成功したいので、来週も下落基調でいってほしい。

保留銘柄
日本風力開発 L 1株 -59100円 (前日比 -7.2千円 金利等-1799円)
コニカミノルタ S 500株 -2000円
ツガミ  L 1000株 -87000円 (同 +5千円 金利等 -5465円)
スポンサーサイト
今日も弱かった
2010年 10月 28日 (木) 15:10 | 編集
朝方安く始まったサンリオだったが反発を見せたので買おうと9時11分に1780円で買い建て。その後反落したが何とか戻してきて1795円まで上昇、その後の反落で1788円で脱出。上値が重い。

サンリオ:+1600円

長く放っておいたいちごグループが8600円をつけていた。あわてて損切りしたのだが、なんでこんなにマイナスが大きくなるまで放っておいたのか、また自分の悪いパターンにはまっている。

いちごグループ:-10600円

そうしている間に日本ガイシが上昇していたが、余力がないので手が出ない。残念。結局1546円まで上げた後現在反落している。マキタが大幅上昇、ごごになって2840円台で買おうとしたが、どんどん上げていき、2867円の参入。2880円程まで上げたが反落して2873円で脱出。また下手で失敗だ。

マキタ:+600円

オムロンが昨日決算発表したが、期末は据え置きということで売られた。1881円まで下げて、途中売りたい衝動に駆られたが、どこで下げ止まるのかと不安で出来ずじまい。13時過ぎに暫くすると反発を見せていたので1909円で200株買い建て。下げても我慢していると戻してきて1928円まで上げた。途中1924,1925円で100株づつ買い建てたが、株価が下落して1920円をつけたので、我慢できずに全て返済。その後戻して1930円で終了していた。途中の買いは失敗だった、初めから400株を買っていれば返済することも無かったのに...後悔先にたたず。でもへたくそ。売られすぎだったから、上げてくるだろう。

オムロン:+1300円

日本風力開発が大幅げらくしていた。はたして我慢していて良いのか?

保留銘柄
日本風力開発 L 1株 -51900円 (前日比 -6.4千円)
ツガミ  L 1000株 -92000円 (同 +9千円 金利、手数料5419円)
先物が午前中高かったが
2010年 10月 27日 (水) 15:04 | 編集
午後になって急落。個別は午前中高く寄りついてもじり安となり、午後も最悪で続落。日本ガイシが1514円まで戻したがその後30分ほどは横ばいだったが、10時30分前あたりからじりじり下げだし、午前中の反発も昨日終値で跳ね返され、午後は下落始まりで、そして続落となり1482円の安値をつけた。今日も空売りをやった方が良かったようだが、相変わらずどれをやっていいかわからない。

日本ガイシに安値からの反発で1589円で注文をいれたが、上げてしまい1592円で約定した。1599円を目標にしたが1595円で反落したので1593円で脱出。まだまだ買いを入れられる展開ではない。

日本ガイシ:+1000円

昨日のトレードはほとんど下落のなか、アルバックが上げていたので、午後に1646円で100株買い建て。その後1653迄上げたが、これもじりじり下げてきて、さっさと脱出すればいいものを、また我慢しすぎて1636円で損切りの羽目になった。

アルバック:-1000円

保留銘柄
いちごグループ L 10株 -8500円 (前日比 -1.4千円)
日本風力開発  L 1株  -45500円 (同 -2.8千円)
ツガミ   L 1000株 -95000円 (同 +4千円)
今日は下落
2010年 10月 25日 (月) 15:04 | 編集
米国がそれほどでもなく、為替も円高も円高に戻ってきたので、日経は冴えない。個別では持ち越した日本ガイシが1546円をつけた後反落、その後続落となったのに、戻しを期待しすぎて利益確定が遅くなり、1525円で返済。高値よりも21円安だ、これは持ちすぎている。その後金曜の安値1513円まで下げた。午後は一旦反発を見せたが、じりじりと下落し午前の安値を下抜いて1511円まで下げてしまった。

日本ガイシ:+21000円

1530円を下抜いて買いを1527円でやってしまったが、まだ下げは終わっていなく1518円で脱出。

日本ガイシ:-9000円

もう一つ持ち越したアルバックが続伸したが、25分過ぎると反落したので、あわてて1620円で返済。

アルバック:+3500円

保留銘柄
いちごホールディング L 10株 -5500円
日本風力開発     L 1株 -42100円
ツガミ    L 1000株 -84000円
またまた大幅安
2010年 10月 21日 (木) 15:10 | 編集
高く始まった日経だったがその後は売られ、10時30分頃に口先介入で円安になると株価も戻したが、為替がもとに戻り始めると同様に株価も売りが継続。

持ち越した日本電工は644円で売り戻し。その後この株は大きく下落して一時618円をつけ、620円で終了。空売りしたいくらいだったが、余力がまったくない。長期保留のツガミもつらい。ここもギャップダウンで517円から493円まで下落。

日本電工:+8000円

いちごホールディングスも9310円からじりじり下げて一時9080円をつけたが、途中9260円で後から買った10株を売り戻した。

いちごホールディング:+500円

日神不動産は午前中に3回ほど上値を窺ったが、577円がせいぜいで、569円で見切りを付けた。

日神不動産:+100円

日本電工を出た後日本ガイシを1504円で買い建て。じりじり上げてくれて1527円で終了。

保留銘柄
いちごグループ L 10株 -5600円 (前日比 -2600円)
日本風力開発  L 1株  -42400円 (同 +-0円)
日本ガイシ   L 1000株 +23000円
ツガミ   L 1000株 -99000円 (同 -2.4万円)
大幅下落
2010年 10月 20日 (水) 15:19 | 編集
昨日中国が利上げを発表、それを嫌気した売りで下げたが、米国株も下げたことで、日本株も売られた。全てがギャップダウン始まりして、日本電工は631円まで下落し、636円で買い建てをした。終値は642円となったが、昨日の終値を抜けては来なかった。

日本ガイシもいったんは下を見に行ったが、1476円で反発すると午後の513円をピークとして反落した。日本電工に迷って入ってしまったので、こちらに参入できずに失敗だった。株価が高いだけあって、上げ幅が大ききいので、明日チャンスがあれば買いたいものです。

いちごホールディングが9190円をつけたので9210で円で、10株買い建て。もっと上げを期待したが、まったく反応せず、9360円で終了。あれだけ下げていたツガミが午後になって一本調子の下げを見せた。日神不動産に568円で100株買い建て。

保留銘柄
いちごホールディング 10株 -3000円(前日比 +100円)
いちごホールディング 10株 +2500円 
日本風力開発  L 1株 -42400円(同 -1.3千円)
日本電工  L 1000株 +6000円
ツガミ   L 1000株 -75000円(同 -5千円)
日神不動産 L 100株 +200円

今日も弱含み
2010年 10月 19日 (火) 15:07 | 編集
先物は昨日終値で始まり9580円まで上昇したが、その後はじり安展開。昨日も冴えない展開だったので、トレードはなく一日中観察に終わったが、今日も同様の状態だった。昨日大幅上昇した日本ガイシは今日は下落して反発を窺っていたが、まったく良いところなく、午後も続落して1513円まで下落。大引けにかけて1523円まで戻して終了。一応底だと思ったところで反発を見せたので明日は期待できるかもしれない。

日本電工も続落で、一時は660円まで反発したが、その後はじりじり下げて、641円を底に横ばいを見せた。大引けにかけて644円をつけたが、明日はどうなるのかな。一応439円、440円、441円と指し値を上げたが買えずじまい。

元気の良かったのがアルプス電気、ずっと高値もみ合いだったので観察だけだったが、14時30分過ぎにVWAPから反発を見せると764円の高値迄上昇した。明日も期待できそう。他の持ち越し銘柄は相変わらず芳しくない。

保留銘柄
日本風力開発 L 1株 -40800円 (前日比 +3百円)
いちごグループ L 10株 -3100円 (前日比 -250円)
ツガミ L 1000株 -70000円 (前日比 +-0円)  
下手なトレードをやってしまった。
2010年 10月 15日 (金) 15:48 | 編集
日経は安く始まり、持ち株の牧野フライスも安く始まり下落しだした。595円で寄りついたので即脱出すればよかったものを、戻しを期待して保留を続けるとさらに続落して586円をつけた。さすがにこれ以上下げたらたまらんと思い、586円で損切りすると、585円で下げ止まり即反発。一旦下押ししたが、先物が下げ止まり戻しを見せたことでこれも上昇、午後寄りつき後に600円まで上げて終値は696円の前日終値と同値終了。くそー、頭にくる。また最安値近辺で損切りして、もう少し我慢できれば戻して4,5千円のプラスで終えることが出来たのに...昨日と同じだ、空売りも持ち越ししていれば4,5千円の利益を取れたのだ。あ~あ、へたくそ。

牧野フライス:-9000円

さらに失敗は日本電工、一円高で始まったが直ぐ反落650円をつけると反発したので、653円で買おうとしたら、下げないのであわてて656円で買った。その直後に654円をつけたが再度反発を見せて665円を付けた。これは強いと思ってそのまま持っていると、どんどん下げてきて656円まで下落。これは失敗とおもって658円で戻したら、さらに反発して662円まで上昇した。あ~あ、これもミスった。

日本電工:+2000円

アセットマネジャーズが反落から戻してきて、もっと早く入れば良かったものを9660円の高値で10株買い建て。その後9730円をつけたが、反落してもみ合い、9600円で終了。


保留銘柄
いちごグループ L 10株 -600円
日本風力開発 L 1株 -39800円(前日比 -1.1千円)
ツガミ  L1000株 -56000円(同 -4千円)
上昇
2010年 10月 14日 (木) 15:12 | 編集
久しぶりの上昇。場中に円高が進んだにもかかわらず日経は上げた。朝から下げを見せていた牧野フライスに590円空売りをしたら、一旦587円をつけたが直ぐ戻してきて、595円でもみ合い、再反落を期待したが、上げていったので597円で損切りする羽目に。朝の日経上昇時には順張りで行かないとダメなようだ。途中、このまま上げるのではと思って595円で買い建てをしたら、午後になって反落、591円まで下げてきて、午前中の損切りで早まったことが頭に来た。14時30分過ぎに599円まで戻したがその後反落、598円で戻し注文を入れたが、続落して結局596円で大引け。機械受注統計が良かったので、上げると期待した買いだったが、円高が上値を抑えたようで失敗だった。

牧野フライス:-7000円

朝方ギャップアップした東洋炭素を下落した4555円で買い建て、しかし反発の勢いが弱く4540円で損切り。今日は失敗だらけ。

東洋炭素:-1500円

保留銘柄
日本風力開発 L 1株 -38700円 (前日比 +100円)
ツガミ  L 1000株 -52000円 (同 +5千円)
牧野フライス L 1000株 +1000円
まだ暫く下方トレンドに
2010年 10月 13日 (水) 15:15 | 編集
4日ぶりの反発だったが、終わってみれば先物は前日終値で終了。為替が11時過ぎから円高に振れたことで売られて下落した。株価は為替ながめの状態で、これは来月初め頃まで続くだろう。

昨日持ち越した日本電工は朝方の反発で655円で脱出。株価は650円をつけると反発して561円を見た後はじり安で午後は良いところ無しで昨日終値を下抜いた。しばらく下落が続きそうだ。失敗だったのは空売り参入に気が付かなかったこと。

日本電工:+6000円

丸紅が安値を付けて反発、523円で買い建てたが、なかなか上げを見せないので524円で脱出。その後は527円をつけたが、今日の地合は弱すぎて、再度反落し521円で終了。

丸紅:+1000円

アセットマネジャーズが下落し、安値を付けた後反発を見せていたので9520円で2株現物で買ったが、その後続落してしまった。終値は9200円で大引け。株価が下げているときは買いは手控えなければダメだ。特に午前中は、午後になって下げる確率が高い。

保留銘柄
日本風力発電 L 1株 -38800円 (前日比 +1千円)
ツガミ  L 1000株 -57000円 (同 -1.6万円)
3日続落
2010年 10月 12日 (火) 18:18 | 編集
円高が大きく進んだことで、日経も大きく売られた。高値は9640円だったがその後つるべ落としで下落して終値は9400円だった。

日本電工も昨日の終値(668円)にぶつかり、跳ね返されて下落を辿り午後650円近辺でもみ合いを見せたが、反発の力は弱く再び反落。当初647円に買いを入れていたがなかなか落ちてこないので649円で買ったが、大引けにかけて下げて647円で終了。明日は一旦は反発して欲しいところだ。

持ち越した日本航空電子が一旦は579円まで上げたが、その後買いは止まり下落した。576円で脱出。今日は全てが下げて空売り日和だった。

日本航空電子:+2000円

丸紅が13時に517円をつけた後横ばい、その後反発で526円で大引けた。なんでこんなに強いのかと不思議で仕方がない。これからも注意銘柄です。

保留銘柄
日本風力開発 L 1株 -39800円 (前日比 -1.1千円)
ツガミ   L 1000株 -41000円 (同 +2千円)
日本電工  L 1000株 -2000円

日経は案の定下落
2010年 10月 08日 (金) 15:15 | 編集
今晩の米国と明日からの3連休とで買いが手控えられて下落した。持ち越した日本電工は674円まで下落したので675円で脱出したら、10分後に反発して683円の前日終値まで上昇。その後は買い戻しが続かずじりじり下げる展開になったので、途中679円で再度買い建てした分も680円で脱出した。午後最安値668円まで下げてこの判断は正解でした。やっぱり、新高値を取ってきた昨日の時点で即利確すべきだった。勿体ないことだ。

日本電工:+2000円
日本電工:+1000円

日本航空電子だがいったんは前日終値を下抜いたが、再度反発を見せて570円まで上昇、その後下げを見せたので、564円で利確。株価は560円をつけると反発に転じ、午後になって570円越えを見せた。今日の地合でそこから入ることが躊躇されたが、株価は下げを見せないので574円で再参入。一旦は572円をつけたが、また戻して578円の高値をのぞくが、結局終値は574円で終了した。

日本航空電子:+7000円

丸紅が522円まで上げて517円まで下げたが、急反発して520円に戻した。522円と520円の間を横ばい展開だったので522円で1000株買い建て。10時過ぎに525円をつけたが、これまでと思い524円で脱出したが、その後続伸し529円をつけた。ここの株価の動きが良く解らない結果だったが残念だ。午後になって反落して525円をつけたが、また戻して530円を一時つけた。

丸紅:+2000円

保留銘柄
日本風力開発 L 1株 -38700円 (前日比 -3.4千円)
ツガミ   L 1000株 -43000円(同 +1千円)
日本航空電子 L 1000株 +-0円
さすがに今日は日経も安く始まった。
2010年 10月 07日 (木) 15:30 | 編集
為替が83円を下抜いて現在82.85円。これでは地合が重たいのも当たり前。

昨日買い持ちした日本電工は674円と5円高、牧野フライスが614円と1円高で始まった。始まって日本電工は下げそうになかったのでそのままに、牧野は買値と同値なので余裕が無く、下げたら困ると思い、615円で脱出したら、10分過ぎに急反発したので、あわてて625円で再参入。牧野は10時少し前に637円をつけると下げを見せたので11時半過ぎに下げだしたので631円で脱出。すると午後も続落して620円でのもみ合いで終えた。2回目の反発が不成功に成った時に気が付いて即脱出しなければいけなかった。まだまだ甘い。

牧野フライス:+1000円
牧野フライス:+6000円

日本電工はそのまま691円まで上昇後、午後になってじりじり下げて681円をつけるまで反落。終値は683円だが、一応680円までは覚悟していたので上出来ではないかと思っている。

その後日本航空電子が決算上方修正を発表して540円を超えてきていた。早速入れば良かったが、一旦反落するのではと思って、様子見していたらじりじり上昇。563円まで上げた後下げてきて、一旦549円をつけて反発したので、途中557円で買い建てしたら、そこから再反落してしまい、14時過ぎても下げは止まらない。明日に持ち越して様子を見るかと思っていると、547円に通るVWAP線で見事に急反発して554円に戻した。その後はもみ合いをみせ555円で大引け。やぱり、VWAP線で空売りの売り戻しを考えている売り方が多くいるのかなと想像した。

保留銘柄
日本風力発電 L 1株 -35300円 (前日比 +4.3千円)
日本電工  L 1000株 +10000円 (同 +1.4万円)
ツガミ   L 1000株 -44000円 (同 +1千円)
日本航空電子 L 1000株 -2000円
昨日の日銀会合の影響で
2010年 10月 06日 (水) 15:48 | 編集
日経は続伸。米国市場も大幅高だったことも貢献しているようです。為替は相変わらず83.12円と高値近辺ですが、これだけの円高でも一部の企業は上方修正を出しているので、株価の上昇を期待しているようです。

日本電工に入ろうと思っていたが、下落を警戒して参入を躊躇したら、株価は663円からあっという間に679円まで上昇した。その勢いを見るとその後の株価の弱さは誰も予想できなかっただろう。667円が昨日の高値で一度の下押しがそのレベル、その後急反発した。いずれ下げるはずと思って待ったところ、案の上反落を見せた。VWAP線がたいていサポートになるので、669円で待っていたが、こらえきれず673円で買うと、675円の上値が重く670円まで下落。午後も弱い動きで667円でもみ合い、一瞬だけ666円をつけた。これまで下げるとは判断が甘かった。株価が下げに入った時は上げても意外と下げるものなので気をつけないといけない。

午前中に599円まで上げたオークマが反落して596円をつけてそこから上値が重くなったので、また下げるのを警戒して595円で脱出すると、594円を3度ほどつけると反発し、そのまま上げて行ってしまい、午後ももみあい、じり高で509円をつける場面があった。なんと見切りをつてから14円も高く上げてしまって、悔しくて仕方がない。

オークマ:+1000円

昨日大きく上昇した牧野フライスが反落していたので午後13時頃に614円で買いを入れたら反落、610円近辺で横ばい推移。上昇を期待したが外れた。明日は上げて欲しいものです。

保留銘柄
日本風力開発 L 1株 -39600円 (前日比 -9百円)
日本電工  L 1000株 -4000円
ツガミ   L 1000株 -45000円 (同 +3千円)
牧野フライス L 1000株 -1000円
午後後半から日経が反発
2010年 10月 05日 (火) 20:23 | 編集
個別はそれまで売り地合だったが、13時30頃から日銀金利政策決定会合を受けて先物が急上昇して一時9500円をつけた。

今日は朝から外出予定の為、日本電工とサマンサタバサを寄りつきでの成り行き売りの注文を入れて出かけてた。携帯で売値を確認したら、サマンサは80300円で日本電工は666円で約定していた。サマンサはこの値段が今日の安値で高値で84000円をつけた。難しい動きをする株だ。オークマとツガミはギャップアップで始まりそうな気配だったので今日は大丈夫ではないかと思ったが、サマンサと日本電工はもしもの為に返済したわけだ。

サマンサタバサ:-5700円
日本電工   :+7000円

結局オークマは朝のギャップアップ後続伸して、23円高の高値引け。どうやら牧野フライスの上方修正の影響ではないだろうか。その牧野は朝から続伸で51円高の強い動きだったが、すっかり上方修正発表したのを忘れていた。一方ツガミは高くは始まったが午後寄りつきから下落して、一時は昨日の終値を下抜いたが、直後から反発して545円、17円高の高値引けだった。ようやく機械セクターも戻しを見せてくれるかな?

保留銘柄
日本風力開発 L 1株 -38700円 (前日比 -600円)
ツガミ    L 1000株 -48000円 (同 +1.7万円)
オークマ   L 1000株 -6000円 (同 +2.3万円)
相変わらず弱い日経
2010年 10月 04日 (月) 15:12 | 編集
ほとんど安く始まったが10時過ぎからの為替の円安方向の振れに日経も反発したが、その後再び円高に戻ると同様に日経も下落し昨日の終値を下抜いて9390円で終えた。

サマンサタバサが反発上昇と途中まで堅調な動きで85100円を保っていたが、ちょっと目を離した瞬間に83000を割りそうになったので慌てて戻したが、82900円と82800円で約定。結局手数料でマイナスだった。

午後になって82000円は割れないだろうと思っていたが、82200円に3株買い注文を入れておいたが、大引け直前になって下抜き、もみ合いの末81300円で終了した。今日は午後の弱気相場で全てマイナスに転換した。

保留銘柄
日本風力発電 L 1株 -38200円 (前日比 -3.6千円)
日本電工   L 1000株 +10000円 (同 -1万円)
ツガミ    L 1000株 -65000円 (同 -3千円)
オークマ   L 1000株 -29000円 (同 +1千円)
サマンサタバサ L 3株 -2700円
昨日の日本株はギャップアップするも
2010年 10月 02日 (土) 12:00 | 編集
午後寄りつきからは先物に売り物が出て下落し、昨日の終値近辺まで落ちたが、大引けにかけて持ち直しを見せたが高値を更新するには行かなかった。相変わらず為替の影響で日本株は上値が重い。

昨日はさすがに前日の大幅安の後だけに多くはほとんど横ばいだが、オークマは6円安、一方、日本電工はギャップアップ、午後になって続伸し、679円で終了した。日本電工は相場地合に反して非常に力強い。おそらく外人投資家も注目銘柄なのだろう。

サマンサタバサが81000円で寄りつき、すぐ上昇し83000円近辺まであげた途中、82700円で3株買い建て。今日はなかなか上がらないだろうと思って下げを待っていたが、じりじり上げだしたので我慢できずに買ったらその少し後から下落しだした。一時は81000円を割るまで言ったが、戻して最後は82000円で終了。

昨日の為替が83.2円台で相変わらずの円高だが、米国株が中くらいの上昇だったので、月曜は一応高くは始まるだろうが、その後がどうなるかだ。

保留銘柄
オークマ L 1000株 -29000円
ツガミ  L 1000株 -62000円
日本風力開発 L 1株  -34600円
日本電工 L 1000株 +20000円
サマンサタバサ L 3株 -2100円
copyright (C) 私の株取引日記 ( Hit & Run ) - 株投資の誤解・間違いから成功へ all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。