FC2ブログ
負け続けの悪戦苦闘のトレード日記
私の株取引日記 ( Hit & Run ) - 株投資の誤解・間違いから成功へ
ロスカットの英断
2005年 10月 27日 (木) 11:32 | 編集
 セキュアード・キャピタルは上値が重いので、昨日終値より高い31.4万円で損切り。その後急落したので、大正解。デイトレードならロスカットを昨日の内にできたのに、スウィングで行くと決めていたことが損失を大きくした。そもそも市場の選択を間違えていたように思う。
 この後すぐ、最近の上昇業種の建設の内、銘柄リストの一番上位にあった大成建設を514円で2000株買い建て。5分ローソク足5本目の512円での参入が可能だったが、開始後30分という事が頭によぎり、上昇を確認して参入した分遅くなった。勢いのある時は開始後30分にこだわらない方が良い。これが運良く上昇し、10時過ぎに上値が重くなった為、5分足4本目の524円で脱出。

 セキュアード・キャピタル:-51,000円
         大成建設:+20,000円
          
 大成はそれなりに良かったが、清水建設は11時時点で既に43円も上昇。これは銘柄選択に誤り。今回少ない資金で多く買える株を選んだが、それは失敗であった。というのは、株価が高いものの方が同じパーセント上昇する場合、金額にすると大きく上昇する可能性が高いので、高い株価の銘柄の方を選んだ方がより儲けることができる。

セキュアード・キャピタルとセプテーニに関して今後有望?と書いたが、取り消します。何故、上昇ピッチが鈍いかと検証したところ、明らかな業績上方修正などの肯定的な情報がないので、過去に急上昇してその後長い調整をした株は、まだまだ戻り圧力が強いということに気が付きました。チャートパターンとしては、過去から順調に上昇してきた株が思い通りの上昇を描きます。
買い余力が31万ほどしかないので、単位株が100株で勢いの良い株ということで、日立建機を買い建て。トピックスが朝高後、午後に急落すると、呼応するように日立もじり安。13時過ぎの5分足6本目で2150円がサポートなので、その手前の2155円で100株買い建て。トピックスが下げトレンドを抜けてきたので、参入したのだが、この株のリバーサル確認をしたわけではないので反発が弱く、2145円~2150円辺りで横ばい。同業の小松製作所が14時5分過ぎから今までの横ばいから抜け出す兆しを見せている、日立も期待したい。 小松に比して、日立は上値が重く、結局終値は2140円。
 
スポンサーサイト



Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
PW :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 私の株取引日記 ( Hit & Run ) - 株投資の誤解・間違いから成功へ all rights reserved.
designed by polepole...