FC2ブログ
負け続けの悪戦苦闘のトレード日記
私の株取引日記 ( Hit & Run ) - 株投資の誤解・間違いから成功へ
日経大幅安で
2008年 07月 08日 (火) 14:51 | 編集
 米国株は当初予想通り上昇、ところが、住宅金融会社が損失を出す懸念が出て株価は急落。それを受けて日本株も売り一色でした。

 空売り参入しようとしたが、どれが良いか分からず結局あきらめ、午後になって1993円をつけ戻しだした日本製鋼所に買い建て、2000円で約定した。ちょっと高かったかなと思ったら株価は下落に転じ、続落。戻りがあると我慢していたのですが14時20分前になってさすがに心配になり、このまま下がったらどうしよう、明日も下がったら、などと考え始めたら、どうしようもなく不安になってとうとう損切り。それが安値から1円高の1952円でした。その後14時手前で反発をはじめ、1981円迄もどしてきた。あ~~~~~~あ、なんと悔しい!いつもこのパターンだ。上げるまで我慢しようと長く持ちすぎて損失が最大に、損切ると株価は上昇してしまう。

 日本製鋼所:-48000円

 今後は空売りで参入後に反対に動いたときはすぐ損切りをするように買いでも同じように行動するよう自分を訓練します。それも大事だが、下げ止まりを確実に確かめることがもっと大事だ。

 その後再度買い参入しようとしたが、余力がたりず、オルガノも反発を見せていたので1084円で買い建て。と、これも情けなく反落してきた。あ~あ、やることなすこと裏目だ。

 オルガノ:-5000円

 今日の反省:下げトレンドで大きく下げた場合、買い参入して上げてもすぐ売りに押されるので買いは絶対にやるべきではない。むしろ、売りをあきらめるべきでない。
スポンサーサイト



Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
PW :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 私の株取引日記 ( Hit & Run ) - 株投資の誤解・間違いから成功へ all rights reserved.
designed by polepole...