FC2ブログ
負け続けの悪戦苦闘のトレード日記
私の株取引日記 ( Hit & Run ) - 株投資の誤解・間違いから成功へ
市場に短期の楽観論
2008年 09月 13日 (土) 12:47 | 編集
 昨日の米国市場はダウが11ドル安、ナスダックが3ポイント高、シカゴ日経先物が12305円と大証夜間取引値よりも45円高で終了。米国ではFRBと銀行との間にリーマン・ブラザーズについての緊急会合が開かれた。当初150ドル以上下げたダウがかなり戻し、ナスダックもマイナス圏からプラスに、欧州市場も短期的な楽観論から引けにかけて買われた。

 これを受けて火曜の日経平均は続伸となるとの予想を抱いています。高値をつけていつもなら売られるところですが、市場は安定化策に対して期待感を抱き、底値圏にある日経を押し上げるのではないかなと思っています。

 これで昨日寝る前に心配だった持ち越し株については安心です。ただ、昨日発表されたアルデプロの決算発表で赤字転落とあり、これが新興不動産銘柄にどう影響するか気をつけたいと思います。しかし、新興不動産の決算については悪いことは織り込み済みなのでそれ程影響はないと考えていますし...一方、PTSでケネディクスがストップ高の102200円の値を付けて、ダウの大幅下落にも影響されなかったことも力強いです。 また、昨日は商品市況が上昇したので少なくとも火曜は軒並み鉄鋼、非鉄関連は上昇すると予想しています。

 来週は米国で銀行などの決算発表がありますので注意が必要です。火曜jにCPI、FOMC、ゴールドマン・サックス、アドビ、ベスト・バイ等の決算、水曜に8月住宅着工件数、モルガン・スタンレー決算、木曜に9月フィラデルフィア連銀製造業景気指数、失業保険申請件数、オラクル、フェデックス決算などがあります。来週は今週のように不動産にはしっかり上昇を期待します。では、Happy Trading.
スポンサーサイト



Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
PW :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 私の株取引日記 ( Hit & Run ) - 株投資の誤解・間違いから成功へ all rights reserved.
designed by polepole...