FC2ブログ
負け続けの悪戦苦闘のトレード日記
私の株取引日記 ( Hit & Run ) - 株投資の誤解・間違いから成功へ
昨日からの負の遺産が
2010年 07月 22日 (木) 15:04 | 編集
バーナンキ議長証言で今後の経済見通しが不透明だとする発言が引き金となって大引けにかけて急落したため、CME日経先物が9200円で終了。これに合わせて日経先物が9210円で寄りつくと、持ち越し銘柄全てがギャップダウン。その後安値からの買い戻しで東証一部銘柄は反発を見せたが、マザーズは続落でなんらの歯止めがなくずるずると下げていった。

またまた戻しだろうとの甘い期待で、サマンサタバサの含み損が拡大。さすがにこれ以上は損失拡大は耐えられないと、94500円で2株、さらに下げるので、92100円で1株、9200円で2株と昨日の最初の買い分を損切りした。あ~あ、昨日買い建て直後は3000くらいの含み益だったのに、そのまま持っていたおかげで思いがけない大損をくらった。如何に損切りの素早い判断が大切か改めて思い知った。

一番悪いのは日本製鋼所だ。千株単位なので、どうしても思い切って損切り出来ないでいると、それが思いもよらぬ大きな下げで含み損が拡大。これも大失敗の例だ。それにしても、根本の間違いはサマンサタバサを昨日2回買い建てしたことが大間違いだった。すでに含み損を抱えていたのにポジションを広げて余力が減ってしまい、損切りをせざるを得なくなるよう自分が招いた失敗だった。

サマンサタバサ:-12200円
サマンサタバサ:-8500円
サマンサタバサ:-17800円

解っているはずなのに、損きりが出来ないでいる。下げても戻してくるだろうとの甘さが残り、株価にたいする厳しさに欠けて困る。損をするのがいやで損切りしないでいるのだが、それが傷口を深くしてしまう。もっと早めに対処する訓練をしなければ...余力が若干回復してきたので、それまで上げていた日本風力開発に1株126800円で買い建て、129000円を2回ほど挑戦したが叶わず下げてきたので128800円で脱出。

日本風力開発:+2000円

これを書いている間に、残り10分で日本風力開発が下押しした126000円から戻しだしてきた。その勢いが今までと違うので、慌てて129200円で1株入れておくといつの間にか約定していた。悲しい、余力の関係で一株とは....


保留銘柄
日本風力開発 L 1株 +1800円
日本製鋼所 -59000円(前日比-1.3万円)
日立建機  -8600円 (同 -5百円)
日立建機  -9800円
サマンサタバサ -35700円 (同 -2.5万円)
レーサム  -42000円 (同 -3300円)
スポンサーサイト



Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
PW :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 私の株取引日記 ( Hit & Run ) - 株投資の誤解・間違いから成功へ all rights reserved.
designed by polepole...