FC2ブログ
負け続けの悪戦苦闘のトレード日記
私の株取引日記 ( Hit & Run ) - 株投資の誤解・間違いから成功へ
今日の下げは米国株の影響だが、
2006年 05月 18日 (木) 23:36 | 編集
 今日の下げは昨日の米国株の影響である。今年はちょうど建国214年目にあたっているのだが、皮肉な偶然で214ドルちょっとの下げを見せた。原因はインフレ懸念を示す指標が出て、利上げの継続が見込まれそうとの不安心理からの売りらしい。それにしてもダウもナスダックも大きく下げた。
 利上げ観測で売られたということで今日はプラスで始まっている。もう売る理由が無いので大きくなくても今日はプラスで推移するのでは?ということは、明日の日本株にも好影響か?

 いつも株をやっていて不思議に思うことは、金利が上がるという予想で株は下げ続けているが、今までも毎月金利は上がってきたはずだ。それでも株価は上がっていた。なぜ、同じ理由で反応が全く反対になるのか解らない。
 
 円高、円安でもそうだ。今は円高で売られる、もちろん主に輸出関連株だが。去年だったか、一昨年だったか忘れたが、その時は円高になっても株価は関係なく上がっていた頃があった。その時は円が上がれば外国投資家には都合が良いからとかいった説明をしていたが、今はそんなことは無い。自分は円安の方が良いのではと思っていた。何故なら、買う時は日本株を多く買えるし、本国に送金する必要がないなら円安の時にはドルに換金しなければいいし、円高になったら売ればいいのだ。
 
 未だにこの判断は解らないし、その時その時の説明を聞いても納得のいくものにならない。だから、我々はその時その時でトレンドに任せてトレードするのがベストということなんだろうと思う。 
スポンサーサイト



Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
PW :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 私の株取引日記 ( Hit & Run ) - 株投資の誤解・間違いから成功へ all rights reserved.
designed by polepole...