FC2ブログ
負け続けの悪戦苦闘のトレード日記
私の株取引日記 ( Hit & Run ) - 株投資の誤解・間違いから成功へ
米国株の反発
2006年 06月 09日 (金) 10:10 | 編集
 米国株は夕べの寄り付きから下落し、ダウは170ドル以上下げたが、欧州市場が終わった頃、現地時間の12時過ぎから突っ込み警戒感からの買いで反騰し、結局株価は7.92ドルのプラスで終える。寄り前の外国系証券動向はの3000万株以上の売り越し。 メイジャーSQ算出にからんだ大幅売り越しで、日経平均は昨日の安値近辺14530.50で寄りついた後自立反発している。

 自分は昨日の下げで余力が30%ギリギリまで下げたので、現在は参入しようにも何も出来ない。その後10時過ぎから戻りの鈍さを嫌気した先物主導の売りで急速に値を消している。

 午後の相場...続落

 昨日の安値を下回ってきたが、不動産は昨日発表された東京の空室率の低下が材料視されて堅調。14時発表の機械受注に期待したい。
 13時5分前から一旦下げ止まり戻す動きが見られる。昨日のダウと同じような動きをしたりして?

 13時50分にトピックス先物が前日終値を上抜いてきた。リストにある銘柄の大半が前日比プラス圏に。そして、4月機械受注が10.8%増加。予想は3.7%くらいだったのでビッグサプライズだ。

 日経平均出来高がきのうの水準を上回り27億株を越え28億株台に。グローベックス先物値もプラスに推移しているので、今晩の米国株も期待できるかもしれない。

 ラジオで株価が振幅が大きく乱高下していると個人は参入しづらいと言うが、デイトレードで信用をやる者には好都合の相場である。
スポンサーサイト



Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
PW :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 私の株取引日記 ( Hit & Run ) - 株投資の誤解・間違いから成功へ all rights reserved.
designed by polepole...