FC2ブログ
負け続けの悪戦苦闘のトレード日記
私の株取引日記 ( Hit & Run ) - 株投資の誤解・間違いから成功へ
米国株は大幅高だが...
2006年 06月 30日 (金) 12:53 | 編集
 米国株が大幅高なので日経も上昇を期待したが、大部分の株は高値を付けた後戻り売りで少なくても午前中はじり安。

 持ち越したダイセキは窓あけ上昇したことはしたのだが、2500円で寄りついた。しかし、上昇の気配がないので、5分足2本目の下がったところで2490円で損切り。

 ダイセキ:-3000円

 続いて参入銘柄を捜していたが、なかなか見つからない。たまたまIDUが10時前に寄り付き値を上抜いてきたので34万円で一株。34.4万をつけたが、買いが続かず反落して寄り付き値近辺迄下落。指数が高値を付けた後下落を見せていたので、どうかと思ったがブレークアウトと思い、勇んで参入。やはり、指数は正直、流れに逆らっては基本的に駄目だ。それから、ニュースが無い銘柄は今の環境では上がるのはまだまだ無理ということか!? 今日は商品市況の上昇で非鉄金属株が高い。

 午後は銀行に行く用があり戻ってきたのが14時過ぎだった。その時は株価は更に下落していて、33.4万円をつけていた。大引け30分前に少しは反発するだろうと思って待っていたが全く上値を追ってこない。14時44分に33.3万円で損切り。

 IDU:-7000円

 選択を間違えた。この株は不動産関連で日足は底の方を這っているようなチャート、これでは上値を追うには難しいだろう。一方上がっているのを見ると、やはり反発軌道を辿っていて、調整前のレベルに戻していた。

 ところで、ダイセキはどうだったかとチャートを見てみると、午前中は横這いだったが、なんと午後寄り付きから上昇して2610円の高値で大引け。なんと間の悪いこと。下値不安が無くなっている現在、暫く持ちこたえた方が儲けられるようである。
スポンサーサイト



Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
PW :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 私の株取引日記 ( Hit & Run ) - 株投資の誤解・間違いから成功へ all rights reserved.
designed by polepole...