FC2ブログ
負け続けの悪戦苦闘のトレード日記
私の株取引日記 ( Hit & Run ) - 株投資の誤解・間違いから成功へ
米国株上昇でよかった
2006年 12月 16日 (土) 11:47 | 編集
 米国市場はダウが28ドル高、ナスダックは3ポイント高で終了。11月工業生産の0.2%の上昇と、それ程強くない11月CPIの発表でインフレが抑えられていると言うことで、株は大きくギャップアップで始まったあとは、短期的な過熱感から利益確定売りに押されたが、プラス圏で推移した。

 シカゴ日経平均も一時は17000円をつける場面もありましたが、16970円で終了し大証のそれからは60円高です。

 商品市況も上昇。持ち越した大平洋金属には良いニュース。昨日のDowaホールディングスは12円高、東邦亜鉛は35円高、大平洋金属は23円高で、そろって上昇し、これからも期待できそうです。

 来週の経済指標は日本では火曜日に日銀の政策金利発表、米国では週後半にGDP、個人消費、PPI、耐久財受注など目白押し。

 昨日は日経平均が高値を取ってきたので、益出しで下げると思い空売り銘柄を捜しましたが、なかなか大きく下げる様子のものがありませんでした。やはり、先高感があるため押し目買いが入るためのようです。もちろん、少ない利幅でとることも出来るのですが、余力が大きくないので取れても数千円から一万円くらいにしかなりません。上昇トレンドの時はやはり買いポジションが良いようですね。 
スポンサーサイト



Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
PW :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 私の株取引日記 ( Hit & Run ) - 株投資の誤解・間違いから成功へ all rights reserved.
designed by polepole...