FC2ブログ
負け続けの悪戦苦闘のトレード日記
私の株取引日記 ( Hit & Run ) - 株投資の誤解・間違いから成功へ
悔やまれる持ち越し
2006年 12月 19日 (火) 11:04 | 編集
 米国市場の下落で高値警戒感のあった日経平均も下落。商品価格も下落したので大平洋金属を心配していたのだが、案の定22円安の1101円で始まった。1091円迄下落した後反発したが、また反落してきたので我慢できず成り行きで損切り。1092円で約定。残念なことにその後反発し1100円を超えてきている。あ~あ馬鹿なことをした。参入当日はもっと安値でも我慢していたのに、今日は恐怖感から作らなくて良い損を作ってしまった。
 
 大平洋金属-10000円

 やっぱり昨日の悪い予感が当たってしまった。東京建物が続落で含み損が6万円ほどになり、気持ちに余裕が無くなったために大平洋金属を我慢が出来なくなったのです。だから、昨日の早い内に東京建物を損切った方がベストだということだと思う。しかし、もっと大事なのは余力が無い場合、日経平均に高値警戒感が出ているのでスウィングでなく、デイトレードでの対応の方が安全だし、確実に利益を確保できる。臨機応変な対応が必要だということか。しかし脱出するならもっと早めの決断を。ちなみに、太平洋金属は前引け現在1109円。

 その後大平洋金属に再参入をしようとしたが、余力が足りない。そこで指数の動きと反対に上昇していた東京製鐵にとりあえず1841円で300株買い建て。
スポンサーサイト



Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
PW :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 私の株取引日記 ( Hit & Run ) - 株投資の誤解・間違いから成功へ all rights reserved.
designed by polepole...