FC2ブログ
負け続けの悪戦苦闘のトレード日記
私の株取引日記 ( Hit & Run ) - 株投資の誤解・間違いから成功へ
さて来週は?
2008年 02月 16日 (土) 12:22 | 編集
 夕べの米国市場はダウンが28ドル安、ナスダックが10ポイント安、シカゴ日経先物は13575円と大証からは35円安で終了。鉱工業生産は0.1%の上昇で市場の予想と一致し、景気後退前の経済収縮を示すものではありませんでしたが、1月のNY連銀製造業景況指数は-11.7と予想より悪い内容で、指数が0以下はニューヨーク地域の製造業の収縮を示すものでした。また、ミシガン大学の景況指数も予想よりも低い数字でしたが、これらの数字はあくまでも調査数字であって実際とは異なるようです。それを反映して株価の下押しはさほどでもなかったわけです。

 昨日川崎汽船を益出ししたのは、株価は4日間連騰で、夕べの景況指数が良くないので売られるという予想と、チャートはボリンジャーバンドの上辺を上抜けてるので、月曜か火曜日には一旦売られると思い、とりあえず利益確定という決断をしたわけですが、この米国市場の結果で月曜は続伸するかもしれません。次に下押ししたときは再参入をしたいと思います。先週も海運、商社が堅調な動きを見せ、これは旺盛な需要の裏付けが背景となっていますので、この動きは引き続き維持されると思います。しばらく、この2セクターに絞りたいと思います。

 昨日新たに買い建てたスター精密、アトリウムは両者とも、特にアトリウムの配当が高いので、2月26日の配当取りで上げるだろうと思った矢先に、実際に動き出したので参入したわけです。ところで、以前もそうでしたが、もっと資金が欲しいと昨日ほど思ったときはありませんでした。あれば、酉島をもっと長く持て、無駄な損失を被ることはないのです。

 来週の経済指標は、米国は月曜が休場、火曜に決算でHP、ウォルマート、欧州でバークレイズの発表が、水曜は米国で1月消費者物価指数、FOMC議事録、決算でBNPバリバ、木曜にフィラデルフィア地区連銀景況指数、週間新規失業保険申請件数、景気先行指数、欧州でソシエテ・ジェネラル、アリアンツの決算発表があり、サブプライム問題の影響で銀行決算がどれほど影響を受けているか注意が必要です。日本では月曜に決算でパイロット、火曜に堀場製作所、ブリヂストン、金曜に三井住友海上、日本興亜、損保ジャパン、あいおいk、ミレアHD等の決算発表があります。

 米国の株価の動きを左右するような大きな経済指標の発表が再来週までありませんので、来週は回復の動きを見せる週となるのではと期待します。早く稼いで資金を増やしたいものですね。では、来週もHappy Trading.
スポンサーサイト



Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
PW :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 私の株取引日記 ( Hit & Run ) - 株投資の誤解・間違いから成功へ all rights reserved.
designed by polepole...